⇒無料で「セフレの品格-プライド-」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「セフレの品格-プライド-」で検索です
 

セフレの品格-プライド- 17巻とは?

出版社:双葉社
発売日:2019/8/30
作者 :湊よりこ

男にしばられず遊びたい沙羅(29)と、初恋の人であるリナを想い続けている大樹(19)。2人は身体を重ねるごとに仲を深め合い、セフレには収まらない特別な関係を築きつつあった。そんなある日、大樹のもとに一本の電話が入る。その声の主をリナだと直感した大樹の心は掻き乱れ…!!? 紙と電子で累計280万部突破の大人気作、待望の第17巻!!

 

セフレの品格-プライド- 17巻のネタバレ

シーズン15/第3話 のネタバレ

リナ?

突然のリナからの電話に、大樹は困惑した。
 
ところがその時、大樹の携帯の充電が切れてしまう。
 
大樹は慌てて携帯を振ってみたりするが、当然携帯の充電が復活するわけもない。
 
するとその様子に気付いた沙羅が、どうしたの?と尋ねてきた。
 
充電が切れちゃって…と大樹は素直に答える。
 
緊急の用事なのかという沙羅の質問に、大樹は首を振ることしか出来ない。
 
それを聞いた沙羅は、大樹の手を引いてバスに乗りこんでしまった。
 
諦めるしかない大樹。
 
さっきの電話の相手は、リナだと名乗ったわけではない。
 
それでも大樹は確信していた。
 
──リナの声を自分が聞き間違うわけがない。
 
そう思ったからだった。
 

心ここにあらず

沙羅とデートをしているのに、充電のの切れた携帯をずっと見つめてしまうくらいリナのことで頭がいっぱいになってしまう大樹。
 
様子のおかしい大樹に気付いた沙羅は、突然大樹に襲い掛かった。
 
そして、自分といるのに心ここにあらずだねと指摘する。
 
勉強のことが気になってるの?という沙羅の問いかけに正直に答えるわけにもいかず、頷くしか出来ない大樹。
 
そんな大樹の様子を見て、今はリラックスしようと言って笑う沙羅。
 
その言葉に、大樹はようやく自分が沙羅とデートをしていることを思い出す。
 
──「今」を、大事にしなきゃ。
 
そう思った大樹は、目の前にいる沙羅に口づけを施すのだった。
 
そして止まらなくなってしまった大樹は、沙羅の身体に手を伸ばしてしまう。
 
行為に夢中になっていると、向こうの方から人が近付いてくる気配がして2人は慌てて逃げた。
 
すると、沙羅は足を引っかけて転びそうになってしまう。
 
とっさに支えた大樹は、リナ大丈夫?と声をかけてしまった。
 
それを聞いた沙羅はもちろん、リナと言ってしまった本人の大樹も驚いてしまった。
 
リナ?と眉をひそめる沙羅に、慌ててしまう大樹。
 
怒ってしまった沙羅は、帰ると言ってしまう。
 
そして通りかかった軽トラをヒッチハイクし、自分だけさっさと帰っていってしまった。
 

いつまで…

帰りの電車を待っている間、大樹はポータブル充電器を買って携帯を充電した。
 
着信履歴を見てみると、さっきかかってきた電話番号は見知らぬ番号だった。
 
ある程度充電が溜まったところで電話をかけてみるが、相手にはつながらなかった。
 
いつまで過去を引きずっているんだ…と、自分で自分を責める大樹なのだった。
 

謝罪

いっぽうその頃、沙羅は昔からの付き合いのセフレを呼び出して身体を重ねていた。
 
セフレは今日の沙羅さん、荒れてるねと指摘する。
 
そう…?と言う沙羅だったが、明らかに機嫌が悪い。
 
久し振りの呼び出しだったにも関わらず40分で部屋を去っていく沙羅に、呆然とするセフレなのだった。
 
部屋を出た沙羅が自宅のマンションに帰ると、ロビーで大樹が待っていた。
 
謝りに来たという大樹。
 
ところが沙羅は、自分たちはセフレなのだから謝られる筋合いはないと言う。
 
それでも一応訳は聞こうかな?と言って席に着く沙羅に、大樹は正直に事情を説明した。
 
リナは子どもの頃からの知り合いだということ。
 
ネグレクトされていた自分を助けてくれたリナは、自分の恩人なのだということ。
 
そして自分はリナがずっと好きだったけれど、リナは自分を置いて夢を叶えるためにどこかへ行ってしまったこと。
 
あれから4年が経ち、ようやくリナがどうしているのか分かったこと。
 
そして今朝かかってきた電話の声がリナに似ていたが、電話が切れてしまって真相は分からないと言うことを正直に説明した。
 
全てを聞いた沙羅は、なるほどね…と呟く。
 
あなたと関係しているのにダメですよね…と大樹は俯くが、沙羅は別にいいんじゃない?と口にした。
 
誰かのことを忘れられなくても私は構わないよと言って笑う沙羅。
 
そして電話かけてみたら?と大樹に勧めたのだ。
 
あとでかけてみますと大樹が言うと、それじゃあねと言って沙羅は部屋に帰っていった。
 

会いたい

部屋に戻った大樹は、意を決してもう1度電話をかけてみた。
 
コール音が何度も鳴り続ける。
 
大樹が諦めて電話を切ろうとしたその時、相手がようやく電話に出た。
 
相手は大樹の名前を呼び、リナだと名乗ったのだ。
 
驚きと喜びが同時に押し寄せてくる大樹。
 
リナは大樹に先日のロックフェスでのことを話し始める。
 
すぐ大樹だって分かった、大人になったねと言って笑うリナ。
 
大樹はリナに今の居場所を尋ねた。
 
会いたいと言う大樹にリナは頷き、来てほしいと言って住所を教えるのだった。
 

大樹の不安

それからすぐ、シャワーを浴びていた沙羅の元に大樹からのメッセージが届いた。
 
リナに連絡がついたことと、これから会いに行くことが律儀に報告されていた。
 
沙羅はほんの少しだけ傷つくが、大樹に頑張れとメッセージを返す。
 
それは精いっぱいの強がりだった。
 
いっぽうその頃、大樹はリナの元に向かっていた。
 
大樹の頭の中は、リナのことでいっぱいだった。
 
ずっと思い続けていたリナにもうすぐ再会できる。
 
この日を待ち望んでいた。
 
けれど、今の自分の人生に自信を持てずにいた大樹の心にはほんの少しだけ不安がよぎった。
 
沙羅と会ってから明らかに自分の人生が楽しくなった。
 
それは事実だ。
 
でも、だからと言って理性を失くしてあんなセフレのようなこと…。
 
リナに会ったら、どうなるんだろう。
 
そんな不安が大樹の中に浮かんでいた。
 

再会

教えられた住所に到着し、意を決して呼び鈴を鳴らす。
 
大きな屋敷の中に入ると、中で待っていたのはリナだった。
 
大樹は思わず走り出し、無意識のうちにリナを強く抱きしめていた。
 
そしてリナに口づけをする大樹なのだった。
 
 
⇒無料で「セフレの品格-プライド-」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「セフレの品格-プライド-」で検索です
 

シーズン15/第4話 のネタバレ

久しぶりのリナ

リナと再会した大樹。
 
夢中でリナに口づけを施す。
 
いつもの癖で服の中に手を伸ばしてしまう大樹。
 
リナが慌ててストップをかけ、ようやく大樹は我に返った。
 
──男のキス。
 
リナは大樹にそう言い、そんなの誰に教わったの?と問いかける。
 
しかし大樹は答えられなかった。
 
リナは大樹を部屋の中に案内し、お腹は空いていないかと尋ねた。
 
その時、今日朝食しか取っていないことをようやく思い出した大樹のお腹が鳴った。
 
それを聞いたリナは笑い、何か作ると言ってキッチンに立つ。
 
手慣れた様子でステーキを焼き始めたリナ。
 
料理の仕上がりを待ちながら、大樹は部屋の中を見渡した。
 
豪華なフロアに、立派なライト。
 
リナが有名になったことを改めて実感する大樹。
 
すごいところに住んでいるんだねと言う大樹に、リナはここは社長の家だと答えた。
 
社長はやり手だから業界じゃかなりの人物なのだと言う。
 
それを聞いた大樹は、良かった…と呟いて安心したような表情を見せた。
 
大手なら、セクハラとかもきっとないだろう。
 
そう思ったからこその発言だった。
 
リナも大丈夫だと言って笑う。
 
ここには社長とマネージャーと自分が住んでいるが、今日は2人は海外に出張だと言うのだ。
 
そうこうしていると、リナが焼いていたステーキが大樹の前に運ばれてきた。
 
酒はあまり好きではないというリナは水を片手に食事を始める。
 
その時、大樹の頭に浮かんだのは沙羅のことだった。
 
──沙羅さんだったら、この肉には絶対赤ワインだろうな……。
 
無意識ながらも沙羅のことを想いながらステーキを頬張る大樹だった。
 
そしてリナは大樹に近状を訪ねる。
 
大樹は自分が医大生になったことと、母が1年前に亡くなったことを話した。
 
しんみりしてしまう2人。
 
すると大樹は部屋の隅にリナが昔使っていたギターが置いてあるのに気付いた。
 
この子はずっと使ってる、と言って笑うリナ。
 
すると大樹は、リナに何か歌ってよとリクエストしたのだ。
 
リナはギターを手に歌い出す。
 
リナの口ずさんだ曲は、あの「little boy」だった。
 
それを聞いて大樹は切なくなってしまう。
 
曲が終わると、大樹は思わずリナにキスをしていた。
 
リナは大樹をベッドルームまで案内し、そして2人はそのまま身体を重ねるのだった。
 

何も言わずに…

翌朝、家を去っていく大樹にリナはまた連絡すると約束した。
 
裏口からそっと出て行くように指示され、その通りにする大樹。
 
リナと再会できた昨日の夜は幸せだった。
 
けれど、大樹は気付いていた。
 
リナの寝室に置いてあった男物の腕時計や、伏せられた写真立て。
 
それから、指輪の存在も。
 
それでも大樹は何も言わずにリナを抱いた。
 
リナをずっと好きだったから。
 

二日酔い

いっぽうその頃、沙羅は二日酔いで潰れていた。
 
吐き気が沙羅を襲う。
 
ガンガンする頭を抱えながら、昨日こんなに飲んだっけ…?と自問自答する沙羅。
 
大樹からあの連絡が来てからヤケ酒した沙羅は、そのまま飲み潰れてしまったのだった。
 
何とか薬を飲み、仕事も休みにしてもらう沙羅。
 
そして、何となく大樹に体調が悪いことを連絡してしまうのだった。
 
しばらく横になり、アルコールがようやく抜けた頃。
 
沙羅は連絡が来ていないか携帯を手に取った。
 
ところが大樹からの連絡は一切ない。
 
腹が立った沙羅は、思い切って断捨離をすることに。
 
物にも人にも執着するのはやめよう。
 
そう思い、目につく不用品をどんどん捨てていく沙羅。
 
ゴミ捨て場にゴミ袋を捨てると、ようやく気分もスッキリしたのだった。
 
その勢いで仕事に打ち込む沙羅。
 
すると、大樹からの連絡が入る。
 
今マンションの下に来ているというメッセージを見た沙羅は、大樹を家にあげた。
 
大学の実習が長引いて携帯を見る暇がなかったという大樹は、沙羅のために色々な食べ物を買い込んで来ていた。
 
沙羅を心配する様子を見せる大樹。
 
そんな大樹に、沙羅は質問を投げる。
 
──リナって女とヤッたの?
 
ところがそれを聞いた大樹は少しも動揺せず、やってないよと返す。
 
それを聞いた沙羅は機嫌を直し、大樹の買ってきた食べ物に手を伸ばし始めた。
 
そんな沙羅を見ていた大樹は、沙羅のセフレでいるのならこんな風に嘘くらい上手につけるようにならなきゃな…と思ったのだった。
 
 
⇒無料で「セフレの品格-プライド-」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「セフレの品格-プライド-」で検索です
 

セフレの品格-プライド- 17巻の感想

会いたくて会いたくてたまらなかったリナと、遂に再会を果たした大樹。
 
ところがリナは、大樹とは全く別の世界に住む有名人になっていました。
 
豪華な家で豪華な食事を作るリナに、もう団地に住んでカップラーメンをすすっていたあの面影はありませんでした。
 
それでも抱き続けた恋心を忘れることが出来ず、大樹はリナを求めてしまいます。
 
昔のようにキスをして、身体を重ねて…
 
大好きなリナと再会できて、喜びにあふれるはずの大樹。
 
それでも大樹の頭の片隅には、なぜか沙羅のことがチラついていたのでした。
 
いっぽうその頃、沙羅は断捨離を始めていました。
 
大樹に「リナ」という忘れられない女性がいると言うことを知った沙羅。
 
自分では気付いていないのでしょうが、立派なヤキモチを妬いていたのだと思います。
 
誰にも縛られない、自由な生き方をしてきたはずの沙羅がこんなにムキになるなんて…
 
よっぽど大樹のことが好きなんだろうな、と思いました。
 
本人は気付いていないようでしたが…。
 
そして再会を果たした大樹とリナは、また会う約束をします。
 
けれど、大樹はリナの寝室に男の気配がするのを察していました。
 
そして去っていく大樹を見るリナの目もまた、何かもの言いたげな雰囲気を孕んでいました。
 
リナが夢の為に身体を売っていた過去のことを考えると、どうも胸騒ぎがするのですが…
 
リナが抱えている秘密は、一体どんなものなのでしょうか?
 
そして、沙羅はこれから大樹との関係をどうしていこうと考えているのでしょうか?
 
そんな2人の女性への恋心に揺れる大樹は、どちらを選択するのでしょうか?
 
次巻からも目が離せません!
 
 
⇒無料で「セフレの品格-プライド-」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「セフレの品格-プライド-」で検索です
 

無料で「セフレの品格-プライド-」を読む方法

 
無料で「セフレの品格-プライド-」を読む裏ワザ!
 
 
「試し読みじゃ物足りない…」
「ブックオフに置いてない…」
「スマホでこっそり読みたい…」
「コミックサイトは色々あってどれにしようか迷ってる…」
「安全で信頼できる大手サイトを無料で試したい…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。
 
そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。
 
実はU-NEXTなら無料で「セフレの品格-プライド-」を読むことができます。
 
U-NEXTは動画配信サービスで有名ですが漫画も沢山扱っています。
 
U-NEXTなら登録時に600ポイント貰えて、「セフレの品格-プライド-」を600円分実質無料で読めます。
 
ポイント消費0完全無料1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!
 
31日間無料トライアル実施中で無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。
 
いろんな種類の雑誌も無料で読み放題です。
 
600円分のポイントプレゼントと無料トライアル期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。
 
スマホから簡単にできるので、この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!
 

 
【お得な利用方法】
600円分のポイントで「セフレの品格-プライド-」を、無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。
 
※本ページの情報は2020年5月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。


U-NEXT<ユーネクスト>(R18)