⇒無料で「なめて、かじって、ときどき愛でて」44話を読むならコチラ♪
※44話が収録の Cheese! 7月号(2020年5月23日発売)を1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽読んでみるならコチラ▽▼▽

※「Cheese!」で検索です
 

なめて、かじって、ときどき愛でて 44話とは?

収録雑誌:Cheese! 7月号(2020年5月23日発売)
出版社 :小学館
作者  :湯町深
 

なめて、かじって、ときどき愛でて 44話のネタバレ

寂しい晴

一人で自宅に戻った晴、母は清士郎がいなくて残念だと言う。
 
晴は制服のまま、ベッドに横になる。清士郎に会いたいという気持ちが高まる。
 
そこへ清士郎から着信があり、うれしがる晴。なんかしゃべれ、声を聞かせてと清士郎が言うと、私も声が聞きたいと晴が答える。
 
清士郎は、それなら怖い話をしてやると言い、晴は嫌だと言う。
 
晴は清士郎に会いたい気持ちを抑えながら、気をつけて帰ってねと伝える。

最終電車に乗る

スマホを切った後、晴は声だけでは全然足りない、会いたいと強く思う。
 
ご飯の用意が出来たと言われ、元気なくご飯を食べ部屋に戻ると、母の静止を振り切って晴は衝動的に家を出る。
 
晴は走って電車に乗り、最終電車に間に合ったことに安堵する。
 
走り込んで乗ったので、我に返り恥ずかしいと思う晴は、母から矢継ぎ早にメールがくるので、清士郎に会いにいくと返信する。
 
こんな時間にいきなり行っても清士郎が迷惑する、怒る?、ウザがられる?、嫌われる?とさまざまな思いが晴の頭をよぎる。
 
晴は少し離れただけでこんなに自分がダメになるなんてと自分に呆れながらも、清士郎に早く会いたいと思っていた。

晴を抱きしめる

清士郎は兄の手厚いお迎えに辟易していた。先にご飯?それとも風呂にする?と聞かれるが、無視して部屋に直行する。
 
ソファに横になり、晴の画像を見て触りたいと思う清士郎に晴から今来ていると連絡が入る。
 
玄関を開けると晴が立っていたので、何やってんだと清士郎は尋ねる。
 
どうしても会いたくて、でもすぐに帰るからと言う晴を、おいでと言って優しく胸元に納める。
 
こんな時間に一人で歩くなんてと言うと、帰りは気をつけるからと晴が答える。
 
清士郎は晴を両手で抱え、帰すわけがないと言い、強く抱きしめた。
 
 
⇒無料で「なめて、かじって、ときどき愛でて」44話を読むならコチラ♪
※44話が収録の Cheese! 7月号(2020年5月23日発売)を1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽読んでみるならコチラ▽▼▽

※「Cheese!」で検索です
 

なめて、かじって、ときどき愛でて 44話の感想

清士郎と別れてから、すぐに会いたくなった晴。自宅に戻っても元気がなく、清士郎のことばかり考える晴ですが、ラブラブな二人なので仕方ないですね。
 
少しでも離れたくないなんて、どれだけ好き合っている二人なんでしょうか?
 
そういう楽しい時期は、恋愛をした人なら誰でもあると思います。少し会えないだけで苦しいのですから大変です。
 
晴は衝動的に最終電車に乗って清士郎に会いにいきますが、母をとても心配させてしまいます。恋は盲目ですが、そこはちょっと考えないといけませんね。
 
母のメールにすぐ返信しているのでまだいいですが、こんな時間に女性一人で出歩くのはお勧めしませんね。とても危ないです。
 
清士郎は兄にイラッとして部屋に直行します。舌打ちしてましたから、よっぽど気にくわないんでしょうね。
 
清士郎の元を訪れる晴。急な出来事に清士郎はかなり驚きますが、清士郎も晴と同じ気持ちだったのでとても嬉しかったはずです。本当に幸せものです。
 
こんな時間に帰させる訳がないと言って、晴を抱きしめますが、晴はきちんと母親に連絡したのでしょうか?
 
一秒も離れたくない二人、お互いを思う気持ちは止められず、今一番ラブラブな時期ですが、これからも応援していきたいですね!
 
 
⇒無料で「なめて、かじって、ときどき愛でて」44話を読むならコチラ♪
※44話が収録の Cheese! 7月号(2020年5月23日発売)を1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽読んでみるならコチラ▽▼▽

※「Cheese!」で検索です
 

無料でなめて、かじって、ときどき愛でて 44話を読む方法

※本ページの情報は2020年5月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。


U-NEXT<ユーネクスト>(R18)