⇒無料で「コドモのコドモ」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「コドモのコドモ」で検索です
 

コドモのコドモ 2巻とは?

出版社:双葉社
発売日:2005/4/28
作者 :さそうあきら

小学校5年生の春菜とヒロユキは公園デビューの頃からのなかよし。進級したばかりの春、二人は公園の藪の中で遊んでいるうちにお互いのヒミツの部分を「くっつけて」みることにした。この行為がやがては大騒動を巻き起こすことに…。そして、吐き気を感じるようになった春菜は妊娠判定薬で自分が妊娠していることを知る。動揺した春菜は家族や先生に相談してみるが、相手にしてもらえない。そんな中、委員長の美香に妊娠がバレてしまう…。

 

コドモのコドモ 2巻のネタバレ

10話 三角関係? のネタバレ

デブじゃない

朝、春菜は学校に行く為に着替えていた。
 
春菜はズボンがなかなか入らず太ったと考えている。
 
春菜は秋美や母に太ったと思われている。
 
しかし、春菜は太ったのではなく赤ちゃんでは?と考える。
 
春菜とヒロユキは登校中にダイゴを発見する。
 
春菜はヒロユキにダイゴの気を引く様に指示した。
 
ヒロユキがダイゴの気を引いた後、春菜はダイゴに浣腸した。
 
ダイゴは春菜を変態女と言い追いかけて行く。
 
ヒロユキは一人残されて笑っていた。
 
春菜は学校でもダイゴにイタズラをする為、ヒロユキにダイゴの気を引く様に指示する。
 
春菜はヒロユキがダイゴの気を引いている中、黒板消しでダイゴの顔を横から挟んだ。
 
そんな春菜とダイゴの様子を見たクラスメイト達は、春菜とダイゴの関係を噂し始めた。
 
ダイゴは春菜に向かってデブと言うが、春菜は赤ちゃんだと言った。
 
続けて春菜はパパはダイゴだと言い、ダイゴは笑いながら走り去った。
 

水泳の授業で

水泳の授業前、春菜は体をダイゴには見られたくないと考えていた。
 
春菜とダイゴは違うクラスだが、水泳の授業だけは合同になるそうだ。
 
授業の内容はクロールで、先生が笛を鳴らすとみんなは泳いでいく。
 
春菜とダイゴの順番となり先生が笛を鳴らす。
 
春菜は順調に泳ぎ始めたが、ダイゴは潜っている。
 
春菜が泳いでいると、潜っているダイゴと目が合った。
 
ダイゴは春菜の下っ腹付近を見て水中でありながら笑ってしまい、溺れかけてしまう。
 
ダイゴは救助されるが、何事もなかったようにどこかへ行ってしまった。
 

誰の子ども

春菜とヒロユキが下校中、春菜は誰かに頭を叩かれる。
 
春菜の頭を叩いたのは、ダイゴだった。
 
ダイゴは春菜のお腹を見たら笑い過ぎて溺れたという。
 
続けてダイゴは言った。
 
『俺とお前の赤ちゃんだ』
 
ダイゴはそう言い残し、笑いながら去って行った。
 
ヒロユキは考えた。
 
『僕の子どもじゃないのかも』
と。
 
出産まであと185日。
 
 

11話 お面の告白 のネタバレ

お祭りでの激動

春菜はお祭りのお誘いを珠と真由にファックスを送っていた。
 
が、春菜の元に二人からの返事はない。
 
お祭り会場にいた珠と真由は春菜の話をしている。
 
話とは春菜とダイゴの関係の事で、春菜は変わっていると話していた。
 
春菜は珠と真由が一緒にいることを見た為、二人に声を掛けるが珠と真由は春菜を避けている様子だ。
 
春菜は、以前真由を仲間外れにしたツケが自分に回ってきたと考えた。
 
春菜は一人でお祭り会場を回る。
 
春菜は金魚すくいをするが、すぐにポイは破けてしまう。
 
春菜は金魚すくいのやりすぎで千円を使い果たした様で、おじいちゃんからお金を貰った。
 
春菜はお金を貰い、一人でお祭り会場をうろついていると誰かが春菜の頭を叩く。
 
春菜が見渡すと近くにダイゴがいた。
 
春菜はダイゴが金魚を手に持っている事に気付く。
 
ダイゴが春菜に金魚をあげると言うと、ヒロユキが春菜の名前を呼び近づいてきた。
 
ヒロユキは大量に金魚を持っていた。
 
ヒロユキが春菜に金魚をあげると言うと、春菜はダイゴから既に金魚を貰っていた為断った。
 
ヒロユキは何も言わずその場に立ちすくし、春菜とダイゴはその場を離れた。
 
ダイゴは春菜の前で赤ちゃんを抱っこする様なジェスチャーをする。
 
しかし春菜のお腹の中にまだ赤ちゃんがいることがわかったダイゴは、捨てる様な動作をした。
 
春菜は悲しげな顔をしながら簡単に捨てない様に注意した。
 
赤ちゃんの会話をしている春菜とダイゴの後ろから朋子と秋美がやってくる。
 
気まずくなった春菜は、その場から離れブタマンとミツオと一緒にお面を買いかくれんぼをし始めた。
 
かくれんぼの最中、真由らしき姿のお面を付けた女の子を春菜は見つける。
 
春菜が話しかけようと悩んでいると、酔っ払いのおじさんが春菜の近くで吐き始めた。
 
春菜もおじさんの嘔吐に連られ吐いてしまう。
 
春菜が吐いていると、お面を付けた女の子が春菜を介抱し始める。
 
春菜は、その女の子が真由だと思っている為真由の名前を呼びお礼を伝える。
 
また、春菜はこの吐き気はつわりだとその女の子に説明した。
 
生理がこないことも。
 
しかし、空気は一変する。
 
『私、美香だよ』
 
そのお面を被った女の子は真由ではなく、学級委員長の美香であった。
 
春菜は開いた口が塞がらなかった。
 
出産まであと171日。
 
 
 
⇒無料で「コドモのコドモ」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「コドモのコドモ」で検索です
 

12話 春菜のコドク のネタバレ

相手は

春菜は悩んでいた。
 
真由だと思った為赤ちゃんのことを話したつもりが、学級委員長の美香であったことを。
 
春菜はため息が止まらないでいた。
 
春菜は家に電話が掛かってきて、自分の名前が出たり自分の話題が出る時はひどく動揺した。
 
一方で美香も家ではどこか落ち着いていられないでいた。
 
親に口答えするようになり、図書室へ通った。
 
美香が図書室で手に取った本は妊娠についての本だった。
 
春菜が家に帰ると、縁側に美香がいた。
 
春菜は美香を見るといきなり美香に掴みかかった。
 
春菜は美香が赤ちゃんのことを母に言ったと思った為だ。
 
美香は否定し赤ちゃんの事を調べてきたという。
 
春菜と美香は妊娠のことを話すが会話がなかなか続かない。
 
美香は思った、やっぱりオトナに言うべきだと。
 
しかし春菜は下を向き何も言わない。
 
美香が春菜に妊娠について話をするが、春菜は聞く耳を持たず声を荒げてしまう。
 
春菜は終いには美香の元から走り去ってしまう。
 
春菜が雨の中歩いていると、珠と真由に出会う。
 
春菜が二人に声を掛けるが、珠と真由は返事をしない。
 
春菜は一人寂しく木の下で雨宿りをした。
 
春菜は帰宅し、風邪を引かぬよう温かいお茶を飲んでいる。
 
春菜の自宅に一本の電話が掛かってきた。
 
電話の相手は美香の母だった。
 
春菜は美香の母からの電話だと分かり、鼓動が早くなるのを感じた。
 
しかし、電話の内容は春菜の家に美香が来ていた事だけの話だった。
 

夢の意味

春菜は夢を見ていた。
 
春菜は夢の中で誰かに助けを求めていた。
 
春菜を助けにきたのは美香だった。
 
夢の中では大雨が降っている。
 
目を覚ました春菜は驚愕した。
 
春菜はおねしょをしていた。
 
びっくりする事に、美香もおねしょをしていた。
 
出産まであと168日。
 
 

13話 心臓 のネタバレ

外は雨が降っており、春菜は洗濯物の取り込みを忘れ母に怒られていた。
 
また、春菜の元には遊ぶお誘いのファックスが届いていた。
 
ミツオの家に集合するというもので、ミツオの父に相談しようというものだった。
 
春菜は堕胎手術のことを考えると、頭の中がぐるぐると回った。
 
一方で台風が近づいてきているとの天気予報が流れた。
 
母は買い出しに行ってくる、と自転車で出掛けた。
 
しかしすぐ帰ってくるはずの母が帰ってこないので、春菜を残して秋美達は母を探しに行くという。
 
また、母が乗って行った自転車が用水路の脇に転がっているとのことだ。
 
春菜は秋美達が母を探しに行ったあと、暴風雨の中母を探しに行く。
 
春菜が秋美達を見つけると同時に、家の自転車を見つける。
 
すぐそばには増水した流れのきつい用水路がある。
 
春菜達は最悪の事態を想定し、警察に電話する事にした。
 
おじいちゃんが電話しようとすると、秋美の携帯が鳴った。
 
電話の相手は、家で待機しているおばあちゃんからであった。
 
おばあちゃん曰く、用水路の先の川に女の人影があるとのことだ。
 
秋美はおばあちゃんから聞かされ言葉を失う。
 
春菜もそんな秋美を見て焦り出す。
 
春菜は泣きながら、みんなと共に現場へと向かう。
 
現場には救急隊員や警察の人が何人かいた。
 
春菜は恐る恐る近づくと、そこには母がいた。
 
母は溺れてなんかおらず、むしろ流されていた女性を助けようとしたそうだ。
 
春菜は安心して母に抱きつき、心臓の音を確かめる。
 
『トクントクン』
 
春菜が耳をすますと聞こえてくる心臓の音。
 
それは春菜と母と合わせて3つの音であった。
 
出産まであと120日。
 
 
⇒無料で「コドモのコドモ」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「コドモのコドモ」で検索です
 

14話 小さな生と小さな死 のネタバレ

父親は

春菜はヒロユキの家にいた。
 
春菜はヒロユキに赤ちゃんの心臓の音を聞かせている。
 
すると、美香とダイゴがやってくる。
 
春菜はダイゴがいる事に焦っているが、赤ちゃんの父ならと美香が連れてきたみたいだ。
 
ダイゴが春菜とは何もしていないと説明をすると、春菜は美香を呼んだ。
 
春菜は美香にことの顛末を話す。
 

大きなお世話

職員室では先生達が夏休みが終わる事について話していた。
 
八木先生は彼氏からのしつこいメールを見ながら、クラスのインコの世話をする。
 
世話係のノリオが八木先生に注意した。
 
クラスのインコは直射日光に弱いようだが八木先生はノリオの指摘をきちんと聞かない。
 
ノリオは静かに教室を後にする。
 

相談

春菜はダイゴに赤ちゃんの心臓の音を聞かせている。
 
続いて美香も赤ちゃんの心臓の音を聞く。
 
春菜は明るい表情で産む決心をしたみたいだ。
 
春菜は美香に対し産むとしっかり言葉にした。
 
美香は4人だけの秘密にするとしつつも、先生に相談すべきだと考える。
 

なすりつけあい

夏休みが明け学校へみんなは登校する。
 
美香は八木先生に用があるので職員室に入るが、八木先生は他の生徒と話している。
 
クラスのインコがどうやら死んだ様だ。
 
美香は夏休みの間、世話係だったみたいだが春菜の事ですっかり忘れていたようだ。
 
教室ではインコの話題で持ちきりだ。
 
八木先生や他のクラスメイト達は美香を責める。
 
ノリオはある事に気付く。
 
死因は飢え死にではなく熱射病じゃないかなぁと。
 
美香は職員室に行き、八木先生のせいだと話をつけに行く。
 
しかし八木先生は他のプレッシャーでインコの世話を忘れていた。
 
八木先生は美香に責任を押し付けてしまったことを後悔する。
 
出産まであと115日。
 
 

15話 コワレテイク教室 のネタバレ

序章

通学路のあるお家ではピンポンダッシュがあったようで先生達が謝りに来ていた。
 
八木先生はこの通学路を使っているのはブタマンとミツオだと分かり二人を疑う。
 
八木先生はため息をついた。
 

体の変化

夜春菜は家でご飯を食べていた。
 
母は他の生徒の親に電話し、八木先生の連絡が遅いと話している。
 
他の生徒の親達も八木先生の悪口をよく言っているそうだ。
 
春菜はずっとご飯を食べている。
 
春菜は感じた。
 
赤ちゃんが食べたがっているから、嫌いだったナスも食べられるんだと。
 

始まり

八木先生は家で電話しながらプリントの採点をしている。
 
八木先生の家のピンポンが鳴り玄関の扉を開けると、すごい形相の彼氏がいた。
 
八木先生はなんとか扉を閉めたが、彼氏は外で叫んでいる。
 
また、家の電話や携帯電話が鳴り止まない。
 
八木先生は頭を抱えながらもなんとか朝を迎える。
 
八木先生が学校に行くと、男子トイレに女子がいた。
 
また、男子がトイレの扉に登っていたせいで扉は壊れていた。
 
八木先生は教室に戻り、HRの予定を変更する。
 
当初のHRは班替えだったが、トイレのドアの話をする。
 
しかしクラスのみんなは聞く耳を持たず班替え、班替えと叫んでいる。
 
八木先生は続いてピンポンダッシュの話をする。
 
八木先生はブタマンとミツオを責めるが、二人は知らないという。
 
他の生徒も誰が犯人か知らないみたいだ。
 
すると、別の先生が教室にやってきてまたピンポンダッシュがあったと報告に来た。
 
女子三人組だということを聞かされ、ブタマンやミツオはさらに反論する。
 
珠は八木先生に親の間での先生の評判は悪いと言った。
 
八木先生はびっくりしながらも美香に協力を求めようとする。
 
しかし、美香は八木先生の言葉を無視した。
 
ブタマンは八木先生へ謝罪を求めるが八木先生はトイレの話がまだ終わっていないと話す。
 
ブタマンは机を持ち上げたと思った瞬間、窓の外へ机を投げた。
 
クラスは一瞬で静まり返った。
 
八木先生はブタマンにすぐに取りに行く様に指示した。
 

崩壊

他の先生が教室に梱包材のプチプチを持ってやってきた。
 
教室のドアを開けると、中には八木先生が一人。
 
他の生徒達は全員教室にはいなかった。
 
出産まであと90日。
 
 
⇒無料で「コドモのコドモ」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「コドモのコドモ」で検索です
 

16話 ふたりで走る! のネタバレ

クラス崩壊

ある日、運動会の種目のメンバーを八木先生が発表している。
 
しかし、別の先生も教室にいることでクラスは静かな方だ。
 
しかし、その先生が教室から出て行った瞬間静けさは崩壊する。
 
トランプをする生徒。
 
マンガを読む生徒。
 
お菓子を食べる春菜。
 
八木先生がいくら訴えかけてもやめる気配はない。
 
春菜が八木先生に追いかけられ、お菓子を珠に渡した。
 
八木先生が珠を捕まえようとすると、珠は教育委員会にいうと叫んだ。
 
『コラ!』
 
他の先生がやってきてその場は収まった。
 

八木先生の評判

八木先生は他の教師達と職員室で話をしている。
 
内容はクラスのことで、もう少し様子を見ようという流れになった。
 
八木先生が職員室を出ると受付に彼氏が来ていた。
 
他の先生達が八木先生達を目撃し、悪い噂話を始めた。
 

春菜の気持ち

公園ではクラスのみんなが集まっていた。
 
自分たちで運動会の種目のメンバーを決めようということみたいだ。
 
学級委員長の美香が司会となり、次々とメンバーは決まる。
 
リレーのメンバーを決める際に、春菜が立候補した。
 
しかし、みんなは今の春菜の体型を見て反対する。
 
美香はそんな春菜を止めようとするが春菜は聞かない。
 
ブタマンといじって走ったり、ジャングルジムに登ったりしている。
 
美香は春菜が妊娠しているのを知っているからであるが、他の生徒は知らない。
 
春菜はジャングルジムの頂上に登ると宣言した。
 
『二人分の力で走る』
 
出産まであと85日。
 
 

17話 バレちゃう? のネタバレ

ついにみんなに

美香と春菜は公園でみんなに春菜の妊娠について説明した。
 
みんなは何も言わず帰路につく。
 
ブタマンは家で母に春菜の妊娠のことを伝えた。
 
珠も家で両親に伝えた。
 
しかし、まともに取り合ってくれるわけがない。
 
クラスの家には、翌日緊急でPTAを開くという電話が回ってきていた。
 
春菜の家にも連絡網は回ってきていた。
 
春菜はお母さんに、授業中にお菓子を食べているのがバレしっかり怒られた。
 

信用

翌日、運動会の予行演習が行われていた。
 
しかし、八木先生が決めたメンバーでは他のクラスには勝てない。
 
すると校庭の脇に親達が見えた。
 
PTAを開く為だ。
 
PTAは会議室で開かれている。
 
内容は学級崩壊のことだ。
 
しかし、八木先生は学級崩壊という段階ではないと説明する。
 
また、八木先生は親達に協力の要請をする。
 
しかし、親達は先生の評判の話を始める。
 
連絡が遅いや個々のケアもない。
 
春菜のお母さんは春菜が授業中にお菓子を食べていることを他の親に責められていた。
 
春菜や美香、数人は会議室のPTAの内容を盗み聞きしていた。
 
そこで春菜の体型の話になり、妊娠しているという話が出た。
 
しかし、やはり親達はまともに取り合わず笑うだけだった。
 
美香や春菜は焦っていたが、親達は信じていないので安心した。
 
急に一人の親が声を大にして言った。
 
『担任交代を要求します』
 
出産まであと84日。
 
 
⇒無料で「コドモのコドモ」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「コドモのコドモ」で検索です
 

18話 春菜伝説 のネタバレ

負けず嫌い

運動会当日、春菜はとても張り切っていた。
 
春菜は超がつくほどの負けず嫌いみたいだ。
 
八木先生がみんなにエールを送るがみんなの反応は薄い。
 
縄跳びレースの種目がやってきた。
 
八木先生が決めたメンバーを呼ぶも、来たのは違うメンバーだった。
 
八木先生が戸惑うも、美香が自分たちで決めたという。
 
また、他の先生も生徒の自主性に任せましょうということで話はついた。
 
借り物競走ではブタマンとミツオが出場した。
 
ヒロユキは赤ちゃんのガラガラを借りていた。
 
前半戦の締めくくりは高学年リレーだった。
 
春菜は1組のメンバーに入っていたが、2組のメンバーにはダイゴがいた。
 
リレーが始まり、春菜はアンカーだった。
 
春菜のすぐ後ろをダイゴが追いかける。
 
1位は春菜だった。
 
ダイゴとの差は、春菜の腹の差だった。
 
白組と紅組での勝敗は、最後の騎馬戦で決まるようだ。
 
出場者の珠が怪我をしていまい、春菜が代わりに出場することになった。
 
騎馬戦が始まり、春菜はいい調子で相手のハチマキを取っていく。
 
が、そこに見るからに体の大きい女子が相手でいた。
 
春菜は奮闘するが、最後は春菜の上にその女子は覆いかぶさっていた。
 
1組のほかの生徒が負けているのに応援に入ったことで、春菜達の1組は反則負けしてしまった。
 
八木先生は生徒達の様子を見て、まとまった力に感心していた。
 
出産まであと83日。
 
 

19話 ばーちゃんの決意 のネタバレ

やっと

春菜は家でご飯を食べている。
 
春菜がお風呂に入ろうとすると、床が濡れていた。
 
おじいちゃんが顔を洗った際に床にこぼしたみたいだ。
 
それをおばあちゃんは黙って拭いている。
 
春菜が服を脱ぎ、タオルで体を隠しながら湯船につかろうとする姿をおばあちゃんは見ていた。
 
おばあちゃんは春菜のお腹をしっかりと見た。
 
ある日春菜は畑でイモを採っていた。
 
おばあちゃんと春菜二人で収穫している。
 
おばあちゃんが春菜に焼き芋の焼き加減を教えた。
 
棒で芋を突くみたいだ。
 
焼き芋が音でできているかが分かるらしい。
 
続けておばあちゃんは言った。
 
『春菜のお腹も』
 
春菜はおばあちゃんに妊娠がばれてしまった。
 
なんとも言えない時間が流れる。
 
そこに美香や珠、真由がやってきた。
 
またブタマンやミツオも合流する。
 
春菜はみんなにおばあちゃんにバレたことを説明する。
 
しかし、おばあちゃんは非難せず守ってあげるという。
 
そのまま春菜を励まし続けた。
 
『その子の人生は始まっている、そのことだけを考えなさい』
 
春菜はおばあちゃんにそう言われ、前向きになった。
 
出産まであと14日。
 

コドモのコドモ 2巻の感想

コドモのコドモ2巻を読んで、春菜の体の変化が顕著な巻でした。
 
しかし、親達はいっさいまともに取り合わずただただ太ったと思うだけでした。
 
それもそのはずで、小学生がまさか妊娠なんて誰も思わないと思います。
 
そして、2巻でびっくりしたのは学級崩壊です。
 
正直ブタマンが机を投げたのはびっくりしました。
 
八木先生の一方的な決めつけとは言え、机を投げるのはやりすぎかなと。
 
とにかく春菜の妊娠に対する体の変化、これに尽きます。
 
本当に産めるのか?と未だに疑問です。
 
騎馬戦で大きな女子が春菜の上に覆いかぶさった時は心配でした。
 
2巻の終わりでは、あと14日で春菜は出産してしまいます。
 
いざ3巻になるとどうなっているのか見ものです。
 
 
⇒無料で「コドモのコドモ」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「コドモのコドモ」で検索です
 

無料で「コドモのコドモ」を読む方法

 
無料で「コドモのコドモ」を読む裏ワザ!
 
 
「試し読みじゃ物足りない…」
「ブックオフに置いてない…」
「スマホでこっそり読みたい…」
「コミックサイトは色々あってどれにしようか迷ってる…」
「安全で信頼できる大手サイトを無料で試したい…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。
 
そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。
 
実はU-NEXTなら無料で「コドモのコドモ」を読むことができます。
 
U-NEXTは動画配信サービスで有名ですが漫画も沢山扱っています。
 
U-NEXTなら登録時に600ポイント貰えて、「コドモのコドモ」を600円分実質無料で読めます。
 
ポイント消費0完全無料1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!
 
31日間無料トライアル実施中で無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。
 
いろんな種類の雑誌も無料で読み放題です。
 
600円分のポイントプレゼントと無料トライアル期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。
 
スマホから簡単にできるので、この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!
 

 
【お得な利用方法】
600円分のポイントで「コドモのコドモ」を、無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。
 
※本ページの情報は2020年6月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。


U-NEXT<ユーネクスト>(R18)