⇒無料で「バラ色の聖戦」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「バラ色の聖戦」で検索です
 

バラ色の聖戦 1巻とは?

出版社:講談社
発売日:2010/2/12
作者 :こやまゆかり

主婦として全力で頑張ってきた毎日。でも私は女としての大切な何かを失ったのではないだろうか――。夫・敦司(あつし)の浮気相手の仲人をすることになった真琴(まこと)は、式当日、最後の妻のプライドとして、背筋を伸ばして入場する。その姿は新婦すら圧倒するオーラを放っていた。式の後、カメラマンが声をかける「あなた変わりますよ」。真琴は美の再生を懸け新しい扉を開く! 失われたキレイを求めて――。主婦・真琴(30歳)の美への挑戦が始まる!

 

バラ色の聖戦 1巻のネタバレ

Stage.1 扉が開けば…。 のネタバレ

プロローグ

主人公の真琴は、6歳の女の子と2歳の男の子と日々戦う30歳の専業主婦。
 
ダンナの敦司は35歳の銀行員。
 
真琴は多少の不満はあってもごく普通に生活していけることに
“平和な幸せ”
を感じているのだった。
 

子守りを断られる真琴

京都の老舗ホテルのランチに誘われた真琴は、敦司に子供たちの面倒を頼んだ。
 
しかし敦司は
“ダメダメ日曜は仕事”
“どーせ主婦はヒマなんだから連れてったら”
と返した。
 
真琴は
“仕事ならしゃーないか…”
と、肩を落とすのだった。
 

疑惑

京都の老舗ホテルのランチに行った真琴だが、子供たちと一緒だったため全く気が休まらなかった。
 
帰りに仕事をしているはずの敦司が女性と2人でいるところを見てしまった真琴は、一度は驚いたものの
“ただの見間違いよ”
と思うのだった。
 

決定的な証拠と追及

真琴は、帰宅後まずビールを飲む敦司が即フロに入ったことを不審に思った。
 
いつもなら絶対見ない敦司のケータイに手を取った真琴は、敦司が女性とホテルに行ったことを裏付けるメールを見てしまった。
 
フロから出た敦司は真琴に浮気を問い詰められると
“ごめん許してくれ”
“お互いただの遊びだ、今回一回きりだ”
と言った。
 
聞けば敦司は浮気相手の仲人を頼まれており、真琴も仲人として結婚式に出て欲しいという。
 
“勝手なこといわないでよ”
“絶対にイヤ!!”
そう言って真琴はその場を離れた。
 
真琴は
“許せない”
“バカにしないでよ”
と思いながら、寝室で声をあげて泣くのだった。
 

別世界の人間

敦司の浮気が発覚した翌日、真琴は人気モデルの茜子がロケしているところを偶然見かけた。
 
真琴は圧倒的な存在感がある茜子の姿と子育てに追われる自分の姿を比較して
“同じ女なのになんでこんなに違うんだろう”
“これじゃダンナが他の女に目移りしてもしょーがないか”
と苦笑いするのだった。
 

真琴の決意

敦司の上司から直々に仲人を頼まれた真琴は
“あの女の手を引くのか…”
“絶対キレイになって圧倒してやる”
と思うのだった。
 
敦司は、ダイエットに精を出す真琴の姿を見て
“お前はそのまんまがいいから”
“家事 育児やってくれるだけで十分だから”
と言った。
 
それを聞いた真琴は
“この人はあたしを女というより母として家政婦として大事なんだ”
“主婦になったらもう女終わりなの!?”
と思うのだった。
 

ダンナの浮気相手の結婚式当日

真琴は美しく着飾った新婦を見て、惨めな気持ちになった。
 
さらに真琴は新婦を見てどこか切なそうな表情を浮かべる敦司に気付き、ますます嫌な気持ちになるのだった。
 
新婦の手を取って皆の前へ出る直前、真琴は
“ダンナに女として見てもらえずどこかでバカにもされて…あたし本当にこれでいいのか”
“イヤだ”
と強く思った。
 
そしてお披露目の際、なんと式の出席者たちは新婦よりも真琴の方に目がいくのだった。
 

思いもよらない言葉

式の後、新婦は真琴と目が合うとプイとそっぽを向いた。
 
真琴は
“なんなのこの新婦”
と思った。
 
その後真琴はカメラマン役の男性に
“奥さんモデルになったらいいのに!”
“あなたは花嫁より視線をあつめてた、あなた変わりますよ”
と言われて驚いた顔をするのだった。
 

Stage.2 見知らぬ世界へ。 のネタバレ

モヤモヤする真琴

子供の世話をしていた真琴は、ふと
“あたしこれでいいのかなあ”
“このまま社会に取り残されて家族の世話役だけで終わるんだろうか?”
と思った。
 
そんなときこの間の結婚式の自分の写真を見た真琴は、敦司に
“マジでイケてると思わない!?”
と同意を求めた。
 
すると敦司は
“着物着て化粧してあんな暗いとこだったら誰でもそれなりに写るよ”
と言った。
 
そればかりか、浮気相手の写真をじっと見つめているのだった。
 

敦司に相手にしてもらえない真琴

結婚前のようにもう一度自分のことを見つめてほしいと思った真琴は、寝室で敦司の手に触れた。
 
すると敦司はパッと手を放し
“早く寝ろ、お前も母親なんだしそんなきぶんにはならないだろ”
と言った。
 
真琴は直ぐに
“あたしは敦司の母親じゃないわ!!”
と言い返した後
“やっぱりもうダメなんだね…”
と思うのだった。
 

あるきっかけ

ある日ママ友宅に誘われた真琴は、そこで雑誌の読者モデル募集の記事を目にした。
 
“プロの手で本格的に生まれ変わらせます”
という言葉を見た真琴は
“キレイになったらダンナの気持ち取り戻せるかな…”
と考えるのだった。
 

東京に行くことになった真琴

その後読者モデルに応募した真琴は、一次審査に通過した。
 
そこで真琴は、敦司に
“土日に同窓会で…子供らの面倒お願い”
と頼むも
“疲れてんだよなあ実家にあずけられないの?”
と言われた。
 
真琴は
“ウソついてる手前強く言えない”
という理由で、子供たちの面倒を実家に頼んだ。
 
すると真琴は妹に
“姉ちゃんってさースブトく見えて案外ダンナに言いたいこと言えないよね”
と痛いところをつかれるだった。
 

色白でかわいい女性と知り合う真琴

オーディションの控え室に案内してされた真琴は、同じ関西の女性・中西紗良と意気投合した。
 
真琴は
“初めて子供つながりじゃない友達ができた”
と喜び、紗良と共にオーディション会場へ向かうのだった。
 
 
⇒無料で「バラ色の聖戦」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「バラ色の聖戦」で検索です
 

Stage.3 3人の女 のネタバレ

オーディション

真琴たちは面接で
“美しくなったらどうするか”
答えるように言われた。
 
真琴をはじめ皆が自分のしたいことを喋る中、紗良は相手のためになにができるのか考えて話すのだった。
 

充実した1日

オーディションの後に、真琴と紗良はお茶をして楽しく過ごした。
 
真琴は東京での出来事を振り返り
“ああ来てよかったー!!すっごくいい経験できた”
と思うのだった。
 

敦司にオーディションのことを話す真琴

オーディション合格の連絡を受けた真琴は
“もう敦司にごまかせない…”
と、敦司に事情を話した。
 
すると敦司は
“そんなもんいかなくていいよ”
“前にも言っただろ、真琴はそのままでいい”
と言った。
 
それでも折れない真琴に負けた敦司は
“…まあこうなったきっかけはオレのせいではあるし、わかったよ”
と言うのだった。
 

再び東京へ行く真琴

撮影のため、レオタード姿になった自分の姿を見た真琴は
“なっなにこの体…この肉このたるみ目もあてられない…!!”
と思った。
 
そんなときトップモデルの茜子がスタジオにやって来た。
 
真琴たちは茜子に会えた喜びも束の間、茜子に
“そんな体でよく生きてられるわね”
“脂肪は言い訳やあきらめの塊よ”
とキツイ言葉を浴びせられた。
 
真琴たちは茜子が帰った後
“茜子を見返せるよう頑張ろう!!”
と話すのだった。
 
一方遠目から紗良を見た茜子は、紗良に見覚えがあることに気付くのだった。
 

ダイエット開始

一ヶ月で5キロ痩せることが目標の真琴だが、二週間後の中間報告までに1キロしか体重が減らなかった。
 
中間報告会場で他の皆もほとんど痩せていないと聞いた真琴は、胸を撫で下ろした。
 
そんな中紗良だけが目標の5キロ減を早くも達成し、皆を驚かせた。
 
真琴は合格者の1人が
“今まで太ってたから気付かなかったけど、あの子茜子と同じ事務所でモデルをやってたかも…”
と話しているのを聞いた。
 
“みなさん頑張って”
と余裕の笑顔を見せる紗良を見て、真琴は
“あたし甘かった…負けてられない!!”
と思うのだった。
 

Stage.4 あきらめはキレイの敵。 のネタバレ

さらに意気込む真琴

真琴は編集部から
“キレイに痩せた上位3名のみをメインとする撮影に変更にさせていただきます”
との連絡を受けた。
 
それを知った真琴は
“大きくクローズアップされないとダンナを見返せない”
と、ますますダイエットに燃えるのだった。
 

勝負の日

間食はいっさいなし&炭水化物抜きの食事を二週間続けた結果、真琴は3キロ痩せることができた。
 
真琴はメインをはれるかどうかがかかった勝負の日に挑むため、東京へ向かうのだった。
 

魔性の女

再会した参加者たちは、見事に痩せていた。
 
真琴は
“大丈夫かなあたし…”
と不安になった。
 
さらに真琴の不安を煽ったのは、圧倒的に変わった紗良の姿だった。
 
そのうえ紗良は言葉巧みにスポンサーのジュニアに近付き、言葉と笑顔だけでスポンサージュニアの魂をぬいてしまう魔性の女っぷりを見せるのだった。
 

紗良と話す真琴

審査の結果、真琴は落選してしまった。
 
そんな真琴に、1位に選ばれた紗良は
“残念だったね…頑張ったのに…”
と声を掛け
“真琴さんだけに言うけど私昔モデルを目指してたんだ”
と話した。
 
さらに紗良は
“夢を捨てきれなくて、この企画のために10キロ太って挑んだの”
と打ち明けた。
 
2人はお互いの健闘をたたえ、その後1位の紗良は撮影のためにメイク室へ向かうのだった。
 

思いがけない出来事

焦った様子のスタッフが控え室にやって来て
“1位の中西紗良さんが本人の事情により参加できないことになりました”
と言った。
 
そのため、4位の真琴が繰り上げでヘアメイクをしてもらえることになった。
 
真琴は突然の変更に戸惑いながらも喜びを感じるのだった。
 

大変身

真琴は、雑誌で見たことがあったりたくさん本を出しているスタイリストたちにヘアメイクをしてもらった。
 
その後用意された服に着替えた真琴が姿を見せると、その変身っぷりにスタッフたちがザワついた。
 
鏡で自分の姿を見た真琴も
“うそ…これがあたし!?”
と驚いた。
 
するとヘアメイクの1人が
“まだまだこれからが本番よ、今からそれで会社のまわり一周歩いてきて”
と言うのだった。
 

自信を持つ真琴

173センチという身長がずっとコンプレックスだった真琴は、撮影用に用意されたヒールの靴9センチを履いて182センチになっていた。
 
会社の外に出た真琴は
“みんな内心デカ女ってあざ笑ってる”
“お願い見ないで”
と追い詰められた気持ちになっていた。
 
すると
“カッコイー!!あの人モデル!?”
という声や
“キャーとっちゃった写メ”
と盛り上がる女子高生たちの声が耳に入った。
 
それが自分へ向けられた声だと気付いた真琴は
“なんだか楽しい”
“見て見てみんな、あたしこんなにカッコイイの”
と颯爽と歩いた。
 
そんな真琴の姿を見かけたある男性は
“ほーまたひとり新人か?…のわりにはトシくってるけど”
とひとり言を言うのだった。
 

心の底から喜びを感じる真琴

会社の中へ戻った真琴を、ヘアメイク担当者たちが迎えた。
 
ヘアメイクの1人に
“いい顔、自信ついたわね”
“真琴さんは本当に魅力的よ”
と言われた真琴は
“初めて自分自身を認められた…”
と感動の涙を流すのだった。
 
 
⇒無料で「バラ色の聖戦」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「バラ色の聖戦」で検索です
 

Stage.5 扉の向こう側。 のネタバレ

本格的な撮影に挑む真琴

初めは表情がカタイ真琴だったが、徐々に気持ちがノってスタッフたちに褒められるまでになった。
 
真琴はみんなで世の中に発信するものを作りあげようとしている充実感を感じ、身震いするのだった。
 

思わぬ展開

撮影の様子を見に来た茜子は、真琴の姿を見て
“あなたすごくキレイに痩せてるわ”
“この人前面に押し出したらどうかしら”
と言った。
 
しかし、スタッフは3位の真琴が前に出ることに難色を示した。
 
茜子が
“この人といっしょに私も写るってどうかしら”
と提案すると、スタッフはそれを喜んで受け入れた。
 
そして1位と2位の女性たちも、真琴が一番目をひくことを認め
“しょーがないな”
と言うのだった。
 

茜子との撮影

茜子直々にポージングのアドバイスを受けた真琴は、そのプロの技に感動した。
 
そして真琴は、茜子と横に並んで撮影をしながら
“なんて楽しいの”
と興奮した。
 
スタッフ大喜びの素晴らしい出来の写真が撮れたので、真琴はメインページに載ることになった。
 
撮影後、真琴は茜子に
“めげそーになったとき茜子さんの美は戦いって言葉がいつも胸に響いてました”
と言った。
 
すると茜子はふっと笑い
“忘れないで、女ならいくつになっても薔薇をまとうのよ”
と言って去って行くのだった。
 

激しく怒る紗良

出版社を後にした真琴は、近くで紗良の姿を見つけた。
 
紗良は真琴を褒め
“よかったわね”
と微笑んだ直後、突然真琴の顔面を引っ叩いた。
 
そしてヤラセと思われたら困るから、モデルをやっていた人間はダメだと言われて降ろされたことを話した。
 
紗良は編集部につげ口したのは真琴だと思い込んでいた。
 
紗良は真琴の話に耳を貸さずと
“負けないわよ”
“最後の最後、雑誌になるまでどーなるかわからないからね”
と言って去って行くのだった。
 

真琴の目論見

長い出張に行っていた敦司が帰ってくると聞いた真琴は、子供達を実家に預けて敦司とふたりで食事する約束をした。
 
真琴はキレイになった姿を敦司に見せて
“もう一度昔のようにトキめかせてやる”
と意気込むのだった。
 

楽しく食事をする2人

痩せてお洒落をした真琴の姿を見た敦司は、言葉を失った。
 
真琴はそんな敦司の顔を見て
“やったああびっくりしてるトキめいてる”
と心の中で喜んだ。
 
さらに真琴は
“もしかしてこのままホテルの部屋へいこうなんて言われたりして”
と期待に胸を膨らませていた。
 
しかし食事を終えた敦司は真琴の期待をよそに、家へ帰ろうとするのだった。
 

夫婦間の温度差

家に帰った敦司は、ビール片手に
“お前も着かえてラクにしろよ”
“そんなカッコしんどいだろ”
と言った。
 
真琴が
“久々のデートだしお泊りとかできるかなーと思ってたのにッ”
と言うと、敦司はフッと笑って
“もーいいんじゃない?そーゆーのはさ もう家族だろ?”
と言った。
 
さらに敦司は
“キレイになったのは認める、でも雑誌のイベントも終わって気ィすんだろ?”
“これでカンベンしてよ疲れるんだ”
と続けた。
 
それを聞いた真琴は
“この人にはどうやっても女としては見られない”
と愕然とするのだった。
 

想定外の出来事

普段の主婦業に戻った真琴だったが、東京での出来事が忘れられず
“モデルの世界に入りたい”
と思った。
 
そんなとき仕上がった雑誌が届き、真琴は急いで自分が載ったページを探した。
 
しかし茜子と撮ったあの写真の真琴の部分は紗良に差し替えられており、そのうえ紗良はプロのモデルになったと書かれているのだった。
 

バラ戦ができるまで… のネタバレ

作者とKISS編集長&担当は、飲みながら
次の連載のテーマを決定していった。
 
どこか取材できるところはないかと検索していたところ、ちょうど担当も作者と同じ人のホームページを見て
“月乃さん”
に運命を感じた。
 
それから月乃さんのところへ取材に向かった作者はウォーキングの大切さを知ったり、現役モデルの話などを聞きまくった。
 
その後もいろんなイベントやショーを取材して、毎回驚いたり感動したりしながら勉強する作者なのでした。
 
 
⇒無料で「バラ色の聖戦」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「バラ色の聖戦」で検索です
 

バラ色の聖戦 1巻の感想

夫が職場の若い子と浮気…なんていうのは結構よくあるパターンですよね。
 
しかし敦司の浮気相手のようにこれから結婚するという部下と体の関係を持ってしまったとなると、妻としては余計に情けなくなるのではないでしょうか?
 
そのうえ真琴の場合は浮気相手の仲人をしなければならなかった訳で…発狂してもおかしくない展開ですよね。
 
逃げも隠れもせず仲人を務めた真琴は、本当に凄いと思いました。
 
それなのに敦司ときたら浮気をした癖に、そんなことはなかったかのように普通に生活しています。
 
図太い性格ですよね…。
 
せっかく頑張って美しくなった真琴のことも女として扱わなかったのは、浮気してオイシイ思いをしたからなのではないでしょうか?
 
敦司の浮気について深く掘り下げないところが
“これはフツー主婦がモデルとしてのぼっていく話なのだろう”
というのが分かりますよね。
 
実際の世界では浮気をきっかけに夫婦の暗く長い日々がスタートする訳ですが、真琴と敦司の今後はどうなるのか注目ですね。
 
個人的には、敦司の浮気の方も継続すれば話が面白いのではないかと思います。
 
さて1巻でいちばん気になった点は、紗良はどうやって一度降ろされた1位の座を取り戻したのかということです。
 
おそらくスポンサーのジュニアに取り入ったのでしょうが、真相はいかに…??
 
紗良との闘いもそうですが、主人公である真琴がどのようにしてモデル人生を歩んでいくのか見ものですね!
 
 
⇒無料で「バラ色の聖戦」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「バラ色の聖戦」で検索です
 

無料で「バラ色の聖戦」を読む方法

 
無料で「バラ色の聖戦」を読む裏ワザ!
 
 
「試し読みじゃ物足りない…」
「ブックオフに置いてない…」
「スマホでこっそり読みたい…」
「コミックサイトは色々あってどれにしようか迷ってる…」
「安全で信頼できる大手サイトを無料で試したい…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。
 
そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。
 
実はU-NEXTなら無料で「バラ色の聖戦」を読むことができます。
 
U-NEXTは動画配信サービスで有名ですが漫画も沢山扱っています。
 
U-NEXTなら登録時に600ポイント貰えて、「バラ色の聖戦」を600円分実質無料で読めます。
 
ポイント消費0完全無料1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!
 
31日間無料トライアル実施中で無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。
 
いろんな種類の雑誌も無料で読み放題です。
 
600円分のポイントプレゼントと無料トライアル期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。
 
スマホから簡単にできるので、この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!
 

 
【お得な利用方法】
600円分のポイントで「バラ色の聖戦」を、無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。
 
※本ページの情報は2020年5月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。


U-NEXT<ユーネクスト>(R18)