⇒無料で「ヒメゴト~十九歳の制服~」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「ヒメゴト~十九歳の制服~」で検索です
 

ヒメゴト~十九歳の制服~ 1巻とは?

出版社:小学館
発売日:2011/4/28
作者 :峰浪りょう

周囲から男っぽく見られている女子大生・由樹(ユキ)。彼女は誰にも言えない秘密の儀式を行っていた――。燻り続ける己の欲望に苦悩する日々を送る由樹。一方、同じ大学に通う佳人(カイト)と未果子(ミカコ)の2人も他人には明かせぬ「秘密」を抱えていて――。「ヒメゴト」を持つ3人の19歳が繰り広げる「ヨクボウ」と「セイフク」の物語――。

 

ヒメゴト~十九歳の制服~ 1巻のネタバレ

第1話 由樹 -ヨシキ-のネタバレ

由樹の秘密

女なのに男勝りな性格の「由樹」は、今年大学生になった。
 
高校から一緒にいる「祥」といつもつるんでいて、話す言葉も見た目も仕草も完全に「男」。
 
しかし、由樹にはある秘密があった。
 
1人暮らしをしている自宅に帰ると、由樹はいつも高校の制服に身を包む。
 
これは、男勝りな由樹が唯一持っているスカートだった。
 
これを履いている間だけは、素直に「女の子」の自分に戻れるのだ。
 
男勝りな性格のせいで、「ユキ」なのに友人たちからは「ヨシキ」と呼ばれてきた由樹。
 
地元から遠い今の大学を選んだのも、男勝りな自分を知っている人がいないところに行って「女の子」の人生を歩んでみたかったからだった。
 
けれど祥が一緒の大学を選んだことで、また「ヨシキ」でいなくてはならなくなってしまった。
 
人前で女の子になることが許されず、今日も由樹は自宅でスカートを履いて自分で自分を慰める。
 
19歳の由樹には、そんな自分の人生を自力で変えることなど出来なかった。
 

第2話 未果子 -ミカコ-のネタバレ

清楚な未果子

由樹と同じ大学に通う未果子は、見た目も性格も清楚で清純派の美女。
 
友達から髪染めたりしないの?と尋ねられても、親が不良になったって大慌てしちゃうと言うくらいの今時珍しい箱入り娘だ。
 
そんな未果子をじっと見つめる男がいた。
 
その男は「佳人」と言い、大学内でも評判のイケメンだ。
 
佳人の視線に未果子はもちろん気付いていたが、男の子は苦手だと言って交わす未果子だった。
 

未華子の秘密

そんな未果子にも、秘密があった。
 
未華子はセーラー服に身を包んで夜の繁華街に立っていた。
 
待ち合わせをしていたのは名前も知らない男性。
 
そう、未果子は売春をしていたのだ。
 
しかも、自分の年齢を15歳と偽って3年前からこういうことをしていた。
 
未華子はもうすぐ19歳になる。
 
今日もまた、男を騙せた。
 
騙された男たちを見下している瞬間が未果子は最高に好きだった。
 
 
⇒無料で「ヒメゴト~十九歳の制服~」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「ヒメゴト~十九歳の制服~」で検索です
 

第3話 佳人 -カイト-のネタバレ

祥の恋心

道行く人がカイトを見て、その美しさに目を輝かせる。
 
佳人は大学でも有名なイケメンだ。
 
そんなカイトが未果子に熱い視線を向けているとき、目の前を通りかかったのが由樹と祥だった。
 
君たちホモカップルみたいだね、とカイトが声をかけると、由樹はツンとした態度でその場を去ってしまう。
 
邪魔してごめんと謝るカイトだったが、祥が密かに抱いている由樹への恋心に気付いていたカイトであった。
 

カイトの秘密

カイトは今日も女を抱く。
 
それはカイトにとって、生きるために必要な行為だった。
 
大して好きでもない女を身体で繋ぎ止めておけば、お金を自由に使えるカードを持たせてくれる。
 
そのカードを使って、今日もカイトは女装をするための服を買うのだ。
 
そう、カイトの秘密は女装癖があること。
 
そしてカイトが買う服はいつも未果子が着ているものと同じだったのだ。
 

第4話 渋谷 -シブヤ-のネタバレ

コンパ

由樹はその日、大学の同級生からコンパに誘われた。
 
女子の数が足りていないからどうしても来てほしいと言われ、由樹は嫌々ながらも参加することに。
 
男勝りな自分でも女の子としてカウントされたことに内心喜ぶ由樹だったが、いざコンパに参加してみると明らかに場違いな自分がいて気まずくなってしまう。
 
皆が二次会に行こうと店を出たタイミングで逃げ出してしまう由樹。
 
そんな時、人ごみの中に未果子の姿を見つけた由樹は後を追った。
 
手を伸ばしたその時、由樹は驚きのあまり言葉を失ってしまう。
 
そこにいたのは未果子の見た目をした別人だったからだった。
 
 
⇒無料で「ヒメゴト~十九歳の制服~」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「ヒメゴト~十九歳の制服~」で検索です
 

第5話 露 -アラワ-のネタバレ

露見

カイトはその日、いつものように未果子の格好をして街に繰り出していた。
 
すると突然後ろから肩を叩かれる。
 
振り向いたその時、そこにいたのは何と由樹だった。
 
とっさに逃げたカイトだったが、あの時の由樹の表情が頭から離れない。
 
いつものように女を抱いていても、萎えてしまうカイトだった。
 

目撃

このままにしておくわけにはいかないと思ったカイトは、由樹を呼び出した。
 
そして誰にも言わないでと口止めをする。
 
由樹はもちろん言わないと約束したが、女言葉を使うカイトを珍しがる発言をしてしまった。
 
それを聞いたカイトはカチンときて、力で由樹をねじ伏せてしまう。
 
するとその時、偶然未果子が通りかかってしまった。
 
焦る由樹とカイトに、未果子は2人は付き合っているのかと尋ねる。
 
とっさに頷いてしまうカイトに驚く由樹だったが、反論することは出来なかった。
 

女装したカイト

その日、由樹が大学から帰っている途中である1人の女性が目の前に立ちふさがった。
 
その相手は何と女装したカイトだったのだ。
 
完璧に女装したカイトが突然現れ、由樹はギョッとするのだった。
 

第6話 女友達 -オンナトモダチ-のネタバレ

女らしさ

強引に由樹の家までやってきたカイトは、女っ気のない由樹の部屋を見て驚いた。
 
そんなカイトに、由樹はなぜ未果子と同じ服を着ているのかと尋ねると、カイトは未果子になりたいからだと答えた。
 
それに比べてアンタはどう見ても男だと言い放つカイト。
 
由樹はその言葉を聞いてカッとなり、そこまで言うなら自分に女らしさを教えろと言った。
 
そして、自分たちは「女」友達になろうと提案する由樹だった。
 

第7話 交叉 -クロス-のネタバレ

15歳

今日も未果子は汚い男たちに抱かれる。
 
上手に15歳を演じる未果子。
 
ところが事が終わった後、男は未果子に誕生日はいつなのかと聞いてきた。
 
聴こえないふりをした未果子だったが、男は驚きの一言を口にする。
 
それは、次の誕生日が来ても君は15歳になるんだろうね…という言葉だった。
 

ニアミス

翌日、大学にいても未果子の頭の中からその言葉が離れなかった。
 
モヤモヤしていると、目の前に見覚えのある男が現れる。
 
その男は、未果子が昨日寝た男だったのだ。
 
──なぜあいつが大学に…!?
 
焦った未果子はとっさに逃げ出す。
 
すると出会い頭で人とぶつかってしまった。
 
その相手はカイトだった。
 
手を差し伸べるカイトだったが、未果子は男に触られるのは嫌だと言って手を振り払ってしまう。
 
すると、カイトの代わりに手を差し伸べたのは由樹だった。
 
その瞬間、未果子は思わず由樹にときめいてしまうのだった。
 
 
⇒無料で「ヒメゴト~十九歳の制服~」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「ヒメゴト~十九歳の制服~」で検索です
 

第8話 密室 -ヒミツ-のネタバレ

ファーストキス

未果子を助けた由樹は、未果子を気遣いベンチに座らせて介抱する。
 
すると未果子はトイレに行きたいと言い出し、由樹と共に女子トイレに向かった。
 
顔色が優れない未果子。
 
由樹は少し中で休んだら?と提案すると、未果子は1人は嫌だと言って同じ個室に由樹を連れ込んだ。
 
そして未果子は由樹に、由樹は理想の「男の子」だと言い出してしまう。
 
由樹が返す言葉に困っていると、カイトとは本当に付き合っているのかと質問されてしまった。
 
由樹が引きつった笑顔で一応の肯定を見せると、未果子はいきなり雪にキスをしてしまう。
 
驚く由樹。
 
未果子は、自分が男が苦手だから練習させてほしいと言って再び唇を重ねたのだった。
 

第9話 萌芽 -メバエ-のネタバレ

女友達

後日、カイトは由樹を呼び出した。
 
街中で待ち合わせをしていると、その場に女装したカイトが現れる。
 
少し驚いた由樹だったが、そのまま買い物に連れ出されてしまった。
 
気に入った服を試着するカイトだったが、服のファスナーを上げることが出来ず由樹を呼ぶ。
 
どうにかファスナーをあげてもらい、似合っているかどうか尋ねると雪は本音で「似合ってる」と答える。
 
それを聞いたカイトは、初めて女の子に褒めてもらえたことに胸をときめかせるのだった。
 

第10話 雷鳴 -ライメイ-のネタバレ

傷ついた由樹

買い物を終えた2人が外に出ると、カイトは由樹にとある紙袋を手渡した。
 
似合いそうなのを選んでおいたと言うカイト。
 
由樹はぶっきらぼうに受け取りながらも、内心とても喜んでいた。
 
ところがこれはカイトの彼女のカードで買ったものだということを知った由樹は、カイトのその紙袋を突き返してしまう。
 
モヤモヤした感情を抱えて自宅に戻った由樹は、また制服を身にまとって自分で自分を慰めたのだった。
 
 
⇒無料で「ヒメゴト~十九歳の制服~」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「ヒメゴト~十九歳の制服~」で検索です
 

第11話 誤魔化 -ゴマカシ-のネタバレ

19歳になった未果子

未果子はとうとう19歳になってしまった。
 
オトナになっていく自分が嫌でたまらない未果子。
 
知らず知らずのうちに由樹を探していた未果子は、いつも一緒にいる祥を見かけて由樹と一緒じゃないのかと尋ねる。
 
今日は一緒じゃないと言う祥は、最近の由樹の様子が変だと言うことを未果子に話してしまった。
 
すると未果子は、カイトと由樹が付き合っているのだと祥に話してしまう。
 
ところが祥はあいつは男だから有り得ないと言って笑い飛ばしてしまった。
 
それで未果子は由樹にかけられている呪縛に気付く。
 
この男こそが由樹を「男」に縛り付けている根源なのだと悟った未果子は、自分が由樹の呪縛を解いてみせると心に決めるのだった。
 

私…!?

その日の帰り道。
 
未果子は乗っていた電車の中で、自分と同じ服装をしている女の人を見かけた。
 
そこで、未果子の背筋が一気に凍った。
 
その女は、バッグも靴も傘も全てが今日の自分と全く同じ格好だったのだ。
 

第12話 卒業 -ソツギョウ-のネタバレ

女の子の服装

大雨に降られながら由樹が自宅に帰ると、郵便受けに見覚えのある紙袋が入れられていた。
 
それが先日カイトと一緒に買い物に行った時のものだと気付いた由樹は、動揺しながらも紙袋を開けてみる。
 
中に入っていたのは女の子らしいスカートではなく、Tシャツにジーパンといういつもと大して変わらない服だった。
 
ところが袖を通してみると、案外女の子らしい仕上がりになっていたのだ。
 
確かに自分によく似合っていると思う由樹。
 
カイトのコーディネート力に感動する由樹だった。
 

祥の本心

その時、自宅のインターホンが鳴った。
 
相手は祥で、話があると言う。
 
この格好で出るわけにはいかないと思った由樹はドアを開けるのを渋るが、祥はそんな由樹にいら立ちドアを叩いてしまう。
 
すると由樹は表情を変え、ドアを一気に開けた。
 
いつもと違う格好をした由樹に驚く祥だったが、すぐに普段通りの態度に戻す。
 
そしてカイトと付き合っているって本当なのか?と由樹に迫った。
 
否定しない由樹と、それを笑い飛ばす祥。
 
すると由樹は祥にそういうのもう止めようと言ってしまう。
 
その言葉を聞いた祥は表情を変えた。
 
そして、じゃあ今からお前のことを女としてみるわ、と言って由樹を押し倒すのだった。
 
 
⇒無料で「ヒメゴト~十九歳の制服~」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「ヒメゴト~十九歳の制服~」で検索です
 

ヒメゴト~十九歳の制服~ 1巻の感想

男勝りの由樹、女の子だけど闇を抱えた未果子、そして女の子になりたくてたまらないカイト。
 
それぞれが誰にも言えない秘密を抱えて19歳という多感な時期を過ごしていました。
 
子どもでも大人でもないこの微妙な年齢だからこそ、悩み葛藤するんですよね…!
 
彼らがもっと大人だったら、もしくはもっと子どもだったらもっと違う展開が待っていたのかもしれませんが、19歳というこの揺れ動く年齢が彼らを縛り付けているのでしょう。
 
この先彼らがこの秘密をどう守り抜いて行けるのかが気になるところです。
 
そして、これまで由樹を男として扱ってきた祥。
 
彼はきっと不器用で、自分の気持ちを正直に伝えられないタイプなんだろうなと思いました。
 
照れ隠しで由樹を男扱いするけれど、本心は…!?
 
部屋で押し倒されてしまった由樹は一体どうなってしまうのでしょうか。
 
カイトや未果子が抱えている闇も非常に気になりますね。
 
次巻も目が離せません!
 
 
⇒無料で「ヒメゴト~十九歳の制服~」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「ヒメゴト~十九歳の制服~」で検索です
 

無料で「ヒメゴト~十九歳の制服~」を読む方法

 
無料で「ヒメゴト」を読む裏ワザ!
 
 
「試し読みじゃ物足りない…」
「コミックサイトは色々あってどれにしようか迷ってる…」
「ブックオフに置いてない…」
「スマホでこっそり読みたい…」
「安全で信頼できる大手サイトを無料で試したい…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。
 
 
そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。
 
 
実はコミック.jpなら無料で「ヒメゴト」を読むことができます。
 
 
コミック.jpなら登録時に675ポイント貰えて、「ヒメゴト」を1冊まるごと実質無料で読めます。
 
 
ポイント消費0完全無料1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!
 
 
30日間無料おためし実施中で無料おためし期間に解約した場合は月額料金はかかりません。
 
 
675円分のポイントプレゼントと無料トライアル期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。
 
 
スマホから簡単にできるので、この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!
 
 

 
【お得な利用方法】
675円分のポイントで「ヒメゴト」を、無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。