⇒無料で「ヒメゴト~十九歳の制服~」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「ヒメゴト~十九歳の制服~」で検索です
 

ヒメゴト~十九歳の制服~ 2巻とは?

出版社:小学館
発売日:2011/8/30
作者 :峰浪りょう

周囲から男っぽく見られている女子大生・由樹。自分を女だと認めるために、日々、誰にも言えない秘密の儀式を行っていた。そんな彼女の周囲に変化が。女装趣味を持つ佳人が、「女友達」として由樹に接近。男を見下す未果子は由樹に純粋な「少年性」を求める。こわばっていた由樹の心が、解放されていく。「ヒメゴト」を持つ3人の19歳が繰り広げる「ヨクボウ」と「セイフク」の物語第2集!

 

ヒメゴト~十九歳の制服~ 2巻のネタバレ

第13話 絶交 -ゼッコウ-のネタバレ

混乱する2人

由樹を押さえつける祥。
 
カイトと寝たのか、この服もカイトに買ってもらったのかと声を荒らげる。
 
そして祥はとうとう由樹の服を破いてしまった。
 
由樹はショックを受ける。
 
もう自分に構うなと祥を突き飛ばす由樹だったが、祥はそんなこと出来るわけないと呟いた。
 
そして祥はお前のことが好きなんだと告白し、由樹を無理やり押し倒した。
 
由樹はとっさにはさみを持ち出し、祥に向けて二度と私の前に現れんな!と絶交宣言をしてしまうのだった。
 

第14話 罰 -バツ-のネタバレ

傷ついた由樹

カイトはその日、由樹が大学に来るのを楽しみにしていた。
 
──自分が届けたあの服を着てきてくれるだろうか。
 
期待していたカイトの目の前に現れた由樹は、いつも以上にボーイッシュな服。
 
カチンと来たカイトは、大学が終わった後に女装をして由樹の部屋に乗り込んだ。
 
そんなにプレゼントが気に入らなかったのかと問い詰めると、由樹は正直に服の惨状を見せた。
 
誰にされたの?とカイトが尋ねても、由樹は名前を言おうとはしない。
 
それどころか、自分が悪かったかのような言い方をして震えるのだった。
 
そんな由樹をカイトは抱き締め、今夜はずっといてあげると告げるのだった。
 

第15話 泊 -オトマリ-のネタバレ

いてくれて良かった

由樹の頭の中は、祥のことでいっぱいだった。
 
──これからどう接すればいいんだろう。
 
──私たちはどうなってしまうんだろう。
 
答えの出ない問いがグルグル渦巻いている。
 
けれど、カイトが一晩傍にいてくれたことで随分と気がまぎれた。
 
落ち着いて眠りにつく由樹。
 
カイトがいてくれてよかった…と思う由樹なのだった。
 
 
⇒無料で「ヒメゴト~十九歳の制服~」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「ヒメゴト~十九歳の制服~」で検索です
 

第16話 害虫 -ガイチュウ-のネタバレ

落ち込む未果子

一方、未果子は未果子で落ち込んでいた。
 
祥に由樹とカイトのことを話したことについて、由樹に問い詰められたのだ。
 
怒ってしまった由樹に謝りたいと思うが、由樹は聞く耳を持たない。
 
どうしよう…と悩んでいると、目の前にカイトがいるのを見つけた。
 
どうやらカイトは女と電話をしているようだったが、その直後に別の女にかけ直して約束をキャンセルしているのが聴こえてしまう。
 
この男は最低だ。
 
それなのに何で由樹が…と思ってしまう未果子だった。
 

同じ傘

その夜、未果子はまた「売り」をしていた。
 
その帰り道、また自分にそっくりの誰かを見つけてしまう。
 
声をかけようとした未果子だったが、自分が制服を着ていることに気付き躊躇してしまう。
 
とっさに追いかけると、とあるアパートにたどり着いた。
 
しかし結局顔は見れずじまい。
 
また出直そうと思って帰路に着く未果子だったが、その時アパートから自分と同じ傘を持った人物が降りてきた。
 
その人の顔を見て未果子は驚愕した。
 
何と、その人は由樹だったのだ。
 

第17話 繰返 -リフレイン-のネタバレ

真相

未果子が由樹を目撃する少し前。
 
由樹は、カイトに今日も来てもらえないかと電話を入れていた。
 
祥がもしまた家に来たらと思うと、1人で家にいる気にはなれなかったからだ。
 
そしてカイトは約束通り由樹の家にやってきた。
 
そうめんを買ってきたカイトだったが、めんつゆがないことに気付き由樹が買いに出ることに。
 
その時、雨が降っていることに気付いた由樹はカイトが持ってきた傘を勝手に借りて外に出た。
 
そんな由樹を目撃していたのが、未果子だったのだ。
 

このままでいい

無事にめんつゆをゲットした由樹は、カイトと色々楽しい話をしながら過ごした。
 
「女友達」としてカイトと楽しいひとときを過ごした由樹は、ずっとこのままでいたいと思った。
 
この楽しい時間が続くなら、ずっと女友達で良いと思う由樹なのだった。
 

第18話 待伏 -マチブセ-のネタバレ

未果子の作戦

由樹が自分の格好をしていると思い込んでいる未果子は、あの日から由樹のことが頭から離れなかった。
 
由樹があの日キスを拒まなかったのも、自分のことが好きだったからじゃないのか?
 
未果子の頭の中は由樹でいっぱいになる。
 
そしてその日、未果子は由樹のアパートを改めて訪れた。
 
由樹を待っていた未果子の目の前に現れたのは、由樹ではなく祥だった。
 
驚いた祥はその場を後にしようとするが、未果子が追いかける。
 
そしてこんなことになったのは自分のせいだと傷ついたふりをしてみせると、祥は自分がしたことを未果子も知っていると勘違いして自分からあの日の出来事を話し出した。
 
それを聞いた未果子は驚き、怒りに震える。
 
由樹に近付く害虫は自分がすべて追い払ってやると決意した未果子は、祥を自分の自宅に誘うのだった。
 
 
⇒無料で「ヒメゴト~十九歳の制服~」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「ヒメゴト~十九歳の制服~」で検索です
 

第19話 虜 -トリコ-のネタバレ

由樹の為に

祥を自分のアパートに連れ帰った未果子は、祥を慰めるふりをして自然にベッドへと誘った。
 
傷心の祥を自分に夢中にさせることなど、未果子にとっては朝飯前だ。
 
自分との行為にどんどん夢中になっていく祥を見て、未果子は不敵に笑う。
 
そして祥に由樹のことは全部忘れると約束してと言った。
 
その言葉に頷く祥。
 
それを見た未果子は嬉しそうに笑うと、祥に聞こえないような声で「駆除完了」と呟くのだった。
 

第20話 有罪 -ユウザイ-のネタバレ

指摘

大学で他の女たちと喋っているカイトを見かけても、由樹の心はざわつかなかった。
 
この中で、カイトが「女」の時の姿を知っている人は自分以外に1人もいない。
 
秘密を知る優越感に浸る由樹。
 
するとそこにカイトが現れ、祥の話を持ち出した。
 
カイトからその話をされるまで祥のことを完全に忘れてしまっていた自分に気付いた由樹は、自分でも驚く。
 
そしてそれと同時に、自分がカイトのことばかり考えていたことに気付いた。
 
カイトは、本当に祥の気持ちに気付いていなかったのかと由樹に質問を投げた。
 
その言葉を聞いても答えることが出来なかった由樹は、思わず部屋を飛び出してしまう。
 

気付いていた

本当は、由樹も気付いていた。
 
祥の視線が友達に向けるものじゃないということに。
 
けれどこれまでずっと気付かないふりをしていたのだ。
 
その事実を突きつけられた由樹は再び傷つき、またあの制服に身を包んで自分を慰めることでしか自分を保つことが出来なかった。
 

第21話 不意 -フイ-のネタバレ

突然の出来事

そのままベッドで眠ってしまっていた由樹は、インターホンの音で目を覚ました。
 
制服姿で出るわけにもいかず、居留守を決める由樹。
 
しかし、タイミング悪く携帯が鳴ってしまう。
 
慌てて電話に出ると、かけてきた相手はカイトだった。
 
玄関先にいるのは自分だから開けてほしいと言うカイト。
 
しかし、今の自分は制服だ。
 
この格好のまま出るわけにはいかないと思った由樹は、帰ってほしいと言ってしまう。
 
昼間の事まだ怒っているのか…と思うカイトの目に、とんでもないものが飛び込んでくる。
 
それは、自分と同じ服に身を包んだ未果子の姿だった。
 
カイトは慌ててドアを叩き、未果子がすぐそこまで来ているからどうしても中に入れてほしいと叫ぶ。
 
そのただならぬ様子に、由樹は思わずドアを開けてしまった。
 
中に入れてもらえたカイトは、由樹の制服姿には全く触れない。
 
それどころか、自分が女装していることがバレた時に比べたらはるかにマシだと言って何事もなかったかのようにふるまった。
 
それを聞いた由樹はホッと胸をなでおろすのだった。
 
そして、今度一緒に服を買いに行こうと由樹を誘うカイト。
 
その言葉を聞いて由樹は嬉しそうに頷いた。
 
そんな由樹を見たカイトは、突然由樹にキスをしたのだった。
 

第22話 接吻 -キス-のネタバレ

ずっと女友達で…

カイトにキスをされ、固まってしまう由樹。
 
しかしカイトは、「いい子だからキスしちゃった!」と何事もなかったかのように笑った。
 
そして、ずっと女友達でいようね!と言って由樹と握手を交わすと、買い物の約束忘れないでよね!とだけ言い残して部屋を出て行った。
 

決意

その晩、カイトは自分の彼女に制服を着させたうえで身体を重ねた。
 
由樹の制服姿に自分でもよく分からない感情を抱いてしまったからだ。
 
──由樹はこれから自分が絶対に可愛くして見せる。
 
でも、彼女はいくらでも入れ替えることが出来るけれど女友達はそうはいかない。
 
絶対に「女友達」には…「由樹」には手を出さないと密かに誓うカイトであった。
 
 
⇒無料で「ヒメゴト~十九歳の制服~」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「ヒメゴト~十九歳の制服~」で検索です
 

第23話 不快 -フカイ-のネタバレ

作戦

あの日から、祥と未果子は何度も身体を重ねていた。
 
祥がどんどん自分にのめり込んでいくのを見て安心する未果子。
 
自分を好きにさせてしまえば、こいつは由樹の側をうろついたりはしない。
 
これは全て未果子の作戦だった。
 

嘘が上手くなってる…

その日、大学で1人でいる由樹を見かけた未果子。
 
勇気を出して由樹に話しかけてみた。
 
祥に由樹とカイトのことを話してしまったことを謝る未果子。
 
自分のせいでこんなことに…と落ち込む素振りを見せると、由樹はもう怒っていないと言って笑ってくれた。
 
ホッと胸をなでおろす未果子。
 
そこに未果子の友人たちが現れ、会話に加わることに。
 
その時友人の1人が、カイトとの関係はどうなのかと由樹に尋ねた。
 
すると由樹は、顔色一つ変えずに「別に?」と言って爽やかな笑顔を見せる。
 
嘘が上手くなっている由樹を目の当たりにした未果子は、らしくないよ…と呟くのだった。
 

第24話 初恋 -ハツコイ-のネタバレ

女友達との買い物

次の土曜日。
 
由樹とカイトは約束していた買い物に出かけた。
 
女の子らしい服が欲しいと言って頑張って探す由樹だったが、ことごとく自分には似合わず落ち込んでしまう。
 
そんな由樹を見かねたカイトが選んでくれた服は、どれもこれも由樹にぴったりのものばかり。
 
カイトの勧めてくれた服と自分で何とか選んだ服を何着か買った由樹は、試しに新しく買った服に身を包んで外を歩いてみた。
 
するとなぜかワクワクするような気持になり、笑顔になる由樹。
 
そんな由樹を見て、カイトはその服でよかったの?と不思議そうな顔をする。
 
由樹が買った服は、由樹が気に入っていた服とは別のものだったのだ。
 
しかし、由樹はこっちの方が気に入ったんだと言って笑う。
 
由樹がこの服を選んだ理由は、この服を試着したときにカイトが「可愛い」と言ってくれたからだった。
 
無意識での選択だったのだが、街を行き交う女の子が自分たちと同じような会話をしていたことを耳にする由樹。
 
それって恋だねー!と女の子たちがはしゃいでいるのを聞いた由樹は、ハッとしたのだった。
 
 
⇒無料で「ヒメゴト~十九歳の制服~」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「ヒメゴト~十九歳の制服~」で検索です
 

ヒメゴト~十九歳の制服~ 2巻の感想

由樹への気持ちを遂に暴露した祥でしたが、由樹は祥を受け入れることが出来ませんでした。
あんなにいきなり襲い掛かられたのですから、それどころじゃなかったでしょう。
 
傷つく由樹に寄り添ってくれたのは女友達のカイトでした。
 
そしてその日から、カイトに対する気持ちが少しずつ変化していく由樹。
 
しかし本人もそれに気付いてはいないようですね。
 
自分の抱くカイトへの気持ちが「女友達」に抱くものとは少し違うことに気付いた由樹は、これからカイトとどう接していくのでしょうか?
 
一方カイトも、由樹に対する気持ちがちょっと屈折しているような気もしますし…
 
そして未果子も裏で暗躍しています。
 
得意の寝技を使って祥を自分の虜にさせ、由樹のことを想う気持ちを追い出そうと企んでいますね…!
 
未果子の魔性さ、おそるべし…!
 
色んな人が複雑に絡み合うこのヒメゴト、先が全く予想できなくてとっても面白いです!
 
 
⇒無料で「ヒメゴト~十九歳の制服~」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「ヒメゴト~十九歳の制服~」で検索です
 

無料で「ヒメゴト~十九歳の制服~」を読む方法

 
無料で「ヒメゴト」を読む裏ワザ!
 
 
「試し読みじゃ物足りない…」
「ブックオフに置いてない…」
「スマホでこっそり読みたい…」
「コミックサイトは色々あってどれにしようか迷ってる…」
「安全で信頼できる大手サイトを無料で試したい…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。
 
 
そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。
 
 
実はコミック.jpなら無料で「ヒメゴト」を読むことができます。
 
 
コミック.jpなら登録時に675ポイント貰えて、「ヒメゴト」を1冊まるごと実質無料で読めます。
 
 
ポイント消費0完全無料1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!
 
 
30日間無料おためし実施中で無料おためし期間に解約した場合は月額料金はかかりません。
 
 
675円分のポイントプレゼントと無料トライアル期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。
 
 
スマホから簡単にできるので、この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!
 
 

 
【お得な利用方法】
675円分のポイントで「ヒメゴト」を、無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。