⇒無料で「セフレの品格-プライド-」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「セフレの品格-プライド-」で検索です
 

セフレの品格-プライド- 10巻とは?

出版社:双葉社
発売日:2016/10/17
作者 :湊よりこ

すべての誤解が解けた抄子と一樹。再び心を通い合わせた2人は永遠の愛を誓い合い、晴れて夫婦となった。一方、抄子の親友である華江は「たくさんの男達に喜びを与えることが自分の存在価値」という自身の哲学のもと、フリーセックスに明け暮れる日々を送っていたのだが……。デジタルコミックで空前の大ヒットを記録した、大人の男女、心と体の物語、待望の第10巻!!

 

セフレの品格-プライド- 10巻のネタバレ

シーズン10/第1話 のネタバレ

華江の咳

華江とフィフィが情事を楽しんだ翌朝。
 
華江の自宅を抄子が訪れた。
 
インターホンの音で目を覚ましたフィフィは、誰か来たみたいだよと華江に声をかける。
 
すると華江は微睡みながら主人かも…と呟いた。
 
それを聞いたフィフィは慌てて飛び起きる。
 
とっさに逃げようとしたフィフィだったが、抄子と鉢合わせして大騒ぎに。
 
ようやく起きてきた華江が仲裁に入り、抄子とフィフィはとうとう初対面を果たした。
 
一樹がずっと想っていた女性はこの人だったのかと思ったフィフィは、思わず抄子をハグをした。
 
抄子も一樹からフィフィのことについて聞かされていて、ようやく出会うことが出来た2人はそれぞれに胸を熱くする。
 
3人でお茶を楽しんでいたその時、フィフィは華江が普通じゃない咳をしていることに気付く。
 
心配するフィフィだったが、夏風邪だろうと返す華江。
 
それを心配した抄子はフィフィに華江を頼んで家を後にしたのだった。
 

幸せな抄子

一樹は持っていたマンションをリフォームし、抄子との新生活を送るための準備を整えた。
 
綺麗になった部屋を訪れた抄子は、その豪華さに驚く。
 
抄子の身長に合わせたキッチン、最新の食洗機、ふかふかのダブルベッド、素敵なバスルーム…
 
新しい家具に囲まれた抄子は子どものようにはしゃぎ、一樹はそんな抄子の笑顔を見て幸せそうに微笑んだ。
 
新居で幸せな日々を過ごす2人。
 
そして春翔が寝静まったのを見計らってたっぷりと愛し合う。
 
今までに感じたことのないほどの幸福感が抄子を包むのだった。
 

再発…?

いっぽうその頃、華江の咳はより一層ひどくなっていた。
 
薬を飲んでもちっとも良くならない症状に、華江の頭は良くない考えがよぎる。
 
もしかして、がんが再発したのかもしれない…
 
胸騒ぎが華江を襲うのだった。
 
そんな時、フィフィが沖縄に行こうと計画していることを知った華江。
 
華江は自分も行きたいと言い出す。
 
美しい場所で、美しいままで死にたい。
 
華江は心からそう思うのだった。
 
 
⇒無料で「セフレの品格-プライド-」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「セフレの品格-プライド-」で検索です
 

シーズン10/第2話 のネタバレ

がんの再発

人知れずがんの再発について調べる華江。
 
良くない情報ばかりが華江の目をひく。
 
するとフィフィも咳をし始めたのを見て、もしかしたら本当にただの夏風邪かもしれないと思う華江。
 
ほんの少しだけ安堵する華江なのだった。
 
ところがフィフィはすぐに症状が治まったのに、華江はいつまで経っても咳が止まらない。
 
華江は徐々に自分が再発している可能性が高いのではないかと思い始めていた。
 
病院に行くよう勧めるフィフィに、華江は首を振る。
 
本当のことを知るのが怖い。
 
それでもフィフィは強く病院に行くことを勧め、華江もとうとう折れて検査を受けることに。
 
検査の結果、華江のがんは肺に転移していることが分かった。
 
覚悟はしていたが、ショックを隠せない華江。
 
心配するフィフィには夏風邪をこじらせただけだと説明する。
 
そんな時、華江の携帯に抄子から連絡が入った。
 
ランチ行かない?と言う抄子の誘いも、返事をする気になれない華江。
 
次第に抄子からの連絡が疎ましく感じ始める。
 
しかししつこく連絡してくる抄子を無視し続けるわけにもいかず、体調をおして抄子とランチに出かけることに。
 
可愛い子供に恵まれ、幸せそうに笑う抄子にモヤモヤした感情を持ってしまう。
 
そして何も知らずに明るくふるまう抄子に、とうとう華江はうるさいと言ってしまった。
 
帰りのタクシーの中で自己嫌悪に陥る華江。
 
華江が自宅に帰ると、可愛がっていた飼い猫が亡くなっていた。
 
涙に暮れる華江と、華江を心配して一樹に連絡を取ったフィフィ。
 
一樹は華江の元に駆け付け、悲しむ華江に寄り添った。
 
すると華江は、この子は先に行って待っててくれているのかしらと言い始める。
 
そして、抄子には言わないでと前置きしたうえで自分ががんに侵されていることを一樹に打ち明けるのだった。
 

華江の決意

フィフィは、悲しみに暮れる華江を沖縄旅行に誘った。
 
屋久島にも立ち寄るというフィフィの弾丸ツアーの誘いに華江は驚くが、つらい現実から目を背けたいと思った華江は行くことに決める。
 
美しい沖縄の海や壮大な屋久杉を目の当たりにした華江は、ようやく自分らしさを取り戻す。
 
そして、最後の最後まで美しく輝き、素晴らしいセックスをして自分らしく人生を終えたいと思う華江なのだった。
 
 
⇒無料で「セフレの品格-プライド-」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「セフレの品格-プライド-」で検索です
 

シーズン10/第3話 のネタバレ

自分に出来ることなら…

旅行から帰った華江は、抄子に電話をかけて先日の非礼を詫びた。
 
忙しい日々に追われる抄子は気にすらしていない様子だった。
 
その様子に安堵した華江は、頑張ってねと言って電話を切る。
 
そしてその足で一樹の元に向かった。
 
検査結果を記された紙を一樹に手渡し、確認してもらう。
 
これからどうしていくのかと問われた華江は、最後まで自分らしく生きたいと言う。
 
セックスのない人生など有り得ない、と言って笑う華江は相変わらず美しかった。
 
自分に出来ることなら何でもやると言う一樹に、ありがとうと微笑む華江。
 
抄子にはこのことは言わないでほしいと口止めをして、了承する一樹なのだった。
 

初めての喧嘩

華江は自分の病気のことを旦那にも電話で打ち明けた。
 
上海に出張していた旦那は華江の元に飛んで帰ってきた。
 
君がこの世からいなくなるなんて耐えられないと狼狽える旦那は、諦めないでがんと闘おうと言う。
 
ところが華江は首を振った。
 
みっともなくじたばたするなんて自分らしくない。
 
最後まで自分らしくいたい。
 
そう言う華江に、旦那は反論する。
 
どんな姿になっても1分1秒でも長く生きてほしい。
 
涙を流しながら必死に訴える旦那に、嫌だと言ったら?と返す華江。
 
すると旦那は一瞬悩み、離婚すると口にした。
 
それなら慰謝料を1億要求すると言い出す華江。
 
旦那が思わず手を振り上げると、2人の間に割って入ったのはフィフィだった。
 
フィフィは華江の手を引いて家を飛び出す。
 
旦那と喧嘩したのは初めてだと言って涙を流す華江。
 
そんな華江を見たフィフィは一樹に連絡を取り、マンションの一室を貸してもらえるよう頼んだ。
 

最後にやりたいこと

一樹を待っている間、フィフィは華江に病気のことを知ってしまったことを白状する。
 
治る見込みがないと言って落ち込む華江に、フィフィはうらやましいと呟いた。
 
自分は大切な人が亡くなってからずっと死にたいと思っていると言って切なそうに空を見上げるフィフィ。
 
向こうの世界には偉人たちもたくさんいるからきっと楽しいと言って笑うフィフィの顔を見て、華江の不安は少しだけ薄らいでいった。
 
そして一樹が到着し、3人は酒盛りを始める。
 
高いお酒を飲みかわし、会話を楽しむ3人。
 
フィフィは華江に死ぬまでにやりたいことを考えてみなよと言い出した。
 
すると華江はニコラスに会いたいと呟いた。
 
美容整形もしたい。
 
恵まれない子供に支援をしたい。
 
美しいバラを育てて、私が死んだらそのバラの下に灰をまいてほしい。
 
最高のセックスがしたい。
 
華江はそう言って笑った。
 
けれど、セックスに関してはダメだと言って首を振る。
 
なぜ?と問いかける一樹。
 
すると華江は、最高のセックスの相手はあなただからと言った。
 
それを聞いたフィフィも、抄子がいるからそれは無理だねと言って笑う。
 
しかし一樹は、その言葉を無かったことには出来ずにいた。
 
自分に出来ることはどんなことでもやると約束した一樹。
 
迷いに迷い、そして決意したのだった。
 

思いがけない相談

次の休日。
 
天気が良いのでピクニックに出かけた抄子と一樹、そして春翔。
 
すると一樹は抄子に驚きの質問をした。
 
華江とセックスしてもいい?
 
思いがけない相談をされた抄子は、それを聞いて言葉を失うのだった。
 
 
⇒無料で「セフレの品格-プライド-」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「セフレの品格-プライド-」で検索です
 

シーズン10/第4話 のネタバレ

ドッキリ…?

華江とセックスしてもいい?と尋ねられた抄子は驚き、何のドッキリ?と返してしまう。
 
すると一樹は真剣な表情で、冗談じゃないと答えた。
 
本気で言っているのかと尋ねる抄子に、一樹は頷く。
 
抄子は一樹の考えていることが理解できなかった。
 
理由を尋ねる抄子だったが、訳は言えないと言う一樹。
 
すると抄子はダメだと言ってしまう。
 
それを聞いた一樹は少し寂しそうな表情をして、抄子がダメならしないと言ってその話題を終えた。
 

飛び出していく一樹

それきりその話題がのぼることはなく、家に帰った3人は団らんの時間を楽しんだ。
 
ゆっくりお風呂につかりたいと言う抄子に一樹は了承し、春翔の面倒を見ることに。
 
抄子がゆっくりとお風呂を楽しんでいると、一樹の携帯が鳴った。
 
春翔と遊んでいた一樹は胸騒ぎを覚え、電話に出る。
 
相手はフィフィで、華江が突然苦しみ出したと言うのだ。
 
救急車を呼ぼうか様子を見ていたら旦那まで過呼吸を起こしてしまったというフィフィ。
 
それを聞いた一樹はすぐに行くと告げ、抄子に華江の所に行ってくると言って春翔を託して出て行ってしまう。
 
突然のことに驚く抄子。
 
春翔と2人で取り残され、不安が胸をよぎるのだった。
 

不倫…?

一樹と華江が不倫していると勘違いした抄子は、どうすればいいのか分からなかった。
 
何で華江なの…?という思いが抄子の中を渦巻く。
 
いっぽうその頃、華江の自宅を訪れた一樹は医師として出来る限りの対応を取った。
 
鎮痛剤を打ち、華江を落ち着かせる。
 
ようやく家に帰った一樹は抄子に謝罪するが、抄子は寝たふりをして聞く耳を持たなかった。
 

真実を知った抄子

翌日。
 
抄子は華江の家を訪ねることにした。
 
華江の家に向かっていると、途中でフィフィと遭遇する。
 
昨日は痛みが激しかったけれど今日は華江は元気だとフィフィが告げると、抄子はその言葉に違和感を覚えた。
 
一樹が駆けつけて鎮痛剤を打ってくれたおかげだと言うフィフィ。
 
何のこと?と抄子が問うと、フィフィは華江ががんに侵されていることを抄子に話してしまった。
 
それを聞いて驚く抄子。
 
抄子の反応に驚いたフィフィは、抄子が病気のことを知らなかったことをその時初めて知った。
 
抄子は思わず華江の元に駆け出していた。
 

華江の約束

華江の元にたどり着いた抄子は、フィフィから病気のことを聞いたと告げる。
 
一樹には口止めしたのにフィフィに口止めすることを忘れていたと呟く華江。
 
それを聞いた抄子は思わず泣き出してしまった。
 
すると華江は悲しんでいる暇はないと答えた。
 
悔いを残さないために、やりたいことがたくさんあるのだと言う華江。
 
それには一樹と寝ることも含まれているのかと尋ねる抄子に、華江は一樹がそう言ったのかと質問を返した。
 
華江は抄子に私の冗談が過ぎたと言って謝る。
 
そしてそんなこと絶対にしないと約束するのだった。
 

私があなただったら…

全てを知った抄子は、一樹に自分が誤解していたことを打ち明けた。
 
そして一樹にとって結婚とは何かを問う。
 
すると一樹は子どもへの責任と、抄子と一生一緒にいるという約束だと答えた。
 
その答えを聞いた抄子は、ようやく決心がついた。
 
そして、華江と寝てあげてと言い出したのだ。
 
いいのか?と尋ねる一樹。
 
すると抄子は、私があなただったら間違いなくそうすると答えたのだった。
 

抄子の誘い

後日。
 
抄子は華江をホテルに誘った。
 
久し振りにホテルに泊まってゆっくりおしゃべりしない?という誘いに華江は喜んで乗った。
 
そして約束の土曜日。
 
華江がホテルに着くと、抄子はもうチェックインしているから直接部屋に来てと連絡を入れる。
 
華江が部屋を訪ねると、そこにいたのは抄子ではなく一樹だった。
 
部屋に引き込まれた華江は待ってと一樹に言うが、一樹は何も心配することないと言って笑った。
 
そして華江にキスをして、華江をベッドに押し倒すのだった。
 
 
⇒無料で「セフレの品格-プライド-」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「セフレの品格-プライド-」で検索です
 

セフレの品格-プライド- 10巻の感想

華江のがんが再発してしまい、恐怖に支配されてしまう華江。
 
死がすぐそこまで迫っていることに怯える気持ちは分かります…。
 
怖くて怖くてたまらなかったでしょう。
 
ですが華江は1人ではありませんでした。
 
フィフィも一樹も旦那も抄子も、みんなが華江のことを想っていました。
 
それを改めて実感した華江は、残された人生を楽しく生きようと決断します。
 
そして酔った勢いで最高のセックスをしたいと口にしてしまう華江。
 
それを聞いた一樹は、自分に出来ることはしてやりたい…と悩みます。
 
そして真剣に抄子に相談したのでした。
 
けれど事情を知らない抄子は驚き、拒否してしまいます。
 
事情を知らないのですから当然ですよね…。
 
けれど結局抄子は病気のことを知り、一樹の背中を押しました。
 
全ては華江の為に。
 
一樹の優しさと、抄子の強さが華江を包み込みました。
 
果たして華江は一樹にこのまま抱かれることを選択するのでしょうか?
 
それとも拒否してしまうのでしょうか…?
 
 
⇒無料で「セフレの品格-プライド-」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「セフレの品格-プライド-」で検索です
 

無料で「セフレの品格-プライド-」を読む方法

 
無料で「セフレの品格-プライド-」を読む裏ワザ!
 
 
「試し読みじゃ物足りない…」
「ブックオフに置いてない…」
「スマホでこっそり読みたい…」
「コミックサイトは色々あってどれにしようか迷ってる…」
「安全で信頼できる大手サイトを無料で試したい…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。
 
そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。
 
実はU-NEXTなら無料で「セフレの品格-プライド-」を読むことができます。
 
U-NEXTは動画配信サービスで有名ですが漫画も沢山扱っています。
 
U-NEXTなら登録時に600ポイント貰えて、「セフレの品格-プライド-」を600円分実質無料で読めます。
 
ポイント消費0完全無料1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!
 
31日間無料トライアル実施中で無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。
 
いろんな種類の雑誌も無料で読み放題です。
 
600円分のポイントプレゼントと無料トライアル期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。
 
スマホから簡単にできるので、この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!
 

 
【お得な利用方法】
600円分のポイントで「セフレの品格-プライド-」を、無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。
 
※本ページの情報は2020年5月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。


U-NEXT<ユーネクスト>(R18)