⇒無料で「暁のヨナ」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「暁のヨナ」で検索です
 

暁のヨナ 31巻とは?

出版社:白泉社
発売日:2019/12/20
作者 :草凪みずほ

千州との戦に勝利し、領土を広げた高華国。しかし重傷のハクと、声の出ないヨナ…。ケイシュクから喉の薬をもらい、ヨナが声を出せるようになり言いたかったこととは…?そして、負傷兵の手当てをし、空の部族の医療技術に興味を持つユン。緋龍城まで来れば医術を教えるというケイシュクの狙いは…?

 

暁のヨナ 31巻のネタバレ

第176話 聞こえた? のネタバレ

完全勝利

先にヨナを連れて城を脱出したジェハは、ユンにヨナを託して再び城へと向かう。
 
ハクの元にジェハが戻ると、ハクはゴビを城の外へと投げ捨てた。
 
そこに待ち構えていたのはアルギラとヴォルドで、ハクはゴビをコウレンの元に連行するためにアルギラたちにゴビを引き渡したのだった。
 
こうして千州軍との戦は、高華国軍の勝利で幕を閉じた。
 
高華国はとうとう千州を完全に制圧し、属国となった斉・真国と合わせてイル王の時代よりも倍の国土を支配することとなったのだった。
 

英雄

ジェハのおかげで何とか城から脱出することのできたハクとヨナだったが、ハクは重傷を負いヨナは喉を火傷したのか声が出ないようだった。
 
しばらく火の部族の野営地で天幕を借りて療養することに。
 
やがて、火の部族の勝利の宴が始まった。
 
ハクは安静な身ながらも肉を食らう為に起き上がる。
 
その時、ヨナの腹の虫が鳴るのを聞いたハクはヨナも連れて外に出ることに。
 
ハクたちが宴の場に現れると、火の部族の兵たちはハクに駆け寄り大歓迎した。
 
ハクはこの戦で英雄のような存在になっていたのだ。
 
皆で勝利を祝っていると、そこにケイシュクが姿を見せる。
 
ケイシュクに会いたくなかったハクはヨナを連れてこっそりその場から離れるのだった。
 

やっと言えた

ヨナはハクに色々なことを伝えたかったが、全く声が出なくて上手く伝えられない。
 
するとその時、テジュンがヨナの元にやって来た。
 
そしてヨナにある薬を手渡す。
 
それは喉の薬で、ケイシュクがヨナにと持ってきたと言うのだ。
 
1日も早く全快されますようにという伝言を聞いたヨナは、その薬を一気に飲みこむ。
 
ほんの少しだけ声が出るようになったヨナは、かすれた声でハクが好きと口にしたのだった。
 
 
⇒無料で「暁のヨナ」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「暁のヨナ」で検索です
 

第177話 聞こえましたけど のネタバレ

どこへ

ハクが好きと言うことが出来たヨナは、やっと言えた…と言って笑った。
 
そこにテジュンの部下のフクチが現れ、それとなくテジュンをその場から連れ出す。
 
ヨナとハクは2人きりになった。
 
ハクは話を続けるようにヨナに言うが、ヨナは恥ずかしさのあまり話を無理やり終わらせてしまった。
 
堪えられずに天幕に戻るヨナ。
 
すると天幕の中にはアルギラとヴォルドがやってきていて、明日の朝にはゴビを連れて真国に帰るという。
 
火の部族も帰り支度を始めており、ジェハは自分たちも高華国へ帰ろうかと言い出した。
 
その後どこに行くかが問題だけど…と考える様子を見せるジェハ。
 
ヨナもどうするべきか考えを巡らせるのだった。
 

手を組まないか

ヴォルドとアルギラが去り、火の部族たちも撤収を始めた。
 
一方その頃、ユンは空の部族の医療技術がすごいということで、駐屯していた空の部族の元にやってきていた。
 
ユンを迎えに行くヨナたちだったが、ユンはまだ重症者も多いし暫くここで医術を学びたいと言う。
 
ヨナは少し悩んだが、それを了承するのだった。
 
何か手伝おうかと言うヨナだったが、病人は自分たちでしょと言われてヨナとハクは2人で追いやられてしまう。
 
そんな時、ユンの元にジュド将軍がやってきた。
 
四龍たちが傍にいるのを見て警戒心を強めるジュド。
 
そんなジュドにジェハはここを荒らすつもりはないと言い、ユンを連れて立ち去ろうとした。
 
するとそこにケイシュクが現れ、ユンがいても構わないと言い出した。
 
ヨナは、自分たちはすぐここを去るからユンが医術を学ぶのを許してほしいと頼もうとした。
 
するとケイシュクの方からある提案をされる。
 
負傷兵を国に帰さなければならないからそろそろ医療班もここを離れる。
 
気になるのであれば緋龍城に来て医術を学んではどうか。
 
ケイシュクのその提案を聞いたユンは即座に断るが、ケイシュクは尚もユンに誘いをかけた。
 
何が狙いなのかとヨナに尋ねられたケイシュクは、ヨナに向かって自分と手を組まないかと言い出したのだった。
 
 
⇒無料で「暁のヨナ」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「暁のヨナ」で検索です
 

第178話 提案の形で問われた立場 のネタバレ

ケイシュクの提案

自分と手を組まないかと言うケイシュクに、四龍たちは反対した。
 
しかし、自分と手を組めばあなた方に衣食住を提供し、ユンにも望むだけの医術を教えると約束するケイシュク。
 
このままにしていても今後も四龍を狙う者が現れ、危険な目に遭うだろうと言うケイシュクの言葉を聞いたヨナは迷った。
 
そしてケイシュクは明後日緋龍城へ戻ると言い、その時あなたの決断をお聞かせ願いたいと言ってその場を去るのだった。
 

どうするべきか

ヨナはどうするべきか悩んだ。
 
ユンは、ケイシュクの元には行かずに明日高華国へ帰ろうと言う。
 
するとヨナは、この同盟を拒否して逃げたら今度こそケイシュクは自分たちに追っ手を差し向けるだろうと言った。
 
ゼノもその意見に同意する。
 
いっそスウォンのお膝元に飛び込んでみるか?と提案するゼノ。
 
ある意味では城にいた方が四龍は安全かもしれない。
 
そうヨナに伝えた上で、どうするべきか判断を委ねるのだった。
 

決断

その夜、ヨナは決断した。
 
ハクの元に行き、ケイシュクの話を受けることにすると口にしたヨナ。
 
するとハクはそれに反対する。
 
俺にもっと力があれば…と自分を責めるハク。
 
ヨナはそんなハクを抱き締めることしか出来なかった。
 
 
⇒無料で「暁のヨナ」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「暁のヨナ」で検索です
 

第179話 虚しい歓声 のネタバレ

帰還

翌朝、ヨナは正装して緋龍城へと帰ることになった。
 
これから民の前に出るにあたり、ヨナの顔を民に覚えさせるためだと言うのだ。
 
しかもケイシュクは情報屋に金を払い、ヨナの失踪は千州がしでかしたことだと言う情報を流させた。
 
スウォンはそんなヨナを救うために戦を行い、千州に勝利して姫を奪還したのだというカバーストーリーを流す。
 
これでスウォンが先王イルを殺したという説は立ちどころに消え、スウォンへの忠誠心がうなぎ上りになる。
 
これも全てケイシュクの策略だった。
 
そしてヨナを引き連れた空の部族軍は緋龍城へと帰還する。
 
ヨナの姿を見た民たちは歓声を上げた。
 
四龍も別の馬車で緋龍城へと足を踏み入れる。
 
初めて緋龍城に入ったゼノ以外の四龍は不思議な感覚に襲われた。
 
敵地だというのになぜか心が安らぎ、身体も軽くなったような感じに包まれる。
 
ゼノは懐かしい緋龍城を見て、いつもと違う表情を見せるのだった。
 
そしてヨナは緋龍城の中へと案内された。
 
ところがハクは緋龍城へ足を踏み入れるのを止められる。
 
スウォン陛下に刃を向ける恐れがある者は入城を許可できませんというケイシュクに、ヨナは怒りを露わにした。
 
四龍たちもハクを入れないと言うのなら自分たちも緋龍城へは行かないと言うが、ケイシュクはそれを許さない。
 
すると、ユンが自分もハクと一緒にここで待っていると手を挙げた。
 
こうしてヨナと四龍だけが緋龍城へと通されるのだった。
 
ところがヨナはスウォンの前ではなく部屋へ行くよう告げられた。
 
長旅でお疲れかと思いますので、陛下に会うのは日を改めて…と言うケイシュク。
 
四龍だけを会わせようとしていることを悟ったヨナは、自分も一緒に行くと言うがケイシュクは了承しない。
 
四龍たちは顔色の悪いヨナを気遣い、自分たちは大丈夫だと言って笑顔を見せた。
 
ヨナは四龍のその言葉を信じてスウォンの元へと行かせるのだった。
 

祭り

四龍はスウォンの元へと向かった。
 
四龍の前に姿を現したスウォンは、まずケイシュクの独断での行動をを咎めた。
 
そして何がしたいのか結論を述べるように言う。
 
するとケイシュクは、四龍が緋龍城に帰還したという祭りを開きましょうと言い出した。
 
イル王の御世にも年に1度行われていた武術大会を行い、そこに四龍を出場させてお披露目をしてはどうかと提案するのだった。
 
 
⇒無料で「暁のヨナ」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「暁のヨナ」で検索です
 

第180話 御披露目 のネタバレ

見世物?

ケイシュクの提案に、四龍たちは嫌悪感を示した。
 
自分たちを見世物にするつもりなのかと問うジェハ。
 
するとケイシュクは極めて平和的な祭りだと答える。
 
ゼノは戦うことが出来ないと言うと、彼が受けた矢傷が治るのを見たというケイシュクは彼の能力は不死身だと断言した。
 
それを聞いたスウォンは表情を変える。
 
回復が早い能力ですか?と尋ねるスウォンに、死なないということだよと答えるゼノ。
 
それを聞いたスウォンはゼノに興味を示し、たくさんの質問をし始めた。
 
スウォンのその様子を見たキジャは、ゼノを見世物にする大会になど絶対に参加しないと声を荒らげる。
 
ところがスウォンが五部族長には敵わないでしょうから適当に勝ったふりや負けたふりをすればいいのだと言うと、カチンときたキジャは全将軍を張り倒して見せると息巻いた。
 
こうして大会は開催されることになってしまったのだった。
 

大会当日

そして武術大会当日。
 
空都はかつてないほどの賑わいを見せていた。
 
観覧に訪れたリリは、あまりの人の多さに立ち往生してしまう。
 
するとそこにグンテとその妻ユウノが通りかかり、リリを一緒に大会の会場まで連れて行ってくれたのだった。
 
同じ頃、ハクは四龍が大会に出ることを初めて聞かされた。
 
ハクの表情がみるみるうちに険しくなっていく。
 
そしてヨナは席に案内されたが、そこはスウォンの隣でいわゆる王妃が座るべき席だったのだ。
 
スウォンも一瞬表情を固くしたが、何事もなかったかのように席に着く。
 
観客が見ている前でスウォンに恥をかかせるわけにはいかなくなったヨナは、隣に座るしかなかった。
 
2人が隣同士に座っているのを見た観客たちは、案の定2人が婚約したのだと思い込んでお祝いの言葉を口にするのだった。
 
 
⇒無料で「暁のヨナ」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「暁のヨナ」で検索です
 

第181話 開幕戦 のネタバレ

試合開始

スウォンとヨナが婚約したという騒ぎを聞いた四龍たちは怒りを露わにした。
 
このままでは本当に婚約させられかねない。
 
そうなったらどうする?と問われたジェハは、ヨナを攫って皆で逃げようか…と呟くのだった。
 
一方その頃、四龍と戦う為に準備をしていた地の部族長のグンテに、空の部族長のジュドがとある指示を出した。
 
それは、今回の試合は四龍に上手く能力を出させて適当なところで負けろという指示だった。
 
武人であるグンテは当然断ろうとするが、それがケイシュクの策略であることを聞かされて従わざるを得なかった。
 
ジュドの相手はキジャが、そしてグンテの相手はジェハがすることに。
 
スウォンとヨナが見守る中、武術大会は始まった。
 
するとキジャは最初から全力を出し、龍の腕の力を見せつける。
 
一方ジェハの方は様子を見ながら上手にグンテの剣をかわしていた。
 
しかしグンテが本気を出していないことにハクは気付いていた。
 
そしてこれがケイシュクの策略であることも見抜いていたハク。
 
武人であるグンテやジュドがこんな八百長を働くなんて信じられなかったが、スウォンの為にここまでするほど忠誠心が育っていたことをハクは知った。
 
屈辱に耐えるヨナも、見世物にされる四龍たちも、この国の全てを利用されたような気がしたハクは怒りを隠せないのだった。
 
 
⇒無料で「暁のヨナ」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「暁のヨナ」で検索です
 

暁のヨナ 31巻の感想

千州との戦いは高華国の勝利で幕を閉じました!
 
やっとヨナが皆の元に戻ることが出来ましたね…!
 
本当に良かったです。
 
そしてハクに自分の想いを告げることが出来たヨナ。
 
これはもう両想いになった、と言うことで良いんですよね!?
 
初々しい2人を見て、こちらまで心が温かくなりました。
 
ところがそんな時、ヨナはケイシュクから手を組まないかと提案されます。
 
ヨナは迷いましたが、皆の安全のために仕方なく同盟関係を結ぶことに。
 
ところが蓋を開けてみると、ハクを緋龍城には入れないわ武術大会に四龍は出されるわ、ヨナは王妃のような扱いを受けるわで不公平な扱いばかりを受けてしまいました。
 
必死に耐えるヨナ一行。
 
果たしてケイシュクの真の目的は一体何なのでしょうか…。
 
 
⇒無料で「暁のヨナ」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「暁のヨナ」で検索です
 

無料で「暁のヨナ」を読む方法

 
無料で「暁のヨナ」を読む裏ワザ!
 
 
「試し読みじゃ物足りない…」
「ブックオフに置いてない…」
「スマホでこっそり読みたい…」
「コミックサイトは色々あってどれにしようか迷ってる…」
「安全で信頼できる大手サイトを無料で試したい…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。
 
そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。
 
実はU-NEXTなら無料で「暁のヨナ」を読むことができます。
 
U-NEXTは動画配信サービスで有名ですが漫画も沢山扱っています。
 
U-NEXTなら登録時に600ポイント貰えて、「暁のヨナ」を600円分実質無料で読めます。
 
ポイント消費0完全無料1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!
 
31日間無料トライアル実施中で無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。
 
いろんな種類の雑誌も無料で読み放題です。
 
600円分のポイントプレゼントと無料トライアル期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。
 
スマホから簡単にできるので、この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!
 

 
【お得な利用方法】
600円分のポイントで「暁のヨナ」を、無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。
 
※本ページの情報は2020年5月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。


U-NEXT<ユーネクスト>(R18)