⇒無料で「花園メリーゴーランド」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「花園メリーゴーランド」で検索です
 

花園メリーゴーランド 5巻とは?

出版社:小学館
発売日:2002/11/30
作者 :柏木ハルコ

夜を通して行なわれる、柤ヶ沢の奇祭。その最中、相浦は春子とともに村から逃げ出すことを決意する。追いすがる村人たちを退け、相浦は柤ヶ沢を後にするが……?最終話で驚愕の真実が明かされる“コミック秘宝館”完結集。

 

花園メリーゴーランド5巻のネタバレ

44話Last nightのネタバレ

相浦は闇の中で震えながらリンダリンダを口ずさんでいた。
 
相浦は何かの物音に気付く。
 
相浦は扉に掛かっている幕をめくると、外には様々な仮面を被った人達がいた。
 
相浦は、その異様な光景に言葉が出ない。
 
すると、仮面を被った人達が扉に近づいてくる。
 
相浦は、慌てて洞窟の奥に逃げ込んだ。
 
仮面の人達は手に提灯等の明かりを持ち、扉を開け入ってきたのだ。
 
相浦は、息を潜めながら仮面の人達の様子を見ていた。
 
仮面の人達はお供えをしたり、お酒を飲んだりしてやがて洞窟から出て行った。
 
相浦は、見つからなかったと安堵したのも束の間。
 
仮面の人達は藁で作った「大魔羅様」と呼ばれる、男根に似た3メートルはあろう物を担ぎ洞窟の中へと突入していく。
 
時刻は深夜0時過ぎ。
 
相浦は、これが村の本当の祭の始まりだと悟った。
 

仮面の女

春子は相浦を探しに神社付近に来ていた。
 
春子は、背後から仮面の人に声を掛けられる。
 
仮面の人の正体は澄子だった。
 

45話退路なしのネタバレ

発見

大魔羅様を担いだ仮面の人達は、わっしょいわっしょいと叫びながら洞窟の奥へとずんずん進んで行く。
 
相浦は、彼らの気迫に圧倒されていた。
 
続いて仮面の人達は、大魔羅様を独特の掛け声と共に壁に打ちつけ始めた。
 
洞窟内には、地震のような振動と轟音が響く。
 
やがて音が止み仮面の人達は洞窟から出ようとしていた。
 
『誰だ、お前』
相浦は仮面の人達に見つかってしまう。
 
相浦は腹を蹴られ気を失った。
 
相浦は見つかったが、祭は中断されず続行される。
 
相浦は、気を失ったまま木に括り付けられる。
 

二人にとっての相浦

春子は、澄子に泣きながら相浦のことを探していると伝えた。
 
澄子は冷たい表情で春子のことを見つめている。
 
『女を知っただけだ』
と澄子は言い放った。
 
春子はすぐには理解できずに固まった。
 

46話罪と罰のネタバレ

攻防

春子は澄子の言葉をようやく理解した。
 
春子は意味を理解し、耳を塞いだ。
 
澄子はそんな春子を見てさらに畳み掛ける。
 
『色んな女の人とセックスしていた』
と澄子は春子に近づきながら伝えた。
 
春子は澄子を突き飛ばし、相浦の名前を叫び続けた。
 
春子が大声で名前を叫び続けたせいか、仮面の人達に見つかってしまった。
 

祭第二幕

仮面を付けた男達が洞窟から出揃うと、仮面を付けた女達と公民館前では踊りの輪が広がっていく。
 
マイクを手に歌を歌う男。
 
酒を手に男に注ぐ女。
 
公民館前は仮面の人達により異様な光景となっていった。
 

事の真相

相浦は騒がしい音に気付きようやく目を覚ます。
 
ただし木に括り付けられている為、身動きが取れない。
 
相浦の元に一人、仮面を付けた男がやってきた。
 
『昨晩澄子を泣かし、母ちゃんとやったか?』
とその男は相浦に耳元で問いかけた。
 
相浦はその仮面の男がみづえの旦那だと瞬時に理解した。
 
相浦の表情、言葉に緊張が走る。
 
次の瞬間、鈍い音がしたと同時に相浦の腹にみづえの旦那の膝がめり込んだ。
 
相浦は、死を悟り一人項垂れる。
 
 
⇒無料で「花園メリーゴーランド」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「花園メリーゴーランド」で検索です
 

47話理不尽のネタバレ

交渉

相浦の頬に流れる大粒の涙。
 
相浦は恐怖のあまり泣いてしまう。
 
相浦は誰かの足音と人影に気付く。
 
人影の正体は幸枝だった。
 
幸枝は相浦に気付かれ足早にその場から立ち去ろうとする。
 
幸枝はお父さんから相浦の居場所を聞いたという。
 
相浦は助けを懇願した。
 
しかし相浦の願いは届かず幸枝に断られてしまう。
 
相浦は、最初から何もかもあなたが悪いと幸枝に言われ理解できずに呆然とする。
 
相浦は何かを呟いた。
 
幸枝は相浦が言ったことが聞こえず、相浦に近づく。
 
すると相浦は思いっきり幸枝の腕に噛み付いた。
 
相浦は縄を解かないと噛み切ると脅し、幸枝に交渉した。
 

村の人へ

相浦は幸枝に縄を解いてもらい、走って宿に春子を探しに行く。
 
しかしそこに春子の姿はない。
 
あるのは荷物と刀である烏丸だけであった。
 
相浦は刀を手に春子を探しに行くと決める。
 
相浦は春子が他の部屋に隠れていると思い、別の部屋の襖を開ける。
 
相浦が開けた部屋の中にはヨボヨボの老人がいた。
 
老人は目が悪いのか、相浦を誰かと勘違いをしている。
 
相浦は老人から仮面と服を渡された。
 
相浦は服を着替えて仮面を付け、腰には刀を持ち宿を出た。
 

48話きたかさっさのネタバレ

鍵の所在

相浦は公民館前に到着し春子の姿を探していた。
 
相浦は村人の会話から春子が捕まったと考え、春子が幽閉されているであろう蔵へと向かった。
 
相浦は蔵に到着し春子の名前を叫びながら扉を強く叩いた。
 
春子は相浦に気付き一瞬安堵する。
 
しかし、蔵の扉には見るからに頑丈そうな大きな錠前が設置されている。
 
相浦は錠前を壊そうと、一心不乱で錠前を叩く。
 
しかし錠前はびくともしない。
 
相浦は破壊は不可能と考え、鍵を探すことにした。
 
相浦は春子に鍵の所在について尋ねた。
 
春子曰く、仮面を付けた誰かが鍵を持っているという。
 
また、春子は澄子から相浦のことを聞いたと話し出した。
 
色んな女の人とセックスをしたということを。
 
相浦は春子から聞かされ固まってしまう。
 
春子は相浦を責め続ける。
 
春子は早く蔵から出して欲しい、鍵を早く探してきて欲しいと相浦に強く訴えかけた。
 
相浦は鍵を探しに公民館前へ急行する。
 

49話宴のネタバレ

ヤスヒロ

相浦は鍵を探しに仮面を付け公民館前に来ていた。
 
相浦は公民館前の群衆の中にみづえの旦那の姿を見つけ、慌ててその場から抜け出す。
 
相浦は公民館の中の様子を見ると村人に声を掛けられる。
 
相浦が付けている仮面はヤスヒロという者の仮面らしく、相浦はヤスヒロだと思われ公民館の中に入る。
 
相浦は大きな器に酒を注がれ、飲むように促される。
 
相浦は怪しまれないようにする為、なす術はなく従う他なかった。
 
相浦は仮面を少しずらし一気に酒を飲み干した。
 
相浦だという存在を知らない村人達は記念だと言い、公民館の中で一枚記念写真を撮った。
 
相浦は足元をふらつかせながら、ようやくその場を抜け出し公民館の奥に着いた。
 
公民館の奥には疲れた村人が横になって休んでいた。
 
相浦も酒の酔いのせいかひどく疲れていたので、そのまま眠りに落ちた。
 

酔い

相浦は何かに気付き目を覚ます。
 
相浦の前と後ろには知らない女がいた。
 
知らない女二人は、相浦の体を前と後ろから弄る。
 
相浦は鍵を探すのが優先だと考えるが、酔いのせいかうまく考えが回らない。
 
相浦は女二人に体を弄られ、酔いもあり脳味噌が溶けそうに感じる。
 
 
⇒無料で「花園メリーゴーランド」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「花園メリーゴーランド」で検索です
 

50話めくるめくるのネタバレ

興奮冷めやらぬ

相浦は女二人に前後から色んな所を弄られ声が漏れてしまう。
 
相浦はハッと気付き何をしているんだと後悔する。
 
相浦は鍵を探す為、足元をふらつかせながら公民館の外に出た。
 
相浦は公民館前で踊る女達の中にみづえの姿を見つける。
 
相浦はみづえが踊る姿に見惚れていた。
 
相浦は群衆の中にみづえの旦那も見つけた。
 
みづえの旦那はみづえをどこかに連れて行く。
 
相浦はその様子に目をとられ足を滑らせ、後ろの林の中に転けてしまう。
 
相浦は林の中に誰かがいることに気付いた。
 
見知らぬ男女がそこに居た。
 
そして、女が男の性器を舐めようとしているところだった。
 
相浦はすぐにその場を離れるが、ある光景を見てしまう。
 
そこら中で男女が交わっていることを。
 
相浦はその光景に釘付けになり、影に隠れ葛藤しながらも自慰を始める。
 

51話ケダモノの嵐のネタバレ

ケダモノ

相浦の自慰の最中に、酒に酔った一人の女が近付く。
 
相浦は仮面を付けている為、その女は相浦のことをヤスヒロだと思っているようだ。
 
女は相浦の大きくなっている性器に手を伸ばす。
 
相浦は少し体を反応させながらも、女の胸を鷲掴みにする。
 
相浦は興奮を抑えきれず女を押し倒す。
 
相浦は女の下着をめくり、一心不乱に腰を振った。
 
相浦は女が眠っていることに気付き、腰を振るのを止める。
 
相浦が起こそうとするも女は起きず、そのまま寝返りをうち寝てしまう。
 
相浦は興奮が収まらず、辺りを見渡し女を探す。
 
相浦は林の中で幸枝の妹も男に突かれているのを発見し、更に興奮する。
 
相浦は誰か女はいないかと必死になって探すと一人の女を見つけた。
 

52話オスとメスのネタバレ

見境なく

相浦が見つけた女は仮面を付けており、誰かは分からない。
 
相浦は興奮が抑えられず、ジリジリと女に近付く。
 
女は振り返り逃げようとするが相浦に捕まってしまう。
 
相浦は服の隙間から女の胸を直接揉んだり、暴れて露わになった太ももを触ったりする。
 
相浦は女を仰向けにし、下着の横から手を滑らせ女の性器を弄る。
 

仮面の下

相浦は一心不乱に腰を振っていた。
 
女は腰を振る相浦を軽く叩く。
 
相浦は何か違和感に気付く。
 
相浦がもしやと思い女の仮面を取ると、そこには目に涙を浮かべた澄子の顔があった。
 
相浦は澄子だと気付き固まる。
 
相浦は澄子に押し倒されついに仮面を取られる。
 
相浦は澄子に顔を見られてしまった。
 
『何か言えば?』
と相浦は澄子に言った。
 
『好き』
澄子はたった一言、そう言った。
 
 
⇒無料で「花園メリーゴーランド」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「花園メリーゴーランド」で検索です
 

53話宇宙の入口のネタバレ

相浦と澄子

澄子は相浦と繋がったまま、相浦への気持ちを伝える。
 
相浦は、そんな澄子を見て少し笑いながら抱きしめる。
 
相浦と澄子の周りには、公民館での歌や踊りの音が聞こえる。
 
相浦と澄子はたわいもない話をした後、キスをする。
 
相浦は、この時もうどうにでもなれという気持ちになっていた。
 
『チャリン』
 
相浦がふと目線をやると、鍵が落ちている。
 
相浦はその鍵を見て、ハッと我に帰った。
 
澄子はそんな相浦を見て、自分の袖の中にあったはずの鍵を必死に探す。
 
相浦は鍵に手を伸ばす。
 

54話鍵を握る手のネタバレ

身バレ

相浦が鍵を掴もうとした時、澄子に止められる。
 
相浦と澄子が鍵の奪い合いをしていると、別の村人がそこにやってくる。
 
相浦は仮面を外している為、すぐにバレてしまう。
 
相浦は鍵を手に取り、その場から走り去る。
 
みづえの旦那や、他の村人にも相浦の事はすぐに伝わり一斉に相浦を探し始める。
 

必死

相浦は春子が捕らえられている蔵に到着し鍵を開け、中に入る。
 
春子は、相浦の姿を見て驚愕する。
 
相浦の性器は露わになっており、汗か何かの液体が滴っていた。
 
相浦は春子の腕を掴み連れて行こうとするが、春子は拒否する。
 
相浦は春子に拒否された事に対し腹が立ち、春子の胸や性器を触る。
 
『スケベだろうが、なんだっていい』
 
相浦は、そんなもの関係ないと言わんばかりの表情で春子を連れ出した。
 

55話夜を抜けるのネタバレ

未遂

相浦と春子は通りを避け、宿に置いてある春子の荷物を取りに行く。
 
そこで相浦は村人に見つかってしまう。
 
相浦は腰にぶら下げていた刀を取り、がむしゃらに村人に振りかざした。
 
相浦が振りかざした刀は、村人の首元に直撃した。
 
相浦は春子の荷物を抱え、春子の元に急ぐ。
 
相浦は刀を抜いたことを後悔したと共に、峰打ちだったことに対し安堵した。
 

逃走

相浦と春子は合流し、とにかく走った。
 
集落を抜け、街灯もない暗い一本道を急いだ。
 
後ろから村人の車が来ている事に気がついた相浦と春子は、慌てて森の中に入った。
 
月明かり以外ないその森は、相浦と春子にとって底無し沼のような暗さだった。
 
村人は持っていたライターをつけると、すぐ目の前に相浦はいた。
 
相浦はまた見つかってしまったが、刀を村人に向け振り回す。
 
村人は足を滑らし、小さな崖の下に落ちていった。
 
相浦は落ちていたライターを拾う。
 
相浦と春子を追いかける車の前に立ちはだかる人影。
 
それは澄子だった。
 
澄子は鉄パイプを手に、車のフロントガラスを叩き割った。
 
村人はそんな澄子の様子に驚く。
 
みづえの旦那は澄子をすぐに取り押さえた。
 
相浦と春子はそんな事はつゆ知らず、ただ車が来ていない事に安心した。
 
 
⇒無料で「花園メリーゴーランド」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「花園メリーゴーランド」で検索です
 

56話花園の出口へのネタバレ

生き延びる為に

相浦と春子の前に小さな橋が見えた時、数人の村人が追いついた。
 
相浦は刀に布を巻き付け、持っていたライターで火をつけ村人に振りかざした。
 
相浦が勢いよく振りかざしたせいか、刀から火のついた布は飛んでいってしまう。
 
相浦は急いでその場から走り、近くにあった石を蹴飛ばした。
 
それは墓石か石仏か分からないが、ただ罰当たりな行為だった。
 
相浦にとってはそれが何なのか関係なかった。
 
相浦はただ怖かったのだ。
 
捕まるとひどい目に遭う、という事だけではない。
 
辺境の地に住み生活様式を守り、生きようとする人間の生命力そのものが相浦は怖かった。
 

澄子への気持ち

相浦と春子は何とか振り切りもうすぐ出口というところまで来ていた。
 
相浦の肩を何者かが掴む。
 
相浦の肩を掴んだのはみづえの旦那だった。
 
相浦は叫びながら刀を振りかざすが、みづえの旦那に止められてしまう。
 
みづえの旦那は相浦の顔面を思いっきり蹴飛ばし、更に追い討ちをかけようとする。
 
すると、どこからか一枚の黒い布が飛んできた。
 
その布はみづえの旦那の顔にかかった。
 
相浦はその一瞬の隙にみづえの旦那を突き飛ばし、バス停近くまでやってきた。
 
相浦は今度は手を掴まれる。
 
相浦は驚き刀を振り下ろす。
 
相浦が振り下ろした刀は相手の左胸あたりに直撃した。
 
その相手は澄子だった。
 
澄子は相浦にブルーハーツのテレホンカードを渡した。
 
宿の裏口のところに落ちていたという。
 
澄子は苦しみながらその場にうずくまる。
 
相浦は気付いた。
 
みづえの旦那にかかった一枚の黒い布は、いつも澄子が肩にかけていたものだと。
 
相浦は、澄子が自分を助けてくれたことをようやく理解した。
 
そして相浦は、澄子の事を本当に好きだったと自分の気持ちがわかった。
 
春子は相浦を急かし、二人はバスに乗る。
 
二人を乗せたバスは走り出す。
 

最終話リンダリンダのネタバレ

やがて

そこに柤ヶ沢と呼ばれる土地があった。
 
春子はその名前を胸に残しつつ、高校に進学し相浦と合わないまま大人になった。
 
そして春子は『柏木ハルコ』というペンネームで漫画を描くようになっていた。
 
春子は柤ヶ沢での出来事を作品にすべく、電車で柤ヶ沢に向かっていた。
 
相浦も一緒だった。
 
春子一人の記憶では不安な為、相浦を誘ったという。
 
ただ、相浦はどこか遠くを見ていた。
 
春子はあれ以来ずっと、相浦は胸に残る何かを抱えたままなのだろうと考えた。
 
相浦は一応マスクと帽子、サングラスで変装した。
 

再会

相浦と春子は柤ヶ沢に到着した。
 
柤ヶ沢はスキー場と化していた。
 
宿『まさがや』は姿を消し、見知らぬ宿が軒を連ねていた。
 
相浦と春子は辺りを散策する。
 
かつて祭が行われた神社と公民館は当時のままだった。
 
相浦と春子は公民館の中に入る。
 
相浦は公民館の中に飾ってある写真を見て鼓動が早くなるのを感じた。
 
そこには、仮面を付けた相浦が写っている。
 
相浦は、確かに自分はここにいたと確信した。
 
春子は、相浦に澄子は近くの食堂で働いていると地元の人に聞いたと伝える。
 
相浦と春子は、食堂『はなぞの』に入る。
 
相浦と春子が席に着く。
 
相浦と春子の元に注文を取りに来た店員は澄子と呼ばれていた。
 
また、澄子と呼ばれる店員は薬指に指輪をしている。
 
相浦と春子はそれぞれご飯を注文するが、相浦は顔を上げられない。
 
澄子をお母さんと呼ぶ子供が二人現れる。
 
相浦と春子がご飯を食べていると、また一人お母さんと言いながら食堂に入ってくる男の子がいた。
 
澄子の年齢から考えると大きな子供で、春子は驚いていた。
 
澄子は他のお客さんから大きな子供のことを聞かれ、今の旦那とは父親が違うと答えていた。
 
相浦は澄子の話を聞いて驚いた。
 
相浦と春子はご飯を食べ終え、会計に進もうとする。
 
春子が会計を済まそうとすると、相浦が払うと言い出す。
 
澄子が会計を伝える。
 
『澄子、とても綺麗になった』
 
相浦はマスクとサングラスを取り、涙を浮かべながらはっきりと澄子に伝えた。
 
澄子は会計トレイを落とし、目に涙を浮かべていた。
 
完。
 

解説&おまけのネタバレ

実際に存在した村の性。
 
昭和20年、30年代には夜這いをするような事は普通であった。
 
奔放的な性というのは、実際に存在していた。
 
また、かつての村の民俗では15歳が成人の基準であったことが多かったという。
 
花園メリーゴーランドでの相浦と澄子は共に15歳。
 
性経験をする事により、子供から大人になるということが考えられた。
 
相浦という都市住民の成年式の物語。
 
澄子という村の性観念の中に生き、相浦との出会いと葛藤。
 
そして、橋を境に内側と外側で巻き起こる波乱の物語であった。
 
 
⇒無料で「花園メリーゴーランド」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「花園メリーゴーランド」で検索です
 

花園メリーゴーランド5巻の感想

異様な祭の二幕が始まり、やがて捕まってしまう相浦と春子。
 
ハラハラする展開ばかりで見入ってしまいました。
 
そして5巻でも描かれる様々な性場面。
 
相浦も見事に巻き込まれ、自分から行動を起こしていました。
 
春子にまで手を出す場面は、さすがに驚きましたが。
 
手当たり次第に手を出す相浦は本当に野獣のようでした。
 
誰かれ構わず、誰でも良いから欲求を満たすというように見えました。
 
ただ、相手が澄子だと分かった時はまさかと思いました。
 
澄子に関しては襲われたと言っても過言ではないのに、まんざらでもない表情。
 
それだけ相浦のことが好きで、離れて行って欲しくなかったんでしょう。
 
澄子が相浦達を助けるシーンもあるぐらいですから。
 
兎にも角にも5巻の見どころは、数年後の相浦と澄子の再会シーンだと思います。
 
あの大きな男の子。
 
父親が違うと言っていましたね、澄子が。
 
確かに、相浦にどことなく似ているような気が。
 
相浦が澄子に話しかけた場面での、澄子の涙。
 
相浦も涙を浮かべ、綺麗になったと言っていました。
 
その後は描かれていませんが、物語の続きとしてはどうなったのか非常に気になります。
 
そこから先の物語は皆様のご想像にお任せします。
 
私も一人、想像を膨らませたいと思います。
 
ぜひお読みになって下さい。
 
 
⇒無料で「花園メリーゴーランド」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「花園メリーゴーランド」で検索です
 

無料で「花園メリーゴーランド」を読む方法

 
無料で「花園メリーゴーランド」を読む裏ワザ!
 
 
「試し読みじゃ物足りない…」
「ブックオフに置いてない…」
「スマホでこっそり読みたい…」
「コミックサイトは色々あってどれにしようか迷ってる…」
「安全で信頼できる大手サイトを無料で試したい…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。
 
 
そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。
 
 
実はコミック.jpなら無料で「花園メリーゴーランド」を読むことができます。
 
 
コミック.jpなら登録時に675ポイント貰えて、「花園メリーゴーランド」を1冊まるごと実質無料で読めます。
 
 
ポイント消費0完全無料1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!
 
 
30日間無料おためし実施中で無料おためし期間に解約した場合は月額料金はかかりません。
 
 
675円分のポイントプレゼントと無料トライアル期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。
 
 
スマホから簡単にできるので、この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!
 
 

 
【お得な利用方法】
675円分のポイントで「花園メリーゴーランド」を、無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。