⇒無料で「花園メリーゴーランド」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「花園メリーゴーランド」で検索です
 

花園メリーゴーランド 4巻とは?

出版社:小学館
発売日:2002/6/29
作者 :柏木ハルコ

春子の登場に焦った澄子が、遂に実力行使!?でも、ソノ最中に春子に見られてしまって…?相浦を巡る三角関係が、ますますヒートアップする!!

 

花園メリーゴーランド4巻のネタバレ

33話夜行性動物のネタバレ

澄子のお願い

相浦はお風呂上がりの澄子に、烏丸の所在を問う。
 
澄子は相浦に、春子が就寝した後に部屋に来てほしいと伝える。
 
相浦は、澄子の提案を承諾する。
 

みづえの旦那

民宿ではみづえの旦那が、澄子の弟達と居間で過ごす。
 
旦那はみづえと一緒に寝室に移動する。
 
旦那はみづえに、相浦と春子の存在に苦情を訴える。
 
みづえは、旦那に反論することなく黙る。
 
旦那はみづえの胸を揉みはじめる。
 
旦那は胸を揉みながら、相浦に襲われてないかと確認する。
 
みづえは旦那に揉まれながら
『何言ってるの』
と笑いながら否定する。
 

春子の不安

相浦と春子は、お互いに布団に入り横になる。
 
春子は、隣の布団にいる相浦に声をかける。
 
相浦は春子に背中を向けているが、返事をする。
 
春子は相浦に、柤ヶ沢での出来事を再確認した。
 
相浦は春子に寝ることを促し、春子は先に眠りに入る。
 
相浦は春子が寝たのを確認し、澄子の部屋に向かうべく静かに部屋を後にした。
 

戸惑い

相浦は澄子の部屋へと続く暗い廊下を歩いていた。
 
相浦は澄子の部屋の前に到着し、中の様子を伺う。
 
相浦は澄子の枕元に烏丸が置いてあることを発見した。
 
澄子は布団の中から、相浦に部屋へ入るように促す。
 
相浦は、念願の烏丸を手に取り感極まっていた。
 
澄子は相浦の背中にもたれ掛かり、電気を消すように伝える。
 
相浦は言われるがまま電気を消すが、澄子にいきなりキスをされる。
 
澄子はそのまま全裸になり、相浦はなす術なく呆然としていた。
 

春子の考え

目を覚ました春子は、相浦がいないことに気付き相浦を探しに廊下へ出た。
 
春子は暗い廊下を彷徨いながら、澄子の部屋の前に相浦のスリッパを発見する。
 

34話雪の熱帯夜のネタバレ

澄子の暴走

澄子は息を荒げながら相浦のパンツを一気に脱がす。
 
『私のことキライ?』
澄子は相浦に質問した。
 
相浦は好きと言うが戸惑っていた。
 
澄子は戸惑う相浦を無視し、自分の中へと挿入したのだった。
 

三つ巴

春子はその様子を襖の隙間から見ていた。
 
春子は、最初誰だか分からなかったが部屋の中の2人が相浦と澄子だと気付く。
 
春子は澄子と目が合った瞬間、相浦から離す為澄子に掴みかかった。
 
春子は相浦を連れて部屋から出ようとすると、刀を持った澄子に止められる。
 
その様子を見た相浦は澄子を突き飛ばした。
 
相浦は、何か言おうとする澄子をよそに部屋から出ようとする。
 
澄子は、相浦に何か伝えたいがうまく言葉に出来ない。
 
澄子は、ついに刀を相浦に向け部屋から出てってと強く言い放った。
 
1階でセックスしていたみづえとその旦那は2階の物音に気付く。
 
みづえの旦那は、澄子が心配になり澄子の部屋へ急いだ。
 
 
⇒無料で「花園メリーゴーランド」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「花園メリーゴーランド」で検索です
 

35話にらめるのネタバレ

恐怖

澄子は、相浦を睨みつけながら刀を向けている。
 
相浦と春子は、澄子の空気に圧倒されていた。
 
相浦と春子は、階段を上がってくる足音に気づき急いで部屋から出た。
 

旦那の憤り

みづえと旦那は澄子の部屋に到着し襖を開ける。
 
澄子は裸のまま布団を上から被り、足下には刀が転がっていた。
 
みづえと旦那は、澄子の様子にとても驚いた。
 
旦那は澄子が村の誰かに襲われたと考え、村の男連中の名前を挙げていった。
 
澄子は
『なんでもない!もういいよ!』
と言い泣き出す。
 
見かねたみづえは旦那を部屋から出し、澄子を落ち着かせた。
 
旦那は、みづえに澄子の最近のことを確認する。
 
旦那は、澄子を泣かした犯人のことを考え徐々に苛立ちを表していった。
 
旦那は、翌日の祭りで犯人を捕まえてやると考えた。
 

混乱

相浦と春子は、息を切らしながら自分たちの部屋に居た。
 
春子は村で何があったかと相浦に聞くが、相浦は何もなかったと言う。
 
しかし春子は相浦を疑い始め、相浦を汚い物を見る目で見る。
 
春子は寝ると言い、1人で布団に入る。
 
相浦も布団に入るが、村での出来事が頭の中を掻き回す。
 
春子は、さっきの出来事について相浦に確認する。
 
相浦は、刀を返してもらうだけのつもりが襲われたと話す。
 
それを聞いた春子は、安心したのか相浦に抱きつき泣き出した。
 
相浦は、春子を慰め2人は眠りについた。
 

36話祭の朝のネタバレ

祭り直前

祭りの日の朝、鐘の音で相浦は目を覚ます。
 
時刻は10時30分を回っていた。
 
相浦は、昨晩の出来事を思い出し混乱する。
 
相浦は、澄子に昨晩のことを謝り刀を返してもらおうと考える。
 
相浦は澄子の部屋に到着するが、澄子の姿はなく刀も無かった。
 
相浦は1階に降りるが、誰の姿も見当たらない。
 
相浦は、みづえの旦那に声を掛けられた。
 
相浦は、旦那から祭りの準備でみんないないと聞かされる。
 
相浦は、旦那に折角だから祭りを見るかと提案され祭り会場へ足を運ぶ。
 
その祭りは奉納相撲と言い、過去に取材に来たこともあったという。
 
祭りの準備は騒がしい雰囲気の中、着実に進んでいた。
 
相浦はなるべく人混みを避け、先に神社の周辺から澄子と刀を探すことにした。
 
相浦は、神社の拝殿の中に烏丸らしき刀を見つける。
 
しかし、烏丸という確信がない相浦はまず澄子を探すことにした。
 
相浦は、人混みの中にミニスカートを履いて化粧した澄子を見つける。
 
相浦は一瞬見惚れていた。
 
 
⇒無料で「花園メリーゴーランド」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「花園メリーゴーランド」で検索です
 

37話気合いのミニスカのネタバレ

澄子の行動

澄子は、目立つ格好からか村のみんなにからかわれていた。
 
相浦はその澄子を見て、昨晩の澄子の姿が脳裏によぎる。
 
相浦はマサシに声をかけられ、澄子を呼び出してもらうことにした。
 
相浦は澄子に拝殿の中の刀について問う。
 
澄子は
『さあね、でも拝殿の中は村人以外は入れないけど』
と言う。
 
相浦は澄子からそう聞かされるが、澄子の目元が少し腫れているのに気がついた。
 
澄子は村人に祭りが始まると言われその場を離れて行く。
 
相浦は澄子から午後3時頃には祭りが終わる為、その後自分で見に行けばと言われる。
 

春子と幸枝

祭りの準備は終盤に差し掛かっていた。
 
春子は目を覚ましたが、相浦の姿がない為探しに来ていた。
 
春子は1人でいるところに、教師の幸枝に声を掛けられる。
 

38話縁起物のネタバレ

交錯する思い

春子は幸枝に相浦を探していると言った。
 
春子は幸枝が相浦の名前を聞いて動揺しているのが気になっていた。
 
しかし、幸枝は別に何もないと言うだけだった。
 
一方で、みづえの旦那は村人の男連中の顔を見定めていた。
 
澄子泣かした犯人を捕まえる為だ。
 

祭り開幕

正午過ぎ、奉納相撲が始まった。
 
ふんどし姿の男達は相撲をし始めた。
 
相浦は、幸枝の妹に声を掛けられる。
 
さっきまで幸枝と居たこと、さらに幸枝の父親も祭りに来ていることを聞かされる。
 
しかし相浦の注目は澄子に集まっていた。
 
相浦は澄子が楽しそうにしている姿を見て動揺する。
 
また、相浦は澄子のことが好きだったのかと脳裏によぎる。
 
相撲は一層激しさを増し、時折ふんどしが取れることもあった。
 
相浦は男達の男らしさに自分が女々しく感じた。
 
そんな中、幸枝の妹はすぐそばに父親の存在に気付く。
 
相浦は父親に見つからないように幸枝の妹の後ろに隠れた。
 
近くまで来ていた春子と幸枝は、相浦の存在に気付いた。
 
 
⇒無料で「花園メリーゴーランド」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「花園メリーゴーランド」で検索です
 

39話遅れてきた女のネタバレ

幸枝の行動

春子は相浦の存在に気付いた瞬間、相浦の名前を大きく叫んだ。
 
その瞬間その場がざわつき始めた。
 
相浦と春子、幸枝と幸枝の妹は急いで祭り会場から離れた。
 
幸枝は相浦のことを緊張した目で見る。
 
相浦は鼓動が早くなるのを感じた。
 
春子はそんな相浦を見て、早く帰ろうと相浦を引っ張り出した。
 
相浦はあと数時間で祭りが終わる為、春子を説得し始める。
 
幸枝は何を思ったのか、春子と一緒にいてあげると言った。
 
相浦は幸枝の意図が分からなかったが、春子を預かってもらうことにした。
 

いよいよ

 
午後3時過ぎ、何事もなく祭りは終わった。
 
相浦は、ようやく誰もいなくなった神社へと来ていた。
 

40話午後三時二十六分のネタバレ

急展開

相浦は周りを見渡し誰もいない事を再確認する。
 
相浦は拝殿の中に入り、やっとの思いで刀を手にした。
 
相浦は拝殿の中から出ようとすると、装飾を倒してしまう。
 
相浦は装飾を手に取り直そうとしたが、拝殿には奥があることに気付いた。
 
そこには一本の注連縄と、ただただ深く濃い闇が広がっていた。
 
相浦はその光景を見て固まってしまった。
 
相浦は突然肩に手を掛けられ、刀を落とし声が出る程驚いた。
 
その相手は澄子だった。
 
相浦は刀を拾い、時刻を確認するとバスの時間が迫ってきているのに気付いた。
 
相浦が帰ろうとすると、澄子に引き止められた。
 
『怒ってないの?』
と澄子は言った。
 
相浦と澄子の間には沈黙が続く。
 
相浦が再度帰ろうとすると、今度は腕を強く握られた。
 
相浦が振り解いて帰ろうとするも、澄子は何度も立ちはだかる。
 
相浦は早くこの場を立ち去りたいという気持ちしかなかった。
 
相浦と澄子が言い合っていると、澄子が相浦を突き飛ばした。
 
相浦は拝殿の奥の真っ暗な闇の中に放り出された。
 
澄子は拝殿の奥の扉と鍵を閉める。
 
相浦は閉じ込められた。
 
相浦が扉を強く叩いて出ようとするも扉は開かない。
 
相浦が澄子の名前を大声で呼ぶも応答はない。
 
相浦は本当に一人ぼっちだと悟った。
 
 
⇒無料で「花園メリーゴーランド」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「花園メリーゴーランド」で検索です
 

41話扉の内側のネタバレ

暗闇の恐怖

相浦が力一杯開けようとしても扉はびくともしない。
 
相浦は烏丸で扉を壊そうと考えた。
 
しかし、烏丸はどこにも見当たらない。
 
烏丸は扉の向こうにあり、相浦が手をいくら伸ばしても届かない。
 
相浦は気付いた。
 
人間は暗闇だけで十分恐怖を感じるということを。
 

みんなの中の相浦

春子は幸枝と共に宿のまさがやで相浦を待っていた。
 
しかし相浦はいくら待っても帰ってこない。
 
春子は不安に駆られていた。
 
幸枝はそんな春子を見て、妹に神社へ見に行くように電話で頼んだ。
 
みづえの旦那も相浦が帰ってきていないことを心配していた。
 
また、旦那は澄子泣かしの犯人が祭りでは見つからなかったと考えていた。
 
旦那は再度澄子が泣いていた夜の事を考える。
 
旦那は澄子が泣いていた夜、誰かが侵入した形跡がなかったことに気付いた。
 
旦那は澄子泣かしの犯人が、相浦ではないかと考えるようになった。
 

暗闇の奥へ

相浦は一歩一歩暗闇の奥へと足を進める。
 
相浦は暗闇の奥に洞窟を見つける。
 
相浦はよく目を凝らすと洞窟の奥にお地蔵様と木の棒らしきものを見つけた。
 

42話漆黒の底のネタバレ

漆黒

相浦は暗闇の奥へと近づいていた。
 
扉に掛かっていた幕は風により完全に閉じてしまう。
 
それにより唯一の光源がなくなった事で一層闇は深くなった。
 
奥の地蔵はまるで相浦を睨んでいるようであった。
 

行方不明

幸枝の妹は神社に相浦を探しに来ていた。
 
幸枝の妹は拝殿の中に刀を見つける。
 
幸枝の妹は拝殿の奥の幕をめくり暗闇の中を確認するが誰もいない。
 
幸枝の妹は、さすがに中に相浦はいないだろうと一瞬しか確認しなかったのだ。
 
幸枝の妹は拝殿から離れ神社の周りに声をかけるが何も応答は無い。
 
相浦は幸枝の妹の声を聞いて、扉まで近づくが遅かった。
 
幸枝の妹の姿はもちろん、烏丸も無かった。
 

真実

幸枝は妹から神社には相浦はいないとの電話を受けた。
 
幸枝とみづえの旦那は相浦を探しに行くと言う。
 
春子も探しに行くと言うとお婆さんに止められた。
 
旦那は2階の澄子の様子を見に行った。
 
旦那は澄子に
『昨晩澄子の部屋に来たのは相浦か?』
と尋ねた。
 
澄子は肯定した。
 
また澄子は
『私とだけではない』
と呟いた。
 
旦那は澄子から聞いた言葉で固まってしまった。
 
 

43話夜が来るのネタバレ

刻一刻

春子は玄関で泣きながら相浦を待っていた。
 
春子のそばをみづえの旦那は走って出掛けて行った。
 
時刻は午後3時48分。
 
春子は焦っていた。
 
春子は幸枝の妹から神社には相浦の姿はなく刀だけが見つかったと話す。
 
春子は幸枝の妹からの話を聞いてさらに動揺する。
 

春子の処遇

春子が動揺していると、みづえとお婆さんが帰った来た。
 
お婆さんは春子に1人で帰りなさいと言うが、春子は拒否した。
 
お婆さんは春子にとにかく車に乗れと言いながら、春子の腕を掴む。
 
春子は拒否し部屋に戻り、1人震えていた。
 
お婆さんとみづえは春子の処遇について話す。
 
お婆さんは今夜の事は見られる訳にはいかない、と春子を眠らせることに決めた。
 
お婆さんは味噌汁に睡眠薬を入れ、春子の元へ食事を届けた。
 

作戦会議

みづえの旦那は村人の元へ走り回っていた。
 
村人数人が集まり、会議が開かれた。
 
予定通り今夜は実行する、相浦を見つけたら捕まえるという内容のものだった。
 

失敗

春子はお婆さんからもらった食事に手をつけていた。
 
しかし、春子の腕は恐怖で震えている。
 
春子は味噌汁をこぼしてしまった。
 

行動開始

夜になり、お婆さんは春子がいる部屋へとやってくる。
 
お婆さんは味噌汁の器が空っぽであるのを確認し、立ち去った。
 
お婆さんは春子が眠ったと思ったのだろう。
 
春子は、家から人が出て行った音を確認し目を開ける。
 
 
⇒無料で「花園メリーゴーランド」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「花園メリーゴーランド」で検索です
 

花園メリーゴーランド4巻の感想

まず、4巻が始まってすぐに相浦と澄子のセックス。
 
澄子の切羽詰った行動にビックリしました。
 
こんな形で相浦と澄子は繋がってしまうのかと。
 
またそこに春子が登場するシーンは何てタイミング!と突っ込んでしまいました。
 
その後の澄子が裸で刀を持つ場面は、私は面白さと恐怖を感じました。
 
ただ、相浦と春子は恐怖だけ感じていたと思います。
 
みづえの旦那は犯人が相浦だとは知らず接していたので少し可哀想に思えました。
 
自分の娘があのような姿だと、親であるならば心配して当然だと思います。
 
祭り当日の澄子の服装は、自分を忘れさせるような感情の表しなのかなと私は思いました。
 
澄子の感情は読みにくく、今後どう変わるのかと期待しています。
 
それにしても、4巻の見所は神社の奥でしょうか。
 
相浦が見つけた奥の洞窟。
 
あの異様な場所は何の為の場所なのか想像が膨らみます。
 
それに村の人のあの焦り様。
 
何かの儀式なのか、はたまた・・・。
 
村の謎が一層深まった所で次巻の5巻がどういった展開になるのか楽しみです。
 
 
⇒無料で「花園メリーゴーランド」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「花園メリーゴーランド」で検索です
 

無料で「花園メリーゴーランド」を読む方法

 
無料で「花園メリーゴーランド」を読む裏ワザ!
 
 
「試し読みじゃ物足りない…」
「ブックオフに置いてない…」
「スマホでこっそり読みたい…」
「コミックサイトは色々あってどれにしようか迷ってる…」
「安全で信頼できる大手サイトを無料で試したい…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。
 
 
そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。
 
 
実はコミック.jpなら無料で「花園メリーゴーランド」を読むことができます。
 
 
コミック.jpなら登録時に675ポイント貰えて、「花園メリーゴーランド」を1冊まるごと実質無料で読めます。
 
 
ポイント消費0完全無料1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!
 
 
30日間無料おためし実施中で無料おためし期間に解約した場合は月額料金はかかりません。
 
 
675円分のポイントプレゼントと無料トライアル期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。
 
 
スマホから簡単にできるので、この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!
 
 

 
【お得な利用方法】
675円分のポイントで「花園メリーゴーランド」を、無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。