⇒無料で「私が恋などしなくても」15話を読むならコチラ♪
※15話が収録の プチコミック 7月号(2020年6月8日発売)を1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽読んでみるならコチラ▽▼▽

※「プチコミック」で検索です
 

私が恋などしなくても 15話とは?

収録雑誌:プチコミック 7月号(2020年6月8日発売)
出版社 :小学館
作者  :一井かずみ
 

私が恋などしなくても 15話 “焦る” のネタバレ

小さな焦り

とある日曜日、茅野は成川の横で担当漫画家と仕事の電話をしていた。
 
近々行われる連載コンペの案がまだ固まっていなかったのだ。
 
成川の手料理を食べた後、2人の話題は連載コンペで誰を出すのかという話に。
 
今年デビューしたばかりの新人漫画家を出す成川と、ベテランで手堅い漫画家を出す茅野。
 
新人の先生ならコンペに落ちても損することはないと微笑む成川に、茅野は手堅い先生がコンペを落とすのはゼロではなくマイナスなのだと思い知る。
 
そして今回のコンペに二人の先生を出す茅野に、もう一人の先生の事を尋ねる成川。
 
茅野は連載を望んでいる「鈴宮先生」に声をかけていると答えるが、成川はあまり良い印象を抱いていないようだった。
 
仕事の話は終わりだと口づけてくる成川。
 
茅野は成川の愛情に応えながらも、たとえようのない焦燥感にかられていたのだった―。
 
 

うまくいかない茅野

 
漫画家と担当編集で入念な打ち合わせを行い、会議で編集がプレゼンを行うコンペ。
 
本誌連載を取りたい漫画家の為に編集にもより力が入る。
 
声をかけた鈴宮先生と打ち合わせをする茅野だが、鈴宮先生は約束した設定を作ってきてくれなかった。
 
なんでも天才肌の為、企画段階では細かい部分までイメージが出来ないと言う鈴宮先生。
 
前の雑誌でよほど大事にされてきたのか、企画は茅野が考えてほしいとまでいう鈴宮先生に茅野は若干呆れてしまう。
 
せめて担当である自分だけでも分かるように説明してほしいとお願いするが、鈴宮先生は冷たく断るのだった。
 
鈴宮先生に苛立ちつつもここで引き下がれない茅野は、気持ちを落ち着かせ設定の矛盾を指摘する。
 
その矛盾とは「優しく思いやりのあるヒロインが、周りを気遣わず突然仕事を辞める」という不自然な描写について。
 
必死で説得する茅野だが、鈴宮先生は話を聞こうともせず「あなたと話してるとモチベーションが下がる」と一蹴するのだった。
 
ただ頑張ってほしかっただけなのに―、編集に向いていないと冷たく言い放たれた茅野は黙り込んでしまった。
 
そんな時スマホの通知が鳴り、天気予報の雨マークを見た茅野は意を決したように鈴宮先生に提案をする。
 
ヒロインは毎日ギリギリのところにいたがある朝雨が降った―、そんなきっかけでもいいから「仕事を突然辞めた理由」をあげてほしいと。
 
だが結局鈴宮先生には聞いてもらえず、「担当編集を成川さんに代えて」と言われ打ち合わせは終了したのだった。
 
 

茅野のコンプレックス

そんな茅野と鈴宮先生のやり取りを、成川は背後のブースで聞いていた。
 
成川は2人の話を聞きながら、悲しみとも怒りとも取れる複雑な表情を浮かべるのだった。
 
後日、茅野は全力で二人の先生のプレゼンをしたが、結果は二人ともダメだった。
 
成川が推した新人の先生が選ばれ、みじめな気持ちを抱えたまま屋上から先生に結果の連絡をする茅野。
 
だが頭の中ではコンペの最中に成川からかけられた辛辣な言葉を思い出していた。
 
自身でも納得していない企画をそのまま出したのだ、成川に怒られるのは当然―。
 
成川に対する強いコンプレックスと、自分自身への苛立ちで思わず涙を滲ませる茅野だった。
 

成川と雨

屋上から戻る最中、茅野は傘立てに成川の傘があるのを見かける。
 
だが成川は既に大事な打ち合わせに出かけていた。
 
今にも降り出しそうだった空模様を思い出し、成川に傘を届けるべきかどうか悩む茅野。
 
一方その頃成川は、コンペで茅野に厳しい言葉を投げかけてしまった事を思い出していた。
 
だが成川は、理不尽な事を言う鈴宮先生に言い返さない茅野に腹が立っていたのだ。
 
―あの時茅野が言い返せなかった理由は、茅野が少女漫画に自信を持てていないから―
 
―本当は茅野にも他の人にはない魅力があるのに―
 
そんな事を考えながらふと外に目を向けると、雨が降り出していた。
 
まるで、茅野と鈴宮先生の打ち合わせを思い出させるような―。
 

成川の想い

成川は思わず茅野に言い過ぎた事を謝る連絡を入れようとするが、それと同時に茅野から傘を届ける連絡が入った。
 
びしょ濡れになりながら傘を届けに来た茅野。
 
コンペを落とした事は堪えたが、成川が傘がないことを知りながら放置するのも堪えたのだと笑顔を浮かべた。
 
そんな茅野に対し成川は、さっきは言い過ぎたと口づけた。
 
成川の腕の中で、茅野は語る。
 
ふと歩みを止めたり、逆に背中を押してくれたり…。
 
そんな少しだけ「素直になれる」雨が好きなのだと。
 
それを聞いた成川は「確かに雨降ってると会社に行きたくなくなる」と、暗に先日の打ち合わせを聞いていた事を示唆するのだった。
 
茅野と別れた後、成川は想いを馳せる。
 
茅野はまだ自分の強みに気付いていない。
 
だが、それを気付かせるのは自分ではないのかもしれない、と。
 
一方会社では、編集長と副編集長が持ち込みの原稿について話していた。
 
そこには茅野を担当編集に付けないとデビューしないという漫画家の言葉が書かれていたのだった。
 
 
⇒無料で「私が恋などしなくても」15話を読むならコチラ♪
※15話が収録の プチコミック 7月号(2020年6月8日発売)を1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽読んでみるならコチラ▽▼▽

※「プチコミック」で検索です
 

私が恋などしなくても 15話の感想

茅野の仕事に対する葛藤が良く出ていた回でした。
 
いずれ文芸部に行くために今の仕事を必死で頑張る茅野。
 
でも圧倒的に経験が足りないし、少女漫画に自信がないから今一歩踏み出せないのでしょうね。
 
そして雨の描写は綺麗で好きな場面でした。
 
「雨が降っていた」という理由でもいいから何かキャラにきっかけをあげてほしい、という茅野の言葉に
 
茅野が漫画に真摯に向き合っているという事が現れていましたよね。
 
そんな茅野にひどい言葉を投げかける鈴宮先生、そして言い返せない茅野に、私も成川のように少し腹立たしい気持ちになってしまいました。
 
この先茅野は仕事に対して自信を持ち、成長することができるのでしょうか?
 
そして最後の持ち込みの漫画家も誰なのか気になりますね。
 
茅野を付けてほしいという事は、茅野の事を知っているという事ですよね。
 
きっと女性でしょうし、成川を巡ったややこしい展開になるのではないかとちょっとハラハラしてしまいます。
 
なんにせよこれからも茅野の成長を見守りたいと思います。
 
 
⇒無料で「私が恋などしなくても」15話を読むならコチラ♪
※15話が収録の プチコミック 7月号(2020年6月8日発売)を1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽読んでみるならコチラ▽▼▽

※「プチコミック」で検索です
 

無料で私が恋などしなくても 15話を読む方法

 
無料で「私が恋などしなくても」最新話を読む裏ワザ!
 
 
「今月は漫画1冊分くらい節約したい…」
「ブックオフに置いてない…」
「スマホでこっそり読みたい…」
「コミックサイトは色々あってどれにしようか迷ってる…」
「安全で信頼できる大手サイトを無料で試したい…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。
 
 
そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。
 
 
実はU-NEXTなら無料で「私が恋などしなくても」最新話を読むことができます。
 
 
U-NEXTは動画配信サービスで有名ですが漫画も沢山扱っています。
 
 
U-NEXTなら登録時に600ポイント貰えて、「私が恋などしなくても」最新話が収録されている「プチコミック」を実質無料で読めます。
 
 
ポイント消費0完全無料1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!
 
 
31日間無料トライアル実施中で無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。
 
 
いろんな種類の雑誌も無料で読み放題です。
 
 
600円分のポイントプレゼントと無料トライアル期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。
 
 
スマホから簡単にできるので、この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!
 
 

 
【お得な利用方法】
600円分のポイントで「プチコミック」を、無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。
※本ページの情報は2020年6月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。


U-NEXT<ユーネクスト>(R18)