⇒無料で「漫画家とヤクザ」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「漫画家とヤクザ」で検索です
 

Contents

漫画家とヤクザ 3巻とは?

出版社:ブライト出版
発売日:2018/6/29
作者 :コダ

好意を自覚し、お互いのことを少しずづ知っていく累と吾妻。
 
一緒にいたい気持ちを募らせるものの累は肝心の想いを伝えることができずにいた。
 
―――好きだとバレたらこの関係が終わってしまう。
 
そう思うのに、優しくされたり甘えられたり吾妻の態度に一喜一憂してしんどい日々を送る。
 
そんななか、吾妻の周りでヤクザ関係の揉め事が起こっているようで……。
 
「好き」のすれ違いが加速する第三巻! 描き下ろし20P以上◆
 
電子配信版限定漫画付き!!
 
この作品は過去、ラブコフレvol.12~16に掲載されました。重複購入にご注意下さい。

 

漫画家とヤクザ 3巻のネタバレ

11話のネタバレ

跡継ぎに揉める吾妻の周辺

吾妻は下っ端幹部を任されていたが、最近になって「跡継ぎ問題」に名前が挙がるようになる。
 
吾妻自身は組長の座はまったく興味無いが、妹が気に掛けていることもあり嫌でも問題に目を向けなければならなくなっていた。
 

気持ちを自覚した累は・・・

吾妻のことを恋愛対象として好きだと認識した累。
 
恋人になったとして今と何が変わるか分からないうえに、気持ちがバレれば吾妻から重たいと思われて捨てられるのではないかと思い悩む。
 
吾妻が家に訪ねてきて思わず「けい・・・吾妻さん」と、名前を呼び直してしまうなどぎこちない態度を取ってしまった。
 

夕飯の買い出しに出掛ける

2人で買い物に出掛けた時、吾妻から手を繋がれた。
 
顔が真っ赤になるのが自分でも分かる累。
 
一方吾妻は累の態度をみて「嫌がられてないな・・・」と安心する。
 
累も気持ちを自覚してからは、吾妻からの些細な触れあいで舞い上がるようになってしまった。
 

具体的な将来

前回遊園地に遊びに行った友達との電話中、累以外の男女ペアで付き合うことになったことを知らされる。
 
友人の「将来結婚して子ども欲しいじゃん」という発言に、自分が将来のことをそこまでハッキリ考えていないことに気がついた。
 
他の同級生も、生理が来ていないことで悩んでいたが
結果デキ婚したことを教えられた。
 
そこで累も、自分に生理が来ていないことに気がつく、
 
元々生理不順だったが、ゴムを付けなかったこともあり「自分にも子どもが出来たら」と焦り始めた。
 

吾妻の隣にいるために思い悩む

吾妻に「子どもが出来たらどうするか」と問うと、「よく分からないし困ると言われてしまった。
 
食事後、いつものようにセックスする。
 
でも子どもが出来て困るならセックスはしないほうがいい。
 
”でもセックスしなかったら、他の人のところに行ったら嫌だ”と、吾妻への気持ちは大きくなる一方だった。
 

生理は来たけど・・・

お腹に急な痛みを覚える。久しぶりに生理が来た知らせだった。
 
生理が来たことは嬉しいが、生理中吾妻が来る理由がなくなってしまう。
 
 
”しばらく他の人とするんだろうな~”
 
それはそれで落ち込む累だった。
 

それだけじゃない

朝累と別れてから、また累の家に足を運ぶ。
 
そこには、ベッドに顔を埋めて座り込む累がいた。
 
「久々に生理来たから重たくて・・・」
 
しんどいなら横になるよう言うが、量がすごくて無理と返されてしまう。
 
そこで吾妻は「腹暖めればいいのか?」と、累を抱きかかえた。
 
「今日は出来ないって!」と慌てる累に「分かってるから」と、優しくお腹をさする。
 
セックスすることなく、生理で辛い累をいたわる吾妻。
 
穴だけが目的ならこんな風に思い悩まないのに、優しくされるから好きになってしまう。
 
”私今すっごい面倒な女になってるなぁ・・・”
 

どう伝えれば良い?

 
自分の腕の中でスヤスヤと眠りに落ちる累を見ながら、吾妻は悩んでいた。
 
”もうセックスだけじゃないのに、どうすれば伝わるんだ?”
 
累を抱きしめ、吾妻もそのまま眠りに落ちる。
 
迎えに来た中野が、その様子を見て大嫉妬していることを2人は知らない。
 
 
⇒無料で「漫画家とヤクザ」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「漫画家とヤクザ」で検索です
 

12話のネタバレ

それはとある昔の出来事

「吾妻啓吾だな」そう言いながら金を握りしめて襲いかかってくる不良達。
 
誰かに頼まれて集団リンチを仕掛けられたのだ。
 
しかし腕っ節の強い吾妻は見事返り討ちにして、不良達から金を巻き上げた。
 
近くの病院から出てきた先生が、「やり返しててやるじゃない!怪我診てあげるわよ」と声を掛けてきた。
 

相談役の美智子先生

それが美智子先生との出会いで、吾妻のよき相談相手兼主治医となっている。
 
「子ども出来たらどうするって聞かれたんだけど、子どもってどうなんだろう」
 
「可愛いわよ、だから産婦人科医してるんでしょ」と、淡々と答える。
 
美智子先生は「それ聞いて来たの女の子?妊娠してるんじゃないの!?」と慌て始めた。
 
吾妻は「生理来てたからセーフ」と、とっさにフォローを入れた。
 
「避妊サボるんじゃないわよ。親になれって言われても困るんでしょ?」という先生の問いに、吾妻は素直に「困る」と答えた。
 
「家族ってよくわからねえ、欲しいと思ったこともねえ」
 
しかし、なんだかんだ付き合いの長くなっている累とはどうして会っているのか。
 
その理由が吾妻にはまだよく分かっていなかった。
 

生理中も足繁く通う吾妻

「生理まだ終わってないよ」という累の手を引きながら、吾妻は「わーってるよ」と機嫌良く答える。
 
セックス出来ないのに会いに来る理由が、累には分からなかった。
 

吾妻のために出来ること

このままセックス出来ない日が続くと、もう会いに来てくれないのではと不安になる累。
 
「て、手でしようか・・・?」
 
顔を真っ赤にしながら、吾妻に申し出る。
 
吾妻も一瞬驚くが嬉しそうに受け入れた。
 
慣れない手つきで、一生懸命に吾妻の物に触れる。
 
徐々に硬くなる吾妻の物に、感じてくれているのかと嬉しくなるが「ヘタクソ」と言われてしまった。
 
吾妻は累にキスをして「でも悪くない」と、頬を寄せる。
 
抱きしめてくっついて、まるで恋人のように流れる時間に累の気持ちは溢れていった。
 

不穏な兄弟争い

事務所に1人の男が乗り込んできた。
 
美しい顔立ちの若い男性で、中野からは「龍吾」と呼ばれる。
 
「若頭が引退を決めた。次期若頭候補は俺とお前だ」と冷たく言い放つ。
 
吾妻は組長の愛人の子どもで、龍吾は正妻の子どもだった。
 
しかし吾妻の方が龍吾より年上のため、長男という立場を奪ってしまった。
 
龍吾は過去、金を使って不良に吾妻を襲わせるなどとにかく2人は仲が悪い。
 
組長争いのウワサはあっという間に広まり、蝶子の耳にも届いていた。
 

尽くしてくれる累に吾妻は思わず・・・

落ち込んだ様子の吾妻をみて、して欲しいことはないか訪ねる。
 
抱きしめて欲しいという要望に応え、優しく抱きしめた。
 
吾妻は「恋人とか家族が欲しいとか分からねえ、家族なんて面倒なだけだ」と独り言のように話し始める。
 
累も思い当たることがあり「そうかもね」と小さく返した。
 
”確か吾妻さんはおっぱいが好きと言っていたような・・・”そう思い、つい「おっぱい触る?」と口走ってしまう。
 
胸を触るたびに、吾妻の物が大きくなっていく。
 
でも挿入することは出来ないし口でするのも下手と言われていた累は、思わず「口でする?」と提案してしまう。
 
自分の物を舐める累に愛しい気持ちが溢れた吾妻は、微笑みながら累にキスを落とす。
 

言ってはいけない

積極的に奉仕する累に、吾妻は「俺のことが好きか?」と問う。
 
しかし累は気持ちがバレたら離れていくと思い、とっさに「好きじゃない!」と叫んでしまった。
 

13話のネタバレ

跡継ぎになりたくない

吾妻は中野から、跡継ぎ候補の話は正式に決まっていないことを知らされる。
 
面倒を見てくれていた若頭のことも組長のことも得意ではない吾妻は、とにかく組長候補から外れたいという気持ちだった。
 
しかし中野は思い悩む吾妻を見て”元気が無いのは組長争いのことだけではないのか?”と不安に思う。
 

好きじゃ無いと言ったけど・・・

累の家に行くが、吾妻は家の中に入ろうとしない。
 
累が招き入れてようやく入るが、気まずい空気が流れる。
 
絶えかねた累が吾妻にすり寄り、吾妻も嫌がられていないことの安心感からやっと累を抱きしめた。
 
一緒のベッドに入り、キスをする。
 
最近吾妻がよく甘えてくるためもっと癒やしてあげたいと思うが、生理が終わったと言うタイミングを逃して累はヤキモキしていた。
 

仕事終わりに蝶子の襲撃!

担当との打ち合わせ後、偶然なのか蝶子が現れる。
 
担当と蝶子は名刺交換をし、店に遊びに来る約束をしてその場は解散。
 
もちろん蝶子は累をカフェまで連行した。
 
蝶子も蝶子で、吾妻の様子が変なことを心配して累に色々探りを入れようとしていたのだ。
 
しかし、累は正直に「何も聞いてないから分からないです・・・」と答える。
 
累は心配になり、蝶子に何かあったのかと訪ねるが、蝶子は不敵な笑みを浮かべて「教える義理は無い」と突き放す。
 
蝶子は「気になるなら本人に聞きなさい」と言うが、累は立ち入ったことを聞いて嫌われるのでは・・・と逃げ腰だ。
 
その様子から蝶子は「アンタ吾妻に惚れてるの?」とつい訪ねてしまった。
 
累は慌てて否定し「惚れてるのは蝶子さんですよね?」と聞くが、蝶子は少し押し黙ったあと「教える義理は無い」とまた突き放した。
 

吾妻のイライラを救いたい

仕事帰りの吾妻を追って来たのは妹の明日美だった。
 
若頭候補の話は正式に決まった物ではないということを伝えに来た。
 
「一回帰ってきて皆で話そう。家族なんだから」と言う明日美に、吾妻のイライラは高まっていく。
 
”家族だと思ったことなんて1度もねえんだよ・・・”
 
昔から誰からも自分の存在は「迷惑だ」と思われてきたと思っていた吾妻にとって、家族との接触は1番嫌なことだった。
 
「吾妻さん!」累の呼びかけで、吾妻はハッと我に返る。
 
しかし「今日は帰るわ」と、累を冷たく突き放した。
 
「何か出来ることならするよ」と駆け寄る累に、「今してぇのは激しいセックスだから」と呟く。
 
累は顔を赤らめて「生理が終わったから、いいよ」と返した。
 
吾妻は、どうしてそこまで優しくしてくれるのかと累を抱き寄せキスをした。
 

手放したくない

吾妻は言葉通り、激しく累を抱く。
 
パンパンと部屋にいやらしい音が鳴り響き、累も激しい快感に溺れていった。
 
吾妻は「自分で動いて」と言って、上に乗ってくる累の胸に顔を埋める。
 
累も、吾妻の必要な存在になって甘えたいと思ってもらえる相手になりたいと強く思うようになった。
 
吾妻は心の中で”やっぱり手放したくない・・・”と改めて認識していた。
 
 
⇒無料で「漫画家とヤクザ」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「漫画家とヤクザ」で検索です
 

14話のネタバレ

仕事は順調でも・・・

担当から吾妻と中野の関係を元ネタにした最新作『ガリ勉君とチンピラ君』の人気が上がっているとの知らせが入る。
 
喜んで中野に報告すると、中野からも褒めて貰うことが出来た。
 
蝶子と話して以来吾妻のプライベートが更に気になるようになった累だが、中野に聞いても答えて貰えないだろうと思いひとまず諦める。
 

料理をしながら生い立ちの話しに

吾妻と2人で料理をしている時、仕事が順調という話しになった。
 
吾妻から「いつから漫画家なんだ?」と話を振られ、累は自分の生い立ちを話し始める。
 
漫画家になったのはここ数年の話で、会社勤めをしていたストレスをぶつけて漫画を描いていたところに連載の話が飛び込んできた。
 
しかし厳格な両親から大反対を受け、家出同然で上京してきたのだった。
 
「未だに怖くて両親とは連絡取れてないんだけどね」と自虐する累に、吾妻は「やりたいことがあって仕事にしてるなんて羨ましいけどな」と呟いた。
 
話の流れで吾妻も今の仕事に着いた経緯を話すことに。
 
しかし「なりゆきだな、でも細かいことは秘密」と深いことは教えてくれなかった。
 
”蝶子さんは知ってるのかな、吾妻さんを独り占めしたいと思うのは私のワガママなんだろうな・・・”
 

妹の突撃!

吾妻のことについて考え込んでいると、突然インターホンが鳴る。
 
驚いてペンタブレットを落としてしまうが、慌てて玄関へ向かった。
 
そこには、何度か顔を合わせた事がある吾妻の妹が立っていた。
 
「お願いしたことがあって調べて来ちゃいました」と笑う妹に、若干に恐怖を覚える。
 
しかし妹は愛想良く話し続けた。
 
「もしかしたらあなたの話なら聞いてくれるかと思って、実家に帰るように言って欲しいんです」と累にお願いをする。
 
累は「私が言って聞くかどうか分からないけど・・・」と不安になるが、ひとまず約束することにした。
 
妹は「本当はアナタのことも気になってたんです、もし妙な人だったら・・・」と言ったあと、言葉を続けることなくそのまま帰っていった。
 
作業を再開すると、落としたせいでペンが壊れていることに気がつく。
 
天気は荒れているが、仕方なく買いに出掛けることにした。
 

まさかの吾妻の自宅へ!

台風が迫っているのか交通機関が使えなくなってしまう。
 
タクシーで帰るには遠い距離のため、吾妻に帰宅が遅くなる連絡を入れる。
 
すると、傘を飛ばされびしょ濡れになった吾妻が駅まで迎えに来てくれた。
 
吾妻の顔をみて、妹が訪ねてきたことと実家に帰るよう伝言を頼まれたことを伝える。
 
一気に不機嫌になる吾妻だが、雨に濡れて震える累を見て一番近くの自分の家に連れて行くことにした。
 
そのやり取りを蝶子に見られているとは知りもしない累だった。
 

まさかの吾妻の自宅へ!

家に入るとさっそく2人で風呂に入ることに。
 
キレイにされた自宅は、すべて中野が管理しており食事も中野が用意してくれるという甲斐甲斐しさに思わず涙が出た。
 
しかし中野はまだ仕事から戻らず、外食にも行けないため累の提案で出前を取ることに。
 
累は酒が進み、どんどん酔っ払っていった。
 
「私だったらあんな可愛い妹に冷たくしない~可愛がる~」と絡み酒を始めた。
 
そして「いつもはぐらかして教えてくれない」という累に、吾妻はついに「お前だって俺のことどう思ってるのかはっきりしないくせに」と踏み込んだ質問を投げた。
 
累は「えへへ」と笑うだけで何も答えず「股がゴワゴワする」と服を脱ぎ始めた。
 

酔って素直になる累とのセックスは・・・

酔った累は「気持ち良い」と素直にあえぐ。
 
吾妻は「何がどう気持ち良いんだ?」と言葉責めを始めた。
 
「ぎゅっとしたり、ちゅーもすき」と甘える累に、吾妻は思わず「俺のこと、どう思ってる?」と聞いた。
 
すると累は笑って「吾妻さんは?好きと嫌いだったら
私のことどう思ってる?」と質問返しをした。
 
そして吾妻は「そりゃ、好きだけど」と、初めて累に好きと口にした。
 
ハッキリ返事をしない累に「お前はどうなんだよ」と聞いても「言えない~」というばかり。
 
吾妻は激しく累を犯しながら「お前も言えよっ」と求め続けた。
 

酔って素直になる累とのセックスは・・・

 
 

15話のネタバレ

やっぱり、累は特別

吾妻は夢のなかで、着飾った女達から「吾妻さんの家に行きたい」とせがまれる。
 
しかし、全ての女の誘いを断り続けていた。
 
それは、1人の女を思い出すから・・・。
 
目を覚ますと目の前には累の寝顔があった。
 
累がいても嫌な気はせず、むしろホッとした。
 
「好きだ」と口にしたことで、より累への気持ちが大きくなっていく吾妻は眠る累を抱きしめて「ちんこいれていい?」とせがむ。
 
寝ぼけた累は許可を出し、そのまま朝のセックスに突入した。
 
寝言のように吾妻に「気持ちいい、あったかい」と甘える累。
 
吾妻はひたすらキュンキュンしてしまい、累が目覚めてからもセックスを止めることはなかった。
 

何も覚えていなかった累

中野が吾妻の部屋を訪れると、累がいることに衝撃を受ける。
 
どんなに女にせがまれても女を家に入れなかった吾妻が、累だけは部屋にいれたことに激しく嫉妬した。
 
しかし、ぐしゃぐしゃになった累の服にアイロンをかけて朝ご飯を振る舞うなどしっかり世話を焼いてしまった。
 
車で送ってもらう時、吾妻から「昨日のことだけど・・・」と聞かれる。
 
しかし累は「昨日のこと・・・?お風呂食べてご飯食べてそのあとなんだっけ」と考え込む。
 
お酒を飲むと時々記憶が消えてしまうため「何か粗相した!?」と慌て出す。
 
明らかに落ち込む吾妻に、累は何も言えなくなってしまった。
 

中野に相談する吾妻

累を降ろしたあと、車には中野と吾妻の2人きり。
 
吾妻は中野に「誰かを好きになったことある?」と質問した。
 
中野は「ありませんけど」と冷静に返すが、心の中では”あのブスに惚れていることを自覚したか・・・!?”と大慌て。
 
吾妻は吾妻で「好き」と言ったことで、累に惚れているということに気がついた。
 

累に「好き」と伝えるが・・・?

一生懸命何があったか思い出そうと悩む累。
 
そこに丁度吾妻が訪ねてきたため、累は思い切って「昨日何かした・・・?」と尋ねる。
 
吾妻も勇気を出して「俺がお前に好きって言った」と告白した。
 
累は一瞬で思考を巡らせ「穴がってこと!?」と叫んだ。
 
しかし吾妻は「ちげーよ!」と即否定。
 
そこで累は「女をキープするために言う台詞かな?」と思うように。
 
キープしたいと思ってもらえるようになったことが嬉しい累は「どうもありがとう~」と軽く返した。
 
しかし予想外に軽い返事にショックを受ける吾妻。
 
何に落ち込んでいるのかと慌てる累に、吾妻は「触って良いか?」と許可を取る。
 
もちろん累は吾妻を受け入れ、抱きしめ合った。
 

独占するためには?

ベッドになだれ込みセックスに持ち込む。
 
ちゃんと求められることに安心し、累の奥まで挿入を繰り返す。
 
”全部俺の物にしたい”
 
”だけどどうすれば良い?”
 
初めての感情に、吾妻は思い悩んでいた。
 

蝶子に訪れたまさかの事態

台風で交通機関が止まっていたあの日、蝶子は吾妻が累を自宅に誘う様子を見ていた。
 
自分は1度も誘われたことがない。
 
一気に黒い感情がわき上がった蝶子は、目が覚めると累の担当の自宅にいた。
 
担当から「昨日僕の家に来てそのまま寝ちゃったんですよ」と衝撃の事実を伝えられる。
 
 
⇒無料で「漫画家とヤクザ」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「漫画家とヤクザ」で検索です
 

3巻 キャラプロフィール

キャラクタープロフィール公開!

木嶋累・吾妻啓吾・中野誠司・山田トメ子(蝶子)など、メインキャラクターのプロフィール&初期設定を公開!
 

3巻 雑誌おまけまんが①

累と中野の料理力

元々料理は面倒という累。
 
「今日は手抜き時短オムライス」と言って、ほぼケチャップ味のチャーハンを作る。
 
吾妻は「これはチャーハンでは?」と不満気味。
 
後日中野にその話をすると、手作りトマトソースのふわとろオムライスを振る舞ってくれた。
 
「誠司君ってすげえんだな」と、中野の家事力を絶賛。
 
普段累に勝てない中野は、一時の贅沢に浸っていた。
 

3巻 雑誌おまけまんが②

吾妻の初体験

累はずっと気になっていた「吾妻の初体験」について質問。
 
吾妻は「13か14の時」だな、とさらっと答えた。
 
”そういえば初体験ってどんなだったっけ”と思い返すことに・・・。
 

年上のお姉さんに誘われて

年上のお姉さんに遊ぼうと誘われるが、面倒になって断る。
 
しかし、巨乳は気になってしまいつい見つめてしまった。
 
その視線に気付いたお姉さんは「もしかして童貞?先輩がいいこと教えてあげるよ」と、ラブホテルに連れ込まれた。
 
初めてのセックスは気持ちがよく、連日のように先輩にホテルに連れ込まれるようになっていく。
 

美智子先生の教え

ラブホの前で吾妻を見かけた美智子先生は、ゴムを付けることもよく理解していないことを察知して性教育をすることに。
 
ここで吾妻は「避妊」の重要性や「性病」のことなどを学んでいく。
 

吾妻が彼女を作らない理由

付き合いが長くなってきたことで、先輩から「彼氏彼女になろっか」とお誘いを受ける。
 
恋人ということをよく理解していなかった吾妻は、軽い気持ちでOKを出した。
 
しかし、「デート」というのは買い物したり食事したりとホテル以外にもやることが多いことを初めて知ることに。
 
電話もデートも面倒になって断っていると「あたしら付き合ってんだよ!?」とブチギレられてしまう。
 
”セックスしてえけど彼女はいらない”と思った吾妻は、初めての彼女を振ってしまう。
 
それ以来、女との付き合いはヤるだけで彼女にしないことに決めた。
 

美智子先生の嘘

吾妻に性病について教えてくれた美智子先生。
 
しかし勉強が頭に入ってこない吾妻に教えるのは一苦労。
 
そこで「性病になるとちんこがもの凄く痛くなってもげる」と端的に説明した。
 
吾妻がその嘘に気付いたのは割りと最近のことである。
 

3巻 雑誌おまけまんが③

累の担当・大野の話

仕事中に、大野の飼い猫「ゆきちゃん」の写真に癒やされる累。
 
飼うことになったキッカケは、妹の同棲が発端だった。
 

面倒見の良い兄

妹が彼氏と同棲することになったが、彼氏の猫アレルギーが発覚。
 
ゆくゆくは結婚することになるから同棲は諦められないといい、仕方なく引き取ることになった。
 
しかもペット可の物件に引っ越してからの引き取りとなってしまう。
 
しかしその可愛さにすっかり骨抜きにされ、今では立派な親バカに。
 

3巻 雑誌おまけまんが④

蝶子の話

最近の若者はたるんでいると感じることが多くなった。
 
準備は遅いし仕事は不真面目、注すればパワハラだのなんだのと。
 
しかしボーイに相談すれば「時代は変わっているんだから若い子に合せないと」と言われてしまう。
 
蝶子は蝶子で、甘やかしすぎは店のためにも当人のためにもならないと考えているが上手く通じていないようだった。
 
更に最近悪い酔い方をするようになり、吐き気に襲われることも増えた。
 
認めたくないが「年のせい」なんだろう。
 
”やだやだ年を取るって。気を抜けなくなるわ”と言いながら、せっせとヨガ・筋トレ・ランニングに励む。
 
「若い子を目の敵にしてるんじゃない。たいした努力もしてねえで美味しいところを持って行くブスがむかつく」と、ジャージにスッピンで出歩く累を見る度に嫌いになっていく蝶子だった。
 

漫画家とヤクザ 3巻の感想

ついに吾妻が、累のことを「好き」だと自覚した3巻!!
 
累も吾妻のことが好きなのに「好き」といえば嫌われるのではないか、捨てられるのではないかと怯えている・・・。
 
明らかに両想いになって言っているのに、累は吾妻に気持ちを聞かれて「好きじゃ無い!」と言ってしまうんですよね~。
 
吾妻の渾身の告白も「リップサービス」と思って軽く受け流してしまったり・・・。
 
吾妻のために手でしたり口でしたり、生理中でも献身的に尽くしているのにどうして「好き」ということが認められないのか~~!
 
そのすれ違いにドキドキモヤモヤしてしまいますね(涙)
 
3巻はおまけ漫画も満載で、吾妻の初体験エピソードは必見!
 
中学生吾妻、めちゃくちゃ可愛いです・・・(笑)
是非手に取って確認してみて下さい!
 
 
⇒無料で「漫画家とヤクザ」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「漫画家とヤクザ」で検索です
 

無料で「漫画家とヤクザ」を読む方法

 
無料で「漫画家とヤクザ」を読む裏ワザ!
 
 
「試し読みじゃ物足りない…」
「ブックオフに置いてない…」
「スマホでこっそり読みたい…」
「コミックサイトは色々あってどれにしようか迷ってる…」
「安全で信頼できる大手サイトを無料で試したい…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。
 
そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。
 
実はFODなら無料で「漫画家とヤクザ」を読むことができます。
 
FODはフジテレビの動画配信サービスで、ドラマで有名ですが漫画も沢山扱っています。
 
FODプレミアムなら1カ月で最大1300ポイント貰えて、「漫画家とヤクザ」を1300円分も実質無料で読めます。
 
ポイント消費0完全無料1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!
 
初回2週間無料トライアルの期間に解約した場合は月額料金はかかりません。
 
いろんな種類の雑誌も無料で読み放題です。
 
ポイントプレゼントと無料お試し期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。
 
スマホから簡単にできるので、この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!
 

※無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!
 
【お得な利用方法】
ポイントで「漫画家とヤクザ」を、無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。


U-NEXT<ユーネクスト>(R18)