⇒無料で「少年のアビス」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「少年のアビス」で検索です
 

少年のアビス 1巻とは?

出版社:集英社
発売日:2020/7/17
作者 :峰浪りょう

何もない町、変わるはずもない日々の中で、高校生の黒瀬令児(くろせれいじ)は、“ただ”生きていた。家族、将来の夢、幼馴染。そのどれもが彼をこの町に縛り付けている。このまま“ただ”生きていく、そう思っていた。彼女に出会うまでは――。生きることに希望はあるのか。この先に光はあるのか。“今”を映し出すワールドエンド・ボーイ・ミーツ・ガール、開幕――。

 

少年のアビス 1巻のネタバレ

1話 その町の少年 のネタバレ

進路相談

令児はアイドルグループ『アクリル』の動画を見ていた。
 
進路相談で柴ちゃん先生に就職ではなく、進学を勧められる。
 
しかし、令児は町を出られないと言う。
 
柴ちゃん先生は令児の家庭事情を気にしながらも、母親と話をすることを勧めるのだった。
 

幼馴染

帰りのバスでアクリルの動画を見ている令児。
 
途中から乗ってきた幼馴染のチャコが令児からイヤホンを取って、アクリルの青江ナギを絶賛する。
 
実は、令児がアクリルにハマったのはチャコが勧めたからなのだった。
 
バスを降りて歩きながら、アクリルのライブに行きたいと叫ぶチャコ。
 
そして、早稲田大学を受験させてもらえると令児に報告した。
 
あと1年半でこの町を出て行くと意気込むチャコを令児は自慢の幼馴染だと思う。
 
令児の進路を聞き、家の事情もあるのは知っているけど自分の人生は自分のものだと言うチャコだった。
 

情死ヶ淵

女性2人に『情死ヶ淵』の場所を聞かれたチャコ。
 
行き方を説明した後、似非森浩作の小説の「春の棺」の聖地巡礼だと令児に言う。
 
チャコはその小説は心中の話だと説明する。
 
小説が映画化になったら、心中の町として町おこしできそうだと期待を膨らませた。
 
令児は嫌がったが、何もないよりはいいと思うチャコ。
 
その時、令児のスマホに呼び出しのメッセージ。
 
チャコはメッセージの相手が誰だか分かった。
 
そして令児に縁を切るように言うが、その術が分からない令児は笑顔だった。
 

タバコ

頼まれたタバコをコンビニで買う令児。
 
店員は制服姿の令児に何も言わず、20歳以上の確認画面をタッチさせる。
 
ファミレスに向かった令児は幼なじみの玄に買ってきたタバコを渡す。
 
しかし、1箱ではなく2箱頼んだと玄は怒った。
 
令児は急いでコンビニ行ってタバコを買おうとするが、制服だからと拒否されるのだった。
 

一服

令児は家に帰り、認知症のおばあちゃんのお漏らしの後始末をする。
 
その時、引きこもりの兄が『からあげさん』がないと暴れ出す。
 
令児は母親に頼まれてコンビニに買いに出かけた。
 
歩きながら川を眺め、小説の一節を思い出す令児。
 
川に身投げをするのは嫌だけど、夜眠ってそのまま目が覚めないとかなら今夜でもいいと考える。
 
コンビニに着くと、さっきタバコを売ってくれなかった女の店員がごみを持って出てきた。
 
その後ろから男がついて行っていたので、令児はやばいと思って後をつける。
 
するとその店員は男に廃棄の弁当を渡していた。
 
弁当をもらった男は令児にウインクをして去って行く。
 
その場を立ち去ろうとした令児に店員は、私服だからとタバコを1本くれる。
 
一服しないとやってらんないことばっかだと言いながらタバコを吸う店員。
 
それから令児のタバコにライターで火をつけてくれようとする。
 
ライターの明かりで顔が照らされたその店員は、なんと『青江ナギ』だった。
 
驚く令児にナギはタバコを加えさせ、自分のタバコの火種で火をつけて笑った。
 

2話 お忍びデート のネタバレ

秘密

チャコが絶対にくると推している『青江ナギ』が目の前にいることを理解できない令児。
 
落ちたタバコの灰の熱さで我に返ってむせた。
 
ナギは令児が吸えないことに気づき、令児のことをアイドルオタでおとなしそうだと言う。
 
令児はアクリルについて最近友達に教えてもらったと話す。
 
『青江ナギが』こんなところにいるなんて知ったらびっくりするだろうと言うと、ナギは“秘密”だと言った。
 
令児は冷静になり、からあげさんを買いに来たことを思い出した。
 
慌てて立ち去ろうとするとナギはさっきお弁当をあげていたことも秘密にしてとお願いする。
 
初めてコンビニでアルバイトをして食べられるお弁当をたくさん廃棄していることを知り、お弁当をあげたことに罪悪感はないと言うナギ。
 
令児は自分も弁当を買いに来たから正直羨ましいと伝えた。
 
するとナギは令児にも弁当を持ってくか聞く。
 
なんかうれしいと笑うナギを見て令児は可愛いと思う。
 
令児が『からあげさん』を見つけると、汚くないかと止めようとするナギ。
 
令児は兄が食べることを伝え、引きこもりの状態を話すとこれで充分だと渡してくれるのだった。
 
お礼を言って帰ろうとする令児にナギは名前を教えてと言う。
 
それから今夜この町の案内をしてくれないかと言うのだった。
 

安泰

青江ナギとデートだと浮かれ気分で帰る令児だが、家の前で座り込む母親を見るとテンションが落ちた。
 
お弁当を食べながら、また出かけると言う令児。
 
母親は高校を卒業後に玄の家がやっている土建屋で働くことを勧める。
 
玄の父親から誘われていること、この町で働くなら安泰だと言う母親だった。
 

2人乗り

自転車にナギを乗せて町を案内する令児。
 
国道沿いにはお店がいっぱい並んでいて、地元の人はこの辺りをうろついていると説明した。
 
令児がチャコの話をするとナギは幼なじみを羨ましがった。
 
自転車を走らせていると、玄たちが歩いているのが見えた。
 
慌てて引き返すと、ナギは煙草を買わされている連中がいたのかと聞く。
 
令児はリーダーが幼なじみだと話すとナギはこの町にいる限り縁が切れないことを悟った。
 
高校卒業した後に玄の家の土建屋に就職するかもしれないことも話すとナギは自分に色々話してくれることを疑問に思った。
 
令児は『絶対この町からいなくなる人』だからだと言う。
 
そしてナギを自転車の後ろに乗せたことを一生忘れないと笑った。
 

一番幸せな死に方

橋の上で川を見ながら、令児が川の上流に小説で有名になった場所があると話す。
 
ナギは『情死ヶ淵』を知っていて、小説の内容に触れた。
 
そして心中を一番幸せな死に方で羨ましいと言うナギ。
 
令児に「私たちも今から心中しようか」と言った。
 
令児はびっくりしたが、ナギにこの先の人生絶対つまんないだろうと核心を突かれた。
 
『青江ナギ』と死ねるなら生きててよかったと思えると考えた令児。
 
ナギは令児の股間に触れ、家に誘うのだった。
 

3話 青江ナギ のネタバレ

衣装

ナギの家でキスをした。
 
唇の柔らかさにキスを実感している令児だったが、童貞だとバレてしまう。
 
令児は混乱しながらシャワーを浴びて出てくると、ナギはデビュー曲の衣装を着ていた。
 
アイドルとやる実感できると思い、衣装を着たナギ。
 
令児はベッドでナギに触れながら、初めてDVDでナギを見た時を思い出す。
 
『青江ナギ』に感動するが、令児は勃ってなかった。
 
ナギは令児の緊張をほぐすため、敬語をやめるように言う。
 
それから他愛ない話をする。
 
『青江ナギ』のイメージにない、真面目で頭固いことを知った令児。
 
“アオエナギ”って“人”なんだと気づいた令児は衣装を脱いでとお願いした。
 
衣装を脱いだナギと今度は上手くできた。
 

ベッドサイドに熱帯魚が入った水槽があった。
 
一匹で寂しそうだと言う令児に『凪』という名前だと教えてくれる。
 
同じ名前に疑問を感じたが、ナギは冷蔵庫に飲み物があると話題を変えた。
 
令児が冷蔵庫を開けてナギに飲み物を聞いている途中に男が電気をつけた。
 
それはコンビニでナギからお弁当をもらっていた人で、ナギと普通に会話している。
 
令児が誰なのか尋ねると「私の夫」とナギは答えた。
 

4話 邪魔者 のネタバレ

混乱

ナギに夫を紹介された令児はフリーズした。
 
ナギの夫が令児に服を着るように言う。
 
令児は下着とズボンだけ履き、シャツを手に抱えて逃げるように飛び出した。
 
走りながら状況を整理するが、わけがわからないと混乱する令児。
 
橋の上で立ち止まり、川を見下ろしながら心中は冗談だったのかと思う。
 
それとも邪魔が入らなければ今頃ここに立ってたのかと考えた。
 

自転車

令児はおばあちゃんの歌声と兄の怒鳴り声で目が覚めた。
 
デイサービスに行く日はテンションが上がって歌ってしまうおばあちゃん。
 
送り出す時には令児も母親もボロボロだった。
 
早く楽になりたいとつぶやく母親に自分が働くまでの辛抱だと励ます令児。
 
その時、母親は自転車がないことに気づいた。
 
ナギのアパートに置きっぱなしだと慌てているとチリンとベルの音がする。
 
音がした方を見るとナギの夫が自転車に乗っていた。
 
ナギの夫は笑顔で令児の母親の名前を呼ぶ。
 
母親は中学の同級生だと言う。
 
ナギの夫は煙草を吸いながら、自転車を届けに来たと言った。
 

5話 件の男 のネタバレ

悪い男

自転車を届けに来たと言うナギの夫。
 
令児は色々理解できず、言葉も出なかった。
 
ナギの夫は令児が自転車を貸してくれたとウソをつく。
 
自転車に母親の名前が書いてあったので来てみたと言う。
 
ナギの夫が帰って行った後、母親は悪い男だから関わらないでと言った。
 

台風

令児は授業中もナギとナギの夫について考えていた。
 
台風直撃でお昼前に下校となるが、令児は帰りたくないと思う。
 
橋の上で川を覗いているとナギを思い出す。
 
その時、チャコが来て危ないと怒った。
 
それからチャコは肉まんを買って家に行こうと誘うのだった。
 

クズ

チャコに何かあったかと聞かれた令児。
 
自分のことをちゃんと見てくれているのはチャコだけだと思う。
 
チャコの部屋に入ると、情死ヶ淵のことが書いてある『春の棺』の本を見せてくれる。
 
作家紹介のところにナギの夫の顔写真があって驚いた。
 
『春の棺』を書いた似非森浩作(えせもりこうさく)はナギの夫だったのだ。
 
チャコにどんな人なのかを尋ねると“クズ”だと言う。
 
令児はどうしてナギが死にたがっているのかと考えるのだった。
 

6話 疾走 のネタバレ

無期限休業

令児がナギのことを考えているとチャコが大きな声を出した。
 
ネットで『青江ナギ無期限休業』のお知らせを読んだからだった。
 
チャコは残念に思いながらもまた新しい推しを見つけないととつぶやく。
 
令児はその言葉で水槽に入れられた一匹の熱帯魚とナギが重なった。
 

真相

令児はチャコの家からナギがバイトしているコンビニに向かう。
 
名前を呼ばれて振り向くと玄が車から降りてきた。
 
玄は令児を捕まえ、車に一緒に載っていた従業員たちに令児が高校を卒業したら土建屋で働くと紹介する。
 
母親が玄の父親に頼み込んだことを知った令児。
 
母親の想いを汲み取り、頑張らなきゃと思う。
 
令児が「よろしくお願いします」と挨拶をしたその時、ナギの姿が目に入った。
 
店内に入ろうとするナギの手を掴み、走り出す令児。
 
2人が走っていく様子を玄は店内から見ていた。
 

7話 深淵-アビス- のネタバレ

台風の中

大雨の中、令児はナギを連れて走った。
 
ナギに名前を呼ばれると我に返り、バイト中に連れ出したことを謝る。
 
ナギは制服のシャツを脱ぎ捨て「死ぬのにもってこいの日だね」と笑った。
 
つられて令児も笑った。
 

バイバイ

情死ヶ淵を目指す2人。
 
その時、玄のうちの土建屋の車が通った。
 
令児はその車に向かって今から死ぬことを叫ぶ。
 
バイバイと手を振った後、令児は狂ったように笑い出した。
 

生きてる理由

川岸を歩きながら、令児は今まで不満に思っていたことを吐き出す。
 
ナギは令児の手を取り、全部捨てて町を出て行くことを提案する。
 
令児は考えたことなかったと言うが、ナギは前にチャコが言っていたように自分の人生は自分のものだと言った。
 
令児が心中をやめたらナギはどうするのか聞くと、このままいくと言う。
 
死にたい理由を聞くが明確な物がなく、生きてる理由がないと答えるナギ。
 
令児は自分が町を出てもきっと生きる理由ないと思った。
 
疲れた2人は川岸に座った。
 
令児はナギを抱きしめて胸を触り、心が安らぐのを感じる。
 
そしてナギがこの町に来てくれたことに感謝した。
 

少年のアビス 1巻の感想

とても複雑な愛と死を考えさせられるお話です。
 
令児の家庭環境がとても心苦しいもので、助けてあげてほしいと思ってしまいます。
 
玄と縁を切れないことも何か借りがあるみたいですが、令児は全部を諦めて受け入れています。
 
そんな時に出逢ってしまったのが憧れの『青江ナギ』。
 
この状況を救ってくれる存在なのかなと思いましたが、違いましたね。
 
令児の気持ちを理解した上で、心中の手引きをするナギ。
 
令児にとっては自分の本音を分かってくれる人であり、もともと自分の好きなアイドルなので惹かれてしまいますよね。
 
淡い恋心、初体験だったはずが、まさかの既婚者でどん底に落とされるのは胸が痛くなりました。
 
そしてナギの夫、似非森浩作はまだまだ謎に包まれた存在で、気になります。
 
チャコの存在が令児に希望の光を当ててくれるような気がしますが、ナギに染まってしまっている令児がどうなってしまうのでしょうか。
 
令児とナギを救ってくれる存在が現れるのでしょうか。
 
続きが気になって仕方ありません。
 
⇒無料で「少年のアビス」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「少年のアビス」で検索です
 

無料で「少年のアビス」を読む方法

 
無料で「少年のアビス」を読む裏ワザ!
 
 
「試し読みじゃ物足りない…」
「ブックオフに置いてない…」
「スマホでこっそり読みたい…」
「コミックサイトは色々あってどれにしようか迷ってる…」
「安全で信頼できる大手サイトを無料で試したい…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。
 
 
そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。
 
 
実はコミック.jpなら無料で「少年のアビス」を読むことができます。
 
 
コミック.jpなら登録時に675ポイント貰えて、「少年のアビス」を1冊まるごと実質無料で読めます。
 
 
ポイント消費0完全無料1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!
 
 
30日間無料おためし実施中で無料おためし期間に解約した場合は月額料金はかかりません。
 
 
675円分のポイントプレゼントと無料トライアル期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。
 
 
スマホから簡単にできるので、この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!
 
 

 
【お得な利用方法】
675円分のポイントで「少年のアビス」を、無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。