⇒無料で「サレタガワのブルー(漫画)」を読むならコチラ♪
※試し読みとは違います!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「サレタガワのブルー(漫画)」で検索です

サレタガワのブルー(漫画) 1巻とは?

出版社:集英社
発売日:2021/5/25
作者 :セモトちか

イケメンで家事も完璧にこなす、デザイナーの田川暢(たがわ のぶる)。溺愛する年上の奥さん・藍子のため、日々パーフェクト夫として甲斐甲斐しく尽くしていた。幸せな結婚生活が続くと思っていた矢先、藍子に他の男の影がちらついて……!? サレタ側の葛藤と痛みをリアルに描く、読めば必ず“不倫したくなくなる”フルカラー漫画第1巻。

サレタガワのブルー(漫画) 1巻のネタバレ

1話愛妻家 のネタバレ

のぶの朝

永遠の愛を多くの人の前で誓ったのぶと藍子。

のぶは藍子より一足先に起きて、かつおで出汁をとった味噌汁を作る。

何よりも藍子の健康を思っての事だ。のぶが一人暮らしの時には全く考えた事も無かった事だ。

のぶが一生かけて守りたいと思う藍子を起こしにいくと、藍子はあと五分寝かせてくれとのぶにせがむ。

のぶは、藍子のかわいいしぐさを見てキュンとし、自分は幸せ者だと思う。

藍子と一緒にいたい

ボケッとしている藍子は、朝がとても弱く、のぶが用意した朝ご飯を食べる。

のぶ的には毎朝決まったこのルーティンがとても幸せに感じていた。

ルイボスティーを入れ、藍子にはお弁当まで持たせる。

のぶは藍子に今日の帰りも遅いのかと聞くと、藍子は今日は定時のつもりだと答える。

のぶは少しでも早く藍子と共に過ごしたいと考えるのだった。

忘れ物

藍子が自宅を出て行った後、のぶはすぐに一人の寂しさを感じていた。

寂しさを感じる暇があるならと、次々と家事をこなしていく。洗濯したり、布団を干したりで、すべて藍子のためだった。

のぶは10時から16迄が仕事の時間で、グラフィックデザイナーの仕事をし、藍子の倍は稼いでいた。

藍子がスマホを忘れている事に気づくと、バイブの音がしていたので、スマホに手を伸ばそうとする。

セーフ

藍子はスマホの中を見たかとのぶに聞くと、見てないと答え。

社外秘のメールがあったから一応聞いたと藍子は言う。

のぶは、藍子の話しに何の疑いももたず、再度いってらっしゃいと笑顔で見送る。

自宅から出た藍子は、ドアを閉めた後、セーフと独り言を言うのだった。

2話 不倫なんて、他人事だ のネタバレ

不倫自慢

友人の美容院に行ったのぶは、週刊誌を見て不倫の記事を見てため息をつく。

その手のニュースが多いと言う話しになり、友人が言うには、客でも不倫自慢してくるとのことで、のぶは面食らっていた。

友人は、のぶの嫁は美人で巨乳なので大丈夫かと聞くので、きちんと抱いているからとノブは答える。

髪を切った後、友人はのぶの写真を撮り、やっぱりかっこいいなと言うと、美容師の腕がいいのでとのぶは答える。

平和

友人は、のぶは色々あったけれど結婚して幸せそうで良かったと言う。

綺麗に撮れた画像を見たのぶは、スマホに送って欲しい、藍子にも見せたいので言う。

友人はラブラブだなと言うと、そうだとのぶは答える。

世間の皆も不倫なんかしないで、夫婦仲良くしたらいいのになとのぶは言う。

のぶは自宅に戻ってテレビをつけると、そこでも不倫のニュースが放送されていた。

自分の家は今日も平和だと安心しきっていた。

料理の出来映え

不倫のニュースなんて所詮他人事だと思ったのぶは、そそくさと料理を作り始める。

カボチャのシチューを作っていると、藍子から今から帰ると連絡が入る。

藍子が帰ってくるまでは45分かかるので、パイで包んで焼こうと考えるのぶ。

考えた通り、素晴らしい出来上がりにのぶは大満足していた。

あとはローストビーフを切ったら終わりだと思っていると、一向に藍子が帰ってくる気配がない。

物足りない

かなり時間が経過してから、仕事のトラブルで遅くなるからご飯はいらないと連絡がくる。

一瞬がっかりしたのぶは、気を取り直して、軽めの夜食を作っておくよと返信する。

その時のぶはまだ、藍子が浮気をしていたなんて微塵も気付いていなかった。

のぶが作ったパイが冷めていった時間、藍子は他の男と仲良くしていたのだった。

藍子は相手の男性に、のぶは優しすぎて物足りないと話していた。

3話 プレゼント のネタバレ

親になりたい

空には月があり、時計を見ると24時を超えていたが、のぶはSNSを見ていた。

同級生がどんどん親になっていくさまを見て、結婚して一年半なので自分達もそろそろだと思う。

だからと言って、こんな時間まで仕事をしている藍子にそんな話を切り出す訳にもいかないのぶ。

のぶがうとうとしていると、藍子が自宅に戻ってきた。

藍子が帰ってくる

遅くなってごめんねと藍子が言うと、寝ていたのぶはガバッと起きる。

藍子は、自分の帰りが遅いときは、先にベッドに寝ていてねと言い、のぶが風邪引いたら嫌だからと言う。

のぶが夜食食べると聞くと、会社で食べたからいらないと藍子は答える。

藍子はお風呂に入るからと言って、のぶから離れた。

元気になったのぶ

のぶがボケッとしていると、藍子が戻ってきてのぶが友人に撮ってもらった画像を待ち受けにしたと見せにきた。

のぶはとても嬉しくなって、待っていた時の寂しさを忘れてしまった。

のぶは、お風呂から上がった藍子の髪を乾かしてやり、腕枕をして一緒に寝た。

翌朝、お弁当を渡すときに藍子の首筋が赤くなっている事に気付いたのぶ。

藍子は咄嗟に虫刺されかもと言い、のぶはかゆみ止めを差し出す。

誕生日プレゼント

自宅を出た藍子は、不倫相手の仕業にドキッとしていた。

会社でどういうつもりだと言うと、相手は誕プレにと藍子の好きなブランドのネックレスをくれる。

今夜は映画にいかないかと藍子を誘う。映画館でしたいと言うので、藍子は変態と言う。

のぶもその時、同じブランドで藍子に誕プレを購入していた。

4話 ハチアワセ のネタバレ

映画館で・・・

藍子が声を出すと、声を出すなと不倫相手の男は言う。

映画館の中でいちゃつく二人は、もう我慢できないので出ようという話しになる。

その映画館にはのぶは友人と来ていたのだった。藍子とのぶはニアミスしていたのだった。

映画が終ると、のぶはとても泣けたねと友人に話す。

友人もそれなと言って話がとても盛り上がっていた。この話は居酒屋でしようということになる。

藍子?

友人はトイレに行くと言い、のぶは売店で待っていると答える。

友人に当たってきた男が気を付けろガキがと因縁をつけてくるが、友人はとりあえずすみませんと謝る。

そこにマジ遅いんですけどと言ってきたのは藍子という名の女性であった。

友人は、のぶの嫁さんと同じ名前だけど、もしかして不倫かと思うが、そんなことはないはずと思い返す。

上の空

友人は藍子のいう名の女性の顔を見て一瞬ゾッとする。見た事のある顔だったからだ。

友人は美容師という職業柄、人の顔を覚えるのは得意な方だったが、結婚式で一度会っただけだしと思うようにする。

その事を考えると、居酒屋でのぶと話していても、話しに集中することができないでいた。

のぶは、フルコースで藍子の大好物を作る予定だと話し、毎食自分の手作りなのでたまには外食のほうがいいのかなと言う。

友人の気持ち

友人は藍子を思うのぶの話を聞いて、思わず涙ぐんだので、のぶがどうしたのかと聞く。

友人はつまみのたこわさが染みたと嘘をつき、のぶは藍子の画像を友人に見せる。

友人は藍子だと確信し、藍子にぞっこんののぶに真実を話す気になれなかった。

しかし、駅でのぶを送る時に話したい事があると言って、のぶを呼び止めた。

5話 疑惑浮上 のネタバレ

気のせい

友人は映画館で見た事実をノブに話し、見間違いならいいのだけどと言う。

のぶは、一切疑わず見間違いだと思うと言い切る。

今夜は残業だと言っていたし、藍子は嘘をつけない系の女性だと言うので、友人は黙っていた。

友人は、のぶに見せてもらった画像と同じだったけどと再度言うが、のぶは気のせいだと言う。

もしかして・・・

のぶは友人と別れた後、気のせいだと言ったものの、思い当たる節があると思っていた。

最近急に残業が増えたし、お風呂に行くにもスマホを持っていくようになり、下着も新しい物が増えていた。

もしかして、朝見た藍子の首筋の痣ももしかして・・・そう思い出すと切りが無くなっていた。

のぶは自分の気持ちのモヤモヤを無理矢理消そうとしていた。

一瞬の間

自宅に戻ってきた藍子にのぶは、今日は映画を見てきたと話す。

藍子は一瞬間をおいて、なんの映画なのと聞く。恋愛ものだと言うと、男と二人で見るとかウケると藍子は言う。

のぶは、藍子の一瞬の間がとてもきになっていたが、藍子がいつも待ってくれてありがとうと頬を寄せてくる。

のぶは藍子に優しくキスをし、藍子の背中に手を伸ばす。

拒む

藍子は仕事で疲れているからと、のぶの誘いを断わる。

のぶは断わられた事に結構ショックを感じていた。

藍子も拒んだのは失敗だったかなと思っていたが、彼氏とやった後に旦那ともなんて無理だと思っていた。

藍子は映画のチケットをSNSに投稿し、フォロワーが二万人超えた事に満足していた。

6話 ナカ出し・・・? のネタバレ

疑惑

のぶは藍子から拒まれた事にショックを感じ、結局一睡もできないでいた。

自分の横で藍子がスマホを握ったまま寝ている事に気付く。

どうしてスマホを握ったままなのかとても気になっていたが、嫌な予感も感じ、自分の鼓動を強く感じていた。

翌朝、かわいい藍子を見て、この空気を自分の疑惑で壊したくないとのぶは思った。

焦らないで

のぶは咄嗟に藍子に、そろそろ子供を作る事を考えないかと言う。

藍子はとても焦り、のぶは結婚して一年半になるし、藍子も29才になるからそろそろではないかと言う。

藍子は焦らないで、自分は今は子供はいらないとハッキリ言う。

タイミングが大切で、自分もいつかは欲しいからもう少し待ってと藍子は言う。

のぶの思い

藍子は、朝からこんな話は思い、せめて夜にして欲しいと言う。

そして、もっと私の事を考えて発言して欲しいと言って藍子は立ち上がる。

藍子の言葉を聞いて、のぶは自分は最低だと思う。

のぶは、今子供ができれば、自分の疑惑はすべて払拭されると思っていた。

ナカ出しの日

藍子は不倫相手に子供作ろうと言われたと話すと、子供って意外とかわいいぞと言って、自分の子の画像を見せる。

藍子はかわいいけどと言いながら、内心ムッとしていた。

不倫相手は自分の子供産むかと聞くので、藍子は産みたいと答える。

ナカ出しされたいと藍子が言うと、相手は今はしない、藍子の誕生日に思いっきりしようぜと言う。

7話 浮気している! のネタバレ

日曜日に仕事?

日曜日に仕事だと話す藍子は、後輩がミスをしたのでヘルプに行くとのぶに話す。

のぶは仕事なら仕方ないよねと言い、頑張ってと藍子に声をかける。

藍子は誕生日なのにごめんねと言い、夕食前には帰れるから今夜は仲良くしようねと言う。

のぶは抱きついてきた藍子に気を良くし、いってらっしゃいと言う。

泣きたい気持ち

藍子はのぶが扱いやすい旦那で良かったと思い、不倫相手と会うのをとても楽しみにしていた。

不倫相手もまた、日曜になのに出かけるのかと妻に言われ、仕事だから仕方ないだろと切れ気味に答える。

子供が泣き出したので、早く言ってやれよと言い、自分はそそくさと出かけて行った。

妻は子供を抱え、泣きたいのは自分の方だと考えていた。

ワンオペ育児

妻は、自分は専業主婦なので仕方ないのかもしれないが、ワンオペ育児に時折泣きそうになっていた。

公園に出かけた妻は、旦那のスマホを見て浮気を知ってから、このままではいけないと考える。

そして、父親がそんな風では子供がとても不憫だと感じていた。

子供を預ける事のできる託児所を探し、すぐに連絡をしていた。

真実を知りたい

一時保育を使っていいのかと自問自答する妻は、躊躇しながらも離乳食なのでと託児所の人と話す。

昼を食べさせて連れて行くと先方に伝える。

悩んでいる場合ではない、家族にとっては必要な事で、自分の目で真実を確かめたいと考えていた。

8話 尾行 のネタバレ

疑惑が増す

藍子を見送った後、のぶは自分の疑惑がどんどん増している事に気付く。

いまだかつて、日曜日に仕事なんてなかったからだ。

せめてバレないようにして欲しいと願う一方で、愛する人を疑うなんて自分の方がどうかしていると思うのぶ。

それでもモヤモヤが消えないのぶは、とりあえずケーキでも焼こうと考える。

家族の明るい未来のため

託児所に行って子供が泣き叫ぶのを見て、先方に預けるが初めてだと伝える。

心配いらない、スタッフはすべてベテランで、親の不安は子供に伝わるので笑顔になってくださいと言われる。

妻は子供の手を掴み、すぐに向かえにくるからと言い、手を離すと再び子供は泣き出した。

子供を後にした事で罪悪感を感じていたが、これも家族の明るい未来のためだと自分に言い聞かせる。

ホテルに到着

タクシーを拾い、旦那と藍子のやり取りを把握していた妻は、そろそろホテルへ行く時間だろうと予測する。

自分のタブレットを夫の車に隠し、尾行できるように用意していたのだった。

ふと我に帰り、どう行動したらいいのか考えながら、二人が入るであろうホテルの前に到着した。

駐車場で

ホテルの休憩の案内を見て、妻はドキドキしていた。

覚悟はとっくにできたはずなのに、色々な考えが頭をよぎる。

不倫なんてバカみたいな悲劇があってたまるかと思いつつ、旦那の車のナンバーを探す為、駐車場に行く。

ナンバーは結婚記念日の日と一緒なので人目みたら分るが、駐車場に入ると・・・・

9話 母親失格 のネタバレ

探偵ごっこ?

探している車のナンバーが無いことに焦っていると、お前は何をしているのかと言いながら旦那が現れる。

旦那は自分の車にあったタブレット差し出し、探偵ごっこかと言う。

取引先の会社の駐車場の止めている、もしかして浮気を疑っているのかと旦那は聞く。

休日返上で仕事頑張っているのにクソ女だなと旦那は言う。

父親失格

というか子供はと聞かれ、託児所に預けていると答えると、旦那は妻の髪を引っ張り頬を叩く。

母親失格だな、くだらないことのために自分の稼いだ金を使うな、最悪な女だなと妻をなじる。

そして、不安にさせて悪かった、浮気なんてしてないからと妻を抱きしめる。

育児だけはきちんとしろと言うが、自分は浮気を知っている、失格はあなたの方だと思う。

非がある自分

自分の想いをどうしてはっきり伝える事ができないのかと思い、自分の弱さに嫌気が差していた。

自分がこんなだから浮気をされてしまう、される側にも非があると言われるし、自分が変わらなければと思う。

その頃、のぶは帰宅した藍子に誕生日を祝っていた。

藍子の思惑

藍子は飾り付けた部屋を見てウザいと思うが、これをSNSに上げればフォロワーにウケるはずと思う。

藍子は本当に優しいねとのぶの肩に手を伸ばす。ベッドに行こうとのぶを誘う。

のぶはえっと答え戸惑っていたが、藍子はナカ出ししてもらわないと思っていた。

10話 中に出して のネタバレ

安全日

いつも仕事に忙しい藍子と愛し合うのは3週間ぶりかな、藍子の頬に手を伸ばし、拒む理由などないなと思う。

のぶは優しく藍子にキスをし、藍子を愛撫していくと、藍子はとても感じているようだった。

藍子はもう早くして欲しいと言うと、のぶはコンドームを出す。

藍子はのぶの手を掴み、今夜は付けないでと言う。安全日だから大丈夫だと。

タバコの匂い

駄目なのかと聞く藍子に嬉しいと答えるのぶ。

シャワー前に匂った藍子の髪からのタバコの匂いが気になったのぶは、今頃になって無性に気になる。

藍子に挿入したものの、すぐに萎えてしまった。

藍子は驚いていたが、のぶはこんなことはいまだかつて無かった事だと思う。

藍子が口でのぶのものを舐めだしたが、のぶはごめんねと謝る。

お互いの思惑

そんな日もあるよと言う藍子は、この役立たずと思う。

本当にゴメンと謝るのぶに、ますますムカつく藍子は、折角の誕生日だったのにと考える。

のぶは、色々考えを巡らせていたが、こんなかわいい奥さんだからもっと大事にしないとと思う。

そして、翌朝誕生日プレゼントを藍子に渡す。

かぶった誕生日プレゼント

のぶが藍子にプレゼントしたものは、不倫相手がくれたものとかぶっていた。

チョイスがかぶっていたことにウケると思う藍子は、とても嬉しいとのぶに伝える。

そして、のぶがくれたほうをフリマアプリで売ろうと密かに思っていた。

11話 行く理由 のネタバレ

愛妻弁当

藍子は会社でのぶが作ってくれたお弁当がかわいいと褒められる。

のぶが作ったものなのに、趣味みたいなものだと自分が作っていると嘘をつく。

とても美味しそうだと話していると、不倫相手も来てマジ美味しそうだと言う。

自分も料理上手のかわいい嫁もらいたかったわと言い、かわいいのくだりに藍子はキュンとする。

自分も愛妻弁当じゃないかと藍子が言うと、うちのは料理下手だからと答える。

ゾクゾクする藍子

弁当を見せられた藍子は、最近奥さんの話が多い事にとてもムカついていた。

人の男だと自覚させられ、自分に夢中で、昨日も自分にナカ出ししたくせにと思う。

そこへ、昨日のナカ出し思い出したらムラムラしてきた、今日もしたいと送ってきたので今日もホテルへ行こうと答える。

藍子は今夜の事を考えると、ゾクゾクが止まらないでいた。

再び疑惑

食事の用意をしていたのぶに藍子は今日も遅くなると連絡する。

今日こそは定時だと思っていたのぶは、とてもショックを感じていた。

藍子が書類作りで忙しいと連投してきたので、のぶは本当の事を言っているのかと疑惑が浮かんできた。

雨が降ってきたのでのぶは急いで洗濯物を取り入れる。

藍子が傘を持っていかなかったので、会社まで持っていこうとのぶは考える。

⇒無料で「サレタガワのブルー(漫画)」を読むならコチラ♪
※試し読みとは違います!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「サレタガワのブルー(漫画)」で検索です

サレタガワのブルー(漫画) 1巻の感想

イケメンな旦那がいるにもかかわらず、刺激を求めて不倫をする藍子。

その相手もまた綺麗な奥さんがいるにもかかわらず不倫をしています。

W不倫の典型ですが、こういう人達って、どんな相手でも満足する事がないのかもしれません。

結婚相手に感謝の念があれば、こういった事がおきないと思うんですけどね。

しかし、案外日常に溢れている出来事で、人事と思っていると実は自分が・・という事もあるのかもしれませんね。

今のパートナーより自分を満たしてくれる相手に出会ってしまったら、ハマってしまうものかもしれません。

藍子と会社の上司は今が一番楽しい所なんでしょうけど、この関係がいつまで続くか気になりますね。

のぶの葛藤が半端ないですね、浮気されているかもと思いつつも、こんなにかわいい奥さんなのにと思ったり。

厳しい現実に向き合う事って結構難しいですからね。相手を信じたいという気持ちが勝っているうちはいいですけどね。

でも、真実も知りたいという思いも強くなってきています。

傘を届ける事を理由にして、藍子の疑惑を確かめに会社に向かうのぶですが、真実を知ることになるのでしょうか。

ドキドキの展開が次巻で明らかになるので、とても楽しみですね。

⇒無料で「サレタガワのブルー(漫画)」を読むならコチラ♪
※試し読みとは違います!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「サレタガワのブルー(漫画)」で検索です

無料で「サレタガワのブルー(漫画)」を読む方法

 
無料で「サレタガワのブルー」を読む裏ワザ!
 
 
「試し読みじゃ物足りない…」
「コミックサイトは色々あってどれにしようか迷ってる…」
「ブックオフに置いてない…」
「スマホでこっそり読みたい…」
「安全で信頼できる大手サイトを無料で試したい…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。
 
 
そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。
 
 
実はU-NEXTなら無料で「サレタガワのブルー」を読むことができます。
 
 
U-NEXTは動画配信サービスで有名ですが漫画も沢山扱っています。
 
 
U-NEXTなら登録時に600ポイント貰えて、「サレタガワのブルー」の分冊版を600円分実質無料で読めます。
 
 
ポイント消費0完全無料1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!
 
 
31日間無料トライアル実施中で無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。
 
 
いろんな種類の雑誌も無料で読み放題です。
 
 
600円分のポイントプレゼントと無料トライアル期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。
 
 
スマホから簡単にできるので、この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!
 
 

 
【お得な利用方法】
600円分のポイントで「サレタガワのブルー」を、無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。
※本ページの情報は2021年5月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。