⇒無料で「黒崎くんの言いなりになんてならない」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「黒崎くんの言いなりになんてならない」で検索です
 

黒崎くんの言いなりになんてならない 7巻とは?

出版社:講談社
発売日:2016/7/13
作者 :マキノ

映画が大ヒット☆悪魔級ドS男子とのドキドキラブ最新作!
 
黒崎(くろさき)くんへの気持ちを自覚した由宇(ゆう)だけど、親友・芽衣子(めいこ)が恋のライバル!
 
友情のために自分の気持ちは秘めていよう…。
 
そう決めたのに、なぜか芽衣子と一緒に隠れることになっちゃったのは黒崎くんの部屋のクローゼットの中!?
 
文化祭準備で浮き立つ校内で、黒悪魔&白王子との恋愛関係が急展開☆

 

黒崎くんの言いなりになんてならない 7巻のネタバレ

25話 お部屋訪問! のネタバレ

好きだけど!?

黒崎は人目を気にすることなく、芽衣子と白河の前で、由宇にキスをした。
 
白河は、黒崎から由宇を離す。
 
由宇の気持ちを考えない黒崎に、優しく話しているが内心はムカついていた。
 
黒崎は、ただキスをしたくなりやっただけだと言う。
 
考えるより、体が先に動く黒崎。
 
由宇は、怒り心頭している。
 
飲み物の入ったコップを持ち、勢いよく黒崎に向かって飲み物をかけた。
 
だけど残念ながら、黒崎にはかからずその後ろにいた梶にかかってしまう。
 
この騒ぎが寮監に見つかり、由宇と黒崎は寮監室に連れていかれた。
 
そこで厳重注意を受けるが、寮監は黒崎に対して甘い。
 
寮監室を出た二人だが、由宇は壁に足をかけて黒崎を止める。
 
久々に勢いのある由宇を見た黒崎は、ニヤリと笑う。
 
由宇は嫌われいるから嫌がらせをされるのだと思っているが、黒崎はそうではない。
 
「好きだけどなおまえの嫌がる顔」と言った黒崎は、由宇の足を壁から浮かす。
 
そのまま座り込んだ由宇は、まだ話は終わっていないが黒崎に太刀打ちできなかった。
 

白河の部屋

由宇は部屋へ戻り、芽衣子が意外とふつうだったことに胸を撫で下ろした。
 
一緒に風呂に入り、芽衣子から黒崎と付き合っているのかと聞かれる。
 
さっきのキスは嫌がらせだと弁解した由宇。
 
芽衣子は、嫌がらせでもいいからキスされたいと思う。
 
でもあの時由宇は、黒崎が他の人とキスをするのは嫌だと感じた。
 
芽衣子は、黒崎の部屋へ行きたいと言い出す。
 
男子エリアは禁止になっているが、芽衣子の頼みを断れない由宇は、仕方なく同意した。
 
その頃黒崎は、風呂でのぼせ飲み物を飲んでいる。
 
梶に、猫がいなくなったことを聞いた。
 
警務の人にも猫の捜索応援の連絡が入り、いいタイミングで由宇と芽衣子は男子寮へ忍び込む。
 
だが、由宇は黒崎の部屋を知らない。
 
物陰に芽衣子を残し、男子寮の様子を伺いに行く由宇。
 
するとある部屋の前で、中から出てきた白河との鉢合わせになった。
 
白河は目を擦りながら、男子寮へ入ってはいけないと注意する。
 
由宇は、言い訳をしながらその場をしのいだが、白河は猫のアレルギーがあることを思い出した。
 
部屋に猫が迷い混んでいるかもしれないと思った由宇は、白河の部屋を芽衣子と一緒に探すことになる。
 
白河の部屋は、女子からのプレゼントの山だった。
 
携帯番号が書かれたもの、写真つきのものなどがある。
 
白河はもう、プレゼントは受け取らないと決めた。
 
なかなか猫は見つからず、まずは空気の入れ換えをするために窓を開ける由宇。
 
白河は、由宇と芽衣子との関係がいつもと変わってないことを知り安心した。
 
すると探していた猫が出てきて、白河の真後ろにいる。
 
猫はそのまま、部屋を出ていった。
 
白河は早く部屋に戻った方がいいと言うが、芽衣子に黒崎の部屋を聞かれる。
 
仕方なく、隣だと答えた。
 

黒崎の部屋

芽衣子は黒崎の部屋をノックするが、返事がない。
 
寝ているのかもしれないと思い、部屋のドアを開けたが不在だった。
 
物が少なく、殺風景な部屋。
 
その時、猫が無事に見つかり黒崎と梶が戻ってきた。
 
今、部屋から出てしまったら見つかってしまう。
 
この状況を知っている白河は、いいタイミングで黒崎に声をかけた。
 
まだアレルギー症状が治まっていない白河は、黒崎を自分の部屋に入れようとする。
 
だが症状を落ち着かせるためには、黒崎の部屋に行く方がいい。
 
黒崎は白河を気遣い、部屋へ入れた。
 
梶は、初めて入る黒崎の部屋に大感激。
 
白河は辺りを見渡し、由宇たちがいないことを確認し安心した。
 
梶は突然、二人に上手いキスの仕方を質問する。
 
黒崎は全く相手にしないため、白河が梶に捕まってしまう。
 
慌てる白河に黒崎は、実験台になってやればいいと言った。
 
由宇と芽衣子は、その様子をクローゼットの中から見ていたが、もう限界だ。
 
クローゼットの中から、落ちてしまう由宇。
 
静まり返ったとき、部屋をノックされた。
 
寮監が、空調点検に回ってきたのだ。
 
大ピンチの状況で、梶は芽衣子をクローゼットに隠す。
 
白河は、由宇の手を掴む。
 
ドアを開けた黒崎は、寮監と話をしている。
 
ベッドの中では、かなりの至近距離で由宇と白河が隠れていた。
 
 
⇒無料で「黒崎くんの言いなりになんてならない」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「黒崎くんの言いなりになんてならない」で検索です
 

26話 一難去ってまたピンチ のネタバレ

ドキドキする白河

ベッドの中で、息を潜める由宇。
 
白河は由宇へ手を伸ばしかけたが、我に戻る。
 
由宇は冷静な白河にホッとしているが、実は白河はドキドキしていた。
 
寮監は部屋の中に入り、クローゼットの前で不自然な梶に声をかける。
 
すると猫が布団の上に乗ってきて、穴堀りを始めた。
 
寮監は誰かいることに気付き、黒崎は白河をベッドの中から出す。
 
由宇は見つかることなく、寮監は部屋を出ていった。
 

仕返し

勝手に部屋へ忍び込んだことを怒る黒崎は、由宇の肩を掴んだ。
 
しかし、白河がその手を払いのけ、「仕返しだよ」と言う。
 
邪魔されてイラつく黒崎だが、この部屋を教えたのは白河。
 
自分が罰を受けると言って、さらに由宇を庇う。
 
黒崎は由宇と芽衣子に、出て行けと罵倒する。
 
一緒に部屋を出た白河は、由宇の耳元で「僕の部屋はいつでも大歓迎だからね」と囁いた。
 
由宇は、白河の言葉の意味に全く気付いていない。
 
部屋に戻り、芽衣子と一緒に布団に入る由宇。
 
芽衣子は、黒崎の部屋に侵入できたことが嬉しい。
 
由宇には感謝しているが、あの時白河がいなかったらどうなっていたかわからない。
 
何とか部屋に戻ることができたのだが、二人はお互いに複雑な気持ちで眠れなかった。
 

文化祭準備

中間テストも終わり、今回の成績は黒崎と白河が同じ1位だった。
 
由宇は相変わらず、成績が悪い。
 
小兼井は、由宇の成績の悪さに落胆した。
 
芽衣子は、小兼井の頬に傷があることに気付き、由宇に絆創膏を渡す。
 
慣れない男子は苦手な芽衣子は、先に教室へ戻った。
 
由宇は小兼井に、芽衣子からだと言って絆創膏を渡す。
 
教室では、文化祭の話し合いが始まった。
 
このクラスのテーマは仮装になっていて、みんな黒崎のコスプレ姿を見たがっている。
 
そしてなんと、黒崎もこの提案に賛成した。
 
だけど条件付きで、その条件は衣装の担当は由宇。
 
由宇の気持ちなどみんな無視して、盛り上がっていた。
 
最悪な状況に、気が重い由宇は黒崎の指名が部屋に侵入した罰だと思う。
 
放課後帰ろうとしている由宇に、白河は声をかけた。
 
女子に一緒に帰ろうと囲まれているが、全て断って由宇と帰る白河。
 
女子の由宇に対する視線は、かなり冷たい。
 

ご指名!!

文化祭の準備が進む中、由宇はクラスメイトから黒崎の採寸を頼まれる。
 
これから昼休みなのに、今から採寸は気が進まない。
 
芽衣子に手伝いを頼むが、頼まれたのは由宇なので断られた。
 
音楽室には、由宇と黒崎だけになる。
 
採寸にあたり、黒崎は上着を脱いだ。
 
黒崎の、想定外の行動にドキドキしてしまう由宇。
 
頭を掴まれ、「早くすませろよ」と言われる。
 
台に座り、本を見ている黒崎。
 
わざわざ由宇が採寸しなくても、自分でできるのではないかと思う。
 
だが黒崎は、引き受けたことは責任もってすべきだと考えている。
 
測れる部位から進めていくが、本を見ている状態じゃ胸囲が測れない。
 
胸囲測定に協力を頼んだ由宇は、本を置いた黒崎にせかされる。
 
ドキドキを落ち着かせ、黒崎の胸に手を回した。
 
かなり近い距離に、心臓が爆発しそうになる。
 
すると黒崎は、何で部屋に勝手に入ったのかと質問した。
 
白河が誰かを庇っている事は、何となくわかる。
 
その原因が、芽衣子だと気付いている黒崎。
 
でも由宇は芽衣子を庇い、ただの仕返しだと答える。
 
黒崎は由宇の髪に優しく触れ、何かに気付いた。
 
 
⇒無料で「黒崎くんの言いなりになんてならない」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「黒崎くんの言いなりになんてならない」で検索です
 

27話 友だちだから のネタバレ

黒悪魔の命令

黒崎は、由宇の額の傷に気づいた。
 
優しく触れる黒崎の手は、怪我の理由を聞くまでそのままである。
 
由宇は仕方なく、昔三輪車で木に突っ込んだことを話した。
 
イジワルだけど優しく笑う黒崎にドキッとする由宇。
 
黒崎も、何気ない由宇とのやり取りにドキッとする。
 
チャイムが鳴り、採寸は終わりでいいだろうと思った黒崎は、必ず完成させるように命令し出ていった。
 
音楽室から出た由宇の前には、芽衣子が待っている。
 
赤い顔の由宇に気付き、黒崎と何かあったのかと思う。
 
そして、黒崎のことが好きなのかと問いかけた。
 

絶交!?

由宇は芽衣子に聞かれて、必死で否定する。
 
だけど最近の由宇を見ていれば、黒崎のことが好きなのだとわかる。
 
由宇は、ついに芽衣子へ気持ちを伝えた。
 
親友と同じ人を好きになることで、芽衣子との友情が壊れてしまうと思った由宇。
 
芽衣子はそんなことで由宇を嫌う人ではない。
 
それよりも、隠されていたことに腹を立てた。
 
怒った芽衣子は、「バカ由宇」と言い残してその場を立ち去る。
 
芽衣子とのことで、ボーッとして寮に戻った由宇。
 
黒崎も白河も、由宇の変化に気付いていた。
 
翌日放課後、クラスでは文化祭準備で盛り上がっている。
 
梶は黒崎に、一緒に盛り上げようと声をかけた。
 
一方由宇は、芽衣子と全然話せていないことを気にしている。
 
芽衣子の手伝いをしようと声をかけたが、断られた。
 
由宇のことを見ていた黒崎は、着ぐるみをかぶせ、宣伝に行かせることにする。
 
由宇の辛気くさい顔は、見たくない。
 
仕方なく着ぐるみを着て、宣伝に回る由宇。
 
黒崎人気は恐るべし、女子たちが大騒ぎしている。
 
校内を回っていると、芽衣子と会う。
 
芽衣子は中に梶が入っていると思い、優しく声をかけた。
 
今度は女子に追われる白河を発見し、着ぐるみの陰に隠して助ける。
 
着ぐるみの視線が芽衣子に向いていることがわかり、中は由宇だと気付いた白河。
 
由宇は白河に、芽衣子とのことを話し始めた。
 
本音でぶつかり合うのはなかなか難しいと思う白河は、黒崎とケンカをしたことがない。
 
もしケンカをしたら、もう元には戻れないと思っている。
 
そのことを聞き、心を痛める由宇。
 
そして泣いている由宇を、白河は慰める。
 
由宇にとって、芽衣子は初めての友だちだった。
 

私がやります!!

体育館では、黒崎が中心になりアスレチックを作っている。
 
黒崎にこき使われた男子たちは、ゲッソリなっていた。
 
梶に登るように指示する黒崎だが、梶はもう体力の限界。
 
そこで、近くにいた芽衣子に頼む。
 
梶に頼まれて困っている芽衣子を見た由宇は、着ぐるみのまま自分がやると言い駆け寄った。
 
着ぐるみの中が、梶ではないことを知った芽衣子。
 
由宇はそのまま登ろうとするが、黒崎に名前を呼ばれる。
 
着ぐるみを脱いで、不安定で高さもあるアスレチックに登り始めた由宇。
 
怖くてたまらないが、やるしかない。
 
黒崎から中央を登るように言われ、監視されていることに気付いた。
 
芽衣子は不安そうに見守り、白河も由宇に気付き見守っている。
 
必死の由宇に黒崎は、芽衣子からコソコソ逃げていることにカツを入れた。
 
すると芽衣子は、無理をしている由宇に大丈夫かと声をかける。
 
由宇は逃げていたことを認め、今はありのままを話したいと伝えた。
 
そして由宇は、バランスを崩してアスレチックから落ちてしまった。
 
 
⇒無料で「黒崎くんの言いなりになんてならない」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「黒崎くんの言いなりになんてならない」で検索です
 

28話 前進 のネタバレ

大丈夫!?

アスレチックから落ちた由宇を、守るようにしっかりと抱きとめた黒崎。
 
芽衣子は、由宇を心配して叫んだ。
 
由宇はすぐに目を開けたが、黒崎は動かない。
 
涙目で、黒崎に声をかける由宇。
 
黒崎は、恨めしそうに目を開けた。
 
そして、由宇に怪我がないか確認する。
 
芽衣子は由宇が無事でよかったと思い、抱きついた。
 
離れたところで、女子に囲まれて見ていた白河は、様子がおかしい。
 
白河は離れた所にいたのだが、由宇を助けるために動くことができなかった。
 
黒崎は何もなかったかのように元気で、アスレチックの手直しを始める。
 

仲直り

由宇と芽衣子は、二人で話をすることにした。
 
芽衣子と顔を合わせずらいのか、由宇はまた着ぐるみを着ている。
 
そして由宇は、芽衣子に謝った。
 
実際黒崎のことが好きなのか、自分でもよくわからない由宇。
 
寮で黒崎にキスをされそうになった芽衣子を見て、嫌だったことを打ち明ける。
 
芽衣子も男子と話すことが苦手だが、由宇のおかげで黒崎や白河と楽しい思い出を作ることができた。
 
そのことについては、由宇に感謝している。
 
まだ複雑だが、由宇のことは大切な友達だ。
 

黒崎くんありがとう

下校時間になり芽衣子と由宇は、黒崎と梶に会った。
 
芽衣子は気を遣い、梶を連れて先に帰る。
 
黒崎は、由宇の頭に手を置き、大丈夫かと尋ねた。
 
門限の時間も迫り、教室を出る黒崎を由宇は追いかける。
 
助けてくれたお礼を言う由宇は、感謝しているが無茶し過ぎだと言う。
 
黒崎から見れば、由宇の方が無茶をしている。
 
いつもの言い争いが始まるが、芽衣子と話せたことにも感謝である。
 
由宇に、笑顔で「今日はありがとう」と言われた黒崎は、ドキッとした。
 
そして由宇を壁に押し付け、「おまえは俺のことだけであたふたしとけ」と言い、顎を掴む。
 
いつものキスの嫌がらせだと思った由宇は、黒崎の耳元へ顔を近づけ、耳を噛んだ。
 
黒崎を押しのけ、振り回されるのはごめんだと強気の由宇。
 
そのまま、走って帰った。
 
寮では門限を破って帰って来た白河に、黒崎が声をかける。
 
由宇の無事を確認する白河の様子がおかしいと、黒崎は感じた。
 

離れたい

文化祭まで、あと一週間。
 
黒崎の衣装のベースが届いたが、装飾も必要である。
 
由宇は買い出しに行く途中、黒崎と梶に会う。
 
二人も買い出しの途中で、三人で行くことになった。
 
梶はなかなか、目的の店を見つけることができない。
 
黒崎は冷たい言葉を残し、一人でどこかへ行ってしまう。
 
由宇は黒崎を連れ戻すため、追いかけた。
 
本屋に入った黒崎は、楽譜のコーナーで白河を見つける。
 
そして、最近白河が黒崎を避けている理由を聞く。
 
昔から白河は、黒崎に敵わない。
 
由宇は、二人の姿を見つけ声をかけた。
 
すると白河から、衝撃の一言を聞かされる。
 
白河は険しい顔で、しばらく寮に戻らないと言った。
 
 
⇒無料で「黒崎くんの言いなりになんてならない」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「黒崎くんの言いなりになんてならない」で検索です
 

黒崎くんの言いなりになんてならない 7巻の感想

大胆にみんなの前でキスをした黒崎ですが、キスをしたくなった相手が由宇だと自覚しました。
 
ですがこれが好きって気持ちだということには、まだ気付いていません。
 
恋愛に不器用な黒崎ですね・・・
 
所々、由宇に甘い態度も見せるようになってきました。
 
今まで人を好きになったことのない黒崎は、恋ってどんなものなのか手探り状態です。
 
一方由宇は、芽衣子とのこともあり正直な気持ちを隠しています。
 
ですが日に日に、黒崎への気持ちは大きくなってますね。
 
そして白河は、由宇に本気になってしまいましたが、鈍感な由宇はまだゲームだと思っています。
 
報われない恋ですが、親友黒崎との仲までもが危うくなりました。
 
由宇と芽衣子の友情は、取り戻すことができました。
 
ですが、白河と黒崎の友情には深い溝ができたようです。
 
白河は、自分より何でもできる黒崎に、コンプレックスを感じているのでしょう。
 
しかも、由宇のことも手に入れることができない・・・
 
この溝の一番の原因は、由宇なんですよね。
 
本気で好きになった子を、黒崎から奪うこともできず、苛立ちが出てきたようです。
 
どうなる!?二人の友情。
 
黒崎が由宇に対して、柔らかい笑顔を見せたり、優しく触れたりするようになってきました。
 
すごい前進ですね。
 
悪魔の中に、時折見せる優しさ、これは由宇がさらに好きになってしまう行動です。
 
由宇といる時は、気付かないうちに素の黒崎が出ているのでしょう。
 
 
⇒無料で「黒崎くんの言いなりになんてならない」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「黒崎くんの言いなりになんてならない」で検索です
 

無料で「黒崎くんの言いなりになんてならない」を読む方法

 
無料で「黒崎くんの言いなりになんてならない」を読む裏ワザ!
 
 
「試し読みじゃ物足りない…」
「ブックオフに置いてない…」
「スマホでこっそり読みたい…」
「コミックサイトは色々あってどれにしようか迷ってる…」
「安全で信頼できる大手サイトを無料で試したい…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。
 
そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。
 
実はFODなら無料で「黒崎くんの言いなりになんてならない」を読むことができます。
 
FODはフジテレビの動画配信サービスで、ドラマで有名ですが漫画も沢山扱っています。
 
FODプレミアムなら1カ月で最大1300ポイント貰えて、「黒崎くんの言いなりになんてならない」を1300円分も実質無料で読めます。
 
ポイント消費0完全無料1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!
 
初回2週間無料トライアルの期間に解約した場合は月額料金はかかりません。
 
いろんな種類の雑誌も無料で読み放題です。
 
ポイントプレゼントと無料お試し期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。
 
スマホから簡単にできるので、この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!
 

※無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!
 
【お得な利用方法】
ポイントで「黒崎くんの言いなりになんてならない」を、無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。


U-NEXT<ユーネクスト>(R18)