⇒無料で「真綿の檻」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「真綿の檻」で検索です
 

⇒全話(1話~最新話)のまとめはコチラ♪
 

真綿の檻 とは?

出版社:小学館
作者 :尾崎衣良

電子コミック150万DLのメガヒット作! 古風で地味でおとなしそうな女性…それが榛花の印象。幼い頃から親の手伝いばかり、結婚してからは夫に尽くす毎日。そんなある日、母が負傷し介護を要求されることに。反発する夫に、榛花の親は「離婚して帰ってこい」と榛花に告げる。しかし、それに榛花が返した言葉は、あまりにも予想外で強烈なものだった…!!電子コミックが口コミで大ブレイク!「親に対する感情、共感した」「母親目線の物語もあって感動した」「この結末は予想できなかった!」などの感想が殺到。累計1億円以上を売り上げた力作です!

 

真綿の檻 5話 のネタバレ

後ろめたさ

祈里は付き合うようになってとても浮かれていたが、田舎であるご近所さんは二人の事を噂していた。
 
祈里の祖父は介護が必要で母が大変なはずなのにねと嫌みを言う人もいた。
 
祈里は学生なのに一体何の勉強をしているんだと周囲はさらに嫌みを言っていた。
 
そんな中、図書館に誘われた祈里は、今日はやめとくと誘いをやんわりと断わる。
 
祈里はどうしてこんな後ろめたさを感じる必要があるのだろうかと一人考えていた。
 
家に戻ると、母が立っていた。

父と喧嘩

母にどうしたのと聞くと、母は黙っていて母の視線の先には、祈里二人が写っている写真が玄関のポーチに貼られていた。
 
そして、親不孝者という張り紙が見え、祈里は何これと言って、急いでその張り紙をのける。
 
祈里は自分はそんなに悪い事をしているのかまた疑問に思っていた。
 
東京の大学を受けたいと父に言うと、男と都会で遊びほうける金なんかないと言われる。
 
祖父の介護をする母を見ていた祈里は、結局母を置いてはいけず、東京の大学を断念した。
 
日向とは会えなくなり、連絡をしても一向に連絡が取れなくなった。バイト代で東京に行こうとすると父に猛反対される。
 
祈里は自分の稼いだ金でいく事が何故いけないのかと父に食ってかかる。

断念

父は親の庇護下にいる事を忘れるなと言って、祈里を平手打ちし、母も驚いて暴力はいけないと言う。
 
祈里は母に、明日家から出るからと伝えるが、翌日祈里が家を出ようとすると、祖父が母にいいがかりをつけていた。
 
祖父は認知症が進み、なにかと祈里の母に暴力をふるっていたが、面倒を見ない父はそれをただただ傍観していた。
 
祈里は身支度をしていたが、母が介護している姿を見て、やはりおいていけないと思い、東京行きを断念する。
 
⇒無料で「真綿の檻」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「真綿の檻」で検索です
 

真綿の檻 5話の感想

田舎での噂が広まるスピードはとても早く、祈里の交際も瞬く間に広まった。
 
祈里は自分では別に悪い事をしている自覚はないものの、噂をとても気にしています。悪い事をしていないと思うなら気にする必要ないのになと思います。
 
交際する事が悪い事のように言う人達も、結婚して子供がいるのにどうしてそんな事を言うのかなと思います。
 
祈里も本当に悪いと思っていないのなら、日向と一緒に東京行きを目指し、周囲の事はシャットダウンすべきだったと思います。
 
なんだかんだ言って、祈里も周囲がとても気になっていたのだから、仕方なかったのかなと思います。
 
祈里は周囲や祖父の面倒を見る母のせいにして東京行きを断念していますが、本当に行く気があればそんな事関係なかったのかなと思います。
 
玄関に貼っていた日向との写真は、母の仕業なんじゃないかなと思います。
 
そこまでするメリットが、他人にはないような気がしたからです。東京行きを否定しない母はひそかに全力で阻止していたのかなと思います。
 
いずれにせよ、そのうち真実がハッキリするのかなと思いますが、祈里ももう周囲のせいにする年でもないので堂々と生きればいいと思います。
 
それにしても田舎って大変なんだなと思いましたね。
 
⇒無料で「真綿の檻」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「真綿の檻」で検索です
 

無料で「真綿の檻」を読む方法

 
無料で「真綿の檻」を読む裏ワザ!
 
 
「試し読みじゃ物足りない…」
「ブックオフに置いてない…」
「スマホでこっそり読みたい…」
「コミックサイトは色々あってどれにしようか迷ってる…」
「安全で信頼できる大手サイトを無料で試したい…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。
 
 
そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。
 
 
実はコミック.JPなら無料で「真綿の檻」を読むことができます。
 
 
コミック.JPなら登録時に1200ポイント貰えて、「真綿の檻」の分冊版を1200円分実質無料で読めます。
 
 
ポイント消費0完全無料1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!
 
 
30日間無料お試し実施中で無料お試し期間に解約した場合は月額料金はかかりません。
 
 
1200円分のポイントプレゼントと無料お試し期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。
 
 
スマホから簡単にできるので、この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!
 
 

 
【お得な利用方法】
1200円分のポイントで「真綿の檻」を、無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。