⇒無料で「真綿の檻」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「真綿の檻」で検索です
 

⇒全話(1話~最新話)のまとめはコチラ♪
 

真綿の檻 とは?

出版社:小学館
作者 :尾崎衣良

電子コミック150万DLのメガヒット作! 古風で地味でおとなしそうな女性…それが榛花の印象。幼い頃から親の手伝いばかり、結婚してからは夫に尽くす毎日。そんなある日、母が負傷し介護を要求されることに。反発する夫に、榛花の親は「離婚して帰ってこい」と榛花に告げる。しかし、それに榛花が返した言葉は、あまりにも予想外で強烈なものだった…!!電子コミックが口コミで大ブレイク!「親に対する感情、共感した」「母親目線の物語もあって感動した」「この結末は予想できなかった!」などの感想が殺到。累計1億円以上を売り上げた力作です!

 

真綿の檻 6話 のネタバレ

連絡が通じない

祈里は日向と全く連絡が取れなくなり、東京行きも断念して悶々とした日々を送っていた。
 
それなのに、ある時歩いていると日向のバッタリ鉢会わせする。
 
日向は祈里にどうして連絡を絶ったのかと聞いて来た。自分はずっと連絡を続けていたのにと言う。
 
日向は自分が上京した途端に電話もメールも通じなくなったと言う。
 
祈里は日向の言葉に驚き、言っている意味が分らないと思う。
 
祈里は自分も連絡したし、手紙を書いたと言う。

再会

日向はどういう事だと言い、祈里はどちらの連絡もお互いに通じていない事に気付き驚く。
 
日向は祈里に携帯を出せと言い、契約情報を出せるかと聞く。
 
日向は深いため息をつき、自分の番号もメアドも拒否設定になっていると言う。
 
祈里は自分はしてないと言い、新しい連絡先を互いに交換する。
 
祈里は周囲の圧から、自分がやってはいけない事をしていたので、日向と連絡を取れなかったのはバチが当たったと思っていた。
 
祈里は偶然とはいえ、日向とやっと会えたと思うと、涙がほろほろと頬をつたいだした。
 
日向も自分がいると言っておきながら、役に立ててなくてごめんと祈里に謝る。
 
祈里は学生時代、男性と歩いているだけで後ろ指さされていた事を思い出していた。

勝手な大人

社会人になった途端に結婚しないのかと言ってくる大人にも祈里はとてもうんざりしていた。
 
祈里の友人も、大人は子供が楽しむのを許せないでいる、一個の人間として求めていないと言う。
 
祈里はその言葉を聞いてなるほど、だとすると子供の立場はとてもしんどいと思う。
 
祈里が付き合っていた相手の男性が急に示談金を払うと言ってきたと日向の弁護士事務所から連絡あり、祈里はとても驚いていた。
 
⇒無料で「真綿の檻」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「真綿の檻」で検索です
 

真綿の檻 6話の感想

祈里は東京へいけず悶々とした日々を送っていたんですね。私だったら、また行こうとしますけどね。
 
祈里のいた田舎の周囲の圧は半端なかったんでしょうね。それでも日向と再会できた祈里は、涙を流します。
 
お互いずっと連絡をとっていたのに連絡が絶えた二人の間には第三者の思惑が見えますね。
 
おそらく祈里の母かなと思いましたね。しれっと、アドレスを変えたんでしょうね。
 
なんか、悪質というか最低というか。親とはいえ、していい事と悪い事がありますよね。
 
確かに学生の頃は付き合っていると後ろ指さされるのに、社会人になった途端結婚しないのかと言う周囲。
 
本当にうんざりしますよね。でもなんと言われても、自分の人生は自分が好きなようにすべきだから、周囲の言う事なんて気にしなくていいと思います。
 
気にした結果、日向に会いたい祈里は、長きに渡って会えないでいたのですからね。
 
失った時間がとても勿体ないですよね。それでも、偶然再会できるなんて、やはり縁がある証拠なので、早く仲良くなって欲しいですね。
 
というか、バチが当たるという祈里の発想、これまた古風というかなんというか。
 
祈里ももう、いい加減、今までの古い考えとかを排除したほうがいいですよね。
 
⇒無料で「真綿の檻」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「真綿の檻」で検索です
 

無料で「真綿の檻」を読む方法

 
無料で「真綿の檻」を読む裏ワザ!
 
 
「試し読みじゃ物足りない…」
「ブックオフに置いてない…」
「スマホでこっそり読みたい…」
「コミックサイトは色々あってどれにしようか迷ってる…」
「安全で信頼できる大手サイトを無料で試したい…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。
 
 
そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。
 
 
実はコミック.JPなら無料で「真綿の檻」を読むことができます。
 
 
コミック.JPなら登録時に1200ポイント貰えて、「真綿の檻」の分冊版を1200円分実質無料で読めます。
 
 
ポイント消費0完全無料1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!
 
 
30日間無料お試し実施中で無料お試し期間に解約した場合は月額料金はかかりません。
 
 
1200円分のポイントプレゼントと無料お試し期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。
 
 
スマホから簡単にできるので、この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!
 
 

 
【お得な利用方法】
1200円分のポイントで「真綿の檻」を、無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。