⇒無料で「ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」で検索です
 

ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~ 2巻とは?

出版社:講談社
発売日:2018/9/13
作者 :丘上あい

愛。裏切り。絶望。――いつも大人の恋は、不条理だ。35歳の爽は、結婚して10年経つ夫とふたり暮らし。子供が欲しいと思っているが、夫の一真には拒否されてしまう。そんな一真は、じつは爽の友人である瑠衣と不倫をしているのだった――。ある日爽は、仕事で元彼に10年ぶりに再会する。胸が高鳴るものの、自分の心をセーブするのだが…!? Episode6~9、「BE・LOVE」に掲載された特別読み切り「鳴かぬ蛍が身を焦がす~37.8℃~」を収録。

 

ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~ 2巻のネタバレ

Episode6のネタバレ

だからお前って呼ばないでよ

 
爽は高校生の頃付き合っていた秋山の食堂でご飯を食べていたこと思い出していた。
 
そして現在久しぶりに会う爽に対して秋山は「お前老けたな」とツッコミを入れる。
 
一緒に同行していた同僚には昔の同級生と紹介しお互い名刺交換をした上でいざ撮影に入る。
 
爽がしっかりと働いていることに安心する秋山、食事を出し撮影が始まるとモデルさんがお腹いっぱいでピザが食べられないといい一口だけ食べて撮影は終わり撮影隊は撤収する。
 
同行スタッフはバイトから電話が入り一旦外に出る。
 
残ったピザを秋山は破棄しようとするが爽が「じつは朝から何も食べてないんだよね…」といい秋山の作ったピザを食べ始めた。
 
外から戻ってきた同行スタッフを見た爽がお手洗いに立つと、同行スタッフが実はさっき牛丼を食べて…と秋山に報告し大笑いする秋山。
 
じゃまた。と秋山に言われた爽は「ありがとうございました、では」といいお店を出る。
 
仕事もおわり爽は大至急チートンへ向かう。
 
そして昔の元彼にたまたま出会ってしまったことを伝え同様を隠せない爽。
 
そしてみんなから素敵と言われる中、老けたと言われたことをずっと考えていると頭がフリーズしてしまう。
 
そんな爽を見て瑠衣はそういうのもありだと思いますけどねと一言いい、それは絶対にない!と言い返す爽。
 
爽は秋山に対して昔と変わらないことを少し嬉しく思い、ボーッと考え込みます。
 
それを見た瑠衣は「彼氏に会いたくなってきちゃったからマスターお会計」といい爽も同じタイミングでお会計をすることに。
 
その時瑠衣の目が一瞬暗くなったことをバイトちゃんは見逃さず、二人が帰ったあと瑠衣さんって不思議な人ですよねとマスターに伝えた。
 
家に帰った爽は夫から出会った日記念日としてケーキをプレゼントされる。
 
完全に忘れていた爽は夫に謝り倒すが、ふと爽がマフラーをつけていないことを夫が指摘する。
 
爽は秋山のお店に忘れてきたことを思い出したが、会社に忘れちゃったと嘘をついた。
 
そして爽と夫がそっとキスをした瞬間、爽は秋山のことを考えてしまっていた。
 
そして爽は自分が秋山に対してい思いがまだあることを知り夫の浮気について疑う資格などないと思うのでした。
 
その頃瑠衣は爽の旦那から今日はいけないと連絡が来ておりとても憎たらしい顔をしていました。
 
翌日会社についた爽はバイト君に対して優しく質問に答えていた。
 
また昨日の一緒にレストランに行ったスタッフから記事を爽が書いてもいいけど、と提案するが断りを入れる。
 
帰り道、爽は自分が浮かれていたことに気がつきもっとしっかりしないとと思っている頃…
 
爽の旦那は類の家に来ておりそろそろ帰らなきゃといい帰り支度をするが、瑠衣は珍しくわがままを言い涙目でもうちょっといてと頼みそのままベットへ向かう。
 
タイミングが合うように爽にも秋山からマフラーを忘れていると連絡が入り横浜まで行くことになった。
 
爽は人には忘れられない恋があると思い昔のことを思い出しながら秋山に対し電話越しで「だからお前って呼ばないでよ」というのでした。
 
 
⇒無料で「ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」で検索です
 

Episode7のネタバレ

瑠衣と爽の夫との出会い

雨の中、言い争いをしているカップルが爽の夫の前にいた。
 
瑠衣の方が押し倒され爽の夫は瑠衣に手を貸すが「触らないでください」と言われ雨の中一人で帰って行く。
 
そんな中、爽の夫は瑠衣が落とした携帯を見つけ拾い上げる。
 
翌日瑠衣から公衆電話で自分の携帯に電話をかけ、それに出る爽の夫。
 
携帯を返す為に夫は瑠衣をバーへと呼ぶ。
 
昨日の詳細を話しつつ瑠衣に爽の夫にこういうのなれてるんですね、と言われて二人はホテルへを向かい体を交える。
 
その頃爽は編集部のみんなで飲みに来ておりあたりめをライターであぶっていた。
 
気が立っているそうに対し同僚は旦那さんと喧嘩でもしたんですか?と聞く。
 
そんなことはないと否定して昨日もらったケーキの写真をみせる爽。
 
爽はみんなと飲みながら昨日会った秋山のことを考えていた。
 
秋山の店に向かったお店につきマフラーを受け取り秋山の作ったパスタを食べつつ昔話に花を咲かせ楽しんで帰った。
 
若い頃の記憶と共に秋山のことが気になって仕方がない爽は、飲みたり足りないといい瑠衣を誘ってチートンへいこうとした。
 
瑠衣に電話するとチートンは今日休みだからうちで飲みませんかとのこと。
 
そこにはまだ爽の夫が瑠衣の部屋にいたが、お客さんがくるからと帰すことに。
 
帰り際彼の方から「男?」と聞かれ「内緒」と瑠衣がいい爽の夫は家路についた。
 
そして玄関を出た瞬間瑠衣は見たこともない怖い顔で「気にならないなら聞くんじゃねーよ…」といい爽を待った。
 
爽は到着すると昨日夫にお祝いにもらったケーキをプレゼントとして持ってきており、瑠衣は甘いものに会うお酒を探しに台所へ。
 
そこで何か書いだことのある香りはふわりと漂ってきて爽は少し驚いた。
 
瑠衣には元彼のことを相談しつつ今の現状にも不満がないことも話していると瑠衣のほうからぎゅーと奏に抱きつき「爽さんはいつでも若々しくてかわいいですよ。」といいトイレに立った。
 
抱きつかれた瞬間何か違和感を感じた爽だったが気にしないようにしていた。
 
瑠衣がトイレに行っている間卒アルとこっそりとみる爽。
 
瑠衣を探していると一部だけ油性ペンで塗りつぶされていた箇所があり、これは見てはいけないと爽は感じ即座に本棚にしまう。
 
飲みも終わり家路に帰る爽を送り出し瑠衣は爽の夫に電話をして「時間の問題だと思うよ、もう」といい電話を切った。
 
別の日にチートンへ行った時まさかのマスターが誕生日のケーキを自分で買ってきていた。
 
それにドン引く皆、ますたーがさぁたべようと行った時そうが実は昨日同じケーキを食べたことをいい瑠衣が「出会った記念日に買ってきてくれたらしいですよ」と一言いう。
 
その一言で爽は今までバラバラだったピースが揃うかのように違和感の正体を探し当てた。
 
 
⇒無料で「ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」で検索です
 

Episode8のネタバレ

目撃現場

どうしても頭が追いつかず色々と考え込む爽。
 
そんな時バイトちゃんから「どうしたんすか?」と一言声がかかり考え込むのをやめる。
 
そして今日はマスターが常連客と夜釣にいっておりその時に常連客の仕事を言い当てる二人。
 
食い違う意見に、爽は意外と飲み屋で知り合った人のことってよく知らないよねと言い始めた。
 
バイトちゃんは感が鋭いのか「それって瑠衣さんのこともすか?」と爽にたづねる。
 
続けて瑠衣についてニートの彼氏がいるぐらいのことしか知らないことを爽に伝える。
 
考える爽は確かに年齢も仕事も瑠衣について何も知らないことに気がついた。
 
そうしてバイトちゃんに「瑠衣ちゃんの彼氏って年上だっけ…」ときく爽に対してバイトちゃんは「瑠衣さんよりニートってやばくないすか?」とツッコミをいれる。
 
爽は昔瑠衣に初めて出会って時のことを思い出していた。
 
1年ほど前に突然現れた瑠衣はすぐに意気投合して仲良くなった。
 
思い出に浸りながら帰り、家につき旦那の首元の匂いを書いた。
 
そして爽は瑠衣と夫が不倫しいる事を知ってしまった。
 
一緒にベットに寝る爽と夫だが体を交える事はしなく夫はトイレにいき瑠衣から来ていたメッセージに返事をした。
 
翌日会社の会議中でもボーとしているしている爽に上司から怒られ気を取り戻す。
 
会議中「女の嗅覚は男の倍!?浮気は匂いでわかっちゃう」という言葉に反応してしまった爽は一旦会議室からでてコーヒーを淹れてくるといい外に出た。
 
給湯室でバイト君と出会い驚いた爽はマグカップを落としてしまう。
 
バイト君はごめんなさい!といいつつも爽と話すのが楽しいのか色々と爽に言っている。
 
それを給湯室の外で聞いていた同僚。
 
バイト君は爽を励まそうとしていることに気がつき、私は大丈夫だよといいその場を立ち去る。
 
だが傷ついた爽は心が【コーヒーぶっかけたみたいに痛い】と心の中で呟くのでした。
 
会議も終わり編集部へ戻ると、秋元に届けなければいけない資料を届ける担当が早退してしまい爽に任された。
 
その頃、瑠衣と爽の夫はベットの上で何度も体を混じり合わせていました。
 
爽は秋元に会いたくないな、と思いながらも仕事だと言い聞かせ秋元の元へやってきました。
 
そして資料を渡して帰ろうとする時、秋山から「新作のメニュー作ったけど食う?」といわれお店にい入りました。
 
秋山の作る料理に意見をしつつも、秋山から色々と言われ、スッキリとして爽は帰り道にことの真相を確かめる為にある行動に出る。
 
爽は瑠衣に家に遊びに行ってもいいか連絡をして22時に行くと連絡をする。
 
そして瑠衣の家の前で待ちドアを見ていると中から出てきたのは夫だったのです。
 
本当の真実を知り、自分が今まで傷つくことから逃げてきた事を知り、涙を流したのです。
 
 
 
⇒無料で「ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」で検索です
 

Episode9のネタバレ

バカか私は

耐えられなくなった爽は友達の家に泊まると夫に連絡をして友達の家に行った。
 
そしてずっと泣く爽に優しくする友達。
 
朝になり事の成り行きを友達に話したが自分が見たものがまだ悪夢だったように感じていた。
 
これからどうするのかと聞かれた時、爽は秋山に仕事で偶然あった事を友達に行った。
 
でも混乱している爽は結婚している身であるものがその先のことをしたらダメでしょうともう訳のわからないことを言いまくり、友達に悟られ少し落ち着いた。
 
そして爽の職場先のバイト君からも連絡が来ており少し元気を取り戻す爽だった。
 
そのことチートンでは職場先のバイト君が爽を心配してお店までやって来ていた。
 
マスターにストーカー呼ばわりされた挙句どつかれる彼だったがそこに丁度に爽が現れた。
 
爽とバイト君は一緒にチートンで飲むことになり、爽はどうしてうちの出版社にバイトで入ったのかを聞く。
 
すると爽が担当していた小さなコラムで救われたという話をされ少しほっこりする爽。
 
飲みも終わり帰る時にマスターからアジフライをもらう爽。
 
気分も少し良くなったがやはりまだ家に帰りたくない爽は俯きながら立ち止まっていると後ろから…。
 
「爽さん?」
 
そこには元気な顔をした瑠衣が立っているではありませんか。
 
そして何事もないかもように爽に話しかける瑠衣。
 
もう我慢ができず、爽は瑠衣に対して「よくそんな顔できるね」といい捲し立てるように不倫していることを知っていることも、現場も見ていることも夫とは離婚しないことも伝えた。
 
そうすると瑠衣は大笑いして「奥さーん。そんなんだから旦那さんが外に女作るんですよー」といい今までと違う瑠衣の本性に驚く爽。
 
そして瑠衣は爽に対してどんどん言葉を突きつけ、爽は驚きを通り越して笑えて来たと心の中で思うのでした。
 
そして瑠衣の肩を両手で持ち、大好きだった瑠衣に泣きながら、問いました。
 
「心の浮気と体の浮気どっちが罪なんですか。」
 
 
 
⇒無料で「ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」で検索です
 

特別読み切り 鳴かぬ蛍が身を焦がすのネタバレ

ひろーは突然に

爽は雑誌の企画で「忘れられない恋愛特集」を任されることに。
 
そして帰り道金木犀の香りを描いた時、「今日は飲まない方がいい」と感じ懐かしい場所に行くことを決める。
 
川縁に座り昔の思い出を振り返っていた。
 
場所は学校、秋山と爽は付き合っていたがあまりにもカップルらしくない2人に周りは本当に付き合っているのかよ~などと突っ込まれていた。
 
家に帰った爽は母の機嫌が悪いことを感じ怒りが収まるまで耐えるしかないこと知っていた。
 
「あぁ秋山に会いたいな」
 
高1の夏クラスが違うのに急に話しかけて来た秋山といつの間にか一緒にいるようになった。
 
最初は家にいたくないと暇つぶし程度に思っていたがいつの間にか彼といる時間が全てになっていた。
 
爽は学校で体調を崩し保健室で寝込んでいた。
 
するとそこに秋山がやって来て家まで送ると言い出した。
 
バイクで家まで送ってもらいおでこをぶつけられ「しんどい時ぐらいいえっつーのバカ」と一言残し帰っていった。
 
夜、いつもの如く母と父が喧嘩を始めついに母親が爽に出ていくから準備しなさいと言って来た。
 
父親もやって来て母親は爽の通学鞄を父親に投げつけ、秋山にもらった木ホルダーを母親に踏みつけられ壊されてしまった。
 
絶望の中【ブオン】とバイクの音が聞こえ、急いで外に出る爽。
 
そこにはバイクで迎えに来た秋山がいた。
 
泣きながら爽は秋山に抱きしめてもらい蛍のいる川辺に連れて来てもらった。
 
爽と秋山は蛍を見ながら自分の親のことを話、そして爽は秋山に対して強くていいなぁといい逆に秋山は対してそうに足しいて「晴れてんのに曇った空を見てる見たいな顔してたから…」といい一人で恥ずかしくなっていた。
 
爽はずっと秋山から聞きたかった一言を初めてここできき二人はキスをした。
 
思い出は思い出と現実に戻る爽、家に帰ると夫がご飯を作って待っていた。
 
その後爽は仕事のまとめにかかり翌日出社した際に原稿を提出して、みんなから大評判を受けた。
 
こういう日は飲んだ方がいい!等思い今日もチートンに足を爽であった。
 

ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~ 2巻の感想

 
ついに知ってしまった瑠衣と夫の不倫!
 
そして自分も夫ではなく秋山を空いていることに気が付く爽。
 
3人だけの関係だったはずが2巻になり4人の泥沼に発展!
 
体の不倫も心の不倫もどちらも心が張り裂けそうなぐらい苦しいものですよね。
 
(私は不倫どころか結婚すらしてませんか…笑)
 
次の巻でどんな展開が待っているのかもう待ち遠しくてたまりません!
 
泥沼×泥沼の先にあるものとは第2巻も是非漫画で読んでみてくださいね!
 
 
⇒無料で「ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」で検索です
 

無料で「ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」を読む方法

 
無料で「ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」を読む裏ワザ!
 
 
「試し読みじゃ物足りない…」
「ブックオフに置いてない…」
「スマホでこっそり読みたい…」
「コミックサイトは色々あってどれにしようか迷ってる…」
「安全で信頼できる大手サイトを無料で試したい…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。
 
そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。
 
実はU-NEXTなら無料で「ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」を読むことができます。
 
U-NEXTは動画配信サービスで有名ですが漫画も沢山扱っています。
 
U-NEXTなら登録時に600ポイント貰えて、「ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」を600円分実質無料で読めます。
 
ポイント消費0完全無料1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!
 
31日間無料トライアル実施中で無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。
 
いろんな種類の雑誌も無料で読み放題です。
 
600円分のポイントプレゼントと無料トライアル期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。
 
スマホから簡単にできるので、この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!
 

 
【お得な利用方法】
600円分のポイントで「ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」を、無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。
 
※本ページの情報は2020年5月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。


U-NEXT<ユーネクスト>(R18)