⇒無料で「アヤメくんののんびり肉食日誌」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「アヤメくんののんびり肉食日誌」で検索です
 

アヤメくんののんびり肉食日誌 2巻とは?

出版社:祥伝社
発売日:2020/4/8
作者 :町麻衣

この草食男子(のフリ)がすごい!No.1! 口説くってなんでも素直に頼むって事じゃないんだぞ!  恐竜オタクの超マイペース研究室ラブコメディ!! 舞台は某大学・生物学科の研究室。恐竜オタクの帰国子女・菖蒲瞬(あやめしゅん)は成績優秀な研究者の卵。だけど先輩女史・椿(つばき)の裸を見てからは「おっぱい触らせてください」とマイペースに押しまくる。トンチンカンながらも口説かれ続けた椿の中で、アヤメは次第に“変人後輩”の域を脱しはじめて!?

 

アヤメくんののんびり肉食日誌 2巻のネタバレ

6話のネタバレ

椿の家

椿は学食で友達と昼食を食べていた。
 
そこへやって来たアヤメは、友達と食べているところに割り込んで入り椿の彼氏だと自己紹介した。
 
椿の友達は、椿がアヤメとは付き合っていないんじゃなかった?と確認する。
 
椿は友達にそう言っていたのだ。
 
それを知ったアヤメは落ち込んでしまい、先輩に相談する。
 
もう一度デートに誘えばいいとアドバイスを受けたアヤメは、椿をデートに誘った。
 
そして椿はレポートの資料を借りるという名目で椿の家に行くことになった。
 
椿が資料を探している間、家の外で待っていてと言われたアヤメは夏の暑さに耐えながら椿を待っていた。
 
椿が部屋の奥にしまっていた資料を見つけて振り返ると、アヤメがいた。
 
外で待っててって言ったのにと椿が言うと、アヤメは椿に顔を近づけていい匂いがすると言う。
 
そしてもう一回おっぱいを触らせてくださいと言うのだった。
 
椿はアヤメを座らせて、そういうところがダメなのだと説教をした。
 
このままアヤメが変わらなければ、私はあの夜のことを一生後悔するだろうと言われたアヤメは呆然とする。
 
後日、借りていた資料を返すために椿の家の前で待っていたアヤメは、夏の暑さで倒れてしまう。
 
それを見つけた椿は急いで家の中へ運び、看病した。
 
目覚めたアヤメは椿を見ると満面の笑みでおかえりなさいと言った。
 
そして家の前で待っていたのは椿に会いたかったからで、決しておっぱいを触ろうと思ったとかではないと弁解した。
 
それを見て、笑ってしまう椿だった。
 

7話のネタバレ

北海道旅行

研究室では、北海道に化石発掘旅行に行く計画が進んでいた。
 
そして先輩や椿、アヤメの5人は北海道へやって来た。
 
5人は北海道の森の中へ入っていき、化石の採掘場所である川の近くへと向かう。
 
虫に刺されたり泥にハマったりと災難が椿を襲うも、5人は無事川の近くへとやって来た。
 
椿はノジュールという石を見つけて割っていくが、化石は全然見つからない。
 
一方でアヤメは割った石のほとんどに化石が入っている。
 
化石が入っているかは勘で分かるというアヤメは、慣れた動作でノジュールを割っていく。
 
その時、アヤメは石の中に珍しい化石を見つけた。
 
脊椎動物の骨の一部と見られるその化石に椿は興奮した。
 

椿の思い

その夜、酒に酔った先輩にアヤメのことを尋ねられる椿。
 
先輩は椿のことを極度な変人だと思っていたが、そんな椿にもアヤメはついて来られる貴重な男だと評価していた。
 
自分でもそう思わないか?と聞かれた椿はその問いを寝るまで繰り返していた。
 
北海道旅行も終盤に差し掛かり、最後の夜アヤメは手に持った蛍を夢中で見つめていた。
 
それを見ていた椿は、アヤメのことを意識し始める。
 
 
⇒無料で「アヤメくんののんびり肉食日誌」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「アヤメくんののんびり肉食日誌」で検索です
 

8話のネタバレ

最悪のタイミング

アヤメが北海道旅行で見つけた化石は海棲爬虫類のものだった。
 
教授はそれを知ってアヤメのことを将来有望な研究者だと評価した。
 
アヤメは小さい頃から論文を読むのが好きで、レポートの成績も申し分なかった。
 
椿はその様子を陰から見ていたが、椿が見ていたのはアヤメではなくアヤメの掘り出した化石だった。
 
椿はアヤメの化石をクリーニングしたくてたまらなかったのだ。
 
アヤメの許可をもらうと椿は真っ先にクリーニング室へ向かい石を砕き始めた。
 
数年クリーニングをして来た椿はとても上手に化石を出していく。
 
その作業に見惚れるアヤメは、かっこいいですと目を輝かせる。
 
僕もやってみたいと言うアヤメは椿から教えてもらいながら黙々と作業を続ける。
 
黙ってやっていると普通に落ち着いて見えるなと考えていた椿は、アヤメとの関係について考え直していた。
 
勢いで一線を超えてしまったとはいえ、生理的嫌悪感はないしアヤメのことが気になっているのかもしれないと思い至る椿。
 
教授からそろそろ帰ろうと言われた2人は、片付けを始める。
 
楽しく話していた2人は、目が合った。
 
両者とも逸らさず互いを見つめる。
 
アヤメは椿に近付き、先輩…と呟く。
 
そこへ入って来たのはなんとエリザベスだった。
 

9話のネタバレ

博物館

エリザベスは何も言わずアヤメに近付きキスをした。
 
呆然とする椿に、エリザベスは気付かなかったフリをして椿を侮辱した。
 
椿は我慢ならず、エリザベスと喧嘩を始める。
 
そして椿は研究室を出て行ってしまった。
 
次の日、研究室に行きにくくなってしまった椿は気を紛らわそうとエジプト文明の博物館へ行くことにした。
 
アヤメのことは考えないようにしようと、普段行かないような所へ行きたかったのだ。
 
なんとそこへいたのは椿の元カレである松田だった。
 
一方でエリザベスに迫られていたアヤメは父からもらったペアチケットを使って椿と同じ博物館に連れて来られていた。
 
そこでアヤメは元カレの松田と歩いている椿を目撃してしまう。
 
アヤメは下を向いて何かを考えていた。
 
椿は連れの女の子がトイレに行っている間に松田にナンパされたのだが、それに怒って喧嘩をしていたのだ。
 
椿はイライラしながらも頭にアヤメが浮かんでしまう。
 
今日は考えないようにしようと決めていた椿は、その思いを振り払うのだった。
 
その夜、車で繁華街を走っていたエリザベスとアヤメ。
 
エリザベスはタージマハルという名前のラブホテルに入ってみたいと言い、アヤメは付いて行く事にする。
 
シャワーを浴びたエリザベスは、裸のままアヤメに迫って行く。
 
アヤメの手を持って自分の胸に持って行くエリザベス。
 
アヤメは静かに動揺し、ベッドの上にあったリモコンを不意に押してしまった。
 
そこに映っていたのはアヤメの父で、その時初めてアヤメは父とご飯を食べる約束を思い出した。
 
 
⇒無料で「アヤメくんののんびり肉食日誌」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「アヤメくんののんびり肉食日誌」で検索です
 

10話のネタバレ

アヤメの父

父はアヤメと再会を喜んだ。
 
食事にはエリザベスも同席し、3人は近況報告などをして楽しんだ。
 
アヤメの父はしばらくアヤメの家に泊まることになっていた。
 
次の日、アヤメの父であるアヤオは大学の教授のところへ来ていた。
 
不思議な儀式で再会を喜ぶ二人を研究員は黙って見ていた。
 
アヤオはエジプトで活動している考古学者で、日本で行われるエジプトの博物館の宣伝のために日本へ来ていたのだ。
 
アヤオと教授が話している間、研究室ではアヤメと椿の2人きりだった。
 
この間、椿と松田が一緒にいるところを見たがデートだったのかと尋ねるアヤメ。
 
それを否定する椿の返答を聞いて、なら良かったとアヤメは答える。
 
そしてアヤメは大学に持って来ていたリクガメのサンドラを椿に見せた。
 
アヤオが家に連れて来た猫のせいで、サンドラが落ち着かない生活をしていたため大学に持って来ていたのだ。
 
椿がサンドラの鼻先をつつくと、サンドラはシュッと顔を引っ込めた。
 
中身が気になるから解剖したいと思いながらサンドラを眺めていた椿。
 
するとアヤメは、死体はあげませんよと言った。
 
心の内を読まれた椿は、どうして分かったのかと聞いた。
 
するとアヤメは、僕の好きな先輩はそういう感じだからと微笑んだ。
 

11話のネタバレ

水族館

アヤメは父に誘われて水族館に来ていた。
 
魚の鱗を見て興奮しているアヤメに、父は彼女がいるのかと尋ねる。
 
アヤメは椿のことを話し、距離は近いけれど恋人ではないと言う。
 
おっぱいを触らせてくださいと言ったことを知ったアヤオは、それは女性に対して相応しくないねと顔をしかめる。
 
正直な気持ちを伝えるのはいいが、あまりにも一方的だと関係は上手くいかないのだと言うアヤオ。
 
もう少し見て行くというアヤメを置いて、アヤオは先に帰ることにした。
 
車で移動していたアヤオは、帰宅途中の椿を見つけ自分の車へ招き入れた。
 
そしてアヤオは椿をお茶に誘うのだった。
 
アヤメの家でアヤオは椿をもてなした。
 
猫を怖がっていた椿は、生きているものは苦手だとアヤオに言う。
 
アヤオは大きな声で笑って、自分の仕事も死んだものばかり相手にしていると話し始めた。
 
アヤオはエジプトの墓や遺跡で人骨を掘る出す仕事を写真とともに見せた。
 
椿は興味深そうにそれらを見つめる。
 
そして話はアヤメのことに移る。
 
どうやら息子は持っている手を全て出してしまったらしいが、椿の方はまだ多くの手を隠し持っているように見えると言うアヤオ。
 
そして椅子に背を預けたアヤオは、フェアじゃないねと微笑むのだった。
 
アヤオに言われた言葉の意味が分からないまま日々が過ぎて行った。
 
ある日、アヤメは椿に話したことがあると言って2人きりになった。
 
アヤメは椿のことが本当に好きなのかが分からなくなったと言う。
 
そうなんだと興味がなさそうに呟く椿。
 
その時、急に椿はアヤメにキスをするのだった。
 
 
⇒無料で「アヤメくんののんびり肉食日誌」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「アヤメくんののんびり肉食日誌」で検索です
 

12話のネタバレ

椿のキス

今どうしてキスをしたのかと尋ねるアヤメ。
 
椿は問い詰められて、自分がキスした時の気持ちを考えれば分かるでしょと言いその場を去って行った。
 
椿の言った言葉の意味が分からなかった椿は、日本語の勉強をするために本を読みふける。
 
そこへやって来たのは里中という4回生の先輩だった。
 
里中先輩はアヤメにアドバイスをし、それを実行に移して行く。
 
そのアドバイスとは、押してダメなら引いてみろというものだった。
 
2人で話がしたい椿の誘いを断り続けるアヤメ。
 
我慢ならず椿はアヤメと話したいと素直に伝え、アヤメの部屋にやって来た。
 
里中先輩の言う通りにしていたが、椿と話せなくて寂しかったと言うアヤメ。
 
クールに振る舞おうとするも、やっぱり椿のことが好きだと告白したアヤメは、椿の気持ちを尋ねる。
 
椿はアヤメのことが好きになっているから、キスをしたと言う。
 
それを聞いて髪の毛をわしゃわしゃと乱したアヤメは、そっかぁ…と安心したように微笑んだ。
 
そして作戦なんていらなかったんだと椿を抱きしめたのだった
 

13話のネタバレ

デート

アヤメとデートをすることになった椿。
 
アヤメは車で椿を向かいに行き、ある場所へ向かった。
 
それは、きょうりゅうの家という名前の店だった。
 
老舗の食堂かと思って入った先には爬虫類がたくさんいた。
 
ここは教授の友達の息子が経営している爬虫類ショップだったのだ。
 
生きているものが苦手な椿は剥製が揃っている部屋へ移動し息をついた。
 
椿はデートが爬虫類ショップだったことに少し幻滅していたため、今度はもっと違う所に行ってみたいと提案した。
 
するとアヤメは行きたいところがあると言ってカラオケを提案した。
 
他の先輩も誘って大勢で行ったら絶対盛り上がりますよねと楽しそうに話すアヤメ。
 
椿はそんなアヤメを見ながら、私たちが付き合っているのを分かってる?と心の中で叫ぶのだった。
 
 
⇒無料で「アヤメくんののんびり肉食日誌」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「アヤメくんののんびり肉食日誌」で検索です
 

アヤメくんののんびり肉食日誌 2巻の感想

今回はアヤメの父が登場しました。
 
小さい頃から絵本よりも論文が好きだったというアヤメは、父の影響を大きく受けているのかもしれませんね。
 
北海道旅行でもアヤメは発掘については才能を発揮しますが、これも父に似ているのかなと思いました。
 
感覚で化石が入っている石を当てることができるのは天才ですよね。
 
父のアヤオはアヤメの扱い方に慣れていて、どんな衝撃的なことを知っても動揺せずに会話を続けていました。
 
このように思ったことを積極的に発し、聞き手もそれを受け入れるというスタイルはもしかすると海外で過ごした経験があるからなのかもしれませんね。
 
そんな父に、一方的な感情表現だけでは上手くいかないぞと言われたアヤメは自分の気持ちが本当に好きという感情なのか迷い始めます。
 
椿のことは好きでないかもしれないと打ち明けたアヤメに、椿はキスをします。
 
この場面のアヤメの表情は、エリザベスに迫られた時とは全く別物で、椿のことが本当に好きなのだなと感じました。
 
椿の告白によって正式に付き合うことになった2人が初めて行ったデートは爬虫類ショップ。
 
椿が幻滅する気持ちも痛いくらい分かります。
 
椿の次の悩みの種はアヤメに付き合うということをどうやって教えるかになってきますね。
 
しかしここまで不可解な行動をしていても許せるのが不思議ですね。
 
むしろ可愛いとまで思ってしまいます。
 
そんな母性をくすぐるアヤメの次の行動に期待が高まります。
 
 
⇒無料で「アヤメくんののんびり肉食日誌」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「アヤメくんののんびり肉食日誌」で検索です
 

無料で「アヤメくんののんびり肉食日誌」を読む方法

 
無料で「アヤメくんののんびり肉食日誌」を読む裏ワザ!
 
 
「試し読みじゃ物足りない…」
「ブックオフに置いてない…」
「スマホでこっそり読みたい…」
「コミックサイトは色々あってどれにしようか迷ってる…」
「安全で信頼できる大手サイトを無料で試したい…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。
 
そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。
 
実はFODなら無料で「アヤメくんののんびり肉食日誌」を読むことができます。
 
FODはフジテレビの動画配信サービスで、ドラマで有名ですが漫画も沢山扱っています。
 
FODプレミアムなら1カ月で最大1300ポイント貰えて、「アヤメくんののんびり肉食日誌」を1300円分も実質無料で読めます。
 
ポイント消費0完全無料1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!
 
初回2週間無料トライアルの期間に解約した場合は月額料金はかかりません。
 
いろんな種類の雑誌も無料で読み放題です。
 
ポイントプレゼントと無料お試し期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。
 
スマホから簡単にできるので、この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!
 

※無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!
 
【お得な利用方法】
ポイントで「アヤメくんののんびり肉食日誌」を、無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。


U-NEXT<ユーネクスト>(R18)