⇒無料で「アヤメくんののんびり肉食日誌」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「アヤメくんののんびり肉食日誌」で検索です
 

アヤメくんののんびり肉食日誌 6巻とは?

出版社:祥伝社
発売日:2016/10/8
作者 :町麻衣

恐竜オタクの超マイペース研究室ラブコメディ!! ニューヨーク短期留学編突入!! 舞台はT大・生物学科の研究室。恐竜オタクの帰国子女・アヤメくんの彼女である椿(つばき)は、好きなことに邁進する研究室の面々に刺激され短期留学を決意。アメリカでプレパレーターとして活躍する研究室のOB・奈良(なら)さんの家にホームステイさせてもらうことになり、単身ニューヨークへと渡った椿(つばき)だったが……!?

 

アヤメくんののんびり肉食日誌 6巻のネタバレ

36話のネタバレ

おふくろの味

椿が家に帰ると、そこには椿の母が待っていた。
 
母は津軽弁で椿に説教をする。
 
何を言っているか理解できないアヤメは、英語で母をエスコートする。
 
アヤメの優しい言動に母は落ち着きを取り戻した。
 
アヤメは自己紹介をして椿と付き合っていることを打ち明ける。
 
母は愛想よく返事した。
 
椿の母は礼儀正しくてイケメンじゃないかと椿を肘でつついた。
 
椿の母は郷土料理である、けの汁を作ってくれていた。
 
アヤメは初めて食べるおふくろの味に興奮する。
 
母は今日一日何をしていたかを尋ねる。
 
椿はキリンの解剖をした後に焼肉を食べに行ったと言う。
 
母は一瞬黙っていたので椿は引かれたかもしれないと不安になる。
 
しかし母はガハハハと笑い出し、変態同士お似合いだと言う。
 
椿は母に大学院に行きたいことを打ち明けられず、母を東京観光に誘った。
 
その前に大学へ来た椿と母は研究員の皆に挨拶しに来た。
 
それを遠くから見ていた仁英は、親公認の仲なのかとアヤメを睨みつけた。
 
そしてお土産にもらった青森のりんご煎餅を激しく噛み砕く仁英であった。
 
その後親子は銀座へショッピングに出掛けた。
 
観光を楽しんだ後、青春時代を思い出すようなディスコに来た親子。
 
ある程度踊った後、2人はカウンター席でお酒を飲んだ。
 
一人前にお酒を飲んでいる椿を見て、母は大人になったなと言うのだった。
 
それを聞いた椿は、今大学で好きなことを勉強しているからこれからも続けたいのだと言い、母に院進をお願いした。
 
母は酒を飲みながら黙って聞いていたが、グラスを置いて手に耳をやった。
 
え?と尋ねる母は、何も聞こえていなかった。
 

37話のネタバレ

純とアヤメ

理学部の純は、大学に入った次にどこに行けばいいのか分からなくなっていた。
 
とりあえず彼女と過ごす日々に、純はなんだか物足りない感覚を抱いていた。
 
そんな時、純はアヤメに挨拶をされる。
 
アヤメはイギリスにいた時の名残で、会った人全員に挨拶をしていた。
 
純は不思議なやつだと思っていたが、ある時英語の授業で一緒になった。
 
アヤメにとって英語の授業は退屈で、アヤメは外を眺めていた。
 
それは先生の目につき、アヤメは英語の文章を読むように言われる。
 
先生の予想に反し、アヤメはとても流暢な英語で文章を読んでみせた。
 
先生はアヤメの英語を褒めた。
 
次に当てられたのは純だった。
 
純はドイツに住んでいたことはあるが英語は得意ではなく、帰国子女のなのに?と言われ続けていた。
 
それは純にとっては大きな悩みであったが、この悩みをアヤメも同様に抱いているのかと純は考える。
 
アヤメに興味を持ち始めた純は、アヤメのことを追い続けた。
 
アヤメは怖くなり逃げて行く。
 
そしてアヤメは純から逃げる間に化石の石を落としてしまい、純はそれをアヤメに届けようと走って追いかける。
 
勢い余ってアヤメを壁ドンしてしまった純。
 
周りに人が集まってくる。
 
純は慣れない英語で自己紹介をし、一緒にランチでもどうかと話した。
 
するとアヤメは日本語で話してもらっていいですかと気まずそうに言った。
 
純は顔を真っ青にするのだった。
 
純の失態はSNSで拡散され、友達や彼女は去っていった。
 
いっそのこと留学しようかなと考えていた純は、アヤメとエレベーターが一緒になったので少し話をした。
 
アヤメが楽しそうに化石の話しているのを見て、純もワクワクした。
 
俺が遊んでいる間にも研究者はどんどん新しいことを発見しているのかと、純は目を輝かせるのだった。
 
 
⇒無料で「アヤメくんののんびり肉食日誌」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「アヤメくんののんびり肉食日誌」で検索です
 

38話のネタバレ

助教のツッキー

ある日、テレビのクイズ番組に仁英が出ていた。
 
ワニに関係あるクイズの解説をする仁英を、研究室のパソコンで見ていた研究員たち。
 
ツッキーが研究員たちに話す態度を見て、研究室に遊びに来ていた純は先輩なのかと驚く。
 
ツッキーは黙って名刺を取り出した。
 
そこには助教という役職が書かれていた。
 
ツッキーは助教の座につくことができたのだった。
 
純の歓迎会とツッキーのお祝いも兼ねて、研究員たちは乾杯をした。
 
酒が入ると自分の好きなことを語る口調に熱が入る研究員を見て、純は眩しく思うのだった。
 
そして最後にツッキーが酔って寝ている里中の胸に名言を書き始める。
 
自分の心から好きなことをやって自分の骨の味を知れ、と書いたツッキーは研究員に頑張れとエールを送った。
 

二十歳の誕生日

アヤメはついに二十歳になった。
 
椿はアヤメがアルコール摂取によってどのように変化するのかが知りたかった。
 
日本酒を飲んだアヤメはくしゃみをしたが、拒否反応はなかった。
 
しばらくしてアヤメは暑いと言いシャツのボタンを開けた。
 
椿は事あるごとにアヤメの心拍や体温を確認する。
 
するとアヤメは椿の手を取り、さっきからなんですかと近付いた。
 
襲われたいんですか?と椿を見上げたアヤメは、椿を押し倒して首にキスをした。
 
数時間後、シャワーを浴びた椿はトカゲを見ながら今も仁英先輩は論文を書いているのかと考えていた。
 
そこへやってきたアヤメは椿を後ろから抱きしめて、誰のことを考えてましたかと尋ねる。
 
自分のことだと答えた椿に、僕のことじゃなかったですかと残念そうに言いソファに座るアヤメ。
 
なんだか今日はアヤメが大人っぽく見えると思った矢先、テレビをつけたアヤメは恐竜の番組に興奮していた。
 
やっぱり小学生みたいだなと微笑んだ椿は、もう自分が3回生だということを不意に自覚した。
 
留学しようかな…と椿はつぶやくのだった。
 

39話のネタバレ

留学の相談

留学相談センターに来た椿は、純に会った。
 
純もアヤメに影響を受けてイギリスに留学すると言う。
 
留学にかかる費用を尋ねられた純は、ざっと200万くらいだと言う。
 
椿は愕然とするのだった。
 
一方でアヤメは椿の留学を引き留めず、椿自身の力で頑張って欲しいと思っていた。
 
そしてアヤメは椿を恐竜博物館に誘った。
 
そこでは期間限定でプレパラーターの仕事が公開されていた。
 
クリーニング室で椿とアヤメが見たのは、なんとアキラだった。
 
真剣な眼差しで作業しているアキラは普段の様子とは別人だった。
 
アキラの仕事が終わった後、3人はお茶に行くことにした。
 
アキラは椿が留学しようとしていることを知り、ニューヨークに来ちゃえば?と誘った。
 
お金に困っているなら自分のアパートにホームステイすればいいし、自然史博物館でプレパラーターのボランティアとして歓迎すると言うアキラ。
 
椿は立ち上がり、早速母に確認を取るのだった。
 
椿が席を外している間、アヤメは来ないのかと尋ねるアキラ。
 
アヤメは自分がいると英語の勉強にならないからと言うのだった。
 
それを聞いたアキラは、素敵だと言い微笑んだ。
 
 
⇒無料で「アヤメくんののんびり肉食日誌」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「アヤメくんののんびり肉食日誌」で検索です
 

40話のネタバレ

N Y留学

ドキドキしながら入国審査を通り抜けた椿を、アキラは歓迎した。
 
アキラは早速アメリカ自然史博物館へ椿を案内した。
 
そこから会場の案内はキムに代わり、キムは館内を順番に説明して回った。
 
剥製や骨格標本がずらりと並び、それらは今にも動き出しそうだった。
 
日本には無いような恐竜の骨格を見た椿は、思わず涙をこぼす。
 
その感情を上手く伝えられないまま、とりあえずハッピーだと伝えることしかできない椿。
 
少し疲れた様子で息をついた椿のもとに、アキラがやってきた。
 
今日はアキラの彼氏であるマヌエルが夕飯を作ってくれるということで、アキラは夕方に椿とともに帰宅した。
 
そこにはマヌエルがとても美味しそうな夕食を作ってくれていた。
 
その料理はとても美味しく、椿は幸せそうに満面の笑みを浮かべる。
 
シャワーを浴びながら、椿はマヌエルやアキラとの出会いに感謝するのだった。
 
一方でアヤメはパソコンのマウスをクリックし続けていた。
 
アヤメは椿のSNSの更新を今か今かと待っていた。
 
気になるからと言い狂ったようにマウスを連打しているアヤメを、研究室の先輩は心配するのだった。
 

41話のネタバレ

プレパラーターの仕事

アキラは次の日、椿をラボへ連れていった。
 
そこでは研究者たちが化石を削っていた。
 
自己紹介を済ませた椿は、担当のマシューと挨拶しついに憧れの恐竜をクリーニングし始める。
 
日本の石に比べアメリカの地質は柔らかく、椿は始めて数分で石を割ってしまった。
 
マシューは何も言わず接着剤を手渡すが、動揺した椿は化石を落としてしまった。
 
次の日、接着剤で接合しながら椿はクリーニングを進めていった。
 
まだ仕事だから待っていてと言われた椿は、昼食中のキムのところへ話しかけに行った。
 
勇気を出して話しかけても、なかなか話を続けられない椿。
 
そして椿は永遠に同じ作業を繰り返すことに疲れを感じていた。
 
何も上手くいかず、泣きたい気持ちで自転車に乗って家に帰ると、アキラやラボの研究員が集まりサプライズと言って登場した。
 
アキラは家で椿の歓迎会を計画していたのだ。
 
突然のことに驚いた椿は、改めてアキラの優しさに感動したのだった。
 
 
⇒無料で「アヤメくんののんびり肉食日誌」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「アヤメくんののんびり肉食日誌」で検索です
 

42話のネタバレ

N Y観光

朝、椿が起きるとマヌエルが家に来ていたが姿は見えない。
 
洗面所に入ろうとした椿は、アキラとマヌエルがキスをしているところを目撃する。
 
その日、アキラはマヌエルや椿と観光に行く約束をしていた。
 
早速電車に乗って移動する3人。
 
マヌエルとアキラは椿の前でも平然とイチャイチャしていた。
 
自由の女神やショッピングをして楽しむ3人。
 
マニエルのおすすめはなんと言ってもロブスターだった。
 
大きいロブスターを前に椿は興奮した。
 
バターをたっぷりつけて食べるロブスターはプリプリで美味しかった。
 
ティファニーやラルフローレンなどのハイブランドが並ぶ中、アキラはおすすめの店があると言ってセレクトショップへ椿を連れてきた。
 
そこにはイケメンの店長が店番をしていた。
 
アキラはその店長とハグをしたり手を繋いだりする。
 
アキラのゲイ友だったそのイケメン店主を見て、椿は異文化を感じるのだった。
 
その夜、エンパイア・ステートビルに登り展望台から夜景を見ることにした3人。
 
マヌエルはアキラに、君の黒い瞳に夜景が映ったとこが好きなんだと言いイチャイチャしていた。
 
エレベーターはあっという間に86階に到着し、椿たちはそこから見える景色に息を飲んだ。
 
はしゃぐ椿に対して、アキラとマヌエルはキスをしていた。
 
悔しいけど画になるなと椿は思っていた。
 

I’m done!!

椿はついに化石のクリーニングを完成させた。
 
I’m done!!と叫ぶ椿だが、周りも集中しておりそれに気付く者はマシューしかいなかった。
 
マシューは自分の担当である骨が椿の骨ときちんとつながるかを確認した。
 
椿のものはマシューの化石とピッタリ重なり、マシューは笑顔を見せた。
 
その後館内を歩きながら椿はアキラと話していた。
 
マシューと言葉ではなく化石で思いを伝えることができたと感じていた椿に同意するアキラ。
 
そして椿はアキラのおかげでプレパラーターになりたいと躊躇していた自分に、いいんだよと言えるようになったと感謝した。
 
アキラは椿の頭にキスをして、これからも自分にたくさん言ってあげてねと微笑んだ。
 
アキラは昔の自分に椿を重ねているようだった。
 
2ヶ月ぶりに椿は日本へ帰ってきた。
 
空港でアヤメを待っていた椿を見つけたアヤメ。
 
アヤメは椿を後ろから抱きしめた。
 
 
⇒無料で「アヤメくんののんびり肉食日誌」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「アヤメくんののんびり肉食日誌」で検索です
 

アヤメくんののんびり肉食日誌6巻の感想

ついに椿は自分の夢をはっきり決めることができました。
 
アキラに連絡してみたことから、椿はプレパラーターという仕事に興味を持ちます。
 
やはり人との出会いって大切だなと感じましたね。
 
それにしてもアキラはかっこよかったです。
 
自分のラボを持つほどの実力がありながら、気さくに話すことができるなんて、仏かと思ってしまいました。
 
アキラの回想シーンから、アキラも初めは1人で不安だらけだったことが分かります。
 
大事なのは好きなことを追い求める自分に「いいよ」と言ってあげられること。
 
この言葉を聞いて、椿は将来に対して前向きに考えることができるようになりました。
 
毎巻人生の名言が生まれているので、次巻も楽しみです。
 
さて、二ヶ月の留学を終えた椿に会ったアヤメは何をするのでしょうか。
 
お酒が飲めるようになったアヤメの、次なる行動に期待が高まります。
 
 
⇒無料で「アヤメくんののんびり肉食日誌」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「アヤメくんののんびり肉食日誌」で検索です
 

無料で「アヤメくんののんびり肉食日誌」を読む方法

 
無料で「アヤメくんののんびり肉食日誌」を読む裏ワザ!
 
 
「試し読みじゃ物足りない…」
「ブックオフに置いてない…」
「スマホでこっそり読みたい…」
「コミックサイトは色々あってどれにしようか迷ってる…」
「安全で信頼できる大手サイトを無料で試したい…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。
 
そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。
 
実はFODなら無料で「アヤメくんののんびり肉食日誌」を読むことができます。
 
FODはフジテレビの動画配信サービスで、ドラマで有名ですが漫画も沢山扱っています。
 
FODプレミアムなら1カ月で最大1300ポイント貰えて、「アヤメくんののんびり肉食日誌」を1300円分も実質無料で読めます。
 
ポイント消費0完全無料1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!
 
初回2週間無料トライアルの期間に解約した場合は月額料金はかかりません。
 
いろんな種類の雑誌も無料で読み放題です。
 
ポイントプレゼントと無料お試し期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。
 
スマホから簡単にできるので、この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!
 

※無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!
 
【お得な利用方法】
ポイントで「アヤメくんののんびり肉食日誌」を、無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。


U-NEXT<ユーネクスト>(R18)