⇒無料で「アヤメくんののんびり肉食日誌」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「アヤメくんののんびり肉食日誌」で検索です
 

アヤメくんののんびり肉食日誌 8巻とは?

出版社:祥伝社
発売日:2018/2/8
作者 :町麻衣

恐竜オタクの超マイペース研究室ラブコメディ!! 「どうしてこいつがここに!?」 研究室に現れたメガネの無造作女・桐生怜子に動揺する仁英。後輩達には“ワニの仁英”と恐れられる彼だったが、桐生相手には手のひらで転がされてしまう。過去に何があった?と周囲は沸き立つが――!? そんな中、仁英×桐生、アヤメ×椿、&その他の面々でゼミ旅行が企画され……!? 町麻衣×黒羽麻璃央×足立梨花の映画化記念鼎談も収録!

 

アヤメくんののんびり肉食日誌 8巻のネタバレ

49話のネタバレ

ワニの解剖

椿とアヤメはナイルワニの動画を流しながらキスをしていた。
 
アヤメはワニの解剖の授業があり、その予習として動画を見ていたのだがいつの間にかキスに夢中になっていたのだ。
 
それを止めて動画を見なくてもいいの?と尋ねる椿。
 
しかしアヤメはワニのことなど忘れてもう一度キスを懇願するのだった。
 
一方で、研究室では仁英が鬼の形相で眼鏡をかけた長髪の女性を怒っていた。
 
仁英の席で仁英のタバコを吸おうとしていたその女性のことを、誰も知らなかった。
 
唯一知っていたのはツッキーで、ツッキーの噂によるとその昔、ワニの仁英を黙らせることのできるワニ使いがいたという。
 
その女性は仁英のポケットからジッポを取り出し、タバコに火をつけた。
 
これあたしがあげたやつじゃん、と女性はいう。
 
その女性は桐生怜子という名前だった。
 
怜子はカルフォルニア大学で博士号を取って日本に帰ってきたのだった。
 
仁英は何も教えてくれなかった斎藤教授を恨んだ。
 
そんな状況の中、ワニの解剖が始まった。
 
大きいワニを想像していたアヤメたちだったが、今回の対象はイリエワニの幼体でとても小さいものだった。
 
仁英を手伝おうとする怜子だったが、仁英は怜子の一挙手一投足にガミガミ文句を言っている。
 
そんな2人の様子を見て、アヤメは付き合っているのかと手を挙げて尋ねる。
 
怜子は目を伏せて、私はこの人に嫌われているから…とつぶやいた。
 
仁英の方も、すげー嫌いと言うのだった。
 
周りはそれを聞いて、それは好きということの裏返しではないかと考えるのだった。
 
ワニの解剖が終わった後、仁英は斎藤教授に文句を言いに行った。
 
仁英の不満に、この議論は不毛だと話を切り上げる斎藤教授。
 
2人とも仲良くするんだよ、と言われ仁英は不満そうだった。
 
斎藤先生は、2人にはやってもらいたいことがあるからねと言い残して去って行った。
 

50話のネタバレ

犬猿の仲

斎藤教授は仁英と怜子にゼミ旅行の幹事を任せた。
 
何か言いたげな仁英を無視して、怜子は話を進める。
 
その前に机を片付けろと、荷物がまだ大量に積まれている机を指差して仁英は怒った。
 
しかし集中し始めると数分でスケジュールが決まり、宿の予約まで完成させた2人。
 
さすが私たち、と言って怜子はタバコに火をつけた。
 
仁英は変わんないねと怜子はつぶやく。
 
仁英は昔のことを思い出していた。
 
仁英と怜子は草むらに2人で仰向けに寝転んでいた。
 
こんな綺麗な星空の下ならどんな男が告白してきてもOKしちゃうね、と玲子は言う。
 
仁英は何も言わずに黙っていたが、お…と言いかけたところで玲子は起き上がった。
 
やっぱりアメリカに行くよと言う玲子は、タバコに火をつけたのだった。
 
それを思い出した仁英は、やっぱり俺は変わってないなと考えるのだった。
 

ゼミ旅行

ゼミ旅行の日、生徒たちは各自自由に見学するように言われ解散した。
 
椿とアヤメは古生代の生物のフォルムについて話していた。
 
最初の生命の子孫が連なって今の僕や人類に繋がるのかと納得したアヤメ。
 
それを聞いた椿はそう考えると人類はみんな兄弟みたいなものだと椿は言った。
 
そうなると非常に困るなと悩んでしまうアヤメに、今のは冗談だと必死に説明する椿だった。
 
午後に予定されていたラフティングでは、里中が恐怖のあまり叫んでいた。
 
その横でよろめいた怜子を支える仁英。
 
その瞬間、ボートは転覆した。
 
夜は旅館で宴会が行われた。
 
乾杯した後、浴衣姿で歌うアヤメを見て、椿はキュンとした。
 
しかし怜子はアヤメの浴衣の襟合わせが逆であることに気づく。
 
椿はアヤメを押し倒して浴衣を引き剥がす妄想をするが、今はゼミ旅行だからと自分に言い聞かせる。
 
仁英はツッキーに並々注がれたお酒を飲み干して、タバコを吸いに行った。
 
その途中にいた玲子はマッサージチェアでぐっすり眠っていた。
 
仁英はその姿に顔を赤らめた。
 
 
⇒無料で「アヤメくんののんびり肉食日誌」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「アヤメくんののんびり肉食日誌」で検索です
 

51話のネタバレ

宴会

仁英は怜子を起こそうとするが、怜子は全然起きなかった。
 
しかし仁英の方も酔いが回ってきてフラッと立ちくらむ。
 
そして仁英もマッサージチェアに座って眠ってしまうのだった。
 
宴会は終わり、男子部屋ではツッキーたちがお酒を飲み直していた。
 
ツッキーはアヤメに酒を買い足してこいと言った。
 
里中たちは自分たちも行こうかと申し出るが、ツッキーは断り、その理由を発情期の番に交尾の機会を与えてやったと笑顔で答えた。
 
それを聞いた研究員は仁英と怜子との関係も尋ねる。
 
ツッキーは、その答えとして手をクロスさせた。
 
仁英が院に上がる年に怜子はアメリカへ行き、いつしか怜子はアメリカ人と結婚した。
 
そしていつの間にか日本へ帰ってきた怜子はいつの間にか指輪が無くなっていたのだ。
 
その話を聞いて胸が痛いと研究員たちが噂していたところに、仁英を背負った怜子がやってきた。
 
マッサージチェアで眠っていたから連れてきたと言う怜子。
 
怜子も飲むかと誘われたが、玲子はもう寝ると言って部屋を出ようとした。
 
去り際に、玲子は仁英をよろしくと言ってその場を去るのだった。
 
一方で、椿とお酒を買いに行っていたアヤメは椿の浴衣姿に胸をときめかせていた。
 
その時、椿は蚊に刺されたと言って着物をめくりどこが刺されたか確認した。
 
椿の綺麗な脚がちらりと見えたアヤメはさらに胸をときめかせるが、そのまま電柱にぶつかってしまう。
 
アヤメの鼻からは大量に血が流れていた。
 
アヤメはパニックになり、死ぬのかなと不安そうに話していた。
 
椿が見せてとアヤメの顔を上げると、アヤメは鼻血を出していただけだった。
 
アヤメは見ないでと叫び逃げて行った。
 
汚いから恥ずかしいと鼻元を隠すアヤメに椿はキュンとするのだった。
 

次の日の朝

朝ごはんを食べに来た仁英に、玲子は昨日大丈夫だった?と話しかけた。
 
仁英は昨日の記憶がほとんどなく、怜子を起こしに行った後変なことをしなかったかとても不安になっていた。
 
仁英はスケジュールを確認したり、怜子をチラチラ見たりして昨日の情報を聞き出そうとする。
 
昨日はただ酔っ払ってマッサージチェアのところで寝ていただけだと言う怜子の言葉を聞いて安心する仁英。
 
そんな2人のもとにやって来たのはアヤメだった。
 
この旅館には貸し切り風呂があり、予約すればカップルでも誰でも使えるらしいと言うアヤメ。
 
仁英は自分と怜子がカップルだと思われていることに腹を立て、俺たちはカップルじゃないと叫んだ。
 
そもそもこいつは既婚者なんだと怜子を指差して言う仁英に、怜子は左手を見せて離婚したと報告するのだった。
 

52話のネタバレ

アヤメの発見

ゼミ旅行も終わり、アヤメは海部からの電話で目が覚めた。
 
海部は福井で採掘のアルバイトの時の担当教員だった。
 
海部が言うには、アヤメが福井で発見した恐竜の歯はどうやら新種の可能性があるという。
 
家族や研究メンバー以外には内緒だと言い電話を切った海部。
 
アヤメはしばらくボーッとしていたが、あまりの嬉しさにベッドの上を飛び跳ねた。
 
その日は学園祭があり、大学は賑わっていた。
 
学校へ来たアヤメだったが、研究室には誰もおらずアヤメは学園祭の会場に行ってみることにする。
 
そこに来ていた高校生は、売店でもらった風船を頭に付けているアヤメを見てアホっぽいと思った。
 
椿は露出の多い衣装でクレープを売っており、そこに来た先ほどの高校生は下品だと幻滅するのだった。
 
そしてアヤメと椿が仲良さそうに話すのを見て、高校生はアホ同士ね…と心の中でつぶやいた。
 
その時、高校生は斎藤教授からメールをもらった。
 
その高校生は天馬といい、斎藤研のもとで研究がしたいと希望する高校生だった。
 
斎藤教授に集められたメンバーの中に椿やアヤメを見て、天馬は驚いた。
 
そしてその時、アヤメは自分が発掘した歯の化石が新種かもしれないということを打ち明ける。
 
一同は声を揃えて驚くのだった。
 
 
⇒無料で「アヤメくんののんびり肉食日誌」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「アヤメくんののんびり肉食日誌」で検索です
 

53話のネタバレ

引っ越しの片付け

アヤメは椿と抱き合いながら初めてキスをした時、気持ちよかったですか?と椿に尋ねる。
 
アヤメは恋愛についての本を読んでおり、そこにはキスの時に自分とかけ離れた遺伝子配列を持った男性とは気持ち良いと感じると書いてあった。
 
椿はあまり覚えてないと答える。
 
思い出してくださいと泣いてお願いするアヤメを面倒くさいと思う。
 
しかし椿は、気持ち悪かったら今こうして一緒にいないでしょうと言った。
 
それを聞いたアヤメは椿を抱きしめ、キスをした。
 
そして椿の下着のホックに手をかけながら、今日は何限から講義なのかを尋ねるのだった。
 
大学に来た椿は、何だか落ち込んでいる様子の怜子を見かける。
 
話しかけると、玲子は自分の部屋の汚さに悩んでいると言う。
 
仁英のことで悩んでいると思っていた椿は、予想外な答えに驚いた。
 
椿は手伝うことを申し出るが、重いものも多く男手があると助かると話しているところに仁英が通りかかった。
 
怜子は仁英に手伝いを頼むのだった。
 
次の日、怜子の家には椿やアヤメ、そして仁英が手伝いに来ていた。
 
片付けが終わり、焼肉を食べる怜子たち。
 
仁英はいつものように飲み続け、眠ってしまった。
 
怜子は椿たちに何年付き合っているのかを尋ねる。
 
13ヶ月と22日だとアヤメは答える。
 
喧嘩とかしないの?と聞かれたアヤメは、仁英が椿にキスをしようとした事件を話す。
 
椿はその件でアヤメと言い合いになり、最終的に私がキスしたいのはアヤメだけだと宣言した。
 
その言葉を聞いて、アヤメは椿にキスをした。
 
我に帰った椿はアヤメの手を引いて足早に帰って行った。
 
仁英と2人きりになった怜子はタバコを吸いながら仁英の寝顔を見ていた。
 
怜子は仁英の隣に寝転び、仁英を見つめる。
 
そして眼鏡を外し、怜子は仁英にキスをした。
 

54話のネタバレ

卒論提出

4回生の高山は卒論に追われていた。
 
データの収集はできたものの、考察は進んでいない高山。
 
研究室で作業していた高山のもとへ、里中がやって来た。
 
里中は行きつけのカフェに行ったら卒論が捗ったよと優雅に入って来た。
 
するとエリザベスから電話があり、里中は今研究室だから夜にかけ直すと電話を切った。
 
作業を再開しようと思った里中は、あるものがないことに気づく。
 
それは卒論を保存していたUSBメモリだった。
 
カフェに行ったり女と電話したり調子に乗っているからそんなことになるんだよと言い放つ高山。
 
卒論が捗っていないからって僻むなと里中は言い返し、両者は睨み合った。
 
アヤメは2人の喧嘩を仲裁し、里中のUSBを探しに行くことにした。
 
どこを探しても見つからない里中は、タイムマシンをくれと叫んでいた。
 
そこへコーヒーを買って来た高山は休憩にしようとそれを差し出した。
 
さっきは悪かったと謝る高山。
 
そして里中は探すのを止めることを決める。
 
そっちの方が有意義な時間の使い方ができると、里中は目を輝かせて言った。
 
その時、アヤメは飛んできたカラスの口にUSBがあることに気付いた。
 
里中はアヤメからそれを聞くと、そのカラス目掛けて全速力で走り出した。
 
一方で、仁英は作業に全く集中できていなかった。
 
それは怜子にあることを聞きたかったからだ。
 
仁英は耐えられず怜子のところへ行き、この間俺にキスしたよな?と尋ねたのだった。
 
 
⇒無料で「アヤメくんののんびり肉食日誌」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「アヤメくんののんびり肉食日誌」で検索です
 

アヤメくんののんびり肉食日誌 8巻の感想

突然現れた謎の女性は仁英の先輩である怜子でしたね。
 
学生にも関わらず離婚の経験があるという、私にとっては考えられない経歴の持ち主です。
 
仁英は怜子が現れてから何やら集中できず様子が変です。
 
俺は変わってないな…と心の中で呟くシーンもあり、何やら仁英は怜子のことが好きなのではないかと疑ってしまいます。
 
対して、玲子はなんと眠っていた仁英にキスをします。
 
この展開には驚きました。
 
もしかしたらツッキーが知らないような2人の秘密があるのかもしれませんね。
 
それにしても怜子のようにタバコを吸う女性は、何とも言えない魅力があります。
 
ミステリアスなようで、かっこいいです。
 
同じく引っ越しの手伝いに来ていた椿とアヤメは、もう1年以上付き合っているのですね。
 
それにしては見事にラブラブだなと感じました。
 
さて、怜子にキスをしただろと尋ねる仁英に、怜子はどう返すのでしょうか。
 
そしてこの2人のこれからの関係はどうなっていくのでしょうか。
 
次巻に期待が高まります。
 
 
⇒無料で「アヤメくんののんびり肉食日誌」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「アヤメくんののんびり肉食日誌」で検索です
 

無料で「アヤメくんののんびり肉食日誌」を読む方法

 
無料で「アヤメくんののんびり肉食日誌」を読む裏ワザ!
 
 
「試し読みじゃ物足りない…」
「ブックオフに置いてない…」
「スマホでこっそり読みたい…」
「コミックサイトは色々あってどれにしようか迷ってる…」
「安全で信頼できる大手サイトを無料で試したい…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。
 
そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。
 
実はFODなら無料で「アヤメくんののんびり肉食日誌」を読むことができます。
 
FODはフジテレビの動画配信サービスで、ドラマで有名ですが漫画も沢山扱っています。
 
FODプレミアムなら1カ月で最大1300ポイント貰えて、「アヤメくんののんびり肉食日誌」を1300円分も実質無料で読めます。
 
ポイント消費0完全無料1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!
 
初回2週間無料トライアルの期間に解約した場合は月額料金はかかりません。
 
いろんな種類の雑誌も無料で読み放題です。
 
ポイントプレゼントと無料お試し期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。
 
スマホから簡単にできるので、この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!
 

※無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!
 
【お得な利用方法】
ポイントで「アヤメくんののんびり肉食日誌」を、無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。


U-NEXT<ユーネクスト>(R18)