⇒無料で「ヒメゴト~十九歳の制服~」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「ヒメゴト~十九歳の制服~」で検索です
 

ヒメゴト~十九歳の制服~ 4巻とは?

出版社:小学館
発売日:2012/8/30
作者 :峰浪りょう

汚れた性欲に溺れる未果子にとって、由樹は心を満たしてくれる唯一の「愛の対象」。女性への変身願望を抱く佳人にとって、由樹はその正体を知る唯一の「女友達」。そして、抑えられない欲求をさらけだす二人の前で、由樹はいまだ「女のカラダ」を持て余して…。「ヒメゴト」を持つ三人の十九歳が繰り広げる「ヨクボウ」と「セイフク」の物語。

 

ヒメゴト~十九歳の制服~ 4巻のネタバレ

第37話 行止 -イキドマリ-のネタバレ

答えの出ない問い

その日も未果子は「売り」をしていた。
 
その最中にも、ずっと携帯が鳴っている。
 
それは未果子の家に入り浸っている祥からの電話だった。
 
未果子にとってもう祥はどうでもいい存在。
 
由樹のことで頭がいっぱいだからだ。
 
けれど、どれだけ由樹のことを考えても未果子の下半身は濡れない。
 
自分は由樹とどうなりたいのか。
 
──恋人?
 
──友達?
 
答えの出ない問いが、未果子を焦燥感でいっぱいにさせるのだった。
 

第38話 別世界 -ベツセカイ-のネタバレ

お見舞い

未果子が学校に来なくなって3日。
 
それを知った由樹は、あの日雨に濡らせてしまった自分のせいではないかと思った。
 
責任感を感じた由樹は、未果子のお見舞いに行こうと決める。
 
ちょうどそのころ、未果子は男とベッドを共にしていた。
 
心と体がバラバラのまま、未果子は快楽に身を委ねる。
 
事が終わって携帯が鳴っていることに気付いた未果子は、画面を見て嬉しさのあまり舞い上がる。
 
電話の相手は由樹だったからだ。
 

第39話 誘 -サソイ-のネタバレ

未果子の嘘

未果子は上機嫌で祥の待つ自宅へ帰った。
 
久し振りに未果子が戻ってきて、驚き怒り出す祥。
 
そして未果子の身体に手を伸ばしたその時、未果子はこの家から出てってと言い放つ。
 
焦る祥に、イトコが急にアパートに来ることになったから一時的に出て行ってほしいだけだと言って笑った未果子。
 
しかし本当は、由樹がお見舞いに来るから祥を追い出すことにしたのだった。
 

退かないカイト

由樹が未果子の元に向かっていた時、カイトから着信があった。
 
合流する由樹とカイト。
 
するとカイトは自分も未果子の元にお見舞いに行くと言い出した。
 
未果子が嫌がるに決まってるだろと言って断る由樹だったが、カイトは退かない。
 
今日こそ自分たちが恋人同士だと思っている未果子の誤解を解こうと言うカイト。
 
それでも由樹は首を縦には振らない。
 
そんな2人を見て青ざめる人物が1人いた。
 
それは、未果子から家を追い出された祥だった。
 
 
 
⇒無料で「ヒメゴト~十九歳の制服~」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「ヒメゴト~十九歳の制服~」で検索です
 

第40話 辟易 -タジロギ-のネタバレ

目撃

由樹とカイトが一緒にいるところを目撃してしまった祥。
 
いつもの格好とは違い、女らしい服装に身を包んでいた由樹の姿を見て言葉を失ってしまう。
 
鉢合わせしないように慌てて逃げる祥だったが、カイトがそれに気付いてしまった。
 
由樹はいつの間にか改札の中へと消えてしまい、どうするべきか迷ったカイトは結局祥の後を追うことにした。
 

変貌した由樹の姿

一方その頃、未果子は由樹を招くために精いっぱいの掃除をしていた。
 
しばらくするとインターホンが鳴り、由樹がやってくる。
 
風邪のふりをしながら由樹を出迎える未果子だったが、由樹の格好がいつもと違うことに衝撃を受けた。
 
おまけに薄っすらと化粧までしている由樹。
 
そのあまりの変貌ぶりに、未果子は自分の知らない由樹になってしまうみたいで嫌だと口にしてしまう。
 

未果子と付き合ってる

祥を追いかけていたカイトはようやく祥にたどり着いた。
 
もう2週間も学校に来ていない理由を問われると、祥は気まずそうにしながらも由樹から俺が何したのか聞いてんだろ?と言葉を返した。
 
そして、今はもう未果子と付き合ってると言う祥。
 
その言葉に驚愕するカイトであった。
 

第41話 芝居 -ウソ-のネタバレ

由樹の打った芝居

私の知らない由樹になっていくみたいで嫌だと言われた由樹は、未果子が嫌なら元に戻してもいいかもねと言って笑った。
 
自分がカイトのこと本当はカイトと付き合っていないことも白状する由樹。
 
そして由樹は、未果子のことが好きだと笑いかけた。
 
それを聞いた未果子は嬉しさのあまり舞い上がってしまう。
 
由樹の方からキスして?と言う未果子に、由樹は素直に従ってキスをした。
 
しかし、それは全て由樹の芝居だった。
 
自分に夢中にさせておけば、未果子はカイトの元に行くことはない。
 
それだけの為に由樹は一芝居打ったのだった。
 

第42話 振出 -フリダシ-のネタバレ

繋ぎ止めておかなければ

自宅に戻った由樹は、あの制服に身を包んで自分を慰めることに没頭した。
 
でないと自分を保っていられそうになかった。
 
これから自分がどうするべきなのかをハッキリと理解する由樹。
 
──これからも未果子を繋ぎ止めておかなければ。
 
そう決意する由樹だった。
 

嫌な予感

次の日学校で、未果子は再びボーイッシュな格好に戻った由樹を見てホッとする。
 
そしてそれをじっと見ていたカイト。
 
何となく嫌な予感がカイトの胸をかすめるのだった。
 
 
⇒無料で「ヒメゴト~十九歳の制服~」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「ヒメゴト~十九歳の制服~」で検索です
 

第43話 焦 -ジレッタイ-のネタバレ

焦り

カイトは焦っていた。
 
自分には時間がない。
 
急がなければ自分は未果子の美しさからどんどん遠ざかってしまう。
 
分かっているのに、今日もカイトは好きでもない女を抱いて女装代の足しにするため時間を無駄遣いしてしまっていた。
 
更に、カイトの心の中にはもう1つ、モヤモヤが渦巻いていた。
 
それは祥が言った一言。
 
──未果子と付き合ってる。
 
もう何が何だかさっぱりワケが分からないカイトは、思い切って由樹の元に向かった。
 

未果子…?

由樹の部屋の前まで来たとき、カイトは衝撃の場面を目撃してしまう。
 
それは、未果子が由樹の部屋から出てくるところだった。
 
なぜ未果子がここにいるのか分からず、焦るカイト。
 
とっさに隠れてどうにかその場をやり過ごすが、未果子がここからその足で祥の元に向かったりしないかが気になりついつい後をつけてしまうのだった。
 

第44話 昼夜 -チュウヤ-のネタバレ

心と体の均衡

未果子は気付いていた。
 
周りが自分と由樹についてどう思っているのかを。
 
レズだとか言われようが、好奇の目で見られようが構わない。
 
由樹と一緒にいられるのならそれでいい。
 
未果子は本気でそう思っていた。
 
そしてその日、未果子は由樹の部屋に招待される。
 
殺風景な部屋の中を見て、由樹らしいと言う未果子。
 
それから2人はイチャイチャしながら過ごした。
 
しばらくすると、未果子の携帯が鳴る。
 
しかし、未果子はそれを取らなかった。
 
相手はどうせ祥だと分かっていたから。
 
未果子はもうずっと自宅に帰っていなかった。
 
昼は由樹との時間を楽しみ、夜は名前も知らない男の欲望に抱かれて眠る。
 
そうしなければ、心と体の均衡が保てないでいたのだ。
 
しばらくラブラブな時間を過ごした後、名残惜しさを残しながら未果子は由樹の部屋を後にした。
 
その足で繁華街へ向かう未果子。
 
背後から、同じ格好をしたカイトが後をつけていることも知らずに。
 

第45話 少女 -ショウジョ-のネタバレ

衝撃の姿

未果子を追っていたカイトがたどり着いたのは渋谷だった。
 
引っ込み思案なはずの未果子がこんな都会の渋谷をスイスイ歩いていることに驚きを隠せない。
 
そしていつの間にか未果子を見失ってしまう。
 
散々探しても未果子の姿は見つからなかった。
 
諦めて帰ろうとしたその時、カイトの目の前にセーラー服を来た未果子が通りかかった。
 
その姿を見た瞬間、カイトは混乱した。
 
──なぜセーラー服なんか着ているの…?
 
頭が働かないカイト。
 
思わず未果子の後を追ってしまうのだった。
 
 
⇒無料で「ヒメゴト~十九歳の制服~」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「ヒメゴト~十九歳の制服~」で検索です
 

第46話 契約違反 -ケイヤクイハン-のネタバレ

ショック

男が苦手だと言っていたはずの未果子。
 
けれど、今カイトの目の前にいる未果子は知らない男と笑って歩いている。
 
そして手慣れた様子で上着を羽織ってセーラー服を隠すと、そのままラブホへと消えて行った。
 
ショックのあまり立ち尽くしてしまうカイトであった。
 

衝撃の言葉

一方その頃、未果子はさっそく男と身体を重ねていた。
 
15歳の身体は良いね…と言われてご満悦の未果子。
 
事が終わってお金をもらった未果子だったが、男は未果子に手渡したはずのお金から手を放さない。
 
怪訝そうな表情をした未果子に、男は「ちょっと高すぎるんじゃないかと思ってね」と呟く。
 
すると、男はとんでもない言葉を告げた。
 
──俺、3年前にアンタを買ったことあるんだよ。
 

バレた…!?

未果子は反射的にその場を飛び出した。
 
しかし男は追ってきて、次から1万でいいならまた買ってやるよ?と脅す。
 
身体が硬直し、動けない未果子。
 
すると未果子の震える腕を誰かが掴んで走り出した。
 

第47話 正体 -ショウタイ-のネタバレ

あふれる涙

恐怖が未果子を支配する。
 
過去の思い出が一気にフラッシュバックする。
 
怖くて怖くて、涙が溢れて止まらない。
 
そんな未果子の腕を知らない誰かが掴み、その場から連れて逃げてくれた。
 
その後ろ姿には見覚えがあった。
 
自分と同じ服に、同じ髪形。
 
これは完全に私のコピーだ。
 
ということは、この人は由樹に違いない。
 
由樹が助けに来てくれた。
 
そう思った未果子は、今度は違う意味の涙が溢れて止まらなくなった。
 

憧れ

人気のないところまで逃げて、未果子は由樹に謝った。
 
しかし由樹は振り返らない。
 
こっち見て、私を見て…と振り向かせたその時、未果子は衝撃を受けた。
 
その人物は由樹ではなかった。
 
更に悪いことに、この人物は自分の天敵のカイトだったのだ。
 
なんで自分と同じ格好をしているのかと問い詰める未果子に、カイトはバツが悪そうに「君に憧れてるからだ」と答える。
 
由樹とはどういう関係なのかと聞かれたカイトは、由樹は自分の唯一の女友達だと返す。
 
それを聞いた未果子は不敵な笑みを見せ、私に憧れてたのはあなただったの…と言って笑った。
 

第48話 真相 -シンソウ-のネタバレ

守らなきゃ

翌日。
 
カイトはいつもと変わらずイチャついている由樹と未果子の姿を見て混乱していた。
 
昨日の出来事などまるで嘘だったかのようにいつも通りの未果子の様子を見て、眩暈さええ覚える。
 
自分の理想の女の子があんなに闇に染まっていただなんて、信じたくないカイト。
 
そして、カイトの中にはもう一つの想いも芽生えていた。
 
それは、由樹を守らなきゃという感情だった。
 
──自分の唯一の女友達を守らなきゃ。
 
カイトはそう思い、未果子の行動に目を光らせるのだった。
 

決意

未果子は気付いていた。
 
由樹の本当の気持ちに。
 
由樹は、本当は自分ではなくカイトに恋をしている。
 
由樹に近付けば近づくほど、疑惑が確信に変わる。
 
そしてそれにとうとう気付いた未果子は、決意を固めた。
 
由樹のその想いは痛みが少ないうちに自分が摘み取ってあげる、という決意を。
 
 
⇒無料で「ヒメゴト~十九歳の制服~」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「ヒメゴト~十九歳の制服~」で検索です
 

ヒメゴト~十九歳の制服~ 4巻の感想

由樹のことで頭がいっぱいの未果子は、大学では所かまわず由樹にべったり。
 
けれど夜になると、名前も知らない男たちに抱かれながら快楽を貪るのです。
 
このどちらも手放すことが出来ない未果子、相当闇が深そうですね…!
 
あんなに清純派な見た目と素振りの未果子だったのに、カイトは未果子のそういうところに憧れたのに、未果子は一体どこへ行こうとしているのでしょうか…。
 
そしてとうとう15歳ではないということがバレてしまい、とっさに部屋を飛び出す未果子。
 
これまで男たちを蔑んで見下してきたツケが回ってきたのか!?と、読んでいるこちらまで焦ってしまいました。
 
何とかカイトがその場から助け出してくれますが、代わりにカイトの女装癖がバレてしまいます。
 
これに懲りて未果子は身体を売るのを辞められるのでしょうか?!
 
そして、女装癖がバレてしまったカイトはどういう行動に出るのでしょうか!?
 
由樹と未果子の関係や、カイトと由樹の関係も気になりますね…!
 
次巻からも目が離せません!
 
 
⇒無料で「ヒメゴト~十九歳の制服~」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「ヒメゴト~十九歳の制服~」で検索です
 

無料で「ヒメゴト~十九歳の制服~」を読む方法

 
無料で「ヒメゴト」を読む裏ワザ!
 
 
「試し読みじゃ物足りない…」
「ブックオフに置いてない…」
「スマホでこっそり読みたい…」
「コミックサイトは色々あってどれにしようか迷ってる…」
「安全で信頼できる大手サイトを無料で試したい…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。
 
 
そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。
 
 
実はコミック.jpなら無料で「ヒメゴト」を読むことができます。
 
 
コミック.jpなら登録時に675ポイント貰えて、「ヒメゴト」を1冊まるごと実質無料で読めます。
 
 
ポイント消費0完全無料1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!
 
 
30日間無料おためし実施中で無料おためし期間に解約した場合は月額料金はかかりません。
 
 
675円分のポイントプレゼントと無料トライアル期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。
 
 
スマホから簡単にできるので、この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!
 
 

 
【お得な利用方法】
675円分のポイントで「ヒメゴト」を、無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。