⇒無料で「ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」で検索です
 

ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~ 4巻とは?

出版社:講談社
発売日:2019/4/12
作者 :丘上あい

35歳の爽(さやか)は、結婚して10年経つ夫とふたり暮らし。子供が欲しいと思っているが、夫の一真(かずま)には拒否されてしまう。そんな一真は、じつは爽の友人である瑠衣(るい)と不倫をしているのだった――! 再会した元彼へときめきながらも、夫を大事に思う爽だったが、ついに不倫現場を目撃してしまう。豹変し本性を現した瑠衣に侮辱を受けた爽の反撃とは――!? Episode 15~19を収録。

 

ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~ 4巻のネタバレ

15話のネタバレ

爽の涙

自殺しようとした母は、鎮静剤で眠っていた。
 
爽は震えながら医師たちに頭を下げた。
 
海辺で話す爽と秋山。
 
その時、爽の携帯には一真からの連絡が来ていた。
 
何度謝っても足りないけれど、俺は本当に爽が必要なんだというメールの内容に、爽は呆れて笑いが込み上げた。
 
そして爽は携帯を海に投げ捨てる。
 
皆自分の事ばっかり…と言いうずくまる爽は、旦那の浮気のことを全て話した。
 
仕事でも上手くいかないし、それに追い討ちをかけるように母が自殺未遂。
 
爽の心はボロボロだった。
 
それを聞いていた秋山は何も言わず、海へと入って行った。
 
携帯を見つけた秋山は電源が生きていることに気付き、最近のスマホはやるなぁとつぶやいた。
 
携帯を差し出された爽はいらないと顔を背ける。
 
爽はこんなの無くなったって…とつぶやくが、一瞬過去に思いを馳せていた。
 
学生時代、爽と秋山は子供につける名前を考えていた。
 
秋山は虎という字を入れたいと言うが、爽はもっと可愛い名前がいいと言う。
 
そして爽は蛍という字がいいと微笑むのだった。
 
その夜、母から別れなさいと告げられる爽。
 
お父さんがいなくなった今、お母さんには爽しかいないの、と母は言う。
 
あんたがあの子を選ぶなら、お母さん死ぬから、と母は涙を流す。
 
彼とお母さんのどっちが大事なの?と聞かれた爽は愕然とした。
 
後日、爽は秋山に別れて欲しいと言った。
 
爽は理由を言えないまま、一方的な別れだった。
 
こうしないとお母さんは死んでしまうんだと、爽は心の中で秋山に謝るのだった。
 
過去を思い出した爽は泣き出す。
 
もう疲れた…としゃがみ込む爽を、秋山は抱きしめた。
 
俺だけ見てろとはもう言えないけど、泣いていいからと秋山は言う。
 
爽はせめて秋山の背中に手を回さずに堪えるのが精一杯だった。
 

好きなところ

家に来た瑠衣は一真の顔を見て驚いた。
 
しばらく嫁さんを1人にするしかないと言う一真に、私たちこれからどうする?と尋ねる瑠衣。
 
今はまだ考えられないと返す一真に、私のどこが一番好きだった?と瑠衣は聞いた。
 
俺みたいな子供を産むなんて死んでもお断りだと言った事、と一真は返す。
 
逆に瑠衣に自分のどこが好きなんだと尋ねる一真。
 
瑠衣は笑いながら、私の前では奥さんの名前を出さずに嫁さんって言うところ、と言う。
 
一真は瑠衣にワインを勧めるが、瑠衣は最近お酒を飲んでいないからとそれを断った。
 
 
⇒無料で「ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」で検索です
 

16話のネタバレ

秋山の子

ショッピングセンターで買い物をしていた爽に子供がぶつかった。
 
その衝撃で子供が持っていたアイスがスカートに付いてしまった。
 
そこへ母親がやってきて謝罪する。
 
なんとその母親とは、秋山の奥さんだった。
 
するとこの子供は秋山の子供だと爽は察した。
 
スカートのアイスを拭き取り謝っている母親に大丈夫ですから、と話を切り上げた爽は立ち去ることにした。
 
最後に秋山の子供であるけいちゃんにハグをする爽。
 
爽は、けいちゃんから秋山の匂いがするのを感じた。
 
爽は2ヶ月も生理が来ていなかったので、そこで妊娠検査薬を買って試した。
 
結果は陰性だった。
 
よかった…と思った爽だったが、同時に本音がこぼれ出た。
 
爽が欲しかったのは、けいちゃんのような秋山の子供だったのだ。
 
爽は声を押し殺して泣くのだった。
 

瑠衣の秘密

瑠衣の部屋に来た一真は瑠衣を強引に押し倒し、無理やり服を脱がせた。
 
瑠衣は一真の頬を叩き、一真は我に返る。
 
一真は爽を失ったことに、心の中では酷く動揺していた。
 
今までどんなものでも失ったことがない一真は、失ったものを拾いあげる方法も分からなかったのだ。
 
私には手に入らないものばかりの人生だったとつぶやく瑠衣。
 
お前が本当に手に入れたかったものって…と一真はつぶやき、ハッとした。
 
お前ピル飲んでるって言ったよな…?と一真は瑠衣に迫る。
 
一真が瑠衣のカバンをあさると、そこからは薬が出てきた。
 
ただのサプリだと言ってそれを奪った瑠衣は、ピルなんか飲まなくても私は妊娠しないからと言い切った。
 
私は誰の子供も産めないのだと泣く瑠衣を、一真は抱きしめた。
 
同情するなら殴るよと言う瑠衣の脅しにも、いいよと言って一真はキスをする。
 
今はしたくない…とつぶやく瑠衣をベッドに押し倒しながら俺もだよと言う一真。
 
どうせ俺もお前もぶっ壊れてるんだから、ぶっ壊れてもいいよとささやく一真は瑠衣の下着の中に手を入れる。
 
力を抜いて、とささやく一真。
 
そのままいきな、と言う一真のささやきと共に、瑠衣の背中はのけぞった。
 

けいちゃん

ショッピングセンターの外で待っていた秋山は子供たちと合流した。
 
その時、強い風が吹きけいちゃんの帽子が飛ばされた。
 
そこには、蛍太という名前が書かれていた。
 
秋山は学生時代の爽の案を、自分の子供に採用していたのだった。
 
秋山は、爽からもう会わないようにしようという内容のLINEを見ていた。
 
そして爽はその次に、10年前の約束を守れなくてごめんと送信するのだった。
 
 
⇒無料で「ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」で検索です
 

17話のネタバレ

離婚届

瑠衣は明日あたり動ける?と言って誰かと連絡していた。
 
瑠衣はある手駒を使って、作戦を立てていた。
 
その日の朝、結は明日の夜空いてますか?と爽に聞いた。
 
和田さんの送別会が明日になったのだと言う結に、大丈夫だと答える爽。
 
爽が帰った後のオフィスで、結はある郵便物を受け取っていた。
 
その日の夜は爽と一真がレストランで話すことにしていた。
 
痩せたね、と言われた爽は最近つわりが酷くて…と嘘をついた。
 
一瞬の間愕然とする一真を見て、爽は決心がついた。
 
爽が取り出したのは離婚届だった。
 
私と離婚してくださいと言う爽に、一真は動揺する。
 
追い討ちをかけるように、子供いるんでしょう?と尋ねる爽。
 
今のカズくんの子供なんかいらないって思わせるために浮気したの?と冗談交じりで問いかける爽に、それは違うし瑠衣のことは…と言いかける一真。
 
爽は一真が瑠衣と呼んでいることに心臓が高鳴った。
 
爽の心の底から憎しみが湧いてくる。
 
爽がこの日のことを伝えようと電話をした時に出なかったのも、仕事ではなく瑠衣と会っていたのだと理解した爽。
 
爽は震える手でフォークを持った。
 
そして、自分の左手に突き刺した。
 
爽はサッと立ち上がり、離婚届に記入をお願いしてレストランを出て行った。
 
そして爽は自分のために誰かを傷つけたりしない、今日は上手くやったと自分に言い聞かせるのだった。
 
爽はベッドに横たわりながら、自分から全てが失われていく感覚がした。
 
爽はバイバイ…とつぶやきながら眠りについた。
 

送別会

送別会では爽がいつも以上のペースで酒を飲んでいた。
 
そんなに飲んだつもりはないが、地面が回っている。
 
爽の意識は朦朧としていた。
 
爽を運びベッドに寝かせたのは寺嶋だった。
 
水を欲しがる爽に、口移しで水を飲ませる寺嶋。
 
うっすらと寺嶋の姿が見えていたが、爽はそのまま眠ってしまった。
 
深夜に爽が起きると、爽は1人で眠っていた。
 
爽は昨日の記憶がほとんどなく、自分は何をやっているのかと驚いた。
 
一方で結は爽が寺嶋と一緒にホテルへ入る写真や抱き合っているように見える写真を撮って送っていた。
 
それを受け取っていたのは、なんと寺嶋だった。
 
サンキュー手駒さん…と寺嶋はつぶやくのだった。
 
 
⇒無料で「ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」で検索です
 

18話 のネタバレ

優希からの電話

次の日爽が会社へ行くと、周りの視線が一気に集まった。
 
会社の窓全面に寺嶋との写真が貼り付けてあったのだ。
 
上司は爽を呼びつけて事情を聞き出した。
 
本当に心当たりがないの?と聞かれると、爽は瑠衣のことが頭によぎったが首を横にふった。
 
上司は爽に仕事を休むことを勧め、家に帰らせた。
 
絶望して歩いていた爽のもとに、優希から電話がかかってきた。
 
優希は会社を辞めてから地元の出版社で働いているという。
 
爽は以前の事件のことを弁明しようとすると、優希は爽がそんなことしないのは分かっていると返す。
 
優希はため込んでいた感情を爽にぶつけてしまったことを謝るために連絡してきたのだ。
 
優希はもう一つ謝らなければならないことがあると言ってある写真を手に取った。
 
一真は、最初に結婚してた時うちの姉ちゃんと不倫していたと言う優希。
 
前の嫁と不倫相手まで切り捨てて逃げた男が何食わぬ顔でまた結婚するんだと、姉は言っていたという。
 
外で火遊びをしてできた子供、と思っていた爽は絶望した。
 
電話を切って電車のホームに立つ爽。
 
爽が前を見上げると、そこには何かの紙を持っている瑠衣がいた。
 
それは会社の前に貼り付けてあった写真だった。
 

寺嶋の思惑

寺嶋は結とホテルで話していた。
 
結はしばらく休むことになった爽の仕事が回ってきて結果オーライじゃんと笑う寺嶋。
 
薬とか使ってまで…と少し自分を責める結。
 
実は送別会の前日に結に届いた郵便物の中には睡眠薬のようなものが入っており、結たちはそれを爽に使ったのだ。
 
誰があの薬を送ってきたの?と寺嶋に尋ねるが、寺嶋は答えなかった。
 
結さんは俺の言う通りにしていれば全部手に入るからと言い結の下着に手を這わせる寺嶋。
 
悪者になれないからって善人ぶるのはナシだよ、と寺嶋はささやく。
 
まだまだ、何も始まっていないよ…と言いながら、寺嶋は結に激しいキスをするのだった。
 
 
⇒無料で「ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」で検索です
 

19話 のネタバレ

若菜と爽

爽はお風呂に入りながらワインを飲んでいたが、色んなことを思い出して全部どうでも良くなってしまった。
 
手からこぼれ落ちたグラスのワインは浴槽を赤く染め、爽はそこに沈んだ。
 
それを引き上げたのは若菜だった。
 
携帯に何度かけても出ないので、若菜は心配して家まで来ていたのだった。
 
もうダメなんだよ…と諦めている爽に、若菜は20年前爽から言われた言葉をそのまま返した。
 
自己否定してたって楽にならないんだから今はちゃんとしな、と言い若菜は爽の手を握る。
 
一真に子供がいることを黙っていたのは一生かけて謝るから、今は1人にならず信じてよと若菜は言うのだった。
 

チートン

爽行きつけのバーであるチートンでは店長が爽の話を店員にしていた。
 
するとその店員は、寺嶋という男を見たことがあるのだと言う。
 
雨の日、瑠衣と一緒にいた寺嶋は急に瑠衣を突き飛ばし、笑みを浮かべながら去って行ったのだ。
 
店員は怖くなって逃げ出したが、それから瑠衣が初めて爽に会った時もすごい速さで距離をつめる瑠衣を警戒していたのだ。
 
もしかしたらヤバいことに巻き込まれているのではないかと察した店長は爽に連絡するが、爽は通話中だった。
 

秋山家の秘密

爽は以前、瑠衣の家で見た卒業アルバムの1ページが黒く塗られたことを思い出した。
 
もしかしたらそれを見れば瑠衣のことが分かるかもしれないと、爽は瑠衣の出身校でアルバムを探した。
 
瑠衣の年のアルバムを見た爽は、驚愕してアルバムを落とした。
 
そこには、秋山瑠衣という名前が書かれていたのだ。
 
その頃、秋山の店にある客が来店した。
 
それはなんと瑠衣だったのだ。
 
久しぶり、お兄ちゃんと微笑む瑠衣。
 
秋山は愕然として瑠衣を見ていた。
 
 
⇒無料で「ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」で検索です
 

ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~ 4巻の感想

爽は将来子供ができたらという話題で、蛍という字を選びました。
 
けいちゃんと聞くと、圭や慶という字が浮かびますが秋山がつけた漢字は蛍。
 
実は秋山も爽への想いを捨てきれないまま違う女性との子供にも蛍という字をつけていました。
 
このシーンには少し鳥肌が立ちました。
 
心の浮気か体の浮気、どちらが罪深い?という問いには体の浮気と答えていましたがこれを見ると何とも言えなくなりますね。
 
そして爽を陥れようとする黒幕は瑠衣と結…かと思いきや、まさかの寺嶋でした。
 
いつも爽の味方をしていたので、寺嶋だけは無いかなと思っていたので驚きました。
 
寺嶋は結さえも駒として扱っていたのです。
 
可哀想なくらい打ちのめされる爽が可哀想になってきますが、裏を返せば瑠衣たちにはそれ程の理由があるのでしょう。
 
少しずつ真相は分かってきましたが、瑠衣と寺嶋、そして秋山家との関係はまだ明らかになっていません。
 
これからの展開に期待が高まります。
 
 
⇒無料で「ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」で検索です
 

無料で「ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」を読む方法

 
無料で「ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」を読む裏ワザ!
 
 
「試し読みじゃ物足りない…」
「ブックオフに置いてない…」
「スマホでこっそり読みたい…」
「コミックサイトは色々あってどれにしようか迷ってる…」
「安全で信頼できる大手サイトを無料で試したい…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。
 
そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。
 
実はU-NEXTなら無料で「ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」を読むことができます。
 
U-NEXTは動画配信サービスで有名ですが漫画も沢山扱っています。
 
U-NEXTなら登録時に600ポイント貰えて、「ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」を600円分実質無料で読めます。
 
ポイント消費0完全無料1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!
 
31日間無料トライアル実施中で無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。
 
いろんな種類の雑誌も無料で読み放題です。
 
600円分のポイントプレゼントと無料トライアル期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。
 
スマホから簡単にできるので、この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!
 

 
【お得な利用方法】
600円分のポイントで「ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」を、無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。
 
※本ページの情報は2020年5月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。


U-NEXT<ユーネクスト>(R18)