⇒無料で「シックスハーフ」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「シックスハーフ」で検索です
 

シックスハーフ 1巻とは?

出版社:集英社
発売日:2010/6/15
作者 :池谷理香子

バイクで事故った詩織は目覚めると記憶を失っていた。家に戻り兄・妹と暮らし始めるが関係はぎくしゃくするばかり。学校ではヒドい噂を流され孤立してしまう。過去の自分が分からず、居場所を見つけられない詩織は…!?

 

シックスハーフ 1巻のネタバレ

1話 のネタバレ

バイク事故

大声で謝る男の声で、目を覚ます女の子。
 
女子高生である詩織はバイクを借りて出かけ、事故に遭った。
 
心配をして駆け寄る兄・明夫や彼氏である開に驚く詩織。
 
事故のショックで詩織は記憶喪失になっていた。
 
明夫が”事故のこと覚えてる?”と問いかけるとぽかんとした顔をする詩織。
 
自分の名前や明夫達のことも忘れていた。
 

両親

医者の診察を受け、体に異常はないと聞きひとまず安心する。
 
兄である明夫から自分の名前と年を聞かされる詩織。
 
中学生である妹の真歩の説明もする明夫。
 
母は昔に離婚して家を出ていた。
 
父も病気で死に、家の主の務めを明夫がこなしていた。
 
”大丈夫、3人で力を合わせて乗り切ろう”
 
 
そう笑顔で言う明夫に不安を覚える詩織。
 

ヤンキー彼氏のお見舞い

詩織の元に開がやってくる。
 
開は照れながらお見舞いの花束を渡す。
 
”優しい彼だね”と言う明夫。
 
”彼氏?こいつが?…ヤンキーなんですけど”と引く詩織。
 
開は詩織の体を掴み”愛の力で思い出させて見せます!”と意気込んだ。
 

一緒に電車で返ろう

詩織の記憶のために景色を見せながら電車で帰ることになる。
 
”きっと少しずつ思い出すよ”と優しく励ます明夫。
 
落ち着かない気持ちでいながら”他に行くところがない”と明夫についていく詩織。
 

妹・真歩

家に着くと真歩が夕食を作って待っていた。
 
真歩と一言も喋っていなかった詩織は”すごく無口なのか”と思った。
 
父の仏壇に帰ったことを伝え手を合わせる詩織と明夫。
 

記憶が戻る前の自分の姿

部屋に入った詩織はバッチリメイクをしたギャルの姿の自分に驚く。
 
しばらくして詩織の退院祝いが開かれる。
 
ケーキや、詩織が忘れている自分の好物であるシチューを皆で食べる。
 
無口だった真歩は明夫に少し話しかけていた。
 

もやもや

眠れないまま一晩を過ごした詩織。
 
外では真歩と明夫が家事をしながらたわむれていた。
 
学校に行くかどうか明夫に聞かれる詩織。
 
”まだ何も思い出してないのに行きたいわけないじゃん”と拒否する。
 

思い出のアルバム

家で一人、アルバムを見る詩織。
 
全く記憶が戻りそうにない自分に焦りを抱く。
 
そんな詩織に、開が訪ねてくる。
 
恋人になるまでのことを聞く詩織。
 
開の一目惚れで、何十回も振られていたという。
 
付き合いだしたのはつい最近のことだった。
 

襲われる詩織

””彼氏なら自分のこと家族よりも知ってるかと思ったのに””
 
 
そう落ち込む詩織に開は”思い出させる”と襲い掛かる。
 
必死の思いで抵抗する詩織。
 
詩織は近くにある物で開を殴る。
 
”もう二度と来ないで”と開を睨む詩織。
 

真歩の言葉

家に帰った真歩は開の怪我に驚く。
 
詩織に話しかけられるが、無視をする真歩。
 
”喋ると腐った根性伝染るから”
 
 
真歩は詩織に言い放った。
 
”貴重な情報ありがとう”と詩織は笑った。
 

ギスギスする心

””何が力を合わせてだよ””
 
 
””気遣ってヘラヘラしてるだけの兄と””
 
 
””私を嫌ってる妹と””
 
 
””全然記憶が戻る気がしないよ””
 
 
””居心地悪いし、疲れる””
 
 
詩織は一人、思っていた。
 

詩織の居場所

家を出てふらふらと出かけた詩織。
 
””居場所がない””
 
 
空っぽな心で思う詩織。
 
詩織と同じ学校と思われる制服を着た女子達が声をかける。
 

詩織を思うそれぞれの人

明夫は心配して詩織を探していた。
 
真歩は詩織に散々”ブス”と言われていた記憶を思い出して”死ねばよかったのに”と呟く。
 
開は詩織に”キスしよっか”と可愛く言われた過去を思い出して現在の詩織に苛立っていた。
 
 
⇒無料で「シックスハーフ」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「シックスハーフ」で検索です
 

2話 のネタバレ

友達

声をかけられた詩織は””絡まれてる…?””と少し動揺する。
 
女子達は詩織の友人だった。
 
”この子可愛い”と一人の子を見た詩織。
 
”連絡取れなくてむかついていた”
 
 
”でも事故に遭ったって聞いて頭真っ白になった”
 
 
そう、一人の女の子は言った。
 
そして皆で遊びに行くことになる。
 

優しい兄と冷たい妹

詩織が家に帰ると明夫は安心した様子で出迎える。
 
”携帯が欲しい”と言う詩織に”そのほうが安心だもんね”と受け入れる明夫。
 
真歩は”平然として、おまけに携帯ねだって”と詩織の愚痴を明夫にこぼす。
 

味方

部屋の写真に声をかけてきた子の写真が写っていることを確認する詩織。
 
詩織は記憶喪失であることを彼女達に告げていた。
 
最初はからかわれていたが、冗談ではない空気が流れる。
 
一人の子は”詩織は詩織じゃん”と受け入れた。
 
”学校来なよ””大丈夫、あたしらがいるから”
 
 
そう言われる詩織。
 
頭にリボンをした女の子”ウッチ”
 
細身で少しキリっとした雰囲気の”オーノ”
 
2ショットで仲良く写る”チカ”
 
それぞれの写真を確認する詩織。
 
””友達いたんだ””
 
 
詩織は安心する。
 

チカの思惑

チカは開に声を掛ける。
 
詩織のことで悩む開を励ますチカ。
 
”困ったときは連絡して”と連絡先を交換する。
 
”いいヒトっすね”と言う開に”チカでいいよ”と笑うチカ。
 

海に行こう

詩織の携帯を買う明夫。
 
詩織が他人行儀で接する様子に”寂しい”と明夫は言う。
 
明夫に誘われて海に行くことになる。
 

親が欲しい

”兄弟、仲悪かったんですか?”
 
 
そう聞く詩織に慌てる明夫。
 
””あたしは浮いてたんだ””
 
 
””親がいれば…””
 
 
””安心できる人が一人もいない世界はすごい淋しい””
 
 
詩織は思った。
 

明夫への気持ち

チカ達のことを思い出した詩織は”学校行ってみようかな”と言った。
 
”応援するよ!”と笑顔で言う明夫。
 
詩織は良い人だと思いながらも明夫に馴染めずにいた。
 
何故だろう、と疑問にも思っていた。
 

履歴

携帯のメッセージの履歴を見る詩織。
 
軽いノリの連絡がたくさんきていた。
 
事故当日と思われる日はチカ達と約束をしていた日だった。
 
ウッチは心配し、オーノは連絡を求め、チカは怒るような連絡をしていた。
 
詩織は””学校行くのやっぱりやめようかな…””と怯む。
 

周りの噂話

緊張しながら登校する詩織に指を差して周りが噂話をする。
 
詩織は学校へ行くと決めてからも数日悩み、登校する日も制服の着方などに悩んでいた。
 
詩織は戸惑いながらも、弱く見られることが嫌で気を張った。
 
気安く声をかけてくる人間や周り皆が宇宙人か何かのように感じる詩織。
 
クラスへの道を聞き、向かおうとする詩織。
 
偶然通りかかった開に少しホッとしつつも”寄るなレイプ魔”と強く言い、立ち去る。
 
クラスにたどり着くとチカ達が出迎え、ホッとする詩織。
 
 
⇒無料で「シックスハーフ」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「シックスハーフ」で検索です
 

3話 のネタバレ

記憶がなくなっても

学校に行くようになって数日、詩織は少しずつ慣れていった。
 
まだ、噂話は続いていたが詩織はそれほど気にしていなかった。
 
””記憶喪失なんてめずらしいもんね、結構派手なコだったみたいだし””
 
 
と他人のことのように思う詩織。
 

詩織の元の姿

チカが学校帰りに遊びに行く場所を提案する。
 
”遊びまくってたのに覚えてないんだよね、不思議”と詩織に対して言うチカ。
 
3人は元々詩織がしていたメイクを少し強引にする。
 
”恥ずかしい”と言う詩織”言いたい奴には言わせとけって言ってたよ”と明るくいう3人。
 
詩織たちが歩いているとひどい女子に対して罵声を浴びせている開に出くわす。
 
詩織の姿を見た開はメイクや髪の様子に喜ぶ。
 
”記憶が戻ったのか”と喜ぶ開に”無理やりメイクされただけ”だと詩織が言う。
 
開はガックリと肩を落とす。
 

プレゼント

家に遊びに行くと電話する詩織にチカは”らしくない”と言った。
 
”開くんのことどうするつもり?”とチカが聞く。
 
”今のままじゃ付き合えないって言ってある”と言う詩織。
 
”やっぱその程度の気持ちだったんだ”とチカは言う。
 
詩織へのプレゼントを買いに行っていたウッチとオーノ。
 
ネックレスを手渡された詩織は”すっごい嬉しい”と満面の笑みを見せた。
 

明夫に戸惑う詩織

家に帰り、ネックレスを見せると顔を近づけて見る明夫にドキッとする詩織。
 
明夫は”良かったね”と優しく笑った。
 
詩織はお風呂に入りながら開のことを話していたときのチカの様子に疑問を抱いていた。
 

悪意

翌日、通りがかった生徒に”ビッチざまあ”と暴言を吐かれる詩織。
 
ウッチは前に詩織に男を取られた人の仕業だろうと言った。
 
カッターまで持ち出していたという話に驚く詩織。
 
当時の詩織は落ち着いていたという。
 
実際どうだったのかと詩織が聞くと”酔って一回ヤッただけだとか?”と何とも言えない情報を聞かされる。
 
彼氏が常にいたことや買い物だけ行かせて買わせていたことを聞かされる詩織。
 
””ビッチと言われても仕方ないんじゃ…””と思う詩織。
 
”ナメられてるんじゃない?””最近大人しいし”と言うチカ
 
””時々キツイこと言うな””と思う詩織。
 

女子トイレで

””最近とか言われても自分がどんな奴とかわかんないし””
 
 
そう思った詩織は女子トイレで情報収集することにした。
 
女子達の会話に紛れて”菊川詩織どう思うー?”と隠れて言う詩織。
 
”イキナリ地味になっててウケた”
 
 
”女王様とか勘違いしてたよね”
 
 
”ケバいだけたっつの”
 
 
と容赦ない言葉が聞こえてくる。
 
”援交してたらしい”
 
 
”とにかく男とヤリまくってたらしい”
 
 
”情報源チカだもん”
 
とシャレにならないことが聞こえる。
 
詩織はショックを受けるが信じないことにした。
 

チカの企み

チカが開と話しているところを見つける詩織。
 
”詩織、もう開くんと付き合う気ないって”と言うチカ。
 
開は落ち込みつつ、詩織の噂話に腹を立てていた。
 
”詩織は開くんの思ってるような子じゃない”
 
 
”開くんと付き合ってたときも仲の良い男の子がいた”
 
 
”止めたけど聞いてくれなかった”
 
 
そう言ってチカは泣く様子を見せた。
 
その様子を詩織は全て見ていた。
 

裏切り

チカの携帯に””話したいことがある””と詩織からのメッセージがくる。
 
””急にどうしたの?心配してるよ””とチカが返信する。
 
””噂流したでしょ?どこまでが本当なの?””と詩織が返す。
 
””開くんのことが好きなの?だから?””とチカのしたことを追求する詩織。
 
チカから急にハートマーク付きで””軽い女だってことに違いない””と返信がくる。
 
””ふざけないで””と返す詩織。
 
””ふざけてんのはそっちだよ。開くん気に入ったって言った途端付き合うとか最低だよ””
 
 
””前からムカついてたけど今は本当に死ねばいいと思ってるよ””
 
 
””2度と学校来んな。おまえの居場所なんてどこにもねーよ””
 
 
””さよならビッチ””
 
チカからの容赦のない言葉がいちいちハートマーク付きで送られてくる。
 

死にたい、戻りたい

ふらふらと海に行った詩織は冷静に噂のことを考える反面、震えていた。
 
ヤケになった詩織は海でバシャバシャと遊ぶ。
 
””もう死んじゃおうかな””
 
 
””もしかしたら夢で目が覚めたらパパとママがいて――””
 
 
詩織は笑いながら耐えようのない現実に心底嫌気がさしていた。
 
笑いながら堪えきれず泣く詩織。
 
明夫は詩織の現状を知らず”最近元気になった”と嬉しそうに周りに話していた。
 
 
⇒無料で「シックスハーフ」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「シックスハーフ」で検索です
 

4話 のネタバレ

心を閉ざす詩織

ひとしきり海で暴れた詩織は家に帰る。
 
詩織の様子に驚く明夫。
 
”明日から学校行きません”と詩織が言う。
 
心配して事情を聞こうとする明夫に冷たく接する詩織。
 
真歩は”本性が出た”と言った。             
 

縁切り

ウッチとオーノからは詩織がチカに酷いことをしたことになっており、縁切りの連絡がきていた。
 
””目が覚めたらここにいただけなのに””
 
 
頭をぐるぐるさせながらうずくまる詩織。
 

気付かない開

明夫はなんとか詩織を元気づけようとしていた。
 
学校では開が退屈そうにしていた。
 
チカからの連絡に””すごくいいヒトだ””と開は思っていた。
 

詩織の性格

開の元に明夫が訪ねてくる。
 
詩織のことを相談する明夫。
 
詩織のことを”意地っ張り”だと言う明夫。
 
詩織は楽しかったことや嬉しかったことは話すが、弱音は一切口にしていなかったという。
 
”記憶をなくしてもそういうとこ全然変わらない”と明夫は笑った。
 

わがまま

詩織は食事に文句を言ったり行きたいところを聞かれても無理があるところを言ったりしていた。
 
””お腹の中に悪い虫がいるみたい””
 
 
””自分でもムカつく””
 
 
そう思っても自分の行動を止められずにいた。
 

ぐるぐる

””言いたくないことばかり言ってしまう””
 
 
””特に明夫って人の前では””
 
 
””優しくされると責められてる気がする””
 
 
””どうしたらいいかわからない””
 
 
詩織は一人、どうしようもない状態に陥っていた。
 

詩織を叩く開

詩織が散歩をしていると開と出会う。
 
チカのことを話題に出す開に煽るようなことを言う詩織
 
開は詩織の頬を叩く。
 
詩織は何も言わず開を睨み、立ち去った。
 

皆一緒に

詩織は明夫に”町を出てやり直したい”と言った。
 
明夫は明るく”わかった!””引っ越そう”と言う。
 
明夫の様子に詩織は戸惑うが、真歩は冷静に反対した。
 
次第に詩織と真歩は喧嘩をするような状態になる。
 
明夫は声を荒げる。
 
”家族がバラバラに過ごすことだけは絶対に許さない”と怒る明夫。
 
”夢や目的がある場合と今回は別”と続ける明夫。
 
”今、家族と思えないならなおさら1人にできない”と頑固な様子を見せる明夫。
 

限界

”頼りないから負担とかかけちゃってごめんね”と謝る明夫。
 
”綺麗事じゃんそんなの”
 
 
”あたしのこと鬱陶しいんでしょ”
 
 
”いーよ本当のこと言って”
 
 
”別に今更傷つかないし”
 
 
と言う詩織を支え”大好き”だと力強く言う明夫。
 

落ち着く場所

泣き出す詩織に”ごめんね、寂しかったんだよね”と明夫は謝る。
 
詩織はずっと今の自分でも好きだという言葉を欲しがっていた。
 
落ち着きを取り戻した詩織は学校の噂のことで”性病かもしれない”と淡々と言った。
 
明夫は取り乱したが、真歩は”計算高い女だったから大丈夫じゃないの”と言った。
 

本当の言葉

詩織が真歩を見つめ”頼りになる”と言うと真歩は嫌がった。
 
”記憶がなくなろーがあんたを好きになることは一生ないから話しかけないでよ”
 
 
そう冷たくも裏表のない真歩の言葉に、詩織は心が軽くなる。
 

約束

詩織が海で暴れた日、溺れかけていた。
 
必死で生き延びた詩織は明夫が助けにくることを願っていたという。
 
”次は必ず助ける”と明夫は約束した。
 
 
⇒無料で「シックスハーフ」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「シックスハーフ」で検索です
 

5話 のネタバレ

チカを罠にはめる詩織

詩織は家に居場所を感じた安心感と、噂の真相を確かめるために再び学校に行った。
 
チカに話しかけるとオーノが割って入る。
 
オーノを諭し、チカは詩織について行く。
 
”親友だと思ってた””記憶戻ったんだ”
 
 
そう言う詩織にチカは動揺する。
 
”開には事情を説明する””わかってくれると思う”
 
 
詩織の言葉にチカは焦りを見せる。
 
”開くんには言わないで””オーノたちには本当のこと言うから”
 
 
と言うチカは援交や乱交の噂は全部嘘であることを白状した。
 
詩織はホッとして喜び、記憶が戻ったことは嘘であることを明かした。
 
”ひどい、騙したの?”と言うチカに”あんたに言われたくない”と詩織は言う。
 
”これ以上何かしたら本当に開にバラすから”
 
 
”チカみたいに泣き落としでもして対抗するからよろしくね”
 
 
と詩織は笑った。
 

明夫の存在

明夫からの心配する連絡に喜ぶ詩織は””大丈夫””と返した。
 
オーノ達から睨まれても詩織は強い心を持っていた。
 
チカと開は詩織のことで話をする。
 
”やっぱり気になるんだ”とチカは言う。
 
”落ち込むことに疲れた”と開は言った。
 

まーちゃん

真歩が家に帰ると詩織が家の掃除をしていた。
 
明夫が詩織をしーちゃんと呼ぶように、詩織は明夫をあーちゃん、真歩をまーちゃんと呼び始めていた。
 
今までと違う詩織の様子に真歩は非常に苛立っていた。
 

家族のこと

詩織は改めて家族のことを明夫から聞き出す。
 
母親代わりを明夫がしていたこと。
 
父親は躾は厳しかったが子煩悩だったこと。
 
詩織は小学校の終わり頃から様子がおかしくなったこと。
 
”いい子になる”と決意する詩織。
 
”しーちゃんらしく伸び伸びしていればいいと思うよ”と明夫が言う。
 

ひとりぼっち

学校で一人、お昼を食べる詩織に開が通りがかる。
 
”言い過ぎた、ごめんね”と淡々と謝る詩織。
 
開は詩織の態度に腹を立てつつも気にしていた。
 
開が友人とチカとホテルに行ったことを話すところを詩織が聞いていた。
 
何の気なしに立ち去る詩織に”ずっとボッチなんだってな””寂しくねえのかよ”と声を掛ける開。
 
”全然寂しくない”と真っ直ぐに言う詩織に開は思わず見惚れる。
 

突然の記憶

明夫が飲み会に行くことになり、詩織は真歩と仲良くしようと頑張る。
 
真歩は冷たく接するが、詩織が無茶をしようとすると冷静に対処する。
 
家に帰った明夫はご機嫌な様子で詩織に振る舞う。
 
部屋に運ぼうとする詩織に明夫は”いいにおいだね”笑いかける。
 
ドキッとする詩織。
 
同時にふと記憶のようなものが頭をよぎる。
 
”俺はしーちゃんが嫌いだ”
 
そう、冷たく言う明夫の姿がそこにはあった。
 
 
⇒無料で「シックスハーフ」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「シックスハーフ」で検索です
 

シックスハーフ 1巻の感想

 
少女漫画らしい絵で、可愛いと思いました。
 
あまりキラキラしすぎていないので少女漫画に抵抗がある人でも馴染めそうな雰囲気を感じます。
 
内容も、キャラクターの悩みや葛藤が描かれていることも多いです。
 
詩織さんが記憶喪失になるところから始まりますが、基本的にハッキリとした性格で読んでいて気持ち良いときが多いです。
 
明夫さんは、優しくて頼りにならないようで頼りになる…みたいな少し可愛い雰囲気もある詩織さんの好きな相手になるのでしょうか。
 
開さんやチカさんもどのように動いていくのか、気になります。
 
真歩さんは詩織さんに心を許せるときがくるのかどうか、というところも気になります。
 
記憶をなくして混乱している状態でショックなことが続くのに、強く生きようとする詩織さんが良かったです。
 
元々の詩織さんはどんな人だったのか、何で詩織さんが元々の自分に抵抗感があるのか…。
 
寂しい気持ちが積み重なっていって元々の詩織さんもこじれていってしまったのかな、と思います。
 
ただ、キスもしたことがない様子だったのに開さんが思い出させるために襲う…というところには少し矛盾も感じました。
 
チカさんも好きな男性でもめたことのみで死ねとまで思うということは、和解はないのかな…。
 
詩織さんは最終的に記憶を全て取り戻すのか、明夫さんへの気持ちが大きくなっていくのかなど楽しみです。
 
 
⇒無料で「シックスハーフ」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「シックスハーフ」で検索です
 

無料で「シックスハーフ」を読む方法

 
無料で「シックスハーフ」を読む裏ワザ!
 
 
「試し読みじゃ物足りない…」
「ブックオフに置いてない…」
「スマホでこっそり読みたい…」
「コミックサイトは色々あってどれにしようか迷ってる…」
「安全で信頼できる大手サイトを無料で試したい…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。
 
そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。
 
実はU-NEXTなら無料で「シックスハーフ」を読むことができます。
 
U-NEXTは動画配信サービスで有名ですが漫画も沢山扱っています。
 
U-NEXTなら登録時に600ポイント貰えて、「シックスハーフ」を600円分実質無料で読めます。
 
ポイント消費0完全無料1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!
 
31日間無料トライアル実施中で無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。
 
いろんな種類の雑誌も無料で読み放題です。
 
600円分のポイントプレゼントと無料トライアル期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。
 
スマホから簡単にできるので、この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!
 

 
【お得な利用方法】
600円分のポイントで「シックスハーフ」を、無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。
 
※本ページの情報は2020年5月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。


U-NEXT<ユーネクスト>(R18)