⇒無料で「あなたがしてくれなくても」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「あなたがしてくれなくても」で検索です
 

あなたがしてくれなくても 2巻とは?

出版社:双葉社
発売日:2018/7/27
作者 :ハルノ晴

吉野みち、32歳。結婚して5年、レスになって2年。夫とは仲が悪いわけではないが、ただひとつ、”セックス”だけが足りていなかった。
会社の先輩である新名に相談することで、救われていたみちだったが、その新名もまた、妻から拒否されていて…。

 

あなたがしてくれなくても 2巻のネタバレ

8話

新名の気持ち

涙を流すみちを抱きしめた新名。
 
我に返ったように急いで体を離し”ごめんなさい”と謝り立ち去る。
 
一人ベッドに寝ていた陽一はみちのことを気にかけていた。
 
帰ったみちは抱きしめられた感覚にドキドキしていた。
 
””頭の中はぐるぐるしているのに何も考えられない、ただ心臓の音だけが体に響いている””
落ち着かない状態で一人、ソファで眠るみち。
 
新名のことが気になり、仕事が手につかないみち。
 
新名とバッタリ会うと、緊張して顔を赤らめてしまう。
 
ドキドキしながらどうにか挨拶をするみち。
 
新名はみちを避けてしまう。
 

夫婦のやり取り

”喧嘩しているうちは大丈夫”
”何も言われなくなったら終わり”
三島は陽一に慰めの言葉をかける。
 
新名とのことを考えて家で一人落ち込むみち。
 
陽一が帰ると避けるように寝に行こうとする。
 
みちの手を掴んだ陽一は”他人みたいな態度やめろよ”と怒る。
 

愛情の伝え方

”他人行儀な笑顔でよそよそしくして”
”耐えられないんだよ”
そう訴える陽一にみちは”勝手だ”と言い返す。
 
”自分だけ楽に生きようとして逃げたくせに”
”私には逃げ道もないの!?”
声を荒げるみちに陽一は謝る。
 
”みちのこと大切な家族だと思ってる”
陽一はみちへの想いを伝える。
 
愛を確かめ合うセックスが大切だと思うみちにとっては、辛い状態に変わりはなかった。
 

肌を重ねる大切さ

””ずっと平行線のまま変わらない””
””きっとこれからも変わらない””
みちは途方もない不安を心に抱えていた。
 
”みちと離れるなんて考えてないから”
訴えるように言う陽一。
 
””とても嬉しい言葉のはずなのに苦しいよ””
””だってそれでも陽ちゃんは抱きしめてくれない…””
より深く寂しさを抱えるみち。
 
 
⇒無料で「あなたがしてくれなくても」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「あなたがしてくれなくても」で検索です
 

9話

新名の妻・楓

新名は主夫のような状態だった。
 
忙しく帰った楓にお茶を出し、労う新名。
 
自分の友人へのお祝いを新名に任せる楓。
 
編集の仕事に就き、副編集長という立場に重い責任を感じる楓。
 
楓は日々仕事で手一杯の状態にあった。
 
夫婦の会話もあまりできず、新名の肩に寄り掛かって寝てしまう楓。
 
新名は楓を優しく見守る。
 

心の揺らぎ

新名に避けられたことを気に病むみち。
 
””こんなに気にして、何を期待してるんだろう””
””お互いに家族がいるのに””
””セックスレスの気持ちがわかるから優しくしてくれただけ””
そう思いながらもみちは新名への気持ちに戸惑っていた。
 

思いやり

楓は新名とのコミュニケーションが取れていない状態にあった。
 
家事をしながら咳をする新名。
 
”風邪?”
”忙しいんだからうつさないでよ”
楓は新名に対して言う。
 

一人ぼっち

ソファで一人眠るみち。
 
陽一とは別々に寝るようになっていた。
 
””本当に一生ないんだ…””
””そういえば新名さんもセックスレスなんだっけ””
””どうしてなんだろう””
みちは頭の中でボーッと思いを巡らせていた。
 
新名もまた、ソファで一人眠りについていた。
 
 
⇒無料で「あなたがしてくれなくても」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「あなたがしてくれなくても」で検索です
 

10話

気の強い女

北原は新名の家庭の状態を探りたがっていた。
 
新名とのことで悩んでいたみちは興味を示す。
 
”奥さんを知ると女性の趣味がわかる”
”経験上、奥さんと逆タイプで攻めると落ちやすい”
北原の言葉に感心するみち。
 
新名の妻はキャリアウーマンだとみちから聞かされる北原。
 
”じゃあ子供いないのも納得かも”
 

”新名さんきっと家庭で尻にひかれてますよね”
”癒してあげたい”
北原があれこれ考え始める。
 
””新名さんのこと何にも知らないな…””とぼんやり思うみち。
 

理想

母親と電話をする新名。
 
新名の母は楓を褒める。
 
新名は母親が自分を犠牲にしているように見えていた。
 
夫の顔色をうかがって生きている母親をかわいそうだと思っていた新名。
 
そんな母親を見てきたからか、自分らしく生きる楓に新名は惹かれた。
 
””夢を仕事にして自立して頑張っている””
””そんな彼女を支えればいいと思っていた””
新名は楓のことを考える。

親と子供

楓が不機嫌な顔をして帰宅する。
 
ため息をつく楓を新名は気遣う。
 

 
険しい顔をしたまま、新名を拒絶する楓。
 
新名はいつの間にか母親と同じような状態になっていた。
 

一方通行

新名と出くわしたみちは無視される恐怖から俯く。
 
挨拶をして足早に立ち去るみちの姿を気にする新名。
 
””逃げ回っていたって何か変わるわけじゃない””
””もともとただの会社の先輩ってだけなんだから””
みちは新名への気持ちを断ち切ろうとしていた。
 

冷え切った心

陽一は家に遅く帰ることが増えていた。
 
””今まで残業なんてほとんどなかったのに””
””わざと避けてる?””
””離れるつもりなんてないって言ったのに””
みちは一人、涙を流す。
 
””何も上手くいかない””
””私の人生こんなはずじゃなかったのに””
強く孤独を感じるみちに、新名から連絡がくる。
 
 
⇒無料で「あなたがしてくれなくても」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「あなたがしてくれなくても」で検索です
 

11話

女同士

みちは新名からの連絡に嬉しさと同時に不安を抱いていた。
 
北原もまた、憂鬱そうにしていた。
 
男のいない飲み会に行くことで溜め息をつく北原。
 
”嫌なら行かなければいいのに”
みちは言った。
 
”女子友アピールのため”
”男の人って同性の友達がいると安心する”
北原は言う。
 
女の友情は信じていない、という北原。
 
度々北原から飲みに誘われるみちは疑問を投げかける。
 
既婚で真面目だから、と北原はみちを信頼していた。
 

慰め

新名と連絡を取り合い、待ち合わせをするみち。
 
2人で飲みに行くことになる。
 
みちは緊張をほぐすために強めのお酒を飲む。
 
””何度も助けられてきた””
””私は甘えすぎていたのかもしれない””
みちは新名との状態を気まずく思う。
 
新名はみちを避けたことを丁寧に謝る。
 
”あの時自分を見ているようでとてもつらかった”
”そんな自分の気持ちを勝手に重ねて慰めたかったんだと思います”
正直に話した後、新名は再度謝った。
 

みちの笑顔

新名の真意は何であっても、みちは傷ついた心を救われていた。
 
”でも慰めたかったのも本当です”
”パートナーから拒絶されることがこんなにつらくて苦しいのに”
”それが一番伝わってほしい人に伝わらない気持ちが痛いほどわかるから”
もう一度妻と向き合う、という決心を打ち明ける新名。
 
みちが新名を心の拠り所とするように、新名もまた、みちから勇気をもらっていた。
 
”新名さんに話を聞いてもらうことが心の支えでした”
”でもいつも聞いてもらうばかりで申し訳なく思っていて”

”だから新名さんの役に少しでも立てたのなら嬉しいです”
そう言って、みちは優しくも、とても可愛い笑顔を見せた。
 
一瞬驚いた後、新名も笑顔を返した。
 

女として

””新名さんの気持ちがわかってよかった””
””やっぱり誠実な人だ””
””話を聞くまであんなに怖がってたくせにそれなのに””
””心の奥底で新名さんが私を抱きしめてくれた理由がほかにあるかもしれないなんて思ってた””
””なんてばかなんだろう””
帰り道の電車、一人みちは思った。
 
 
⇒無料で「あなたがしてくれなくても」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「あなたがしてくれなくても」で検索です
 

12話

それぞれの価値観

みちと陽介はぎこちなく挨拶をする。
 
家の中で気を使うことに陽介は疲れていた。
 
陽介は自分がみちのことを大切に思っている気持ちが伝わらないことにやきもきしていた。
 
仕事に向かう電車の中、携帯を見る三島。
 
SNSを見て今日が自分の誕生日だと気付く。
 
陽介が電車に乗り、共に出勤することになる。
 
三島が何かを言いかけるが、止める。
 
特に気にする様子を見せず聞き返さない陽一に
”良い意味で自分以外興味なさそう”
と三島が言う。
 
”奥さんに言われない?そういうところ”
”寂しいと思うよ女の人は”
そういった後、言い過ぎだと思い謝る三島。
 
”あなたにうちの何が分かるんですか”
陽一がそう言うと三島は少し驚いた。
 

記念日

楓は新名に対し八つ当たりをしたことを謝まる。
 
新名は笑って許す。
 
責任を背負ってプレッシャーを感じているという楓を新名は優しく支える。
 
2人は結婚記念日にホテルディナーに行く約束をする。
 

人間性

陽一は同僚の原田から飲みに誘われるが、断る。
 
”お前いっつも付き合い悪いよな”
そう原田が言うと
”俺ってそんなに薄情?”
と陽一が返す。
 
”自分に正直でいいんじゃねーの”
そう言う原田に””それはいいことなのか?””と陽一は疑問を持つ。
 

当たり前のこと

””急に歯車が狂ったみたいにいつもの生活が壊れていく””
””みちがなくんだ…目の前で泣いているのに俺は何もできない””
””俺はみちを抱きしめることができない””
””抱きしめてその先を期待されてもきっと俺は応えることができないから””
””どうやってみちを抱いていたのかすら思い出せない””
陽一は一人、悩んだ。
 

ビール

喫煙所で三島と鉢合わせ、涙を流す姿を見てしまう陽一。
 
驚いた陽一は、そのまま立ち去る。
 
””変なとこ見られちゃった””
””何も言わずにそのまま行っちゃうところが吉野君らしいなぁ””
と三島は思った。
 
しばらくして、陽一はビールを手にして戻ってくる。
 
 
⇒無料で「あなたがしてくれなくても」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「あなたがしてくれなくても」で検索です
 

13話

嬉しい言葉

三島と陽一は2人でお酒を飲む。
 
事情を尋ねる陽一。
 
”無理に聞かなくていいよ”
と三島が言うが、再度陽一は事情を聞く。
 
三島は誕生日であったことを話す。
 
”プライベートで色々あって人間関係リセットした”
”自分から距離置いたのにおめでとうって言われなかったことが寂しくなった”
三島はそう言って笑った。
 
”俺は別に祝ってもらえなくてもいい”
と陽一は言う。
 
そんな陽一の考え方を”羨ましい”と言う三島。
 
”でもそれが周りを傷つけるみたいなんで”
と陽一は言った。
 

誰かと一緒に

楓との約束をみちに話す新名。
 
みちは応援をし、新名はお礼をいう。
 
やり取りを終えた後みちは
””羨ましいな””
””陽ちゃんならそんなことしてくれない””
””記念日、覚えてるのかな…””
””私、このまま一人取り残されちゃうのかも…””
と思っていた。
 

一緒にいること

陽一は三島とお酒を交わして以来、度々一緒に飲んでいた。
 
出身大学や東京での暮らしの話題で盛り上がる2人。
 
みちと結婚した決め手を聞かれる陽一。
 
”一緒にいて楽なんすよね”
 

”まったく気使わず一緒にいられるんで”
そういう陽一に”やすらぎって感じ?”と返す三島。
 
””そんなに美しいものなのか?””
と陽一は思う。

ずっとこのまま

””みちはどんな俺も受け入れてくれた””
””だめなところもひっくるめて””
””俺はどんどんそれに甘えて””
””いつの間にか恋から家族愛に変わっていて””
””みちもそうだと勝手に思っていた””
陽一はみちのことを思う。
 

 

恋人として

”女の人っていつまでも恋人でいたいものなんですか?”
陽一が尋ねる。
 
”それはそうだよ”
”だってパートナーが女としてみてくれなかったら誰がみてくれるの?”
三島は答える。
 
一瞬黙った後、陽一は”追加持ってきます”とお酒を取りに行く。
 

みちとは違う女

2人はゲームの趣味が同じということで意気投合する。
 
””ゲームやりこんでるなんて恥ずかしい、寂しい女みたい””と三島は思う。
 
みちはゲームをする陽一に文句を言っていた。
 
”家事手伝って”
”ゲームばっかりしてないでどこか行こうよ”
陽一はみちにそう言われていた。
 
”…ゲームに理解ある女性っていいすよね”と陽一は言う。
 
三島は”ありがと”と笑う。
 
2人の間に妙な雰囲気ができてしまい、三島は慌てて帰ろうとする。
 
”このまま飲みません?”と陽一が止める。
 
三島は付き合うことにする。
 
タバコを吸う三島の姿を見ていた陽一は胸に視線が移る。
 
三島の体を引き寄せる陽一。
 
三島のメガネが外れ、顔と体に惹かれてしまう。
 
2人はキスをした。
 
 
⇒無料で「あなたがしてくれなくても」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「あなたがしてくれなくても」で検索です
 

14話

色気と欲望

流れるままにセックスをする2人。
 
抱き合い、指をからませて夢中になる。
 
セックスを終えると陽一はそそくさと帰った。
 
三島は陽一に呆れ、一人タバコを吸った。
 
青ざめながら歩く陽一。
 
座り込み、”やってしまった…”と後悔する。
 

記念日

 
北原が嬉しそうに彼氏からの記念日のプレゼントをみちに見せる。
 
”先輩もうすぐ誕生日ですよね?”
”旦那さんから何かもらうんですか?”
そう尋ねる北原にみちは”ケーキくらいじゃない?”と答える。
 
”寂しくないですか?””旦那さんひどい”と北原が言う。
 
”お互い欲しいものは自分で買う”とみちは言った。
 
”そんなの嫌です”
”プレゼントはされるからいいんじゃないですか”
北原は言った。
 
”ごめんね、夢のないこと言って”
そう言ってみちは笑う。
 
北原がみちに”プレゼントをする”と意気込んだ。
 
”…ありがとう”とみちは嬉しそうにする。
 

プレゼント

みちが歩いていると新名が花束を買うところを見つける。
 
””そういえば今週末結婚記念日って言ってたな””
””新名さんの奥さんがうらやましくて仕方ない””
””女性が花をもらって喜ぶ感情が若いころはわからなかった””
””花より服やバッグアクセサリーが欲しかった””
””でも今ならわかる””
””花が嬉しいんじゃない――その奥にある気持ちが嬉しいんだ””
そう思った後、みちはうつむいて歩きだす。
 

取り繕い

 
陽一は三島に対し、”昨日のこと、なかったことにしてもらえませんか”と言った。
 
 

”…おっけー”と三島は受け入れる。
 
”助かります”と言い、陽一は謝る。
 
別れた後三島は””意外と小心者なんだ””と思った。
 

大切な女

””私って本当、男見る目ないな””
””違う、またバチがあたっただけだ””
三島は過去を思った。
 
”不倫ってのは結局奥さんの次なのよ”
”一番じゃないの”
”それって大事にされてないのと一緒なのよ”
”男から性的な目的だけで見られるのってむなしいだけなのよ”
母親と思われる人物が頭を抱えて言う姿を学生の頃の三島は見ていた。
 
””だから私、幸せになれないんだ””
三島は自分の性質を恨む。
 

花束

帰った陽一はみちの顔を見ると気まずい気持ちになる。
 
目を逸らした陽一はみちにたどたどしく花束を渡す。
 
みちはとても喜んだ。
 
”ありがとう”
”ありがとう陽ちゃん”
そう言ってみちは涙を流した。
 
 
⇒無料で「あなたがしてくれなくても」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「あなたがしてくれなくても」で検索です
 

15話

気のゆるみ

忙しく仕事をする楓。
 
”結婚記念日じゃなかったんですか?”
そう部下が言い、自分一人で仕事をすると申し出る。
 
部下のミスに付き合っていた楓は”大丈夫”と言って手伝い続ける。
 
かつて浮気と離婚を経験したであろう同僚から注意される。
 
”そんなことで怒るような人じゃないから”と楓は言った。
 

寂しさ

 

新名は一人、楓を待っていた。
 
”ごめんなさい、部下がミスしちゃって間に合いそうにないの”
”部屋には遅くなると思うけど行くから”
楓から謝罪の電話が入り沈黙する新名。
 
しばらくして”わかった、頑張って”と笑う。
 
1人座った新名は孤独を抱えた。
 
楓の席には新名が買った花束が置かれていた。
 

態度の裏

みちの嬉しそうな様子に北原は”今日明るいですね”と笑いかける。
 
”旦那が花くれたんだよね”
”そんなことする人じゃないのに”
嬉しそうに言うみちに
”気をつけたほうがいいですよ”
”経験上やましいことがあったときなんですよね”
”特に普段そういうことしない人は”
と北原は恨めしそうに言った。
 

他人の気持ち

””陽ちゃんに限って””
ボーッとみちが思いながら歩いていると新名と会う。
 
結婚記念日のことを聞かれて一瞬黙り込む新名。
 
”はい、楽しかったです”
新名は笑っていたが、目は虚ろだった。
 
陽一からのプレゼントでいっぱいだったみちは新名の様子に気づかなかった。
 

ホテルで

結婚記念日、遅れてからホテルに着き夜景を眺める楓。
 
後ろから抱きしめ、楓を求める新名。
 
楓は立ち尽くす。
 
”どうして楓はそうやって避けるの?”と新名が聞く。
 
”ごめん、疲れてるの”楓は答える。
 
”疲れてるのはわかってる”
”だから俺は精一杯楓に負担をかけないようにやってきた”
”今日だけでも、今だけでも俺のために頑張ることはできない?”
悲しそうな顔をする新名。
 
楓は”わかった”と言い歩き出す。
 

求め合い

”どうぞ、それであなたが満足するなら”
淡々と服を脱ぐ楓。
 
楓に服を着せ”ごめん”と謝る新名。
 
”私は遊んでるわけじゃない”
”仕事のことで頭がいっぱいでそんな気になれないの”
”誠はわかってくれてると思ってた”
疲れ切った様子で楓は言う。
 

暖かい家庭

 
””俺が悪いんだ””
””楓が大変なのはわかってたのに””
””でもどうしても””
””男として必要とされている自信が欲しかった””
家の前で新名は立ち尽くす。
 
近所では夕飯の良いにおいがしていた。
 
””お腹空いたな””
””入りたくない””
””一人でいたくない””
新名の心はギリギリの状態だった。
 

陽一と新名

鼻歌を歌いながら陽一からの花を飾るみち。
 
陽一が帰ると嬉しそうに出迎える。
 
””花1つでこんなに変わるものなのか…?””と陽一は驚く。
 
”ごめん”唐突に謝る陽一にキョトンとするみち。
 
”その…今までのこと…”と言う陽一。
 
携帯が鳴り、取ろうとするみちの腕をつかむ。
 
そのままキスをする陽一にみちは驚いて目を見開く。
 
電話が鳴り続ける中、陽一はキスをし続けた。
 
みちの笑顔を思い出した新名は、求めるように電話をしていた。
 
 
⇒無料で「あなたがしてくれなくても」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「あなたがしてくれなくても」で検索です
 

あなたがしてくれなくても 2巻の感想

1巻から、更にみちさんのことがよくわからなくなりました。
 
不倫状態になりましたが、新名さんはみちさんを利用しているようにも見えます。
 
楓さんにあんなに優しくしていたのにおめでとうの言葉も言えなくなっていて怖かったです。
 
北原さんは相変わらずな感じで見ていて1番楽しいキャラクターかもしれないな、と思いました。
 
でも、不倫関係を知ってしまったらどうなるのだろうと思います。
 
みちさんには懐いているように見えるので不安です。
 
陽一さんもまた勢いからなのか、浮気をしてしまって色々大変だなと思いました。
 
陽一さんは浮気ですが、みちさんは不倫なので始末が難しそうだなと思います。
 
三島さんは過去に何があったのかな。
 
全ての人間関係を断ち切るほどって、どんな状態なのでしょうか。
 
陽一さんの花束は、罪悪感からなのでしょうか。
 
寂しいときに近所で団らんの様子を感じる何とも言えない気持ちは何となくわかる気がしました。
 
 
⇒無料で「あなたがしてくれなくても」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「あなたがしてくれなくても」で検索です
 

無料で「あなたがしてくれなくても」を読む方法

 
無料で「あなたがしてくれなくても」を読む裏ワザ!
 
 
「試し読みじゃ物足りない…」
「ブックオフに置いてない…」
「スマホでこっそり読みたい…」
「コミックサイトは色々あってどれにしようか迷ってる…」
「安全で信頼できる大手サイトを無料で試したい…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。
 
そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。
 
実はFODなら無料で「あなたがしてくれなくても」を読むことができます。
 
FODはフジテレビの動画配信サービスで、ドラマで有名ですが漫画も沢山扱っています。
 
FODプレミアムなら1カ月で最大1300ポイント貰えて、「あなたがしてくれなくても」を1300円分も実質無料で読めます。
 
ポイント消費0完全無料1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!
 
初回2週間無料トライアルの期間に解約した場合は月額料金はかかりません。
 
いろんな種類の雑誌も無料で読み放題です。
 
ポイントプレゼントと無料お試し期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。
 
スマホから簡単にできるので、この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!
 

※無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!
 
【お得な利用方法】
ポイントで「あなたがしてくれなくても」を、無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。


U-NEXT<ユーネクスト>(R18)