⇒無料で「暁のヨナ」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「暁のヨナ」で検索です
 

暁のヨナ 17巻とは?

出版社:白泉社
発売日:2015/3/20
作者 :草凪みずほ

水の部族領を離れたヨナ達一行は、地の部族領・国境沿いのとある村で少年・カルガンと出会う。彼を家に送り届けるため、国境を越えた一行を待ち受けるものは…!?

 

暁のヨナ 17巻のネタバレ

第95話 他国の少年 のネタバレ

少年との出会い

スウォンが南戒への進軍を決定した数日後。
 
ヨナ一行は地の部族領である国境沿いのとある村にやってきた。
 
その村で、ヨナはとある子どもに持っていた塩むすびを盗まれてしまう。
 
子どもを捕まえたヨナは、その子どもがお腹を空かせていることに気付いた。
 
そこでヨナは弓を使い、飛んでいた鳥を射って子どもに差し出した。
 
これを店に持って行けばいくらかで買い取ってもらえると思うわと言ってヨナは鳥を差し出す。
 
その瞬間、子どもの目が尊敬のまなざしに変わった。
 
よくよく話を聞いてみると、その子どもは川の向こうからやってきたと言う。
 
川の向こうと言えば、戒帝国だ。
 
まさか…と思うヨナ一行だったが、子どもは戒帝国から来たことをあっけなく認めた。
 
なぜこちらに来たのか尋ねると、高華王国がどんなところか見てみたかったと言う。
 
ヨナから食べ物をもらい満足したその子どもは、もう戒帝国に帰るよと言った。
 
しかしその時、シンアが突然全員を木陰に隠した。
 
川のところに兵士が百人ほど姿を現していると言うシンア。
 
家に帰れなくなって困った子どもを見て、ヨナはどこか他に道はないかとジェハに尋ねた。
 
するとジェハは、僕がいれば何とかなる道ならあると言う。
 
それを聞いたヨナは、子どもを村まで送っていってあげると告げた。
 
すると、子どもは嬉しそうに目を輝かせるのだった。
 

カルガンの村へ

子どもは自分の名をカルガンと名乗った。
 
ヨナ一行は険しい道をたどりながら、カルガンの村を目指す。
 
疲れたと言ってしゃがみ込んでしまうカルガンをキジャがおぶり、先を急いだ。
 
そしてとうとうカルガンの村が丘の向こうまで迫る。
 
カルガンは嬉しそうに声を弾ませた。
 
するとその時、カルガンをおぶっていたキジャが突然シンアにカルガンを託す。
 
もうバテたのかい?とジェハがからかうと、その瞬間にキジャが突然倒れてしまった。
 
一行は突然の出来事に驚愕するのだった。
 
 
⇒無料で「暁のヨナ」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「暁のヨナ」で検索です
 

第96話 黒雲 のネタバレ

キジャの不調

キジャが突然倒れてしまった。
 
身体に触れてみると、何とキジャは熱を出していた。
 
するとカルガンは、自分の村に行こうと言う。
 
カルガンの言う通り、ヨナ一行は村を訪れた。
 
しかし、ヨナ一行の怪しい風貌を見た村の人々は警戒心を強めた。
 
カルガンは、自分が高華国で彼らに世話になったのだと必死に訴える。
 
それを聞いたカルガンの父親は、渋々ヨナ一行を家に案内するのだった。
 

奪還

一方その頃、スウォンの元には南戒からの手紙が届いていた。
 
スウォンが金州返還の件で手紙を出していたのだ。
 
当然南戒は金州返還を受け入れなかった。
 
しっかり仁義をきったうえで、スウォンは金州奪還に向けて戦略を練るのだった。
 

しぶとく生きて

キジャの介抱の為、カルガンの村に身を寄せていたヨナ一行。
 
するとキジャがようやく意識を取り戻す。
 
キジャの熱の原因が未だに分からず、ユンも困惑していた。
 
するとその時、ジェハがヨナとハクに散歩と言う名の偵察に行くよう勧める。
 
ユンも水をもらうために席を外した。
 
残されたのは四龍だけになったその時、ジェハがキジャに龍の手の調子はどうかと尋ねた。
 
いつも通りというわけにはいかないが…とキジャが言うと、ジェハは白龍の里に新たな龍が生まれたという訳ではないよね?と問いかける。
 
それを聞いてキジャの顔色が変わったが、そういう感じではないと即座に答えた。
 
それを聞いたジェハはそれならいいんだと返した。
 
確かに四龍は永くは生きられない。
 
しかし、私はいつでもあの御方のために命を捧げる覚悟だ。
 
キジャはそう言って笑った。
 
するとそこにユンが帰ってきてしまう。
 
四龍が寿命が短いと言う話は本当なのかとユンが尋ねると、キジャはそれを半ば認めて例え新たな龍が生まれてもすぐに死にはしないと答えた。
 
それを聞いたユンは、頼むからしぶとく生きてよねと言って涙を浮かべるのだった。
 

不安な空模様

その夜、ヨナは何となく不安に襲われていた。
 
どす黒い雲が空一面に広がっている。
 
どこか遠くから嵐の足音がすると思ったヨナは、早くキジャを治して高華国に戻らなくては…と思った。
 
するとその時、ヨナの元にジェハが現れる。
 
キジャの様子はどうかとヨナが尋ねたその時、ジェハが突然ヨナを抱き締めた。
 
いきなりの出来事で困惑していると、ジェハはそのまま倒れ込んでしまう。
 
ジェハの様子がおかしいことに気付いたヨナは、必死にジェハの名前を呼ぶのだった。
 
 
⇒無料で「暁のヨナ」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「暁のヨナ」で検索です
 

第97話 答えを探して旅をする のネタバレ

原因不明の病

キジャに続き、ジェハも原因不明の病に倒れてしまった。
 
村人たちも怯えてしまい、ここから出て行ってくれと言い始める。
 
村人たちの言うことはもっともだと思い、ヨナ一行は村を去ろうとした。
 
しかしその時、シンアが兵がたくさんいると言い出した。
 
何と遠くで戦が始まり、高華国が攻めてきたと言うのだ。
 
それを聞いたヨナは衝撃を受ける。
 
そしてその時、シンアまでもが突然倒れてしまった。
 

守ってやる

ゼノ以外の四龍たちは相変わらず体調が戻らない。
 
ゼノは自分が看病すると申し出て、四龍の元に向かった。
 
苦しそうにうめく3人に、ゼノは緋龍城から離れたからだと言う。
 
元々自分以外の龍はあまり丈夫じゃないし、病なんかには子供みたいに抵抗力が弱い。
 
それを聞いたジェハは、だから龍の里が国外までは移動しなかったのか…と悟った。
 
いくらか気持ちが楽になった3人は、吸い込まれるようにして眠りにつく。
 
その寝顔を見ながら、俺は四龍の落ちこぼれだけどお前らを絶対守ってやるよと口にしたゼノだった。
 
 
⇒無料で「暁のヨナ」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「暁のヨナ」で検索です
 

第98話 逃げろ のネタバレ

立ち向かうハク

金州を巡っての高華国と南戒の戦は、高華国の圧勝だった。
 
そしてその戦で新たな憎しみの連鎖が始まった。
 
その憎しみの刃は予想もしないところに向けられることとなる。
 
時を同じくして、カルガンはある覚悟を決めていた。
 
龍たちの病に心当たりがあったのだ。
 
キジャやジェハは、自分をずっとおぶって村まで来てくれた。
 
そして自分は高華国にいた時から身体が怠かった。
 
きっとみんなの病は自分から移ったんだ。
 
そう思ったカルガンは、誰にも内緒で隣町の大きな薬屋に向かった。
 
薬屋の主人に症状を話すと、多熱病の類だろうと教えてくれた。
 
この病は大人がかかるとやっかいなものだと教えられ、カルガンは頭痛と吐き気を抑える薬を手に入れた。
 
カルガンが村に戻ろうとしたその時、突然外から叫び声が聞こえた。
 
何とカルガンの目の前にはたくさんの兵たちが現れ、民たちに無差別に剣を振るっていたのだ。
 
ここはいずれ高華国のものになる。
 
奴らに何一つ渡してたまるかと叫びながら、兵たちは民に刃を向けた。
 
カルガンは必死になって村に逃げ帰ろうとしたが、兵と鉢合わせてしまう。
 
ちょうどその頃、村ではカルガンの母がカルガンの不在に気付いて探し回っていた。
 
カルガンがいなくなったことを聞いたヨナは、自分も一緒に探すと申し出る。
 
ヨナが辺りを探していると、遠くの方からカルガンの姿が見えた。
 
しかし背後から馬に乗った兵がカルガンを追ってきていたのだ。
 
ヨナはとっさに弓を引いて兵を倒す。
 
カルガンの元に駆け寄るヨナ。
 
するとカルガンは、キジャたちに薬を渡そうと思って隣町に行っていたことと、自分が皆に病を移したということをヨナに白状した。
 
そこに他の兵たちがやってきて、ヨナを狙って近づいてくる。
 
ヨナが弓を引いたその時、そこにハクが現れて兵たちを一撃で斬り捨てた。
 
兵は高華国よ呪われろ…と恨みの言葉を残して死んでいった。
 
そして村の向こうの方に、更にたくさんの兵たちの姿が見える。
 
それを見たヨナは衝撃を受けた。
 
するとハクが、自分を残して皆と逃げろとヨナに言った。
 
今戦えるのは自分だけだと言って立ち向かおうとするハク。
 
ヨナは自分も残って戦うというが、ハクはそれをキスで制した。
 
カルガンを守るのがあなたの役目だと言ってハクは笑う。
 
それを聞いたヨナは、後ろ髪を引かれる思いをしながらもカルガンの手を引いて逃げた。
 
そして四龍の元に向かい、今の状況を説明する。
 
ヨナはユンに皆と一緒に逃げるように伝え、自分はハクの元に戻って援護すると言い出した。
 
このままじゃハクが…とヨナが言うと、ユンはキジャたちだけでも逃がそうと言ってみんなの寝ている天幕に戻った。
 
するとそこにいたはずの四龍たちの姿が忽然と消えていたのだった。
 
 
⇒無料で「暁のヨナ」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「暁のヨナ」で検索です
 

第99話 闘いが終わらない のネタバレ

死なない

大勢の兵たちにたった1人で立ち向かうハク。
 
しかし、だんだんと腕が上がらなくなってきてしまう。
 
何とか必死に戦っていると、そこにキジャが現れた。
 
ジェハもシンアも駆け付け、ハクに加勢する。
 
憎まれ口を叩きながらも必死に戦おうとする四龍。
 
しかし、立っているのもやっとの身体で戦っているため普段は受けないような傷をどんどん受けてしまう四龍。
 
とうとうシンアが眼の力を使おうとするが体力が尽きて倒れてしまう。
 
絶体絶命の四龍だったが、そこにゼノが姿を現した。
 
兵たちに切りつけられ、血を流しながらも必死に戦う。
 
しかし、ゼノは剣で身体を貫かれてしまった。
 
血まみれで倒れるゼノ。
 
ヨナはとっさにゼノに駆け寄るが、明らかに手遅れだった。
 
ショックを受けるヨナを兵士が攫おうとしてしまう。
 
するとその時、ヨナの頬に誰かの手が触れた。
 
泣かないで、と言うその声はゼノのものだった。
 
死んだはずのゼノが再び立ち上がる。
 
その体についていたはずの刀傷は跡形もなく消えていた。
 
そしてゼノは、黄龍は死なないと言って不敵な笑みを見せるのだった。
 
 
⇒無料で「暁のヨナ」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「暁のヨナ」で検索です
 

番外編 飛べ のネタバレ

ガロウとジェハ

それは13年前の緑龍の里での出来事。
 
緑龍の里は、緑龍の能力をひっそりと隠して外部に漏れないよう生き続けていた。
 
そしてその里には12歳になる緑龍──ジェハがいた。
 
ジェハはその能力故に、空を跳ばずにはいられなかった。
 
そしてそんなジェハを追いかけるのは、先代緑龍であるガロウの役目だった。
 
ガロウに囚われたジェハは鎖でつながれて幽閉される。
 
しかし、ジェハは再び牢から逃げ出し、そんなジェハをガロウが捕まえる。
 
そんな鬼ごっこの日々がもう何年も続いていた。
 
ところがある日、ガロウの龍の脚に全く力が入らなくなってしまった。
 
それでガロウは死期が迫っていることを悟る。
 
混乱したガロウはジェハの元に行き、無抵抗のジェハの顔が変形するまで殴り続けた。
 
ガロウが力尽きると、ジェハは気が済んだ?と言って鎖を断ち切った。
 
自分の力が全てジェハに渡ったことを悟ったガロウ。
 
しかしその時、ジェハがガロウに手を差し伸べた。
 
──僕と空へ行こう。
 
ジェハのその言葉に、ガロウは思わず手を取ってしまう。
 
しかし外には里の人たちが待ち構えていた。
 
ここから外にだすわけにはいかないと2人に弓を向ける里の人たち。
 
それを見たガロウは、叫び声をあげながら里の人たち目掛けて飛び込んだ。
 
そしてジェハに、誰がお前なんかと一緒に行くかと吐き捨てた。
 
1人でどこにでも行っちまえ!と言って里の人たちを蹴散らしていくガロウ。
 
2度と帰ってくるなと言われたジェハは、振り返らずに飛び立っていった。
 
ジェハが去っていく後姿を見ながら、ガロウは消えゆく意識の中でジェハの無事を祈ったのだった。
 

暁のヨナ 17巻の感想

ゼノの能力がとうとう明かされました!
 
他の四龍たちと違って目立った能力を見せていなかったゼノでしたが、その能力は不死身の身体だったのですね。
 
ゼノが死んでしまったかと思ってヨナと一緒にショックを受けてしまいましたが、ゼノが落ち着いた様子で敵に立ち向かっていくところを見るとなんだか心強く思えました。
 
果たしてこの大量の敵をゼノはどうやって倒していくのでしょうか。
 
次巻も必見です!
 
 
⇒無料で「暁のヨナ」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「暁のヨナ」で検索です
 

無料で「暁のヨナ」を読む方法

 
無料で「暁のヨナ」を読む裏ワザ!
 
 
「試し読みじゃ物足りない…」
「ブックオフに置いてない…」
「スマホでこっそり読みたい…」
「コミックサイトは色々あってどれにしようか迷ってる…」
「安全で信頼できる大手サイトを無料で試したい…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。
 
そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。
 
実はU-NEXTなら無料で「暁のヨナ」を読むことができます。
 
U-NEXTは動画配信サービスで有名ですが漫画も沢山扱っています。
 
U-NEXTなら登録時に600ポイント貰えて、「暁のヨナ」を600円分実質無料で読めます。
 
ポイント消費0完全無料1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!
 
31日間無料トライアル実施中で無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。
 
いろんな種類の雑誌も無料で読み放題です。
 
600円分のポイントプレゼントと無料トライアル期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。
 
スマホから簡単にできるので、この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!
 

 
【お得な利用方法】
600円分のポイントで「暁のヨナ」を、無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。
 
※本ページの情報は2020年5月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。


U-NEXT<ユーネクスト>(R18)