⇒無料で「今日、恋をはじめます」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「今日、恋をはじめます」で検索です
 

今日、恋をはじめます 7巻とは?

出版社:小学館
発売日:2009/10/26
作者 :水波風南

高校2年に進級し、クラスが別れてしまった2人。そしてつばきのクラスに京汰(きょうた)の親友・ハルが転校してきた!つばきは彼から、京汰が過去にハルの恋人を奪ったと聞かされる。しかしあくまで京汰を信じるつばきに、突然ハルがキスしてきて――!?ラブ2番外編「Side:KYOTA」も収録!

 

今日、恋をはじめます 7巻のネタバレ

38話のネタバレ

京汰とハル

キスをされたつばきはしばらく固まっていた。
 
これで君からのお礼はもらったから、僕の席と交換してあげると笑うハル。
 
つばきは注意されたばかりなのに隙を狙われてしまったことを反省した。
 
京汰に合わせる顔がないと、つばきは落ち込むのだった。
 
放課後の教室で机に突っ伏していると、そこへやってきたのは京汰だった。
 
つばきの座っている席を見て、ハルと席を代わってもらった事に気付いた京汰。
 
京汰は、ハルが交換条件を出して来なかったのかと尋ねる。
 
つばきはギクッとして、言葉に詰まっていた。
 
そこへやって来たハルは、お礼としてキスをもらったんだと言うのだった。
 
京汰はハルに掴みかかった。
 
胸を掴まれたハルは、京汰も僕の梨加に同じようなことをしたじゃないかと言うのだった。
 
それでも京汰はハルに向かって拳を向ける。
 
それを止めたのはつばきだった。
 
つばきは自分のせいだと言うのだった。
 
私の用心不足で挨拶のキスを防げなかった、とつばきは叫ぶように謝った。
 
ハルはつばきが冗談を言っているように思ったが、つばきは本気だった。
 
つばきはハルがしたキスを挨拶のキスだと思っていたのだ。
 
つばきの声で目が覚めた京汰はつばきを連れて行ってしまうのだった。
 
帰り道、京汰は何も言わない。
 
つばきが焦っていると、お前はキスされてショックじゃなかったの?と京汰が尋ねる。
 
つばきは、挨拶のキスって分かっていたし…と気にしていない様子だ。
 
京汰は怒っているわけではないと言っていたが、それを取り消すと言ってつばきを暗い路地へ引き込んだ。
 
京汰は周りの確認もせず、道の端でつばきにキスを始めた。
 
京汰は力任せなキスをして、つばきを抱きしめた。
 
俺のせいでこんな事になってごめんと、京汰は謝った。
 
その夜、ハルと京汰は公園で会っていた。
 
京汰は、お前変わったなとハルに言う。
 
昔は好きでもない女とキスできるようなやつではなかったと京汰は言った。
 
君との約束を果たすためだから仕方がないよと言う京汰。
 
京汰は放課後の教室でハルを殴れなかった分、思いっきりハルを殴った。
 
そして、どんなことがあっても俺の気持ちは揺るがないと言う京汰。
 
しかしハルはニヤリとして、つばきの方はどうかな?と笑うのだった。
 
 
⇒無料で「今日、恋をはじめます」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「今日、恋をはじめます」で検索です
 

39話のネタバレ

買い出し

ハルには近付かないでおこうと決めたつばきだったが、なぜかハルと2人で学園祭実行委員をやることになってしまった。
 
ハルが最初に立候補し、つばきを指名したのだ。
 
京汰が彼氏のつばきならイケメンのハルと委員をやっても問題ないだろうという女子たちの総意でなぜか委員に決まってしまったつばき。
 
つばきは申し訳なさそうに京汰に謝った。
 
放課後、つばきと京汰は一緒に買い出しに行くことになった。
 
学園祭の買い出しは思ったよりも多く、かごを持っていたつばきはヨロヨロと歩いていた。
 
それを見た京汰はかごをヒョイと奪い、無理すんなよと言うのだった。
 
つばきはその言葉に顔を赤くした。
 
買い出しからの帰り道、京汰はハルから聞いたんだろ?とつばきに尋ねる。
 
それはハルの昔の恋人を京汰が横取りしたという話だった。
 
つばきは、それを聞いても正直何も思わなかったと言う。
 
驚く京汰に、つばきは続けた。
 
今さら過去の被害者を1人追加されたところで何も気持ちは変わらないとつばきは言うのだった。
 
最低なところより、京汰にはいいところがいっぱいあるからと下を向いて恥ずかしそうにするつばき。
 
京汰はそんなつばきを見てドキッとするのだった。
 
学校に買った物を置いた2人。
 
京汰はこの後バイトなんだと言って先に帰ることにした。
 
つばきはなぜか京汰への気持ちが溢れ出した。
 
帰っていく京汰を追いかけたつばき。
 
つばきは京汰を振り向かせて、素早くキスをした。
 
大好きだと、つばきは思うのだった。
 
つばきもやることを終え、早く帰ろうとしていた。
 
そこへ現れたのはハルだった。
 
ハルは教室を出ようとするつばきの前に立ちはだかり、つばきを教室へと押し戻した。
 
 
⇒無料で「今日、恋をはじめます」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「今日、恋をはじめます」で検索です
 

40話のネタバレ

恐怖心

つばきを押し倒したハルにつばきは動揺する。
 
こういうアメリカ式の挨拶はもう止めてくれる?とつばきは言うのだった。
 
ハルは少し笑って、つばきってどこまで鈍いの?と首筋にキスをした。
 
そして一瞬のうちに服を脱がされ、つばきは下着姿になった。
 
梨加もそうやって嫌がっても止めてもらえなかったんだよと言ってハルは下着の中へ手を入れていく。
 
梨加は京汰に処女を奪われたことに引け目を感じて、ハルとは別れることになってしまった。
 
そんな過去から、ハルは京汰を許せなかったのだ。
 
過去を知っても京汰を好きでいるの?とハルはつばきの体にキスをし始める。
 
つばきはハルの力が強くて逃げられない。
 
怖いとつばきは思ったその時、胸元に水滴が落ちてきた。
 
つばきがハッとして見上げると、ハルは泣いていた。
 
こんなひどいことできる訳が無いと、ハルは涙を流していたのだ。
 
ハルはごめんねと謝った後、教室を出て行った。
 
つばきは怖かったと言ってうずくまる。
 
こんなことを京汰はやっていたのかと思うと、少し京汰のことが怖くなってしまうのだった。
 
次の日、雨が降っていたので相合い傘をして帰ることになったつばきと京汰。
 
つばきはなかなか京汰に近付くことができず、京汰は不審に思っていた。
 
人前でくっついたりするのが恥ずかしいと口実を言って、つばきは雨の中走って帰ることにした。
 
家についてから来た京汰のメールには、風邪ひくなよと書いてあった。
 
そこでつばきは、京汰はすごく優しくてその優しさに何度も救われてきたのだと思い返した。
 
だが今は知りたくなかった過去を知って動揺している。
 
つばきは、距離を置きたいです、と京汰にメールを送るのだった。
 
 
⇒無料で「今日、恋をはじめます」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「今日、恋をはじめます」で検索です
 

41話のネタバレ

距離

次の日、教室で学園祭の準備をしていたつばき。
 
そこへ京汰がやってきて、話があると言いつばきを連れて行った。
 
壁に手を突いて、京汰はつばきにメールの真相を尋ねた。
 
俺なんかした?と聞く京汰に、最近実行委員の仕事が忙しくて…と嘘をつくつばき。
 
俺のせいじゃないなら何で目を合わせないの?と京汰はつばきにキスをした。
 
つばきは身動きが取れなかった。
 
ハルの彼女にも、力づくでひどいことしたの?と尋ねるつばき。
 
つばきは昨日あったことを、全て京汰に話した。
 
つばきの手首にはハルにつかまれた時にできたアザが残っている。
 
京汰はカッとなってハルのところへ向かおうとするが、そんな京汰につばきは言った。
 
京汰はあんなひどいこと、どうしてできたの?
 
それを聞いた京汰はつばきに近付き、もう別れようと言うのだった。
 
嫌いになった、と言う京汰。
 
俺と付き合ったせいで嫌な思いばかりさせてごめんなとつばきの頭を撫でる京汰の手は震えていた。
 
つばきは何も言えずその場に座り込んでいた。
 
一方の京汰は、つばきと別れる気なんてなかった。
 
だがつばきに嫌な思いをさせているのは俺なんだと気付いた時、そばになんていてやれないと思ったのだ。
 
 
⇒無料で「今日、恋をはじめます」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「今日、恋をはじめます」で検索です
 

42話のネタバレ

失恋

何とか前に進もうとするつばきだが、それは空回りに終わる。
 
そんなつばきを見たさくらは、つばきの話を聞くことにした。
 
そしてさくらは、京汰がレイプなんてするわけないでしょ!と叫んだ。
 
黙っていても女の方から寄ってくる京汰が無理やりレイプなんてするわけないとさくらは言う。
 
それを聞いて、確かに京汰は無理やりしても意味ないんだよと言っていた。
 
そしてさくらは、レイプされたと言っている女の方に問題があるのではないかと言う。
 
それに対して、京汰はそんなこと言っていなかったと言うつばき。
 
さくらは、最初から自分のことを信じてくれないような人には言えないよと返すのだった。
 
その言葉にハッとしたつばき。
 
つばきはハルの言葉を聞いただけで、京汰から真相は一回も聞いていなかったのだ。
 
その夜、ハルと京汰はまたしても公園で会っていた。
 
京汰はハルに、今度は俺が復讐する番だからなと言った。
 
京汰は怒っていた。
 
なぜならハルの復讐で傷つけていいのは京汰だけのはずなのに、つばきがあんなに傷付く理由など無かったからだ。
 
次の日、学校にはハルも京汰も来ていなかった。
 
つばきが心配そうにメールのチェックをしていると、そこへある女学生がやって来てこう言った。
 
京汰がハルを殴って謹慎処分だって。
 
つばきはそれを聞いて目を見開くのだった。
 
 
⇒無料で「今日、恋をはじめます」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「今日、恋をはじめます」で検索です
 

43話のネタバレ

謹慎処分

教室では噂が飛び交っていた。
 
京汰へのバッシングを口々に言い合うクラスメイトに、つばきは思わず立ち上がった。
 
京汰は理由もなくこんなことをする人じゃないし、何か理由があるはずだとつばきは言った。
 
私は京汰から理由を聞くまで京汰を信じるとつばきは言うのだった。
 
しかし1週間も待っていられないと思ったつばきは家の前まで来てしまった。
 
勇気を出してインターフォンを鳴らすと中から出てきたのは京汰の父親だった。
 
父親は京汰に似た笑顔で出てきた。
 
そして用件を聞くと、父親は中へ入り京汰に伝えてくれたようだ。
 
しかし次に出てきたのも父親で、京汰は会いたくないと言っているのだと言った。
 
つばきは父親に頭を下げて帰ろうとした。
 
しかしどうしても直接言いたいことがあり、つばきは京汰の部屋の窓を眺めていた。
 
すると中からは机をひっくり返して叩きつけるような音が響いてきた。
 
つばきは驚いてカーテンの隙間から中を見ると、そこではさっきまで優しをい笑顔だった父親が鬼の形相で暴れていた。
 
あのクソガキ…俺の顔に泥を塗りやがって、と父親は叫ぶ。
 
これが本性なのかと怖くなったつばきは、父親に気づかれる前に家の前から逃げ出したのだった。
 
その後、西希たちにアドバイスをもらって公園にやってきたつばき。
 
そこには望遠鏡が立てられていた。
 
つばきは京汰がいることを確信した。
 
京汰は星が好きで、望遠鏡を持っていたからだ。
 
そこへやってきたのは京汰だった。
 
 
⇒無料で「今日、恋をはじめます」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「今日、恋をはじめます」で検索です
 

44話のネタバレ

もう一度

久しぶりに京汰と会ったつばきは、言いたいことがあるのに言葉に詰まっていた。
 
謹慎中なんだから外を出歩いたらダメでしょうと言うつばき。
 
思わず出た言葉だったが、言いたいのはこれではないとつばきは頭を抱えた。
 
未練たらしくてうざいから帰れよと言う京汰。
 
それでも帰ろうとしないつばきを押し倒した京汰は、お前も梨加と同じ目にあわせるぞとささやいた。
 
つばきは、それでもいい!と言う。
 
京汰は無理やりひどいことをする人じゃないと言うつばきに、京汰は目を見開いた。
 
そしてつばきは、他の誰よりも京汰を信じなきゃいけなかったのに、ひどいことを言ってごめんなさい!と言うのだった。
 
京汰は背中を向けて去ろうとした。
 
そんな京汰の背中に、つばきは話しかける。
 
京汰は嫌な思いをさせてごめんと言ったけど、私は京汰と付き合って幸せだったよ。
 
その言葉を聞いた京汰はつばきを抱きしめた。
 
そして、嫌いと言ったのも別れたいと言ったのも嘘だと言う。
 
そして京汰はつばきのために別れを告げたのだと打ち明けた。
 
仲直りをして2人はもう一度付き合うことになり、好きだと言い合ってキスをした。
 
 
⇒無料で「今日、恋をはじめます」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「今日、恋をはじめます」で検索です
 

今日、恋をはじめます 7巻の感想

ハルの恋人だった梨加は、京汰に乱暴されたためにハルと別れたそうです。
 
しかしこの事件の真相はまだ分かりません。
 
どうやら京汰が梨加を襲ったのは深い理由があるようですが、その真相は次の話に期待しましょう。
 
そして京汰のことを信じてあげられなかったつばき。
 
ハルから聞いたことを全て信じてしまい、つばきは京汰を疑ってばかりでした。
 
そんな中アドバイスを与えたのはさくら。
 
さくらは、信じてもらえそうにない人には真相を言わないものだとつばきに言う。
 
どうやらさくらは、つばきの恋愛を導いてくれる存在のようですね。
 
そのアドバイスを受け、つばきは自分の思いを伝えると京汰も強がって別れを告げてしまったことを話します。
 
お互いの誤解を解くことができた2人は、再び恋人としてキスをします。
 
あのシーンにはキュンキュンしてしまいましたね。
 
さて、そんな2人を待ち構える次巻の展開に期待が高まります。
 
 
⇒無料で「今日、恋をはじめます」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「今日、恋をはじめます」で検索です
 

無料で「今日、恋をはじめます」を読む方法

 
無料で「今日、恋をはじめます」を読む裏ワザ!
 
 
「試し読みじゃ物足りない…」
「ブックオフに置いてない…」
「スマホでこっそり読みたい…」
「コミックサイトは色々あってどれにしようか迷ってる…」
「安全で信頼できる大手サイトを無料で試したい…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。
 
そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。
 
実はU-NEXTなら無料で「今日、恋をはじめます」を読むことができます。
 
U-NEXTは動画配信サービスで有名ですが漫画も沢山扱っています。
 
U-NEXTなら登録時に600ポイント貰えて、「今日、恋をはじめます」を600円分実質無料で読めます。
 
ポイント消費0完全無料1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!
 
31日間無料トライアル実施中で無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。
 
いろんな種類の雑誌も無料で読み放題です。
 
600円分のポイントプレゼントと無料トライアル期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。
 
スマホから簡単にできるので、この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!
 

 
【お得な利用方法】
600円分のポイントで「今日、恋をはじめます」を、無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。
 
※本ページの情報は2020年5月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。


U-NEXT<ユーネクスト>(R18)