⇒無料で「わたしの幸せな結婚」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「わたしの幸せな結婚」で検索です
 

わたしの幸せな結婚 4話とは?

出版社:スクウェア・エニックス
作者 :顎木あくみ(著), 高坂りと (著), 月岡月穂

異能の家系に生まれながら、その能力を受け継がなかった娘、斎森美世。能力を開花させた異母妹に使用人のように扱われていた。親にも愛されず、誰にも必要とされない娘。唯一の味方だった幼馴染も異母妹と結婚し家を継ぐことに。邪魔者になった美世は冷酷無慈悲と噂される久堂家に嫁ぐことに…。「小説家になろう」発! 和風ファンタジー×嫁入り。結婚から始まる恋愛の物語。

 

わたしの幸せな結婚 4話 “おかしな婚約者” のネタバレ

失われる居場所

香耶が3歳の頃、見鬼の才を発現させた。
 
そのことにより、父と継母との関係はさらに悪化する。
 
周りの使用人たちも、美世が何の異能もないのだと噂していた。
 
そして、美世の居場所は徐々に奪われていく。
 
どんなに貧しい暮らしでも、普通の温かい家庭に生まれたかった。
 
斎森家に生まれたことを、何度も何度も後悔する。
 
唯一美世の味方をしてくれたのが、使用人の花。
 
美世が蔵に閉じ込められた時に助けてくれて、その後継母により解雇された。
 
昨日に続き、また嫌な夢を見て目を覚ます。
 
斎森家を出ても、自分の価値のなさに対する戒めだと思う。
 
着物を取り出し、着替えた美世。
 
この着物は使用人から譲ってもらったが、もらったときにはすでに着古されていた。
 
もう寿命が近く、ほつれている。
 
着物を縫うために、裁縫道具がないかゆり江に聞いてみることにした。
 

頼まれた朝食

台所へ行くと、すでにゆり江が仕事をしている。
 
昨日のことがあったため、いつもより早めに来たようだ。
 
ゆり江は美世に、今日の朝食はどうするかと問いかける。
 
昨夜清霞は、美世に食べなかったことを謝り明日は作ってほしいと頼んでいた。
 
そのことを聞いたゆり江は、優しく笑う。
 
そしてゆり江も手伝い、清霞の朝食を作ることにした。
 
ゆり江はとても手際よく、隣にいるだけで勉強になる。
 
途中で美世は、裁縫道具がないかと聞いてみた。
 
あとで部屋に持っていくと言うゆり江、令嬢でも裁縫はするため怪しまれていない。
 
さすがに、着物を縫うとは言えなかった。
 

涙のわけ

朝食を配膳したタイミングで、清霞が部屋へ入って来た。
 
今朝は、三人で朝食を食べる。
 
一緒に食べるのだと言われた美世は、謝りかけたがすぐに「いただきます」と言い直した。
 
味は普通だが、清霞には不味く感じるだろうと思う美世。
 
ところが清霞の反応は、ゆり江とは味付けが違うが美味しいと口にした。
 
人に褒められたのは何年ぶりだろうか、美世の目からは涙が溢れ落ちる。
 
清霞には、美世がなぜこのタイミングで泣くのかわからない。
 
褒めたつもりだったが、気に入らなかったのかて考える。
 
ゆり江と比べてしまい、美世を傷つけたのかもしれない。
 
でも美味しかったのは、紛れもなく本心である。
 
いつもの味付けとは違うが、すんなりと馴染んできた。
 
泣きながら謝る美世に、どうしていいかわからない清霞。
 
美世は褒められたことが嬉しくて、つい涙が出てしまったのだと話した。
 
こんな些細なことで泣いて喜ぶ美世、どんな環境で生まれ育ったのか全く背景が見えない。
 
そして、これまでの令嬢たちとは全く違うのだと感じた。
 

気になる斎森家

清霞は出かける前、ゆり江に美世のことを話す。
 
自分の感覚がおかしくないのなら、美世は名家の令嬢として育っていない。
 
ゆり江も、その意見に賛成である。
 
まだ美世が演技をしているのではないかと疑う気持ちがあったが、あの涙で演技ではないことを確信した。
 
きっと、本人に聞いても何も話さない。
 
そう思った清霞はゆり江にも探りを入れるように頼み、少し調べることにする。
 
ゆり江は美世に興味を持った清霞のことが嬉しく、からかうような言葉をかけた。
 
自覚している清霞は、恋愛感情を持っているわけではないと否定する。
 
そんな感じでは、一生独身生活になるとゆり江は言う。
 
本当のことを言われ、言い返せない清霞。
 
そしてゆり江に美世が妻にピッタリだと言われ、この数日間で美世を気に入った様子だと悟る。
 
車に乗り込み斎森家のことを考えながら、これからどうなるかわからないが異能持ちの名家を調べることは必要だ。
 
厄介な事実が見つからなければいいと思いながら、清霞は出かけて行った。
 
その頃、斎森の父と辰石の父が話をしている。
 
本当は辰石の長男の嫁に、美世を欲しかった。
 
その話を無視して、斎森の父は美世を久堂家へ嫁がせたのだ。
 
美世の母親は、薄羽家の娘でその異能はかなり貴重である。
 
その異能を継がなかった美世だが、人に干渉する力は捨てがたい。
 
斎森の父は、どうせ捨てた娘なので久堂家から追い出されたときは好きにすればいいと言った。
 
辰石の父は、美世の価値を見誤ってる斎森の父を気に入らない。
 
もしかしたら、金の卵を産むかもしれない美世。
 
今後の美世の処遇には、一切口を出さないことを確認した辰石の父。
 
久堂家に、美世を奪われてはたまらないと思った。
 
⇒無料で「わたしの幸せな結婚」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「わたしの幸せな結婚」で検索です
 

わたしの幸せな結婚 4話の感想

この数日間、一緒に過ごしただけで清霞の心が動き出しています。
 
今までの令嬢とは違い、すぐに謝りかなり遠慮がちな美世。
 
こんな美世を、知りたいと思う清霞。
 
まだ恋愛感情まではいきませんが、気になって仕方ないようです。
 
美世も、放り出されては困るので自分のことは一切話しません。
 
いっそのこと、全てを打ち明けてしまえばもっと楽になるはずです。
 
名家に嫁ぐとなれば、自分が斎森家の娘でありながら使用人以下の扱いを受けていたなど話せないですからね。
 
ゆり江はとても優しくて、美世は救われています。
 
今まで、心の拠り所なんてなかったから・・・
 
まだまだゆり江にも、心を許してるわけではありませんが信頼できる人だと思います。
 
清霞との壁は、なかなか取り払えませんがまずはゆり江からですね。
 
清霞に料理を褒められて泣いてしまった美世、嬉しかったでしょう。
 
冷酷無慈悲と言われている清霞ですが、ゆり江が言うように本当は優しい人です。
 
ただ不器用で、女性への免疫がないだけのようですね。
 
最後に斎森と、辰石の父が出てきました。
 
異能は継いでいなくても、美世の子供に異能が受け継がれる可能性はありそうです。
 
その少しの期待を、手に入れようと考える辰石の父。
 
何か考えているようですので、これから先がちょっと不安です。
 
⇒無料で「わたしの幸せな結婚」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「わたしの幸せな結婚」で検索です
 

無料で「わたしの幸せな結婚」を読む方法

 
無料で「わたしの幸せな結婚」を読む裏ワザ!
 
 
「試し読みじゃ物足りない…」
「ブックオフに置いてない…」
「スマホでこっそり読みたい…」
「コミックサイトは色々あってどれにしようか迷ってる…」
「安全で信頼できる大手サイトを無料で試したい…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。
 
そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。
 
実はU-NEXTなら無料で「わたしの幸せな結婚」を読むことができます。
 
U-NEXTは動画配信サービスで有名ですが漫画も沢山扱っています。
 
U-NEXTなら登録時に600ポイント貰えて、「わたしの幸せな結婚」を600円分実質無料で読めます。
 
ポイント消費0完全無料1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!
 
31日間無料トライアル実施中で無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。
 
いろんな種類の雑誌も無料で読み放題です。
 
600円分のポイントプレゼントと無料トライアル期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。
 
スマホから簡単にできるので、この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!
 

 
【お得な利用方法】
600円分のポイントで「わたしの幸せな結婚」を、無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。
 
※本ページの情報は2020年9月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。


U-NEXT<ユーネクスト>(R18)