⇒無料で「わたしの幸せな結婚」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「わたしの幸せな結婚」で検索です
 

わたしの幸せな結婚 5話とは?

出版社:スクウェア・エニックス
作者 :顎木あくみ(著), 高坂りと (著), 月岡月穂

異能の家系に生まれながら、その能力を受け継がなかった娘、斎森美世。能力を開花させた異母妹に使用人のように扱われていた。親にも愛されず、誰にも必要とされない娘。唯一の味方だった幼馴染も異母妹と結婚し家を継ぐことに。邪魔者になった美世は冷酷無慈悲と噂される久堂家に嫁ぐことに…。「小説家になろう」発! 和風ファンタジー×嫁入り。結婚から始まる恋愛の物語。

 

わたしの幸せな結婚 5話 “矛盾する心” のネタバレ

自然に零れ落ちる涙

ゆり江が、美世の部屋へ裁縫道具を持ってきた。
 
あまりに綺麗な裁縫箱で、美世は借りるのを躊躇する。
 
使い古した物なので、新品がよければ準備すると言われた。
 
だが美世は断り、身ひとつでこの家に来たので借りれるだけありがたい。
 
美世は今朝泣いたことを気にしていて、ゆり江に清霞が怒っていないか尋ねてみた。
 
異母妹みたいな女性なら、清霞も慰めて抱きしめていただろう。
 
ずっと美世の存在を否定されてきて、泣いたりしたら醜いと言われていた。
 
そのため、いつしか泣くこともできなくなったのだ。
 
ゆり江は美世の手を取り、泣くことは悪いことではないと話す。
 
我慢して涙を溜め込むよりも、自然に流した方がよい。
 
そんなことで、清霞は怒ったりしないのだ。
 
ゆり江の言葉に本当かという疑問は抱くが、清霞のことを知り尽くすゆり江だから信じてもいいのだと思う。
 
でも異能や見鬼の才を持たない美世は、勘違いをしてはいけないと自分に言い聞かせる。
 
いずれ本当のことがわかり、この家を追い出されるだろう。
 
ゆり江はお昼の準備で、台所へ戻る。
 
一緒に準備をするべきだが、ゆり江は大丈夫だと言った。
 
自分のことは後回しにするべきだが、せっかくゆり江が与えてくれた時間。
 
着物の手直しのために、時間を有効に使うことにする。
 
そして着物を縫う美世、ゆり江はそっと覗いていた。
 

嫌われたくない

夕食時、清霞は日中美世が何をして過ごしているのか尋ねる。
 
ゆり江は早めに帰るため、一人になる時間があるはずだ。
 
美世は、ゆり江に借りた雑誌などを見て過ごしていると話す。
 
口が裂けても、着物を縫ったりしているとは言えない。
 
そう言うことで、新しい着物をねだっているように思われてしまう。
 
清霞やゆり江に嫌われたくないと思うが、これまでの自分の生活を話すわけにはいかない。
 
本当は隠し事などしたくないが、嫌われたくもないと矛盾した気持ちになっている。
 
そして清霞は、今度の休みに出かける予定だと話した。
 
まだここに来て一度も街に出ていない美世、清霞に誘われたのだ。
 
高等小学校を卒業してから、斎森の敷地内から出たことがない。
 
自由に使えるお金もなく、街へ行ったところで何もできない。
 
最初は街が恋しくなったが、今は何の感情も持っていなかった。
 
だから美世は、清霞の誘いを断る。
 
清霞はなぜだと聞き、美世は用事もないし清霞の迷惑になると答えた。
 
ため息をついた清霞は、迷惑でもないしただ付き添ったらいいと言う。
 
半ば強制的な清霞、初日に着てきた着物で大丈夫だと言い部屋を出て行った。
 
食事の後片付けをしながら、また清霞を呆れさせてしまったと気落ちする。
 
だがせっかく誘ってもらったので、恥をかかせないようにちゃんと準備をしようと決めた。
 

化粧をした美世

実母を呼び止める美世だが、何と言われたのかよく聞こえない。
 
美世が幼い頃、実母は父と話をする。
 
父は異能を持たない美世を、愛していない。
 
普通の家庭に生まれた子供なら、父も愛せていただろう。
 
そう言い残して、父は去って行く。
 
実母は不甲斐ない自分を、許してほしいと美世に謝った。
 
でも美世は何の力もなく、人を不幸にするだけの自分を責めてしまう。
 
そんな美世に、実母は大丈夫だと言った。
 
「あなたがもう少し大きくなったら・・・」そう言いかけた実母の言葉を聞きながら、ハッと目を覚ます。
 
また夢を見てしまった美世は、続きの言葉が気になった。
 
起床後、出かける準備をする美世。
 
実母の髪は、艶がありすごく綺麗だった。
 
そこへ、ゆり江がやってくる。
 
今日の美世は綺麗だと褒めるゆり江は、化粧をしないかと問いかけた。
 
化粧はうまく出来ず、ましてや化粧道具も持っていない。
 
美世が物を持っていないことに気付いているゆり江は、ちゃんと化粧箱を持ってきていた。
 
化粧が終わった頃、清霞が美世に声をかける。
 
ゆり江は、優しい笑顔で美世を送り出した。
 
綺麗に化粧をした美世、その姿を見た清霞は一瞬固まってしまう。
 
清霞を待たせてしまい、申し訳なさそうな美世。
 
だが清霞はさほど待っていないし、急かせてしまったことを謝る。
 
そして美世は、清霞にエスコートされて車に乗り込んだ。
 
⇒無料で「わたしの幸せな結婚」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「わたしの幸せな結婚」で検索です
 

わたしの幸せな結婚 5話の感想

着物を隠れて縫う美世を見ていたら、すごく悲しくなりました。
 
ゆり江から借りた裁縫箱の綺麗さに、驚く場面もありました。
 
今まで斎森家で、どんな扱いを受けていたのかと考えると心が痛みます。
 
美世の背景を知るために、ゆり江はコッソリ覗いていました。
 
どんな気持ちで見ていたのでしょうか!?
 
涙を流したことで、清霞に不快な思いをさせてしまったと考える美世。
 
ゆり江が言ったように、自然に流れる涙は我慢しなくていいんですよ。
 
嬉しいときや悲しいとき、辛いときにはちゃんと泣いてほしいです。
 
清霞も、そんな感情をちゃんと受け止める器は持っていますから。
 
清霞やゆり江に嫌われたくない、でも自分は清霞の妻には相応しくない。
 
それを決めるのは美世ではなく、清霞です。
 
自分のことを隠したい気持ちもわかりますが、全てを曝け出してもいいと思います。
 
デートの誘いがあったときには、驚きました。
 
清霞の誘い方もぶっきらぼうでしたが、迷惑でもないし邪魔でもない。
 
はっきりと言った清霞が、とても素敵です。
 
このデート、清霞はどこに連れて行くのか楽しみです。
 
デートの日、ゆり江の協力もあり綺麗になることができた美世。
 
夢で見た実母の艶のある髪、美世の髪は艶はないかもしれませんが実母に負けていません。
 
清霞も美世を見て、一瞬固まりましたね。
 
ちゃんとエスコートされて、車に美世を乗せる清霞が素敵でした。
 
やはり、清霞は中身もいい男ですね。
 
⇒無料で「わたしの幸せな結婚」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「わたしの幸せな結婚」で検索です
 

無料で「わたしの幸せな結婚」を読む方法

 
無料で「わたしの幸せな結婚」を読む裏ワザ!
 
 
「試し読みじゃ物足りない…」
「ブックオフに置いてない…」
「スマホでこっそり読みたい…」
「コミックサイトは色々あってどれにしようか迷ってる…」
「安全で信頼できる大手サイトを無料で試したい…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。
 
そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。
 
実はU-NEXTなら無料で「わたしの幸せな結婚」を読むことができます。
 
U-NEXTは動画配信サービスで有名ですが漫画も沢山扱っています。
 
U-NEXTなら登録時に600ポイント貰えて、「わたしの幸せな結婚」を600円分実質無料で読めます。
 
ポイント消費0完全無料1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!
 
31日間無料トライアル実施中で無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。
 
いろんな種類の雑誌も無料で読み放題です。
 
600円分のポイントプレゼントと無料トライアル期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。
 
スマホから簡単にできるので、この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!
 

 
【お得な利用方法】
600円分のポイントで「わたしの幸せな結婚」を、無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。
 
※本ページの情報は2020年9月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。


U-NEXT<ユーネクスト>(R18)