⇒無料で「春風のエトランゼ」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「春風のエトランゼ」で検索です
 

春風のエトランゼ 3巻とは?

出版社:祥伝社
発売日:2017/7/25
作者 :紀伊カンナ

小学生の義弟・ふみの授業参観に行った駿と実央。
 
そこで駿は、かつての想い人である同級生・和田に再会する。
 
駿が動揺する一方で、実央はひょうひょうと振る舞う和田と不思議と親交を深めていく。
 
そんな折、執筆に煩悶していた駿の小説が出版され、作家活動に転機が訪れた───。
 
心が洗われるようなボーイズラブ、第一部完結!!

 

春風のエトランゼ 3巻のあらすじ

小学校の義弟・ふみの授業参観に行った駿と実央。
 
そこで駿はかつての想い人である同級生・和田に再会する。
 
駿が動揺する一方で、実央はひょうひょうと振る舞う和田と不思議と親交を深めていく。
 
そんな折、執筆に煩悶していた駿の小説が出版され作家活動に転機が訪れた。
 

春風のエトランゼ 3巻のネタバレ

9話 のネタバレ

欲しいもの

ふみの授業参観日。
 
駿とみおは駿の母校でもあるふみの通っている学校に来ていた。
 
駿は知っている人に会いたくないと思いメガネをかけていた。
 
駿は実央に何か欲しいものはないかと聞く。
 
すると実央は車がほしいと言った。
 
今はまだ買えないけど30位になれば買いたいという実央。
 
トイレに行きたいと言った駿は実央とトイレに行き、その後に授業参観を見に来たであろう人が入って行った。
 
ふみの友達にお母さんはと聞かれてしまい風邪かもと答えると近くに実央がいた。
 
ふみは実央の名前を呼び、実央はお母さんが風邪で来れないということを伝えた。
 
ふみの友達は参観日楽しみって変わってるなんて言うと、ふみは家族が来てくれるんだからと言って喜んだ。
 
みおは以前ホテルの近くで出会ったふみの同級生の女の子(ちほ)を見つけ、手を振った。
 
ちほは両親は来ないと言う。
 
チャイムがなり授業が始まるが駿は帰って来なかった。
 

再会

駿はずっとトイレにこもっていた。
 
それは何故か。自分の嫌な感が当たった。
 
昔好きだった男の子(和田)と出会ったのだ。
 
駿がトイレにこもっていると和田は2組に娘がいるからまた後でな、と言いトイレから出ていった。
 
2組に行くのは駿も同じで、行くのが嫌だと思っていた。
 
授業が始まり問題を出されると皆は一斉に手を挙げる。
 
ふみが当てられたので、ふみは黒板の前に立ち計算問題を解く。
 
しかしふみはわからず、実央に視線で助けを求めるが実央の方も全くわからず実央は3+3×5=30と解いていた。
 
先にかけ算しようと先生にヒントをもらうもかけ算がわからず、また実央に視線で助けを求める。
 
しかし実央もこんがらがっていて思わず8と答えてしまった。
 
先生は15ですと突っ込み皆は大笑い。先生にお兄さんはしっかりするようにと言われてしまった実央だった。
 
ふみは無事問題を解くことができた。
 
しかし授業が終わっても駿はトイレから戻ってこなかった。
 
廊下を見ると、ちほとちほのお父さんが話していた。
 
ママは?と聞くちほ。お父さんがママは忙しくてと言うと何でおじさんが来るのとちほが言った。
 
おじさんじゃなくて一応お父さんなんだけどと言うちほのお父さん。
 
すると実央に思い切り飛びつくふみ。
 
それを見ていたちほは、ふみくんもお母さん来れなかったのと聞く。
 
風邪ひいたからかわりにお兄ちゃんが来てくれたとふみが言うと、どうして家族参観なのによその人が来るのと聞いたちほ。
 
実央は自分はついででちゃんとお兄ちゃんは来てるよと言ったが、ちほは本当のお兄ちゃんじゃないと言った。
 
お兄ちゃんもお母さんもお父さんも違う、おかしな家と言ったちほ。ふみは違うよと言うがふみくんはひまわり園の子でしょとちほが言った。
 
ふみはおかしくない、嘘でも家族だと言うとちほのそばに行きちほを叩いてしまった。
 
 
⇒無料で「春風のエトランゼ」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「春風のエトランゼ」で検索です
 

10話 のネタバレ

ふみは昔、駿のお父さんのことをおじさんと呼んでいた。
 
お父さんに仕事はしないのか、いつも本を読んでいて暇じゃないのかと聞く。
 
お父さんは暇だよと言うとふみは遊ぼうと言う。
 
ヨーヨーやけん玉で遊んで、お父さんに名前は?と聞かれたので「文(ふみ)」と答えた。
 
いい名前だとお父さんが言うとふみは園長先生がつけてくれた、自分はポストに入っていたと言った。
 
まだ小さいのに偉いとお父さんに言われたことを思い出したふみ。
 
実央に謝りなさいと言われるが、ふみは嫌だと言って謝ろうとしない。
 
女の子に暴力を振るっちゃダメだと実央が叱ると、ふみは泣きながらごめんなさいと謝った。
 
見ると駿がトイレから戻ってきていた。
 
ちほのお父さんは駿に挨拶をした。どうやら駿の想い人だったらしい。
 
ちほは保健室に行き手当をしてお父さんに謝りなさいと言われた。
 
すると先生が入って来て暴力沙汰って…と言うとちほのお父さんは大袈裟ですよと言ってこの場を収めることができた。
 
かわりにちほのお父さんがふみに謝ったのであった。
 

食事

みんなで食事をすることになった。
 
仲直りは早いほうがいいと言ってふみと駿と実央も一緒に行くことに。
 
しかし駿を見ると目が死んでいた。そこまで会いたくないのかと思う実央だった。
 
カウンターの席に案内され皆で食事をすることに。
 
すると和田が同性同士は日本でも籍入れることができるようになったのかと聞くと、実央は吹いてしまい駿には全く聞こえていなかった。
 
するとふみは駿はお兄ちゃんだ、実央は友達でお母さんは風で寝てると言った。
 
ちほは本当のお母さんじゃないでしょと言い、お父さんに怒られる。
 
和田は養子でも何でも楽しく暮らせればいい。自分はバツイチだったが相手は子連れだったと話す。自分には冷たくするちほが少し悲しかった。
 
和田は駿に話しかけた。
 
弟の参観日なのになんで友達が着いてくるのかと聞いた。
 
ふみは実央も家に住んでいると言った。
 
和田をお前ら全員他人だなと言う。
 
やっと駿が話だし、実央と駿とふみの3人が仲良く楽しく食事をしているのを見た和田。
 
うちも仲良くなろう、お母さんが忙しいのは仕方がないとちほに言った。
 
ちほはママが来るって言ったのにと言って泣き出してしまった。
 
ふみはちほに可愛いハンカチを渡し、ちほはありがとうとお礼を言ったのだった。
 
 
⇒無料で「春風のエトランゼ」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「春風のエトランゼ」で検索です
 

11話 のネタバレ

昔の駿

駿は昔同級生の男の子に女っぽいといわれていた。
 
本ばかり読んでおり中学の時ホモだという噂もあり駿の友達(和田)にどうなのかと聞くと、そんな話したことも無く本が好きなだけで何もないと言った。
 
それを廊下で聞いていた駿。電車の駅でばったり会い、駿に本ばっか読んでいて逆に目立つと言った。
 
赤くなりながら大丈夫と言った駿。
 
駿は自分のこと知らんふりしてくれて助かったと言った。和田は駿のことを生きづらそうだなと思ってしまった。
 
その話を実央にすると実央は怒って、ホモは無理だって言ったのにどうして優しくしたのかと聞く。
 
仕方ない、こっちは友達だと思ってるし普通に接するしかないと言った和田。
 
そう言われて確かに違わないけど腹が立つ実央。
 
駿は改稿したので実央に見てほしいと言うが、実央はヘッドホンをつけ音楽をガンガンにして聞いており今忙しいと怒りながら言った。
 
実央に謝り仕方なく編集の人から聞くことになった駿。
 
編集の人に聞くと改稿なんて珍しい、やる気ですかと聞くと駿は励ましてほしくてと笑うと編集の人は駿の笑い方がおかしくて気味が悪くて電話を切ってしまった。
 
駿は完全に放心状態。それでも仕事をしないと、と思っていた。
 
駿はこれ本当に面白いのか、でも編集の人は良いと言ったなどとブツブツ言うのであった。
 
納期前の駿は座寝や思考力の低下、弱気や言語消失を繰り返していた。
 
納期後も頭がぼーっとしてしまい、外があたたかく感じた。春になったことも気がつかなかった。
 
目の前には実央がいた。まだ怒っているのかと聞いた駿。
 
頭が回らないから教えてほしいという駿だったが、実央はもう怒っていないと言った。
 
CD展に行くと言った実央にしゅんが抱きつき自分も行くと言った。
 
着いて行くとCD展ではなく楽器がたくさん売っていた。
 
見るために来たと言った実央。黒いギターを見つけ目を光らせた。
 
駿は何も考えずにアンプもあるし買ってあげようと言った。
 
すると店員さんに話しかけられまた来られたんですね、音出してみますかと言われやってみることに。
 
店員さんに初めてですかと聞かれギターを持ちながら焦る実央。
 
駿はギターを持った実央を見て笑っていた。
 
いざ弾いてみるとぐっときて、結局駿に買ってもらった。
 

駿の小説

編集の人が駿から最終稿を受け取り、読み味も良い言った。
 
その時駿はハローワークに行こうかなと言っていた。
 
駿は書くことがそんなに好きじゃない、無理してやることないし一般職でいいと言う。
 
実央は駿の言っていることがよくわからなかったけどまあいいんじゃないと言った。
 
駿はどうしてこの前怒っていたのか実央に聞いた。
 
実央は和田とは茶飲み友達になっており駿の昔の話を聞いて腹が立ったからと言った。
 
駿にもちゃんと友達がいるし自分だけ何も知らない、自分が知らないことを和田は知っているんだと思うと腹が立ってしまった実央。
 
すると実央は顔を隠す。駿は見せろと言うと実央の顔は赤くなっていた。
 
駿は思わず実央にキスをしてしまう。
 
するとやりたくなってきたと言う駿だった。
 

温泉

2人は温泉に向かうことになった。
 
温泉に向かい2人は部屋に入ってから直ぐに行為をした。
 
その後は温泉に入り誰もいない温泉を楽しんだ。
 
温泉を出たあとも2人は行為をする。しかし駿は実央に女子ともこんなペースでやっていたのかと聞くと実央は目をそらした。
 
実央は女の子とする時は自分のモノがしぼんでしまう、ヤル気の女の子は怖いと言った。
 
その度に気が変になるし結構きついと駿が言う。
 
駿は入れる行為そのものが嫌で原因とかはなく頭がそう作られているからだと言った。
 
そうだねと言った実央がキスをし、また行為をすることになった。
 
実央は後ろは気持ちよくならないのかな、せっかくなら前触りながらやってよと言った。
 
駿は凄くよかったと言い満足そうな実央だった。
 
実央がその話を和田にするとよかったねと言う。
 
駿の小説は今までよくわからなかったけど今回のは売れるんじゃないかと言う和田。
 
売れたらハッピーだねと実央が言うと呑気だねと言った和田だった。
 
 
⇒無料で「春風のエトランゼ」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「春風のエトランゼ」で検索です
 

12話 のネタバレ

夏になりこっちの夏はまだ涼しいと感じる実央。
 
後ろを見ると取材の方が橋本先生のお話を伺いたいと言ったが実央は断り、家に帰った。
 
駿は誰かと電話しており何で作家がテレビに出るのか、ただの冷やかしだ全部断ってと言った。
 
お母さんがやってきて実央はお母さんにアイスクリームをあげた。
 
お母さんはあんまり気にしちゃダメだと実央に言った。
 
後日、実央と和田は一緒に話しており橋本先生は大丈夫かと実央に聞いた。
 
実央は本人はあまり気にしていないと言うと売れてハッピーかと実央に聞いた。実央はどうかなと言う。
 
運がいいのか悪いのか駿も大変だなと和田が言った。
 
テレビでは駿のことが取り上げられていた。取材を断る実央とふみもうつっていた。
 
お母さんはドラマみたいねえと言うと駿はまじでクソと言う。
 
お母さんはそんな言い方やめなさいと言うが、テレビには取材の方にお茶出ししようとするお母さんがうつっており駿もあなたもやめなさいよと言う。
 
一方実央は電車の中で女子高生が駿の話をしているのを聞いていた。
 
女子高生はゲイの小説家の人で家で同棲している人も顔がかわいいのに勿体無いと言っていた。
 
実央が高校生をじっと見ていると女子高生がこちらに気付き、動画より顔がいいと言って騒ぎ出した。
 
家に帰ると駿はDVDを見ていた。うつっていたのは小さいころの駿だった。
 
ずっと家の中で大丈夫かと駿に聞くと、印税入るしと言って喜んでいた。
 
実央はテレビの人と女子高生に絡まれたと言った。
 
駿は自分のことなんてどうでもいいのに自分のことしか聞いてこなくて、肝心な本のことを聞いてくれず不満だった。
 
実央は駿のためにギターを弾くことに。
 
歌を歌いながらギターを弾き、2人で盛り上がっていたが駿はかっこ悪くてごめんなさいねと謝った。
 
実央は駿がかっこいいと思ったことが無いとはっきり言ってしまい、駿はショックを受けた。
 
すると家のチャイムがなりふみが入って来て、お客さんだよと言った。
 

久々の

部屋に入ってきたのは絵理と絵理と同棲している子(鈴)だった。
 
何の連絡もなしに来たためびっくりしていた。
 
すると駿にサインを書いてとお願いする絵理。
 
飲みに行くから10分で100枚やれとのこと。
 
ふざけんなと駿が言うと、ふみは行きたいと大声で言う。
 
しかし保護者がいないとダメだと絵理に言われ、考えたふみは桜子を連れていくことにした。
 
これが噂の桜子ちゃんかと絵理が言うと桜子は飲み物を頼む。
 
その愛想のない態度にイラッときた絵理はそんなだから相手に逃げられるんだと言うと、余計なアドバイスありがとうございますと言った桜子。
 
絵理は更に腹が立っていた。
 
すると実央は和田とちほと和田の奥さんも呼んだと駿に言った。
 
外で食べるのは久しぶりだなと思う駿。
 
実央は駿にあーんをするとカシャッと音が。
 
記者の人たちが隠し撮りをしていたのだ。
 
記者の人達が逃げると実央は追いかけ、その人たちをのしてしまいカメラも壊れてしまった。
 
結局記者の人たちも一緒に食事をすることになり、和田とちほも合流。奥さんはあとから来ると言った。
 
記者の人たちは隙を見て逃げ出そうと考えていると和田の奥さんがやって来た。
 
和田の奥さんは駿のファンらしく、デビュー当時からずっと応援していたそう。
 
和田の奥さんは名刺を渡し、弁護士だと言う。
 
しばらくするとバーのママたちもやってきた。
 
バーのママは元気にやっているのか、顔が疲れていると実央に言った。
 
あれが例の子?と駿の方を見て聞くママ。うすい男ね、まあいいんじゃないと言ってくれた。
 
実央はみんなで楽しんで食事をしているところを無言で見ていた。
 

大事なもの

海でたき火をしていた駿。
 
走って実央がやってきてどうしたのかと思うと新聞を見せながら怒っていた。
 
内容が乱交パーティー等の記事だったからだ。
 
駿は最高、ウケると言って笑った。
 
実央はどうして笑っているの、こんな書き方ないだろと言って泣いた。みんな勝手なこと言ってどうかしていると。
 
駿は自分たちは今更世間に期待していない、あちら側からすればこっちは理解の外でそれぞれの身の守り方だと言った。
 
こんな大勢とか相手にしてたら疲れちゃうと駿が言う。
 
実央は納得いかない感じだった。
 
駿に芋食べるかと言われて仕方なく食べた。
 
駿は長生きする、自分は徳が低いから先に死なないくらいしかないと言う。
 
そう言って記事を燃やした。
 
実央は笑った。でも泣いていた。
 
泣いたり笑ったりするこんな日々が大事だと思った実央。
 
5年後、実央は髪もすっかり伸びた。
 
ふみに洗濯物出してと言うと名前呼ぶなホモ野郎、帰れと言われてしまった。
 
ふみは13歳。思春期真っ盛りだった。
 

番外編 のネタバレ

おでかけエトランゼ

朝、駿が実央にいきなり行くぞと言う。
 
だけど実央はどこに行くか聞かされていなくて…?
 
 
⇒無料で「春風のエトランゼ」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「春風のエトランゼ」で検索です
 

春風のエトランゼ 3巻の感想

今回は授業参観の回から始まりましたが、ふみがいろいろ言われないかとても心配でした。
 
実央が来た時に喜ぶふみを見てこっちもすごく喜んでしまいました。
 
駿は同級生に会うのが気まずくてトイレにこもっていましたが、自分もああなると思いました。
 
しばらく会っていない人に会うっていうのはすごく気まずいですからね…。
 
ちほがふみにひどいことを言ったりしてしまうのはダメだなと思ってしまいましたが、ちほもさみしかったのでしょう…。
 
お母さんが弁護士となると仕事も忙しいでしょうね…。
 
みんなで集まって食事をするシーンはとても感動的でした。
 
久々に桜子や絵理、鈴たちが来てくれてとても嬉しかったです。
 
実央がみんなを無言で見ている姿がぐっときました。
 
最後は駿と話して泣いたり笑ったりする日々が大事だと言っていましたが、その通りだなと思います。
 
今回で第一部が完結した訳ですが、ふみが13歳の思春期になってしまったところで終わってしまいました。
 
とてもかっこよく成長していてびっくりしました。
 
口調は少し荒いですが本当は凄く優しそうな感じもします…。
 
次回が物凄く楽しみなので早く読みたいです。
 
 
⇒無料で「春風のエトランゼ」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「春風のエトランゼ」で検索です
 

無料で「春風のエトランゼ」を読む方法

 
無料で「春風のエトランゼ」を読む裏ワザ!
 
 
「試し読みじゃ物足りない…」
「ブックオフに置いてない…」
「スマホでこっそり読みたい…」
「コミックサイトは色々あってどれにしようか迷ってる…」
「安全で信頼できる大手サイトを無料で試したい…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。
 
そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。
 
実はFODなら無料で「春風のエトランゼ」を読むことができます。
 
FODはフジテレビの動画配信サービスで、ドラマで有名ですが漫画も沢山扱っています。
 
FODプレミアムなら1カ月で最大1300ポイント貰えて、「春風のエトランゼ」を1300円分も実質無料で読めます。
 
ポイント消費0完全無料1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!
 
初回2週間無料トライアルの期間に解約した場合は月額料金はかかりません。
 
いろんな種類の雑誌も無料で読み放題です。
 
ポイントプレゼントと無料お試し期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。
 
スマホから簡単にできるので、この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!
 

※無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!
 
【お得な利用方法】
ポイントで「春風のエトランゼ」を、無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。


U-NEXT<ユーネクスト>(R18)