⇒無料で「宵の嫁入り」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「宵の嫁入り」で検索です
 

宵の嫁入り 4巻とは?

出版社:小学館
発売日:2020/2/26
作者 :宵の嫁入り

港区弁護士が、妻への恋をこじらせて…!?
 
三条 宵は弁護士の月島暁人と政略結婚し、両想いに。
ある日、富子の策略により、月島の食事に媚薬を混ぜてしまった宵。
月島に抱かれそうになるも、すんでのところで拒絶され、再びショックを受けてしまう。
さらに、男性の姿で現れた縁が宵に告白!?
宵をめぐる男たちの戦いはさらに激化していき…!!
天才・七尾美緒が描く、
女子高生×イケメン弁護士の結婚生活。
甘すぎる溺愛(ルビ・できあい)ラブストーリー第4巻!

 

宵の嫁入り 4巻のネタバレ

13話 のネタバレ

媚薬

「最後まではしないけど、することはする」
 
月島はそう言うと、宵をソファへ押し倒した。
 
言葉の意味が分からず、混乱する宵。
 
しかし、そんな宵を見ても月島の手は止まらない。
 
宵の身体に手を這わせ、唇を重ねる。
 
その気持ち良さに宵の瞳がとろけ始めた丁度その時、宵のスマホのアラームが鳴った。
 
それは花火大会の開始の時刻に合わせて宵が自分で設定したものだった。
 
一気に現実に引き戻された2人。
 
月島は小さく溜息をつくと、今はここまでにして花火を見ようかと提案する。
 
その申し出を「月島の優しさ」だと受け取った宵は、胸をときめかせた。
 
そして花火がよく見えるようにと月島が宵をバルコニーへ誘ったその時、月島の身体に異変が起きる。
 
胸を押さえて倒れ込む月島。
 
そんな月島を見て、宵は心配して駆け寄り手を伸ばす。
 
ところが月島は、宵のその手を振り払った。
 
ごめんと謝る月島。
 
でも今触れられると困るから…と言った月島の瞳は熱を帯びていて、いつもと様子が違うことを明確に表していた。
 
それに気付いた宵は、あることを思い出す。
 
それは、自分が富子にもらった薬を食事に混ぜたということ。
 
──富子であればやりかねない。
 
きっとあれは怪しい薬だったに違いない。
 
そう思った宵は、正直に事の顛末を告白した。
 
それを聞いた月島は自分の身に何が起きているかをようやく悟る。
 
しかし、薬の効果がどんどん強くなり、頭が朦朧として自分を保つことが出来なくなってきていた。
 
そんな時、何と宵が震える手で服を脱ぎ始めた。
 
自分がしでかしたことの責任を取る、というのだ。
 
それを見た月島は驚愕してやめるように説得するが、宵は聞く耳を持たない。
 
挙句の果てには自分でなくて縁であればいいのか、と言い出す始末。
 
花火のうるさい音や言う事を聞かない自分の身体にもイラついた月島は、そこまで言うなら何とかしてと告げ、宵をベッドルームへ連れ込んだ。
 

責任

宵をベッドに押し倒し、服を脱ぎ始める月島。
 
そしてこれまでとは違って乱暴な口づけを施し、無理やりに近い形で宵を愛撫し始める。
 
いつもと違う月島の剣幕に、宵は初めて恐怖を感じた。
 
そして思わず涙を流してしまう。
 
その涙を見た時、月島はハッとした。
 
そして、かつての宵も同じように泣いたことを思い出した。
 
それは月島と宵が初めて身体を重ねようとした時のこと。
 
宵は泣きじゃくり、全身で拒否の意思を表していた。
 
自分とするのがそんなに泣くほど嫌なのかと尋ねる月島に、宵はハッキリと嫌だと告げたのだ。
 
今の宵の泣き顔は、その時の宵の泣き顔と全く同じだった。
 
それが月島の脳裏をよぎり、月島は我に返ってベッドから降りた。
 
そして、か細い声で「…嫌だ」と呟いたのだ。
 
それを聞いた宵が月島に手を伸ばしたが、その瞬間に部屋の外が騒がしくなり、目を向けるとそこには何とヘリが。
 
そして1人の男性が「間に合ったみたいだね」と言いながら降りてきた。
 
その人物の顔を見ると、それは縁だった。
 
女性のはずの縁が男性の格好をしていたことに宵は驚いたが、その姿を見た月島は「そういえば誕生日だったな」と言う。
 
縁はそうだと頷いた後、もう今日から自分を偽らなくて良くなったと告げ、そして宵はこのまま連れて帰ると言う。
 
その場に留まろうとする宵だったが、縁はある取引を持ち掛けた。
 
縁の手に握られていたのはある小瓶。
 
縁の話によると、これは富子の薬の解毒剤だという。
 
宵がこのまま自分についてくるならこの薬を月島に渡すと言った。
 
それを聞いた宵はしぶしぶ了承し、縁と共に月島の部屋を去った。
 
 
⇒無料で「宵の嫁入り」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「宵の嫁入り」で検索です
 

14話 のネタバレ

仕返し

部屋に残された月島は、ベッドで荒くなる息を抑えるのに必死だった。
 
縁の持ってきた解毒剤を飲んではみたが、効果がなかなか現れずにいたのだ。
 
そんな時、月島の部屋を訪ねてきたのは篠ケ谷だった。
 
縁のお目付け役でもある篠ケ谷はこの状況を知っていたのだ。
 
今日は休んで明日また仕切り直した方がいいと提案する篠ケ谷だったが、月島は今から追うと言って立ち上がる。
 
それを聞いた篠ケ谷は必死に月島を制止した。
 
富子の薬は強力で、普通なら意識を保ってなどいられないはずだと指摘する。
 
月島はたいしたことないと言ったが、立ち上がったその瞬間にふらついてしまった。
 
篠ケ谷は明日にしておけと月島を説得し続ける。
 
縁ならそう簡単に宵に手出しするはずがないと言い聞かせた。
 
すると、月島は今度は三条の家に帰ると言い出した。
 
富子に聞きたいことがあると呟き、悪さをした子にはお仕置きが必要だと言っていつもの月島らしく笑った。
 

未完全の呪い

三条の家に戻った月島は、富子の大切にしていたせんべいを片っ端から割って回った。
 
富子は泣きながらやめてくれと懇願する。
 
それなら自分の質問に答えろと言って笑う月島の表情は、氷よりも遥かに冷たかった。
 
以前から富子のいたずらはよくあったが、最近は妙に焦ってはいないかと問いただす月島。
 
本当の理由は何なのか、と富子に聞く。
 
すると、富子はようやく重い口を開いた。
 
宵にかけられた呪いは未完全で、18歳になったら更なる事態が起こるという富子。
 
そして、半年後の宵の18歳の誕生日までに宵が誰かに抱かれて呪いを解かなければ、宵はこの家に完全に取り込まれて一生目覚めなくなってしまうと話を続けた。
 
それを聞いた月島と篠ケ谷は、何故そんな大切なことを黙っていたのかと富子を問い詰める。
 
富子は、月島の態度が以前からひどかったため、少しお灸をすえたかったと釈明した。
 
それを聞いた月島の頭の中には、宵の笑顔が浮かんでいた。
 

縁の告白

宵を連れて月島の部屋を離れた縁は、ヘリの中である思いを宵に告げた。
 
それは、自分を1人の男として見てほしいというもの。
 
宵はそれを聞いて、少し考えた後に分かったと返した。
 
それを聞いた縁は一瞬嬉しそうな表情を浮かべたが、すぐに宵が勘違いしていることに気付く。
 
ホントは男の子なのに女の子扱いされて嫌だったよね、今まで辛かったねと縁に寄り添う姿勢を見せた宵。
 
それを聞いた縁はほんの少しだけがっかりした表情を浮かべた。
 

本家

縁が向かった先は、三条家の本家だった。
 
久し振りの本家に圧倒される宵。
 
明日は縁の18歳の誕生日パーティーが開かれるというので、宵もこのまま泊まって明日のパーティーに参加してほしいという縁。
 
親族会も同時に開かれるという事もあり、縁の言う通りに今夜は泊まることになった。
 
本家の門をくぐると、縁を出迎えた使用人の女性が宵を見た瞬間に驚いた表情を見せた。
 
他の使用人たちも宵を見てひそひそと何かを話しているのが目に入る。
 
何を話しているのか気になった宵だったが、結局それについては聞けずじまいで終わった。
 

真実

翌日。
 
親族会が始まるまでの時間つぶしに、本家の中をうろついていた宵。
 
すると突然ある女性たちに声をかけられた。
 
見覚えのない相手だったが、相手は宵を知っている雰囲気だったため宵も話を合わせて挨拶を交わす。
 
すると、その女性たちは衝撃の事実を口にした。
 
「あなたがここにいるということは、記憶が戻ったのね?」
 
何のことか分からない宵。
 
今日の親族会もそのことについてなのかと勝手に盛り上がり始める。
 
宵は混乱し、胸騒ぎが起きる。
 
そして女性たちは、「暁人さんよりも縁さんの方がずっとお似合いだ」と続けた。
 
暁人さんとは政略結婚だったし、記憶までおかしくなってひどい呪いだと女性たちが言ったところで、宵の瞳からは涙が溢れた。
 
何で自分が泣いているのか分からない宵。
 
そこに縁が現れ、様子がおかしい宵に気付いて声をかける。
 
ところが宵の視界はだんだん霞んでいき、とうとう宵は気を失ってしまった。
 
そして、倒れ込む宵を支えたのは何と月島だった。
 
宵に話しかけていた女性たちをにらみつけて牽制する。
 
こんな風に余計なことを言う人間がいるから宵はここへ連れては来なかったのだと話す月島。
 
そしてそのまま宵を連れて本家を後にした。
 
 
⇒無料で「宵の嫁入り」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「宵の嫁入り」で検索です
 

15話 のネタバレ

宵の前に、たくさんの男性たちの写真が並べられる。
 
この中から将来の旦那さんを選ぶんだよ、と言われた宵は写真を手に取り眺め始めた。
 
写真を手に取る宵は明らかに幼い。
 
縁や篠ケ谷の写真も含まれているその束の中から、宵が手に取ったのはとある男性の写真。
 
その裏には、「月島暁人」と書かれていた。
 
この人と結婚したら、自分は月島宵になるんだ…
 
───という夢を、見た。
 
目を覚ました宵は、自分が自室にいることに気付く。
 
そこへ月島が訪ねてきて、宵が貧血で倒れたことを教えてくれた。
 
そして、もう少し落ち着いたら話したいことがあると言って部屋を後にする。
 
何の話だろうかと考える宵だったが、心当たりはひとつ。
 
あの時、月島が自分のことを嫌だといった理由だ。
 
月島の話を聞くのが怖いと思ってしまう宵なのだった。
 

新たなライバル

ソワソワして落ち着かない宵は、無駄なことを考えないためにと屋敷の掃除に取り掛かった。
 
富子の部屋を掃除していたその時、本棚から何かが落ちる。
 
するとそこにいくつかの写真があり、何とそこには月島と篠ケ谷が仲睦まじく寄り添い、抱き合っている様子がいくつも収められていたのだ。
 
その写真に驚いた宵。
 
一緒に落ちてきた本を手に取ると、そこには「調査ファイル」と記載されていた。
 
いけないことだとは思いつつも、宵は中身を覗いてみた。
 
するとそこに書かれていたのは、月島と篠ケ谷がカップルストローでドリンクを飲んだり、週5でデートしていたりという内容のモノで、まるで恋人同士のような2人の日々の様子が綴られている日記だった。
 
それを見た宵はショックを受ける。
 
そして背後から富子が宵に声をかけ、宵に同情する言葉をかけた。
 
自分がカモフラージュに使われるなんてさぞショックだろうと告げられ、宵は更に混乱してしまう。
 
しかし、そう考えればすべての行動につじつまが合う。
 
それに気付いた宵は、フラフラと部屋を出て行った。
 
恋人同士だったのは縁と月島ではなく、篠ケ谷と月島だった。
 
それなら2人の立場的にも人には言えないはずだし、自分をカモフラージュに使う理由も頷ける。
 
けれど、月島が自分と結婚して良かったと言ってくれたことが本当にうれしかった宵は、これまでのことを考えるとショックを隠せずにいた。
 
宵がそんなことを考えていると、タイミングの悪いことに月島がそこに現れる。
 
そして、さっきの話だけど…と宵に話を持ち掛けた。
 
今までいろんなことがあったけれど、宵のことが本当に好きだと改めて告白する月島。
 
そして宵を抱き締めた。
 
今までは抱き締められたら嬉しかったはずなのに、宵の頭の中には篠ケ谷と月島の関係がよぎってしまった。
 
そしてとうとう宵は泣き出してしまい、月島に「うそつき!」と叫んでその場を立ち去ってしまった。
 
 
⇒無料で「宵の嫁入り」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「宵の嫁入り」で検索です
 

16話 のネタバレ

転校生

あの日から、宵は月島を避け続けている。
 
このままではよくないと分かっていながらも、どうすることもできない宵。
 
そうこうしているうちに新学期が始まり、宵は学校に通う生活に戻った。
 
そして宵の通うクラスに転校生が入ることになったのだが、何と転校生は縁だったのだ。
 
黙っていてごめんね、と謝る縁。
 
宵はびっくりしたよ~と言いながらも、少しだけ嬉しそうな表情を見せた。
 
ところが縁と話していると、宵の頭がまたあの時のようにぼやけ始める。
 
何かを考えようとすると目の前が霞み、そしてあの日のように宵は再び気を失ってしまった。
 
気を失っている間、宵はまた夢を見ていた。
 
幼いころの夢。
 
そこには月島がいて、宵との結婚を望んでいないことを誰かに向けて言っていた。
 
幼い宵はそれを聞いてショックを受ける。
 
──目を覚ましても、宵はハッキリとその夢のことを覚えていた。
 
あまりに辛い夢。
 
その夢のことを思うと胸が痛む宵は、夢でよかった…とつぶやいたのだった。
 

指輪

その夜、月島は家に帰るなり宵の手を掴むと話があると切り出した。
 
ただならぬ気配を感じる宵。
 
部屋に連れていかれ、「嘘つきってどういう意味?」と問いただされる。
 
自分は確かに嘘つきだけど、あの告白は嘘じゃないと告げる月島。
 
そして、これからは宵には嘘をつかないと約束し、半年後に君を抱くと宣言した。
 
宵はその言葉に衝撃を受け、自分は月島の覚悟を見誤っていたのかもしれないと思い始める。
 
すると、月島は宵の首元のネックレスに気が付いた。
 
そこには結婚指輪が通されていたのだ。
 
ずっと目も合わせてくれなかったのに指輪は外さないでいてくれたんだ、と嬉しそうに笑う月島。
 
そんな月島に、それだけの覚悟があるのなら指輪くらいちゃんとつけたらどうかと言ってしまう宵。
 
すると月島の表情が一気に変わり、分かったと呟くと宵の目の前に指輪を取り出してみせた。
 
そして、この指輪はつけないんじゃなくて「つけられなかった」んだと口にした。
 

宵の嫁入り 4巻の感想

富子の策略にハマり、媚薬を盛られてしまう月島。
 
自分の気持ちとは裏腹にどんどん熱くなっていく身体に戸惑いながらも、どうにか欲望を抑えてその場を乗り切ります。
 
その月島の意志の強さ・・・脱帽です(涙)
 
結果的に宵は傷ついてしまいますが、それでも月島は「今は宵の記憶を取り戻すべきではない」と判断したのでしょう。
 
迷い悩みながらも、宵のことを想う月島の行動力はさすがの一言に尽きます。
 
そして遂に縁の正体が宵に暴露され、そして自分が記憶を失っていることを知った宵は混乱のあまり気を失ってしまいます。
 
結果として記憶を取り戻してはいないのですが、それでもその後の宵を時々記憶の欠片が襲います。
 
断片的にではありますが、少しずつ記憶が戻ろうとしているところが垣間見えてハラハラしました。
 
宵が記憶を完全に取り戻したら、一体どうなってしまうのか。
 
そして、その時月島はどういう行動に出るのか。
 
指輪をつけられなかった理由は一体何なのか!?
 
次巻が待ち遠しくてたまりません!
 
 
⇒無料で「宵の嫁入り」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「宵の嫁入り」で検索です
 

無料で「宵の嫁入り」を読む方法

 
無料で「宵の嫁入り」を読む裏ワザ!
 
 
「試し読みじゃ物足りない…」
「ブックオフに置いてない…」
「スマホでこっそり読みたい…」
「コミックサイトは色々あってどれにしようか迷ってる…」
「安全で信頼できる大手サイトを無料で試したい…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。
 
 
そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。
 
 
実はU-NEXTなら無料で「宵の嫁入り」を読むことができます。
 
 
U-NEXTは動画配信サービスで有名ですが漫画も沢山扱っています。
 
 
U-NEXTなら登録時に600ポイント貰えて、「宵の嫁入り」を600円分実質無料で読めます。
 
 
ポイント消費0完全無料1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!
 
 
31日間無料トライアル実施中で無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。
 
 
いろんな種類の雑誌も無料で読み放題です。
 
 
600円分のポイントプレゼントと無料トライアル期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。
 
 
スマホから簡単にできるので、この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!
 
 

 
【お得な利用方法】
600円分のポイントで「宵の嫁入り」を、無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。


U-NEXT<ユーネクスト>(R18)