⇒無料で「執事たちの沈黙」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「執事たちの沈黙」で検索です
 

執事たちの沈黙 8巻とは?

出版社:小学館
発売日:2019/1/25
作者 :桜田雛

もうすぐ100万部超大ヒットクズ執事漫画
 
「お嬢様、執事の兄にはお会いになりましたか?クズの兄の正体には、どうかお気をつけて…」
 
 
箱入りお嬢様・椿の彼氏は、執事・和巳。
許されぬ恋である上に、なんと彼はギャンブルと女遊びを愛するクズだった。
 
お嬢様のパパにバレるかもバレないかもな状況が続くにも関わらず、インコ条例に抵触しないギリギリの罪を重ねてしまう2人。
 
そんな時、和巳の兄がとうとう動き出してしまう。
どうやら名家の令息らしき彼だが、それにしては行動に不審な点が多かった。
そしてなんとお嬢様が兄の秘密を知ってしまい、事態は思わぬ方向へ…!!
 
 
奇才・桜田雛が描く、美しくも可笑しすぎる新境地。
偏愛系年の差ラブストーリー第8巻!!
 
 
contents
執事たちの沈黙

 

執事たちの沈黙 8巻のネタバレ

第27話のネタバレ

流されて……

お嬢様の椿(つばき)とお付き合いをしている執事の和巳(かずみ)。
 
屋敷のリビングで、椿は和巳にテストの答案用紙を見せる。
 
普段成績の悪い椿だったが、今回はひとつも赤点が無かったのだ。
 
椿の勉強を見ている和巳は「その程度か」と鼻で笑う。
 
それでも「ほめて」と言う椿の頭を撫でる和巳。
 
椿は、明日からもがんばるから、とごほうびのキスをねだる。
 
屋敷の中でそういうことはしない、と一度断った和巳だったが、椿に流されてキスをしようとする。
 
そのとき、椿の父親が帰宅した。
 
椿はとっさに和巳を突き飛ばし、その場をなんとが誤魔化す。
 

元カノ:とは

誤魔化しながら、椿の大好きなアニメを点ける。
 
登場人物が元カノへの未練を曲にして弾き語りを始める。
 
そして恋人に「彼女がいても、元カノは特別な存在」と訴える。
 
椿はショックを受ける。
 
椿の父親は和巳にワインとサラミを食べたいと言うが、コレステロール値に気を遣って山盛りのブロッコリーを出されて嫌な顔をした。
 
椿は和巳に、元カノがどんな人なのか訊ねる。
 
椿の父親はブロッコリーを出された八つ当たりで、「和巳元カノいっぱいいるじゃん」とからかう。
 
とっかえひっかえしていた、とも付け足され、椿はさらに動揺した。
 
ショックのあまり自室にこもる椿。
 
男の人にとって元カノって……? とアニメの原作コミックスを読む。
 
そこには、元カノと浮気する登場人物の姿。
 
和巳はどんな人と付き合っていたんだろう、と椿はもやもやする。
 

スマホを覗き見!?

エプロンをしてアイロンがけをする和巳。
 
玄関のチャイムが鳴り、和巳はエプロンを置いて行った。
 
エプロンの中には和巳のスマホ。
 
見ちゃだめだ、と思いながらも、椿はスマホを手に取ってしまう。
 
すぐに帰ってきた和巳。
 
椿は慌ててスマホを胸元に隠す。
 
スマホが無いことに気付いた和巳が探す。
 
椿は、部屋に置いてきたんじゃない、と誤魔化した。
 
和巳が夕飯の買い物に行くと言って部屋を出ると、椿は慌てて和巳の部屋へ向かおうとする。
 
和巳は全てわかっていて、部屋の前で待っていた。
 
スマホを取り返した和巳。
 
元カノがどんな人か知りたくて、と目を伏せる椿。
 
勝手にスマホを見るような人たちではなかった、という和巳の言葉に、椿は涙を浮かべた。
 

スマホの中には

屋敷から帰路につく和巳は、「今こんなに好きなのに、椿はなにが不満なんだ」と考える。
 
そのとき、後ろから女性の悲鳴がした。
 
椿の声だと気付いた和巳は振り向き、中年男性に腕を掴まれて抵抗する椿を見つける。
 
和巳は駆けつけて肩を抱きよせた。
 
しかしその男性は私服警察官で、年の差がある二人の関係を訊かれる。
 
和巳はよそ行きの笑顔で「上司の娘さんなんです」と誤魔化した。
 
和巳の家に帰宅し、父親が心配するでしょうと椿を諭す。
 
反省して泣く椿に、和巳は毒気を抜かれた。
 
時間も遅いから、と蘭(らん)に電話する和巳。
 
和巳の家に泊まらせるが、蘭のところにいると誤魔化してくれと話す和巳。
 
それを聞いた椿は嬉しさで涙ぐむ。
 
一緒に寝るとき、椿は和巳に謝った。
 
和巳はため息をつき、自分のスマホを椿の前に置く。
 
そして、写真なんて、飼い猫の歳三(としぞう)と椿くらいしか入っていない、今だけじゃなくて昔から、と告げる。
 
椿はやきもちを焼いたことを謝った。
 
和巳は気にしていない、と伝えた。
 
 
⇒無料で「執事たちの沈黙」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「執事たちの沈黙」で検索です
 

第28話のネタバレ

和巳の兄

和巳の実家で、兄弟写真を見つめる兄。
 
どうして家を出てしまったんだ、とひとりごとを言う。
 
飼い猫のクロエが羽ペンをつつき、仕事道具に触るな、と抱きあげた。
 
そして、「おまえも寂しいだろう」とクロエに語りかけ、必ず弟を連れ帰る、と呟いた。
 

尋問

屋敷のリビングで、カツ丼の置かれたテーブル越しに向き合う和巳と椿。
 
議題は、椿の成績通知表のことだった。
 
期末試験をがんばっていたので、成績の部分はよかった。
 
しかし担任からのコメントには、とにかく椿に友達がいないこと、もっとクラスメイトと打ち解けるようアドバイスが。
 
呆れる和巳。
 
椿から心を開かないと友達はできない、と諭す。
 

運命の出会い探し

椿は、和巳とバーテンの高坂はどうやって仲良くなったの? と訊ねる。
 
二人は大学の同級生だった。
 
和巳は昔のことを思い出す。
 
出会いは、和巳がセフレといたとき、同じくその女性とセフレだった高坂が現れた、というものだった。
 
和巳は「趣味が同じだった」と誤魔化す。
 
椿は、自分の趣味はマンガを読むことだから、それで友達を作りたい、と思いつく。
 
ちょうど今日は、大好きな角砂糖カオルという作者の新刊の発売日。
 
椿は書店へ赴き、友達を探したいと言った。
 
和巳は知らない人に声をかけるなんて、と難色を示す。
 
しかし椿の熱意に負け、「同世代の女性が相手なら」と許した。
 
うきうきと出かけていった椿。
 
それを見送りながら、「カオルって名前にろくなのはいない」と呟いた。
 

運命の出会い!?

人見知りの椿は、角砂糖カオルの新刊にはしゃぐ女の子たちを見ても声をかけられない。
 
しばらくがんばってみたが、諦めて新刊だけ買って帰ることにした。
 
しかしお会計のときに、財布を忘れたことに気付く。
 
落ち込んで帰ろうとしたとき、その新刊を購入した男性が椿に声をかけた。
 
よかったら、と会計済みの本を手渡す男性。
 
そのマンガがよっぽど好きで、他の女の子に声をかけようとしていたところも見ていた、と言う男性。
 
その顔が和巳とよく似ていて、椿はドキッとする。
 
男性は部下のような人から「もうお時間が」と呼ばれ、そのまま去ろうとする。
 
椿は慌てて、知らない人からものを貰えない、と言った。
 
男性は名刺を手渡し、これでもう知らない人ではない、と伝えた。
 
そこには「和巳 馨」の文字。
 
執事と苗字が同じで驚く椿。
 
しかし、下の名前は漢字が難しくて読めない。
 
男性は、「カズミ カオル」だ、と教えた。
 
立ち去る馨。
 
椿はこれを、「運命の出会い」だと感じた。
 

嫉妬……?

財布を忘れた椿に気付き、届けにきた和巳。
 
その手にある新刊を見て怪しむ。
 
親切な人が買ってくれて、すごく年上だけれど友達になりたいの、と言う椿。
 
和巳はその名刺を破いた。
 
この人だけは駄目です、という和巳。
 
椿は反発心をおぼえる。
 
帰宅してからも怒った様子の和巳。
 
椿のような人はつけこまれやすい、簡単に人を信用するな、自分の言うことを聞いていればいい、と口にした和巳。
 
怒った椿を、和巳は椿を後ろから抱きしめる。
 
その腕から抜け出せない椿に、「こうして何かされてからじゃ遅い」と言う和巳。
 
あの男のことは忘れてくれ、と弱った様子で呟いた。
 

再会

猫カフェに歳三をつれて遊びに来た椿。
 
椿はいつも通っているこの猫カフェの店員に恋愛相談をしに来ていた。
 
内容は、「彼氏がやきもち焼きで……」というもの。
 
すると後ろから男性の叫び声。
 
見ると、男性が落としてしまった書類に、猫カフェの猫がじゃれてしまっていた。
 
椿が慌てて駆け寄り、猫を抱きあげる。
 
その男性は以前書店で出会った馨だった。
 
椿は馨の落とした書類を拾って手渡す。
 
その書類は、角砂糖カオルのボツネームだった。
 
馨は椿に「きみには運命を感じる」と告げた。
 
 
⇒無料で「執事たちの沈黙」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「執事たちの沈黙」で検索です
 

第29話のネタバレ

ネタ収集

大好きなマンカ家との出会いに涙ぐむ椿。
 
デビュー作からずっと読んでいて大ファンです、と言う椿に、馨は驚く。
 
憧れの少女マンガ家が男性だった、ということに抵抗は無いのか? と訊ねる馨。
 
椿は嬉しそうな表情のまま、「どうして?」とまったく気にしていない様子。
 
馨は「かわいいな」と呟き、椿の頭を撫でる。
 
そんなこと彼氏にも言われたことない、と呟く椿。
 
馨はそこに食いつき、「彼氏の話を詳しく聞かせてほしい」とアイデアノートを取り出した。
 
まず彼氏のどこが好きなんだ? と訊ねられ、「彼は隠したがるけれど、優しいところ」と照れたように答える。
 
その姿を見て馨は、あなたは愛されて育っているんだな、と微笑んだ。
 
そして、弟によく似ている、と呟いた。
 
素直になるのは難しいな、と言う馨に、素直になりたいときはどうするの? と訊ねる椿。
 
馨は、素直になるには酒に頼る、と言った。
 
部下に「専務、そろそろ」と呼ばれた馨は、LINEのIDを書いた紙を置いて猫カフェから出て行った。
 
椿は、和巳が一番素直になったのは酔っているときだった、と思い出す。
 

素直に……

帰宅した椿は、父親のワインセラーからワインを持ってきて、和巳に飲もうと誘う。
 
それは椿の父親が大切にしていて、椿が二十歳になったら一緒に飲もうと楽しみにしていたワインだった。
 
それを椿は、重くて落としそうになる。
 
和巳は咄嗟に椿を抱きとめてそれを阻止する。
 
そしてワインボトルを奪い、酒を飲むならあなたの前では飲みませんよ、と言う。
 
酔わせようとしたんでしょう、と馬鹿にした顔をする和巳。
 
椿は悔しがる。
 
椿はインスタで繋がっている高坂に連絡を取った。
 
和巳は毎週土曜は高坂のバーに訪れ、終電で帰るという。
 
椿は「次の土曜はたくさん飲ませて」とメッセージを送った。
 

酔っぱらい

終電の時間を狙って和巳の家に訪れた椿。
 
しつこくチャイムを鳴らしてようやく出てきたのは、頭にネクタイを巻いてへべれげ状態の和巳。
 
和巳は、椿を家に入れて、ベッドにぐったりと横になった。
 
水を飲ませなきゃ、と考えた椿は、コップに水を入れて和巳のもとへ運ぶ。
 
和巳は椿を抱きよせ、キスをした。
 
そして椿を押し倒す。
 
水がこぼれて濡れた服に和巳は興奮してキスを続ける。
 
そして椿に「可愛い」と言って寝落ちた。
 
椿は、大きな子供みたい、と思った。
 
そして、また明日になったら忘れちゃうのかな、お酒の勢いって寂しい、と呟く。
 
和巳は目を覚ましていた。
 
そして、「そうじゃないと好きなんて言えない」と言い、再び眠りに落ちた。
 
椿は真っ赤になって、ずるい、と呟く。
 
翌朝目を覚ました和巳は、酔って恥ずかしいことを言ってしまった、と反省した。
 
 
⇒無料で「執事たちの沈黙」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「執事たちの沈黙」で検索です
 

第30話のネタバレ

しぶしぶ……

和巳は椿のスマホのロックを外し、高坂とのやり取りを見た。
 
乗った高坂はまだしも、素直にさせるには酔わせればいいと入れ知恵したのはだれだ、と椿の体をくすぐって問い詰める。
 
足の裏をくすぐられ続けて、椿は角砂糖カオルと猫カフェで再会し、彼から大人は酒に頼ると聞いたことを白状した。
 
また前みたいにいちゃいちゃしたかったの、と素直に言う椿に毒気を抜かれた和巳。
 
角砂糖カオル先生は悪い人じゃない、と言い募る椿に、仕方なく折れた。
 

報告

猫カフェで事の顛末を馨に報告した椿。
 
馨は、椿の相手が年上ということを知り、少女マンガ家として淫行条例が気になってしまう、と驚いた。
 
椿は「それがあるからエッチしてくれない」とうつむく。
 
真剣に愛し合っている恋人同士なのに何がいけないのかわからない、という椿。
 
馨は、相手がちゃんとした大人だから手を出さないんだ、と励ます。
 
そして、「それはそれとて応援したい」と言って、できたての付録である婚姻届を椿に渡した。
 
婚姻届と、そしてそこそこ本気の指輪があれば、二人の交際は真剣なものとして認められるだろう、と言う。
 
真剣交際なら婚前交渉は可能であるし、いざというときに婚姻届けがあれば相手を守れるのでは? とアドバイスをした。
 

真剣交際に必要なもの

和巳は屋敷でぬか床に人参をつけながらため息をついた。
 
角砂糖カオルとの仲は認めたが、元カノだ早漏だというものを描く女性なんでろくな大人じゃないだろう、と心配な和巳。
 
和巳は角砂糖カオルを、椿より年上の女性だと勘違いしていた。
 
そこに、蘭を連れて椿が帰宅する。
 
そして「娘の恋を応援しに来たの」と言って、婚姻届けの証人の欄にサインした。
 
和巳はぬか床を触った手で婚姻届けを掴んで捨てた。
 
早速角砂糖カオルに余計なことを吹きこまれたか、と考える和巳。
 
和巳がいなくなったリビングで、指輪も必要なの、と言う椿に、「それなら銀座のあのお店はどう?」と蘭は提案する。
 

指輪

椿は和巳を呼び出し、銀座のジュエリーショップへと入った。
 
数百万円単位の指輪たちと、それを勝手に「彼が買います」と言う椿に驚く和巳。
 
慌てて店を出て椿を叱り飛ばす。
 
指輪がないといざというときに和巳を守れない、と言う椿。
 
和巳は、自分の身くらい自分で守るし、椿と今後どうなるかなんてわからないのに指輪なんて渡せない、と言う。
 
帰りの車で落ち込んだ様子の椿。
 
和巳は椿の手を引いてデパートに入る。
 
そこで、好きな指輪を選べ、と言った。
 
未来はどうなるかわからないから、と続けた和巳に、椿は嬉しそうに笑った。
 
椿ははしゃいでイニシャル入りのペアリングを選ぶ。
 
和巳は自分は付けないと言い、椿の左手の薬指にペアリングの片割れをはめた。
 
 
⇒無料で「執事たちの沈黙」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「執事たちの沈黙」で検索です
 

執事たちの沈黙 8巻の感想

ついにペアリング購入です!
 
そして、それをサラッと椿の左手の薬指に通してしまう和巳……なんだか憧れちゃいます。
 
椿はきっと、この指輪と思い出をずっと大切にするんだろうなあ、と私まで嬉しくなってしまいました。
 
和巳だって、自分の分のペアリングは、なんだかんだ言って後生大事にし続けそうです。
 
執事とお嬢様という関係だけでなく、椿がまだ高校生ということもあり、二人が本当に好きあっている様子がわかっても、なんだか少しハラハラしながら見守ってしまいます。
 
恋を心から認めているわけではないのかな、と思っていた蘭が婚姻届の証人の欄にサインをしたことに驚きました。
 
蘭はもしかしたら、本当に椿と和巳の仲を応援しているのかもしれません。
 
そして、第29話で、酔っぱらった和巳に水を運ぶ椿の姿を見て、5巻の番外編を思い出しました。
 
蘭も、酔った椿の父親にはいつも水を汲んであげていた、というエピソードがありました。
 
そういう優しさの見え方が母娘の共通点なのかな、母親が父親にしていたことを、椿は自然と恋人にもしているのかな、とほんわかしました。
 
角砂糖カオル……馨と椿のこれからも楽しみです。
 
和巳は角砂糖カオルを女性だと勘違いしているようです。
 
この誤解が解けたとき、また何か問題が起こるんでしょうか……?
 
目が離せないです。
 
 
⇒無料で「執事たちの沈黙」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「執事たちの沈黙」で検索です
 

無料で「執事たちの沈黙」を読む方法

 
無料で「執事たちの沈黙」を読む裏ワザ!
 
 
「試し読みじゃ物足りない…」
「ブックオフに置いてない…」
「スマホでこっそり読みたい…」
「コミックサイトは色々あってどれにしようか迷ってる…」
「安全で信頼できる大手サイトを無料で試したい…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。
 
 
そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。
 
 
実はU-NEXTなら無料で「執事たちの沈黙」を読むことができます。
 
 
U-NEXTは動画配信サービスで有名ですが漫画も沢山扱っています。
 
 
U-NEXTなら登録時に600ポイント貰えて、「執事たちの沈黙」を600円分実質無料で読めます。
 
 
ポイント消費0完全無料1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!
 
 
31日間無料トライアル実施中で無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。
 
 
いろんな種類の雑誌も無料で読み放題です。
 
 
600円分のポイントプレゼントと無料トライアル期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。
 
 
スマホから簡単にできるので、この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!
 
 

 
【お得な利用方法】
600円分のポイントで「執事たちの沈黙」を、無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。


U-NEXT<ユーネクスト>(R18)