⇒無料で「黒崎くんの言いなりになんてならない」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「黒崎くんの言いなりになんてならない」で検索です
 

黒崎くんの言いなりになんてならない 13巻とは?

出版社:講談社
発売日:2019/1/11
作者 :マキノ

黒崎くんを孤立させるため後輩・氷野くんが暗躍する中、由宇は黒崎くんとの距離の取り方にドキドキ中…。最近、黒崎くんがかわいく見えて困るんです!! もっともっと近づきたいのに、キスをめぐって黒崎くんと喧嘩してしまって…!? 進級編解決&新章スタートの13巻は、おまけ番外編「ミナの本音」「春美寮の1コマ」も収録☆

 

黒崎くんの言いなりになんてならない 13巻のネタバレ

49話 すれちがう想い のネタバレ

怪しい二人

テストが無事に終わり、今回は大丈夫だと確信している由宇。
 
梶は、由宇とまた一緒に追試を受けようと思っている。
 
由宇は、梶を巻き込んで黒崎と一緒に帰ろうと考える。
 
ところが、黒崎と相田が一緒にいる所を発見。
 
周りは二人が、お似合いカップルだと騒いでいる。
 
テスト勉強している間に、自然消滅して相田とくっついたのかと頭を過った。
 
一緒にいた梶は、氷野たちに捕まり合コンに誘われている。
 
彼女のいる梶は断ったが、氷野に頼られお願いされてしまったので盛り上げ役として参加することにした。
 
黒崎と相田は、二人で学校を出て行く。
 
由宇は大慌てで、二人を追って行った。
 
相田は黒崎をデートスポットへ連れて行き、由宇はバレないように変装している。
 
黒崎は相田の相手をまともにするわけもなく、用件を聞こうとした。
 
相田は二人でデートをしている気分で、簡単には用件を言わない。
 
イラっとした黒崎は、足ドンをして相田を威嚇した。
 
観念した相田は、ビラの犯人に心当たりがあることを話す。
 
犯人として、浮き上がったのは氷野である。
 
そして相田は、黒崎を口説こうとした。
 
氷野の話を詳しく知りたいのなら、キスをしてと迫る。
 
黒崎の首の歯形にも気付き、彼女の影にも気付いていた。
 
由宇は隠れて二人を見ているが、何を話しているのかよく聞こえない。
 
黒崎はそっけない態度で、「やりたきゃやれ キスごときくれてやる」と相田に言った。
 
由宇はキスという言葉が聞こえ、大慌て。
 
黒崎と向いあい、キスを待っている相田の前に飛び込んだ由宇は、そのまま相田とキスをしてしまった。
 
相田の顔を掴んだ黒崎は、キレている。
 
観念した相田は、氷野が犯人だと思う理由を話した。
 
ほとんどの男子は相田に近付いてくるが、氷野は全く興味を持っていないようだ。
 
そのことから、相田は氷野が犯人ではないかと思っている。
 
納得した黒崎は、由宇を置いて先に歩き出す。
 
相田は、また由宇に邪魔され、黒崎が思い通りにならないことを実感した。
 
由宇は一人取り残され、黒崎にとって、キスは誰とでもできる事なのかと考えると怒りがこみ上げてくる。
 
一方黒崎は、由宇が面倒ごとを増やしたことに怒っていた。
 

揺さぶられる梶

合コンへ行った梶は、モテモテだった。
 
自分だけがモテモテになることは、どう考えてもおかしい。
 
でも一緒に行った男子は、笑って話を流す。
 
そこへ、氷野が現れた。
 
今日の合コンについて、氷野に話を聞こうとする梶だが、いきなり氷野に頭を掴まれ壁に押し当てられる。
 
態度が一変した氷野は、周りを制止させた。
 
相田一人も排除できず、仲間の男子をゴミ扱いする。
 
そして梶に、黒崎のヒミツを聞き出そうとした。
 
梶は、黒崎と仲良くなりたいと思ったが、氷野は黒崎と一緒にいる梶にムカついている。
 
今日の合コンで、女子にキスをされる梶の動画を流し始め、言うことを聞かないとタラに見せると脅した。
 
その頃黒崎は、あの日の監視カメラを確認している。
 
だが、細工されていて見ることができなかった。
 

ケンカ

体育祭が近づき、学校は準備が行われている。
 
由宇は、不機嫌そうに動いていた。
 
数日前、黒崎に電話した由宇。
 
相田と黒崎が二人で会ったことに、怒りが止まらない由宇は黒崎と言い合いをしてケンカをした。
 
由宇は相田と、キスをしようとしたことが一番許せない。
 
その後、由宇は黒崎を無視していた。
 
白河は由宇を心配して、まだ仲直りをしないのかと問いかける。
 
返ってきた答えは、ただのノロケに聞こえた。
 
由宇は、黒崎を振り回している自覚が全くない。
 
翌日、まだケンカは続いている。
 
自分のことはさておき、梶の様子がいつもと違うことに気付いた由宇。
 
タラも梶の元にやって来てデートに誘うが、避けるかのように断って教室を飛び出した。
 
一人になった梶は、黒崎を裏切ることへの罪悪感で押しつぶされそうである。
 
そこへ黒崎がやって来て、寮監へ渡す書類を梶に頼むことにした。
 
黒崎は、自室のカードキーを梶に手渡す。
 
寮で変わったことがないかを確認した黒崎は、梶の前から去って行った。
 
その様子を見ていた氷野が、梶に電話をする。
 
黒崎の部屋に入る絶好のチャンス。
 
梶に、黒崎の部屋を探るように命令した。
 

相田の罠

由宇と白河が体育倉庫で準備をしていると、相田がやって来た。
 
全く手伝う気はない相田に、白河は突っかかる。
 
黒崎のクラスに向かおうとする相田に、焦った由宇は追いかけた。
 
だが、由宇に邪魔されたくない相田は、由宇を押し倒す。
 
押された由宇は、白河と一緒にマットの上へ倒れ込んだ。
 
二人の状態は、由宇が白河に襲いかかっているような態勢である。
 
早く由宇を離したい白河だが、由宇は相田のことしか考えていない。
 
起き上がろうとする由宇だが、動いたらマットがずれそうである。
 
タイミング悪く、そこへ黒崎が現れた。
 
マットを押さえ、「さっさとタクミ襲えよ」と言う黒崎だった。
 
 
⇒無料で「黒崎くんの言いなりになんてならない」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「黒崎くんの言いなりになんてならない」で検索です
 

50話 どっちが悪い!? のネタバレ

キスは大事なこと

由宇と白河の状況に、イラついている黒崎。
 
由宇が、電話でケンカしたときに言った一言を蒸し返す。
 
でもあれは、ケンカした勢いで言ったこと。
 
今のこの状況も、ただの事故で誤解である。
 
白河はこの状況を利用し、黒崎からのお許しも出たので由宇とキスをしようと考えた。
 
由宇の頬を包み込み、顔を近づけた白河。
 
もう一度、黒崎に許可をとる。
 
慌てて由宇を取り戻した黒崎は、白河を巻き込んだことを謝った。
 
由宇は先にこの場を去り、黒崎と白河の二人になる。
 
白河は不器用な黒崎に、中学生でももっと上手く付き合っていると教えた。
 
このケンカも、悪いのは黒崎なんだろうと思う。
 
でも黒崎は自覚なしで、由宇が勝手に怒っているだけだと思っていた。
 
由宇は、さっきのことでまだ動揺している。
 
由宇にとってキスは、好きな人としかできない特別なものだった。
 
感覚が違う黒崎と仲直りができるのか、由宇は不安になる。
 

黒父に背中を押される!!

体育祭、ケンカをしたまま始まった。
 
由宇は、徒競走で堂々の1位。
 
男子の部では、黒崎と白河が競り合い、同着1位になった。
 
相田は、白河の足の速さに驚いている。
 
だが言葉は冷たく、相田が白河を嫌いな気持ちが伝わってきた。
 
相変わらず男子に人気がある相田は、1年男子にご褒美のキスをねだられる。
 
キスを条件に簡単に駆け引きをする相田が、由宇には理解できなかった。
 
相田にとってキスは、そう大事なことではない。
 
由宇は、自分がこだわりすぎたのかと考えた。
 
来賓席が、何だか慌ただしくなっている。
 
何事かと思った由宇の前に、黒父が現れた。
 
どうやら忙しいスケジュールの合間をぬって、黒崎を見にきたらしい。
 
由宇は、黒父に声をかけた。
 
黒父は由宇を見るなり、黒崎が出場する種目をすべてチェックしようとした。
 
由宇は、黒崎が出る種目を把握していない。
 
彼女なのに知らないということは、黒崎にフラれたのかと煽る黒父。
 
由宇は、ただケンカしているだけだと言ってしまった。
 
その時、運動部の先輩たちに囲まれる黒崎の姿が目に入る。
 
黒父はまた、騒ぎを起こしているのだと思うが、由宇は最近は男子にも人気であることを話した。
 
由宇は「根は優しいんですね」と言い、黒父はその言葉を聞いて一瞬固まってしまう。
 
以前と違う姿を見れた黒父は、時間がないため学校を出ることにした。
 
別れ際、由宇に早く仲直りをするように言う黒父。
 
拗らせたら、関係の修復が難しくなる。
 
経験者に言われると説得力があり、由宇はドキッとした。
 
そして、黒崎の様子を残すために、由宇はタブレットを渡される。
 

危機一発

午後の競技が始まる前、黒崎は剣道部の主将に捕まった。
 
二人だけのヒミツの話をして、午後の部がスタート。
 
由宇は、黒崎を探している。
 
自分から謝って、仲直りをしたいと考えていた。
 
でもあの黒崎相手に、すんなりと仲直りができる気がしない。
 
その時、梶に声をかけられた。
 
何だか元気のない梶、久々に顔を合わせる気がする。
 
黒崎の写真を撮るために渡されたタブレット、由宇は使い方がよくわからずに梶に聞いた。
 
それからすぐに、部活対抗リレーが始まる。
 
アンカーは主将対決だが、剣道部がすごく速い。
 
試し撮りをしようとする由宇は、やはり梶の様子が気になった。
 
大きな看板のところでタブレットを構える由宇だが、いきなり看板が倒れてくる。
 
由宇も梶も怪我はなく、無事だった。
 
梶は何かに怯えるように、そのまま気を失う。
 
由宇も腰が抜けてしまい立てないでいると、剣道部の男子がいきなり由宇を抱きかかえて連れ去って行った。
 

ケンカも悪くない!!

誰だかわからないまま、保健室に運ばれた由宇。
 
面を外した男子は、なんと黒崎だった。
 
足を怪我している剣道部主将に頼まれ、代わりに走ったらしい。
 
黒崎は由宇に、「看板の近くに立ってんじゃねぇ」と言った。
 
由宇は後ろから黒崎に抱きつき、仲直りがしたいと口にする。
 
あの日由宇は、相田とキスをしようとしたことが嫌だったのだとはっきり伝えた。
 
黒崎は優しく、由宇と唇を重ねる。
 
やっと怒っている理由がわかり、ホッとした。
 
黒崎にとってキスは、大したことないのだが、由宇にとっては大切なもの。
 
由宇の気持ちを知った黒崎は、ケンカも悪くないと思い由宇を抱き寄せる。
 
またキスをした黒崎は、シカトはやめて欲しいと頼んだ。
 
由宇にシカトされると、堪えて眠れなくなる。
 
そんな黒崎を、由宇はかわいいと思った。
 
その頃、倒れた看板の所には白河がいる。
 
ロープが切られていることがわかり、誰かが故意に狙ったのだと確信した。
 
 
⇒無料で「黒崎くんの言いなりになんてならない」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「黒崎くんの言いなりになんてならない」で検索です
 

51話 黒幕vs.黒悪魔 のネタバレ

狙われてる!?

体育祭が終わり、打ち上げが始まった。
 
由宇は保健室での出来事を思いだし、ジュースを一気飲みする。
 
顔からは、火が出そうだった。
 
黒崎が日に日に甘くなり、戸惑う由宇。
 
その後、先生から梶の荷物を持ち帰るように頼まれた。
 
今日は、実家に帰省しているらしい。
 
荷物を持ち、帰ろうとする由宇。
 
相田も二次会には参加せず、由宇と一緒に帰ることにした。
 
ちょうど、黒崎と白河に会い、4人で帰る。
 
由宇は、自分が浮いているように感じてしまう。
 
黒崎は、白河に梶の実家の場所を聞いた。
 
そして由宇に、黒父が来ていたことを尋ねる。
 
タブレットを、手に持っている黒崎。
 
白河は、由宇に写真を頼まれたのだろうとお見通しだった。
 
でも、全く撮れなかった由宇。
 
あの場所は、黒父に指定されたのかと聞く白河。
 
由宇は、梶に言われてあの場所に行った。
 
相田は、誰かに恨まれているのではないかと言う。
 
横断歩道に差しかかり、先に白河と相田が渡る。
 
由宇もつられて歩いて行こうとしたが、黒崎に手を引かれた。
 
信号は赤で、由宇は気付かずに進んで行こうとしていた。
 
黒崎と二人になった由宇は、しばらく共有フロアに近付かないように言われる。
 
看板が倒れてきたことは、偶然ではない。
 
黒崎は、自分が原因だと思った。
 
そのことを知った由宇は、自分で気を付けようと決める。
 
そして、「離れるつもりありませんので」と強気で言った。
 
由宇の言葉に反応した黒崎、ちょうどトラックが通りかかり、その隙に由宇にキスをする。
 
何事もなかったかのような黒崎だが、由宇は突然のことに驚いた。
 

身を守るために

寮で、由宇はサンドバックに向かっている。
 
パンチのやり方を、教えてもらう由宇。
 
自分の身を守るために、護身術を身につけたいと思っている。
 
それに、風呂に閉じ込められた時の相田が、由宇にはカッコ良く見えた。
 
由宇は自販機の前で、黒崎が寮の男子を疑っているのだと考える。
 
そこへ後輩がやって来て、シアタールームで男子が待っていると言われた。
 
話があるらしいが、一旦は断る。
 
でもその相手が氷野だと聞いて、行こうと決めた。
 

訪問者

梶は黒崎を裏切ってしまったことに、罪悪感を感じて実家に引きこもっている。
 
すると、友達が来ていると母から声をかけられた。
 
返事をする間もなく、梶の部屋に黒崎と白河が現れる。
 
二人の威圧感に、圧倒される梶。
 
由宇が撮った動画に、「こんなことするなんて」と梶の声が入っている。
 
白河は、どういうことなのか、梶を問いつめた。
 
黒崎は、ロープを切って逃げているであろう人物に心当たりがあるか尋ねる。
 
梶は、黒崎の顔を見ることができず、何も答えられない。
 
でも黒崎は、梶まで巻き込んでしまったことを謝った。
 
梶は泣きながら、自分を守るために氷野の言いなりになったことを話す。
 
黒崎の部屋に入った時、由宇との写真を取って氷野に渡したことも告白した。
 
その時、黒崎に由宇から着信が入る。
 
春美公園で、氷野と会って話してくると伝える。
 
黒崎は大声で、由宇をとめるが言うことを聞かない。
 
大慌てで梶の部屋を出る黒崎は、早く寮に戻るように言った。
 
白河と二人になった梶は、圧力をかけられる。
 
そして、氷野とのことを全て白河に話した。
 

俺のケンカ

春美公園に行った由宇は、氷野と会う。
 
由宇は、手にグローブをはめたままである。
 
そんな由宇を見た氷野は、警戒されている事を嬉しそうに笑う。
 
由宇は思い切って氷野に、看板を倒した理由を問いただす。
 
黒崎の周りに、由宇たちがいる事が気に食わない氷野。
 
疎そうな由宇が、そのことに気付いていてちょっと驚いた。
 
由宇のスマホにメールが届き、見てみると中学時代の赤字蔵が映っている。
 
どうして氷野がそんな情報を入手したのか、慌てる由宇。
 
そして氷野は、バラされたくなかったら目の前から消えろと由宇を脅した。
 
梶が氷野の共犯だと知った黒崎は、梶をボコるだろうと期待をしている。
 
どうやら氷野は、人をボコる黒崎が見たいようだ。
 
そんな最低な氷野に、グローブを構えて殴りかかろうとする由宇。
 
だがその手に、ジュース缶が飛んできて、黒崎が現れる。
 
氷野に噛みつく由宇をとめようとする黒崎だが、由宇は暴れる一方。
 
由宇を無理やり捕まえ、氷野に向かって「こいつに触れたら潰す」と言い放った。
 
ライターを取り出し、火をつける氷野。
 
由宇と黒崎の2ショットの写真に火をつけて燃やし始める。
 
氷野は、今の黒崎は見たくないと言った。
 
 
⇒無料で「黒崎くんの言いなりになんてならない」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「黒崎くんの言いなりになんてならない」で検索です
 

52話 公開サプライズ のネタバレ

俺の彼女

燃やされる写真から、目が離せない由宇。
 
黒崎は、氷野に寮を退寮するように言い放ち、由宇の腕を掴む。
 
そのまま由宇を連れて帰る黒崎を見送りながら、氷野は由宇のことがそんなに大事なのかと腹が立った。
 
黒崎に掴まれた腕は力が強く、痛みを感じる。
 
この黒崎の手には、氷野への怒りが込められていると思った由宇。
 
寮に着き、エレベーターに乗り込み、由宇は謝った。
 
黒崎が由宇を止めたのは、きっと氷野の怒りをエスカレートさせないため。
 
言うことを聞かずに、一人で氷野に会いに行ったことを後悔している。
 
その時エレベーターが到着し、開いたドアの向こうには相田がいた。
 
そして他の女子も、相田の後ろにいる。
 
女子たちは、黒崎と相田が付き合っていると思っていた。
 
お似合いの二人だと言われ、相田は調子に乗る。
 
だが黒崎は、みんなの前で由宇と付き合っていることを暴露した。
 
そのまま由宇を抱き寄せ、公開キス。
 
「俺の孤立が氷野の望みならおまえは堂々と隣にいりゃいい」と、微笑みながら言う黒崎。
 
エレベーターのドアが閉まり、降り損ねてしまった。
 

黒崎の隣

翌朝、黒崎の交際宣言のおかげで、由宇はみんなの注目を浴びる。
 
どうしていいかわからない由宇は、顔を真っ赤にしていた。
 
由宇は黒崎の隣に座り、朝食を食べる。
 
そして苦手なトマトを残していると、黒崎に口の中に入れられた。
 
学校でも噂になっていて、みんなに注目される。
 
そこへ、髪を短髪にした梶が現れた。
 
短髪にしたのは、梶なりのケジメである。
 
由宇は、元気になった梶を見て、安心した。
 
だが白河は、梶のことを許したくないようだ。
 

由宇の覚悟

由宇は、黒崎の彼女だと広まったことで敵が増えることを覚悟した。
 
何があっても動じないように気合を入れるが、平穏に時間が過ぎる。
 
1年の頃から黒崎に立ち向かっていた由宇は、みんなに一目置かれていた。
 
相田の周りには、たくさんの男子が集まってくる。
 
黒崎には、相田がお似合いだと言う男子。
 
相田のために、由宇をビビらせようかと考えるが、相田はそれを許さない。
 
白河は遠目に見ていて、てっきり相田は男子を利用すると思った。
 
予想外のことに、相田が黒崎のことを諦めたのだと感じる。
 
ところが、相田はそう簡単には諦めない。
 
まだまだ黒崎に、アピールするつもりである。
 
白河は、氷野がカードキーの主犯だったことを伝え、気を付けるように忠告した。
 
その頃由宇は、剣道部で素振りの練習をしている。
 
黒崎の隣に立つために、強くなりたい。
 
待ちぼうけの黒崎の隣に、白河が並ぶ。
 
由宇に振り回されている黒崎に、新鮮さを感じた。
 
黒崎は由宇との関係をばらすことで、由宇を隣でしっかり守れると思っていたが上手くいかない。
 
由宇は黒崎の思い通りにはならず、手こずっている。
 
同時に、他の生徒たちが黒崎と由宇を取り巻いて構って来るようになった。
 
以前は単独行動だった黒崎だが、今は友達が周りにいる。
 
それも、全て由宇のおかげである。
 
白河はそのまま一人で歩き出し、相田の言葉を思いだしながら、自分はどうしたいのかを考えた。
 
由宇の強さが、たちまち学校中に広まり、黒崎の彼女として認められている。
 
また動き出した氷野は、1年の寮生女子を利用しようとしていた。
 

夏祭り

夏休み、トレーニングの成果が出てきた由宇。
 
何とか無事に、1か月を過ごした。
 
寮内は、いつもと違い賑やかである。
 
今日は夏祭りの日、みんなは夏祭りで盛り上がっていた。
 
風呂に行こうとする由宇は、黒崎に捕まる。
 
他愛もない話をしていると、白河が届け物を持って来た。
 
そして黒崎は由宇を、夏祭りに一緒に行こうと誘う。
 
突然の誘いに、慌てる由宇は着ていく服が見つからない。
 
相田は黒崎と一緒にお祭りに行くため、由宇を一緒に浴衣のレンタルに誘った。
 
待ち合わせの時間、由宇は慣れない浴衣に身を包まれる。
 
黒崎を待っている由宇と相田に、男子が声をかけてきた。
 
氷野の関係者かと警戒する由宇だが、ただのナンパである。
 
そこに黒崎が現れ、由宇を抱き寄せ自分のモノだと、目力でねじ伏せた。
 
由宇を連れ去る黒崎は、しっかりと手を繋ぐ。
 
そのころ氷野は、また何かを企んでいた。
 
 
⇒無料で「黒崎くんの言いなりになんてならない」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「黒崎くんの言いなりになんてならない」で検索です
 

スペシャルショート ミナの本音 のネタバレ

隠された顔

風呂に閉じ込められ、数日が過ぎた。
 
相田はバラの花束を持って、春美公園に来ている。
 
そこで、梶と白河にバッタリ会ってしまった。
 
梶は花束が相田によく似合っていると思いながらすり寄って行くが、白河は相田のダークな部分がよくわかっている。
 
相田がここにいる本当の理由、花束を捨てに来たのだ。
 
相変わらず犬猿の仲の二人は、話すたびに火花を散らす。
 
白河は嫌がらせされていることをだしに、相田へ退寮を勧めた。
 
黒崎のことは本気ではないと思っている白河だが、相田は黒崎を追いかけて入寮したためそう簡単には退寮できない。
 
その後、花束を捨てて寮へ戻った。
 

ミナの過去

相田の清楚女子は、表の顔である。
 
相田は白河のことを思いだし、サンドバックを思いっきり蹴った。
 
中学2年の時、敵ばかりの相田は何があっても動じることなくかわいさを武器に戦っていた。
 
そして相田にとっての恋愛は、ゲームみたいなもの。
 
ある日、事件が起きた。
 
学校の外で掃除をしている時、2階から植木鉢が落ちてきて、額に当たってしまう。
 
ずっと強がっていた相田だが、さすがに堪える。
 
これは事故なのか、故意的なものなのかはわからないまま。
 
翌日から額に包帯を巻き、登校する相田。
 
学校中で噂され、さらに孤独化してしまった。
 
でもかわいさを武器に、男子に声をかける。
 
だが、かわいいだけの相田の額の傷で、男子も敬遠してしまい、転校することになった。
 
寮では、みんなに愛想笑いをしているため、疲れてしまう。
 
黒崎は相田に、最近寮で変わったことはないかと尋ねる。
 
相田は黒崎に、風呂に閉じ込められた日、額の傷を見たのか確認した。
 
黒崎にとって、傷のことなど関係ない。
 
相田は真剣に聞いているのに、黒崎の素っ気ない態度に腹が立った。
 
黒崎の言葉から、傷のある相田ではなく、傷があっても相田は相田ということが伝わってくる。
 
その瞬間、相田は恋に落ちた。

梶のその後

公園で、タラから電話があり、様子がおかしかったため急いでタラの家に向かった。
 
家に着くと、姉妹と一緒だったタラ。
 
妹が勝手に携帯を触っていて、電話が切れてしまったらしい。
 
とにかく無事で、安心した。
 
タラは汗だくの梶を、タオルで拭く。
 
最近タラが、怒っているのではないかと思っていた梶。
 
思い当たる節は、眠っているタラの胸を触ろうとしたことである。
 
暴露されたタラだが、梶に怒ることはなかった。
 
 
⇒無料で「黒崎くんの言いなりになんてならない」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「黒崎くんの言いなりになんてならない」で検索です
 

黒崎くんの言いなりになんてならない 13巻の感想

由宇と黒崎が、まともにケンカしましたね。
 
もっと早く仲直りしたかったようですが、どちらも意地っ張りで折れることができません。
 
そうしてるうちに、日にちだけが過ぎていきお互いにタイミングがなくなってしまいました。
 
このまま仲直りできないのかと思いきや、黒父に背中を押された由宇です。
 
黒崎親子の拗れを知っている由宇は、黒父の言葉をしかと受け止めるしかありません。
 
だって、説得力が半端ない!!
 
経験者語る、って感じですもんね。
 
黒父の息子愛、半端ないです。
 
今までの距離感は、いったい 何だったんでしょうか!?
 
こちらも不器用な親子で、面倒ですが雰囲気は良くなりましたね。
 
体育祭では、とんでもない事件が起こってしまいました。
 
腰の抜けた由宇を、サラッと連れ去ったのはやはり黒崎です。
 
剣道着姿の黒崎も、なかなかカッコ良かったです。
 
黒父に言われたことを胸に、黒崎へ後ろから抱きつき、仲直りしたいと言うシーン。
 
最高でした!!
 
しかも、無視されて黒崎が眠れないこともわかりました。
 
あの黒崎から、こんな言葉が出てきたことに驚きです。
 
遂に黒崎と由宇が、恋人同士だということをみんなにバラしてしまいました。
 
バラしかたは、なんとも言えませんでしたが、これで由宇は黒崎の隣にいる事ができますね。
 
黒崎も由宇を守るためにバラしたのですが、全く思い通りに動かない由宇。
 
今は黒崎の方が、由宇に振り回されていますよ!!
 
だいぶ変わった二人の距離感、これからは黒崎と一緒に過ごす時間が増えそうですね。
 
 
⇒無料で「黒崎くんの言いなりになんてならない」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「黒崎くんの言いなりになんてならない」で検索です
 

無料で「黒崎くんの言いなりになんてならない」を読む方法

 
無料で「黒崎くんの言いなりになんてならない」を読む裏ワザ!
 
 
「試し読みじゃ物足りない…」
「ブックオフに置いてない…」
「スマホでこっそり読みたい…」
「コミックサイトは色々あってどれにしようか迷ってる…」
「安全で信頼できる大手サイトを無料で試したい…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。
 
そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。
 
実はFODなら無料で「黒崎くんの言いなりになんてならない」を読むことができます。
 
FODはフジテレビの動画配信サービスで、ドラマで有名ですが漫画も沢山扱っています。
 
FODプレミアムなら1カ月で最大1300ポイント貰えて、「黒崎くんの言いなりになんてならない」を1300円分も実質無料で読めます。
 
ポイント消費0完全無料1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!
 
初回2週間無料トライアルの期間に解約した場合は月額料金はかかりません。
 
いろんな種類の雑誌も無料で読み放題です。
 
ポイントプレゼントと無料お試し期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。
 
スマホから簡単にできるので、この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!
 

※無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!
 
【お得な利用方法】
ポイントで「黒崎くんの言いなりになんてならない」を、無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。


U-NEXT<ユーネクスト>(R18)