⇒無料で「執事たちの沈黙」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「執事たちの沈黙」で検索です
 

執事たちの沈黙 10巻とは?

出版社:小学館
発売日:2019/9/26
作者 :桜田雛

お嬢様とクズ執事の恋愛に、中毒者続出!
 
「お嬢様。執事の彼氏を愛するからこそ、
超えねばならぬ壁もあるのです…!!」
 
箱入りお嬢様・椿は執事・和巳と禁断の交際中。
そして秘密の彼氏は、なんと、ギャンブルと女遊びを愛するクズだった。
 
「婚姻届」と「そこそこ本気の指輪」があれば
インコ条例はなんとかなる――
 
そう知った椿の誘惑とはじける魅力に
和巳は抗う術なし。
 
ついについに、二人は一線を越える…!
 
しかし、越えた矢先には新たな試練が待ち受けていて!?
 
 
奇才・桜田雛が描く、美しくも可笑しすぎる新境地。
偏愛系年の差ラブストーリー第10巻!!

 

執事たちの沈黙 10巻のネタバレ

第34話のネタバレ

最優先なのは

執事の和巳(かずみ)は、ベランダで煙草を吸いながらため息をついた。
 
久しぶりに行った風俗で満足できなかったのだ。
 
理由は、恋人になったお嬢様の椿(つばき)が良すぎたから。
 
頭の中で椿の姿を思い浮かべてしまい、勃起してしまう和巳。
 
お嬢様と付き合うということで課題は山積みだが、最優先に片付けるべき問題なのは、椿とセックスをするための場所の確保だ、と考えた。
 
椿の屋敷は彼女の父親がいるためリスクが高い。
 
また、和巳の家には、兄の馨(かおる)が勝手に合鍵を使って入ってくることがある。
 

キラキラ

ある夜。
 
椿の父親は、近頃キラキラと輝く椿に「彼氏といいことでもあった?」と訊ねる。
 
別になにも、と誤魔化す椿。
 
しかし、椿は嘘をつくのが下手で、明らかになにかあったのだろうなという雰囲気。
 
椿の父親は、「人の心変わりなんて一瞬。あまり浮かれすぎないように」と釘を刺した。
 
椿は、彼氏が自分から心変わりするわけない、と怒鳴った。
 

怪しむ父親

翌朝出勤した和巳に、椿の父親は迫る。
 
怒りに満ちた表情で、「椿が彼氏とヤったかもしれない」と言う椿の父親。
 
なにか知っているんじゃないか、と続ける椿の父親。
 
和巳は「椿と信頼しあっているのにそんなことを疑っているんですか」と言う。
 
椿の父親は、「椿の様子が少しおかしかったから」といったん怒りを引っ込めた。
 
和巳は「思春期だから気分の浮き沈みはある」となだめる。
 
椿の父親は和巳に、よく椿のGPSを見張っておくように言いつけ、「和巳のことも信じてるからな」と鋭い目で告げた。
 

心変わり

出勤した椿の父親。
 
そこに椿がやってきて、昨夜言われた心変わりの話をした。
 
和巳に抱きつき、胸に頬を寄せる椿。
 
自分たちはこんなにラブラブなのにありえない、なんだかまだ中に和巳がいるようだ、と照れた顔で話す。
 
和巳は椿の頬を掴み、「俺の心変わりパーセンテージを上げたくなければ、父親の前で大人しくしていろ」と怒った。
 
危機感を共有できていない、と舌打ちする和巳。
 
椿は「心変わりパーセンテージ」という言葉に驚く。
 

必要なのは

行きつけの猫カフェにて、馨に恋愛相談をする椿。
 
「心変わりパーセンテージ」なんてメーターがあったなんて、いったい今日は何パーセント増えたの、と泣く椿。
 
少女マンガ家である馨に「何パーセントになったら人は心変わりするの」と訊ねる。
 
しかし、難しい質問だ、と馨は答えられない。
 
馨がわからないなんていっそう不安だ、とさらに落ち込んで猫を撫でる椿。
 
馨は椿に「きみの素直にまっすぐ彼氏を愛せるところは、深く長く人と付き合っていける性質だ」と言う。
 
そして、人間、心変わりはどうしてもあるのだ、とも。
 
じわ、と涙を浮かべ、そしてほとほとと泣いてしまう椿。
 
馨は慌てて「こういうときは神頼みだ」と言う。
 
縁結びのお守りを彼氏とおそろいで持てば、神様の力を借りられる、とアドバイスする。
 
お守りを買うことで信じる心を共有することが大切だ、と馨は続けた。
 

お守り

和巳は帰りが遅い椿を心配していた。
 
落ち込んで登校した椿が、またなにか変な考えでも起こしていないか考えてしまう。
 
落ち着こうと煙草を吸おうとして、切らしていることを思い出す。
 
買いに行こうかと扉を開けたとき、ちょうど椿が帰宅した。
 
買い物していて遅くなったと言う椿。
 
またムダ遣いでもしたのかと言う和巳に、椿は「これを肌身離さず持っていてほしい」と言ってお守りを握らせる。
 
それは派手な象のチャームのついたネックレスだった。
 
「愛の神さまピンクの象さんよ」と言う椿。
 
大人気の占いショップで購入したという。
 
この象をお互いに持っているカップルは永遠の愛で結ばれるとのことだった。
 
その象にはピンクダイヤモンドやルビー、純度の高い金が使われている様子。
 
和巳はスマホで値段を調べ、「5万!?」と驚く。
 
二人分で10万円だ。
 
和巳はため息をつき、わけのわからない不安を押し付けられて迷惑だ、と言う。
 
椿は泣いて部屋に閉じこもってしまった。
 

いいこと

和巳は椿を自宅に連れ込んだ。
 
なんで? とそわそわする椿に、「いいことするから」と告げる。
 
まだ明るいのに、と慌てる椿。
 
和巳は自宅のパソコンを開き、ある無料ファイルをダウンロードした。
 
そしてプリンターで印刷されたのは、婚姻届。
 
「えっちしちゃったから書かないと和巳を条例から守れないものね」と微笑む椿。
 
和巳は「椿が不安だ、ってうるさいからだ」と呟く。
 
そして自分の欄を記入した。
 
「大人になって、それでも俺がいいっていうなら、くれてやる」と言う和巳。
 
椿は泣きながら、和巳のお嫁さんになりたいと言って和巳に抱き着く。
 
悲しいことなんてひとつもないだろ、なんで泣くんだよ、と和巳は抱きしめ返した。
 
 
⇒無料で「執事たちの沈黙」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「執事たちの沈黙」で検索です
 

第35話のネタバレ

バイブル

椿は行きつけの猫カフェで、馨に「彼氏のことが愛おしくて、今までは愛されたいばかりだったのに、最近は愛したい」と話す。
 
そして、「こないだ初めてえっちしたばかりなのに、もう2回目がしたくてたまらない」と相談する。
 
女の子がこんなのおかしいですよね、と真っ赤になる椿。
 
馨は思わず飲んでいたコーヒーを吹きだした。
 
慌てて、「その感情はおかしくない」とフォローする。
 
そして「愛しているからこそ、我慢をおぼえないと彼氏は離れてしまうかもしれない」と続けた。
 
我慢し続けなくてはならないのかと不安になる椿。
 
気持ちがピタリと重なったら、そのときは自然に2回目が訪れるだろう、そのときの彼氏は今以上に椿に夢中になっているはずだ、と話す馨。
 
その言葉を聞いて、やっぱり馨は私のバイブルだ、と喜んで帰る椿。
 
猫カフェのスタッフは「また適当なことを言って」とたしなめる。
 
しかし馨は、高校生が肉欲に支配されてはいけない、という思いがあって、きちんと考えて椿に助言していた。
 
それはそれとして興味深いから彼氏を紹介してほしい、とネタ帳にメモをするのだった。
 

ミモザの花言葉

くしゃみがとまらない和巳。
 
理由は、蘭(らん)が出張先から空輸で送ってきたミモザの花のせいだった。
 
和巳はミモザの花粉症で、仕方なくリビングにミモザを飾ったものの、眼鏡とマスクをして過ごしていた。
 
その鉢植えの中にはメッセージカードがあった。
 
見ると、「花言葉はヒミツの恋」と書かれていて、椿のとの関係に対する当てつけだった。
 
椿は友達が少ないため、母親に色々と恋愛の話をしている可能性が高い。
 
帰宅した椿をたしなめようとした和巳。
 
しかし椿は和巳の眼鏡姿に歳三を思い出し、真っ赤になって慌ててしまう。
 
そしてミモザの鉢植えもサプライズのために飾っているものだと勘違いし、鉢植えを持って自室に飛び込んだ。
 

ヘタクソ

馨の言う「気持ちがピタリと重なるとき」までどれくらい待てばいいのだろう、と思う椿。
 
馨にLINEで聞いてみても、「大丈夫だ」と返されるのみ。
 
一日中和巳の傍にくっついて過ごした椿は夕方、「なんで和巳はいつもどおりなの」と怒鳴る。
 
私ばっかり我慢している、と落ち込んだ様子の椿。
 
和巳は椿にキスをして、リビングのソファに押し倒した。
 
制服をたくし上げ、胸を触る和巳。
 
思わず抵抗する椿の耳を舐め、「制服って悪いことしてる気分」と笑う。
 
椿はクッションを和巳の顔に押し付け、「気持ちがピタリと重なるとき」じゃないと嫌! と言う。
 
和巳は理解できずに、セックスしないなら、と夕飯の飼い出しに行こうとする。
 
椿は「女の子の気持ちがわからないなんてえっちがヘタクソよ」と言い、ヘタクソと大声で連呼しながら自室に逃げ込もうとする。
 
和巳は椿がドアを開ける前にそこに手をつき、ドアと自分の体の間に椿を閉じ込める。
 
そして、親指を椿の口に突っ込んで「どの口でヘタクソだって?」と笑う。
 
椿が指を噛み、煽られた和巳は椿を着替えさせ、ホテル街へと連れ出す。
 
 
⇒無料で「執事たちの沈黙」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「執事たちの沈黙」で検索です
 

第36話のネタバレ

ラブホテル

和巳に「入ろうぜ」と言われたのはラブホテル。
 
女の子の気持ちがどうのと言う椿に、男をなめるなと怖がらせるために連れてきたのだった。
 
ラブホテルには窓がない、椿が気絶するまで色々なことをしてもだれも気付かない、とわざと恐怖をおぼえるようなことを言う和巳。
 
椿ははらはらと涙をこぼす。
 
狙い通りかと思いきや、「和巳がそんなに私を求めているなんて気付けなかった」という理由だった。
 
和巳は本当にラブホテルに入る気は無かった。
 
お金ももったいない。
 
しかし椿は、この部屋可愛い、と勝手にパネルを操作してしまう。
 
休憩で1万3千円という部屋に高いと怒る和巳。
 
そして、お金がないなら出してあげると言う椿。
 
和巳は怒るが、人目が気になり、仕方なく部屋に入った。
 

30分で!

天蓋付きベッドやイチゴの香りのコンドームにはしゃぐ椿。
 
和巳としては椿の部屋のベッドの豪華さと大差ないように思えた。
 
ため息をつき、トイレに入る和巳。
 
その落ち着いて慣れた様子に、椿は拗ねる。
 
トイレで和巳はタイムスケジュールを頭の中に描いていた。
 
現在18時。
 
18時半頃から夕飯の買い物をしないと、椿の父親が帰宅するまでに食事の支度や家事が間に合わない。
 
つまり所要時間は30分で、その間にセックスをしなければ、と考えた。
 

イチゴ味の

和巳がベッドに戻ると、落ち込んだ様子の椿。
 
和巳が慣れた様子だから、と言う椿に、「椿と出会う前の女のことなんて忘れた」と囁いて服を脱ぐ和巳。
 
椿はその情熱的な台詞に感動して「早く抱いて」と言う。
 
和巳は枕元でスマホをいじり、椿の好きな少女マンガを流し読みしながらその台詞を参考に口にしているのだった。
 
そのスマホに椿の父親から「今日早く帰れる」とLINEが来た。
 
しかも食事のリクエストはビーフシチューと手の込んだ煮込み料理。
 
椿に、「デリバリーを頼むから話を合わせろよ」と言う和巳。
 
手作りしてほしいと不満を言う椿。
 
和巳は「こっちに集中しろ」と言って愛撫を再開する。
 
イチゴ味のコンドームに、なんだこのにおい! と驚く和巳。
 
甘くていいにおいじゃない、と言う椿。
 
鼻ぶっ壊れてんのか、と言う和巳。
 
椿はそんなやり取りが幸せで、思わず笑ってしまった。
 

優しい恋人

椿の父親が娘に送った、「ケーキ買って帰るね」というLINEに、誕生日でもないのに過保護だなと呟く和巳。
 
椿は、父親の気遣いは嬉しいけれど、もっと自分の時間を大事にしてほしいと呟く。
 
和巳は昔、椿が幼いころ、雨の中玄関で父親の帰りを待っていた姿を思い出す。
 
和巳は椿に傘を差し、ずっとそばにいた。
 
椿は父親の帰りが遅いことがつらくて、「カゼを引いたらずっと家にいてくれるかな」と言う。
 
和巳は無理やり家の中に連れて入り、「家の中で待つなら食べさせる」とビーフシチューをよそった皿を出す。
 
幼い椿は泣きながらビーフシチューを食べた。
 
そして、椿の父親が帰宅するまで二人で過ごしたのだった。
 
椿の、幼いころと変わらない優しさに、和巳は椿の頭を撫でた。
 

第37話のネタバレ

倉庫

倉庫の片付けをしている和巳。
 
そこに椿が遊びに来て、「名探偵シツジ」のDVDを見つける。
 
大好きだったな、と思い出に浸る椿。
 
そのとき和巳の頭に、上から落ちてきたものがぶつかり、気絶してしまう。
 

執事誕生秘話

昔、椿の父親から、臨時30万で娘の世話をするよう言われた和巳。
 
今月に入って5人目の家政婦が、急に辞めたいと電話をしてきたのだった。
 
和巳は泉川家に行って早々、幼い椿から牛乳の入った水鉄砲を食らわされた。
 
和巳は椿を見てまず、「将来顔だけでメシ食えそう」とその可愛さに驚く。
 
椿は和巳を家に入れないようがんばるが、お菓子につられてしまう。
 
結局上がり込まれてしまうが、おやつの時間になると、「名探偵シツジのケーキ作って!」と言う。
 
和巳がため息をつくと、怯えた様子で、「できないなら帰って」と言う。
 
和巳は「大人を困らせたってしょうがない、言わなきゃ気持ちは伝わらない」と言って、ホットケーキにチョコレートで名探偵シツジの顔を描いた。
 
そして、たっぷりのはちみつをかける。
 
「いつもは虫歯になるからってちょっとしかかけてくれない」と言う椿に、「言わなきゃバレない」と笑う和巳。
 
ドキッとする椿だが、慌てて和巳の尻にフォークを突きさす。
 
椿は泣きながら、「家政婦がいたらパパとママは帰ってきてくれない」と叫ぶ。
 
和巳は椿を慰め、「今日は一緒にいてやる」と言う。
 
椿は「一緒にいたいなら、今日から私の執事にしてあげる」と言う。
 
ちょうど帰宅した椿の父親は、椿の言葉を採用したのだった。
 

ついに対峙

目を覚ました和巳。
 
「人生を踏み外した瞬間の夢を見ていた」と言う和巳に、心配したと泣きながらすがりつく椿。
 
その後ろで馨も泣いていて、和巳は驚く。
 
椿は「なんで和巳が角砂糖カオル先生と知り合いなの?」と驚く。
 

裏執事のネタバレ

vol.1

ソファに座り、マフラーを編む和巳。
 
隣に座る飼い猫の歳三(としぞう)に、「今年何歳になった?」と訊ねる。
 
歳三は穏やかに潤んだ優しい瞳で和巳を見つめる。
 
和巳は目を伏せ「お互いタブーの話題でしたね」と質問を取り下げた。
 

vol.2

クラスで「泉川(いずみかわ)さんの執事さんって素敵」「どこで出会ったの?」と訊ねられる椿。
 
和巳の姿を思い浮かべた椿は、頬を赤らめた。
 
そして、「神様のおこめこぼしかしら」とうつむく。
 
お米? ときょとんとするクラスメイトたち。
 
教科書を届けに来た和巳は「おぼしめしでしょ」とツッコミを入れた。
 
 
⇒無料で「執事たちの沈黙」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「執事たちの沈黙」で検索です
 

執事たちの沈黙 10巻の感想

第37話、椿と和巳の出会いのエピソードがたっぷり読めて幸せでした!
 
小さい頃から椿はとっても可愛かったんですね……。
 
和巳の椿に対する第一印象が、「将来顔だけで食べていけそう」というのが面白かったです。
 
高校生になってもずっと可愛い顔立ちの椿に、和巳は心を揺らされっぱなしですので、出会いの時点で既にそんな運命だったような気がします。
 
第36話のラストでも、椿の幼いころの可愛いエピソードがありました。
 
第34話で馨が椿に言ったように、椿はとても純粋で真っ直ぐに人を愛せる女性なのだと覆います。
 
10巻では、椿が幼いころから両親を愛して、気遣っている姿、そして高校生になってもその優しさや愛情が変わらない様子を、たくさん見ることができたように思います。
 
そして、初めて出会ったときから和巳は椿の気持ちに寄りそい、物理的にも傍にいて、そして上手く食事やおやつでなだめすかしてきたことがわかります。
 
二人が今付き合っている、ということを考えながら昔の二人を見ていると、本当に素敵なカップルだなあとほっこりしてしまいます。
 
第37話のラストで、ついに和巳と馨が対峙しましたね。
 
次からどうなっていくのか、とってもハラハラして楽しみです!
 
 
⇒無料で「執事たちの沈黙」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「執事たちの沈黙」で検索です
 

無料で「執事たちの沈黙」を読む方法

 
無料で「執事たちの沈黙」を読む裏ワザ!
 
 
「試し読みじゃ物足りない…」
「ブックオフに置いてない…」
「スマホでこっそり読みたい…」
「コミックサイトは色々あってどれにしようか迷ってる…」
「安全で信頼できる大手サイトを無料で試したい…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。
 
 
そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。
 
 
実はU-NEXTなら無料で「執事たちの沈黙」を読むことができます。
 
 
U-NEXTは動画配信サービスで有名ですが漫画も沢山扱っています。
 
 
U-NEXTなら登録時に600ポイント貰えて、「執事たちの沈黙」を600円分実質無料で読めます。
 
 
ポイント消費0完全無料1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!
 
 
31日間無料トライアル実施中で無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。
 
 
いろんな種類の雑誌も無料で読み放題です。
 
 
600円分のポイントプレゼントと無料トライアル期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。
 
 
スマホから簡単にできるので、この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!
 
 

 
【お得な利用方法】
600円分のポイントで「執事たちの沈黙」を、無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。


U-NEXT<ユーネクスト>(R18)