⇒無料で「執事たちの沈黙」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「執事たちの沈黙」で検索です
 

執事たちの沈黙 11巻とは?

出版社:小学館
発売日:2020/1/24
作者 :桜田雛

130万部突破!お嬢様×クズ執事の禁断愛
 
箱入りお嬢様・椿には、秘密の彼氏がいる。
その相手とは、執事の和巳。彼はギャンブルと女遊びを愛するクズだったが
婚姻届にもサイン済みの覚悟を見せていた。
 
恋人1周年記念が近づき、夢心地な椿。
旦那様にバレるかもバレないかもな事態が続くなか、
ついに”その時”はやってきた。
 
それはお家リビングでH中という考え得る限り
最悪のシチュエーションで・・・・・・
 
奇才・桜田雛が描く、美しくも可笑しすぎる新境地。
偏愛系年の差ラブストーリー第11巻!!
 
contents
執事たちの沈黙
裏執事(かきおろし)
箱庭夫婦

 

執事たちの沈黙 11巻のネタバレ

第38話のネタバレ

おまえのせいで

椿(つばき)の父親も眠っている夜の屋敷。
 
和巳(かずみ)は、屋敷に兄の馨(かおる)がいることに驚く。
 
椿は和巳が馨のことを知っていると気付く。
 
「角砂糖カオル先生を知ってるの?」と訊ねる椿。
 
馨は椿に「私は彼の兄だ」と伝える。
 
角砂糖カオルは、馨が少女マンガを描いているときに使っているペンネームだ。
 
和巳はそれを知らなかった。
 
馨は和巳に、角砂糖カオルとしての名刺を渡す。
 
その名刺から生臭いにおいがすることを指摘すると、馨は屋敷に来た用件を思い出した。
 
北海道出張の土産であるウニとバターサンドを渡しに来たのだった。
 
その中には馨の描いたコミックスも入っていた。
 
椿は彼の作品の大ファンで、作品に影響された椿が和巳を振り回すことが多々あった。
 
高価な指輪を買わされそうになったり、元カノについて不安に思われたり、早漏なんじゃないかと疑われたり。
 
和巳はコミックスを破り、「おまえのせいで二百万の指輪を買わされかけた!」と馨を怒鳴る。
 
馨は椿から彼氏の話としてそのエピソードを既に聞いていた。
 
困惑する馨に、椿は和巳を彼氏として紹介する。
 
和巳は慌てたが、椿を抱きよせ、その言葉を肯定した。
 
馨は和巳の胸倉を掴み、椿は未成年だぞ、と怒った。
 
説明しろ、と言う馨を置いて、和巳は椿に休むよう言って部屋に送った。
 
いい子で待ってろ、とデコピンして、和巳はリビングに降りる。
 

責任

そこでは、騒がしくて目が覚めてしまった椿の父親と馨が、ウニをつまみにワインを飲んでいた。
 
椿の父親は、馨に何か言われたのか、椿の婚約者についてそろそろ考えようと思う、と話した。
 
酒に弱い椿の父親。
 
和巳は、酔った頭でそんなことを、と取り合わない。
 
馨は、椿の父親は真剣なんだぞ、と怒る。
 
和巳は、それなら、と首を傾げる。
 
「椿の気持ちを無視して勝手に進めていい話ではない」と厳しい言葉をかける和巳。
 
椿の父親は、「今の彼氏は素性の知れない大人なんだぞ」と声を荒げる。
 
所詮他人だから無責任なことが言えるんだろ、と。
 
和巳は「取りましょうか、責任」と告げる。
 
椿の父親は「今のは聞かなかったことにする」と言ってリビングから出て行った。
 
和巳は馨に、部外者は帰ってくれ、と言う。
 
引こうとしない馨に、「俺の女に手ぇ出すな」と牽制する。
 
未成年だってことは最初からわかりきってる、と言って、和巳もリビングから出て行った。
 
残された馨は、和巳はもっとかしこかったはずだ、と呟いた。
 

だれのもの?

部屋で待っていた椿。
 
馨と自分の父親、そして和巳がなんの話をしていたのか不安に思っている様子だ。
 
和巳は「教えない」と言って笑う。
 
そして椿を押し倒してキスをするが、椿は和巳の顔を腕でつっぱって「はぐらかさないで!」と言う。
 
和巳は「椿がだれのものかって話」と言い、強引に挿入する。
 
顔を真っ赤にする椿の頬を撫で、椿はだれのものか問う和巳。
 
椿は「和巳のもの」と言う。
 
和巳はその答えに満足げに笑った。
 
 
⇒無料で「執事たちの沈黙」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「執事たちの沈黙」で検索です
 

第39話のネタバレ

私たちなら

朝、目を覚ました椿。
 
和巳も同じベッドで寝ていて、椿が起きたことで目を覚ました。
 
椿を抱きよせた和巳は、まだ早いから寝ていろ、と言って再び眠る。
 
椿は和巳の朝勃ちを見て、「まじまじ見るとナマコみたい」と思う。
 
朝五時、和巳はスマホのアラームで目を覚ます。
 
見ると、自分の性器に椿がリボンをちょうちょ結びにしていた。
 
わけがわからないという顔をする和巳。
 
椿は慌てながら「かわいくしたら愛せるかなって……」と頬を赤らめた。
 
和巳は「昨日のしおらしさはどこに行った」と椿の頭を撫でた。
 
憧れの少女マンガ家、そして和巳の家族である馨に、和巳と付き合っていることを反対されたことが椿にはショックだった。
 
でも、私たちなら大丈夫、と笑う。
 
馨は話せばわかってくれると言う椿に、能天気だなと和巳は目を細めた。
 

信じたい

ゴミ捨てに行くかと玄関を開けた和巳は、そこに佇み、スズメにとまられている馨を見つけて驚く。
 
馨は一晩中ここで椿と和巳のことを考えていた。
 
そして「一晩考えた結果、二人のことを信じたいと思った」と告げる。
 
椿が未成年であること等、問題はある。
 
しかし、和巳がだれかのために感情を露わにする様子を見せるのは初めてで、和巳が椿をどれほど大切に思っているのかを感じたのだった。
 
そして、いつか父親と椿が会ったときの反応が楽しみだ、と言って微笑んだ。
 

記念日

馨はそのまま朝食の席にも居座った。
 
付き合ってどれくらいになるんだ、と訊ねる馨。
 
もうすぐ1年です、と答える椿。
 
馨は、どんな記念日を計画しているのかと思わずアイデアノートを取り出した。
 
椿は「まだ和巳と相談はしていないけれど、カップルフォトを撮って、ゴンドラに乗ってピンクのスモークの中365本の薔薇を……」と話す。
 
馨も「ゴンドラは結婚式で乗ったよ、懐かしいな」と椿と盛り上がる。
 
和巳は「椿と過ごす毎日が記念日ですから、今さら特別なことをしなくても」と微笑んで見せる。
 
椿も「そうかしら」と流されかけるが、馨は「和巳は記念日を面倒くさがって椿を丸め込もうとしているんだ!」と気付かせる。
 
椿は「どういう神経してんのよ!」と怒る。
 
馨と二人で「人の気持ちをわかって」と責められ、和巳はうんざりした。
 
高坂のバーでヤケ酒をする和巳。
 
気持ちなんて形にしなくたってわかるだろ、とぼやく姿に、高坂は微笑む。
 
和巳はいじけて帰り、椿に電話をかけた。
 
そして、記念日になにかする、と予告した。
 
 
⇒無料で「執事たちの沈黙」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「執事たちの沈黙」で検索です
 

第40話のネタバレ

愛娘

部下が運転する車の中、椿の父親は、椿のインスタを見て眉をひそめる。
 
椿はペアリングを左手の薬指にはめ、その写真を背景に、「彼氏との1年記念日」「たのしみ」等の文字を打ち込んだ画像をアップしていた。
 
椿の父親は、ウエディングドレスを着た椿の姿を想像してしまい、胸に激しい痛みが走った。
 
この1年で、椿はずいぶん変わった、と考える椿の父親。
 
自分を気遣う様子を見せることが多くなった。
 
自分が知らない椿を見たくないし、自立だってしてほしくない、と頭を抱える。
 

露見

記念日が楽しみだ、とリビングのソファに座り、うきうきしながらプリンを食べる椿。
 
和巳は隣で洗濯物をたたみながら、「酔ってそんなことを言いましたね」と呟く。
 
椿は怒って和巳をぽかぽか叩く。
 
すると、胸元にプリンをこぼしてしまった。
 
和巳は時計を見て、椿の父親が帰宅するまでまだ時間があることを確認してから、ソファに椿を押し倒した。
 
帰宅し、玄関の扉を開ける。
 
そこに飼い猫の歳三(としぞう)が駆けつけ、激しく鳴き声を上げながら、ものすごい速さでディフェンスをし、椿の父親が通れないように必死に動く。
 
しかし動くのが苦手な歳三は、すぐに息切れしてしまう。
 
そんな歳三に「どうしたの」と声をかける椿の父親の耳に、椿の喘ぎ声が届く。
 
歳三は再び鳴いて誤魔化そうとしたが、椿の父親はその口を手で塞ぐ。
 
続けて響く椿の声。
 
椿の父親は、和巳がサボってAVでも見ているんだろう、と和巳に電話をかけた。
 
電話に出た和巳にホッとし、「仕事サボってるなんて減給だぞ」と冗談を言いながらリビングに続く扉を開ける。
 
そこには、ソファに座ってスマホを耳に当てている和巳と、和巳に跨り、衣服が乱れている椿。
 
椿の父親は椿を自分の方に引き寄せ、和巳を殴った。
 
椿は父親の手を取り、黙っていたことを謝った。
 
そして、自分はもう小さな子供じゃないから、好きな人は自分で決める、と叫んだ。
 
和巳も、椿をください、と椿の父親に告げる。
 
椿の父親はその場で倒れてしまう。
 
慌てて病院で検査をした結果、目立った外傷も、脳への異常も無いが、記憶喪失になっていた。
 
 
⇒無料で「執事たちの沈黙」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「執事たちの沈黙」で検索です
 

番外編のネタバレ

腐れ縁

和巳の大学からの友人、高坂(こうさか)はバーテンダー。
 
バーの閉店後、カウンターの上で女性とセックスをする。
 
女性は「私のことをおぼえていてくれて嬉しい」と言うが、その後店じまいを終えた高坂は帰路で「だれだっけ」と呟いた。
 
すると道で、猫たちの鳴き声がする。
 
見ると、今夜高坂のバーで飲んでいた和巳が酔いつぶれて寝ていて、そこに猫が4匹群がっていた。
 
和巳はいつもツケてばかりで支払いをしない。
 
タダ酒を飲んで潰れるなんてキングオブクズだなと高坂が近寄ると、和巳は高坂の服を掴んだ。
 
そして、盛大に吐いた。
 

昔は……

仕方なく和巳を連れて帰宅した高坂。
 
玄関に転がした和巳に平手打ちしながら、「これは吐かれた酒の分、これは汚されたスーツの分……」と呟く。
 
目を覚ました和巳は、高坂を椿と勘違いしていた。
 
なにが交際一年目だ、記念日だ、愛が少ないってなんだ、とひとしきり怒鳴ってから、弱ったように「こんなに椿のことが好きなのに」と言って、また寝てしまう。
 
高坂は、大学のときの和巳のことを思い出していた。
 
決まった恋人を作らない和巳。
 
どうしてなのか訊ねると、「他人に深入りしたくない、見たくないものを見なくて済む」と言っていた。
 
それなのに今は恋人ができて、しかも交際1周年を迎えるという。
 
高坂は和巳の服を脱がせ、ベッドに寝かせて、その寝顔を見て微笑んだ。
 

つまんない

朝七時。
 
目覚まし時計の音で目を覚ました和巳は、自分が裸で寝ていることに驚く。
 
そして、同じく裸で寝ている高坂が隣にいた。
 
高坂は寝ぼけて、和巳を女性と勘違いし、「もう少し寝よう」と言って抱きよせた。
 
執事の仕事に完全に遅刻している和巳。
 
椿に電話すると、電話の向こうの椿は和巳の体調を心配している様子。
 
高坂は、恋人と電話をする和巳を眺める。
 
その表情は優しく、高坂はコーヒーを淹れながら「少しつまんない」と優しく微笑んだ。
 
 

裏執事のネタバレ

バーでグラスを拭きながら、和巳のことを考える高坂。
 
酒代のツケは支払わないし、自分用のジョッキ等の私物を店にいくつも置いて行くし、先日は自分のスーツに吐かれている。
 
高坂は、自分の友達はそんな和巳ひとりしかいないことに気が付いてハッとした。
 

箱庭親子のネタバレ

母親

中学3年生の春一(はるいち)は、クラスの男友達に「中3にもなって母親と風呂に入ってるってどう思う?」と訊ねる。
 
気持ち悪い、と言われ、まさか春一は入っているのか、と聞かれ、慌てて誤魔化す春一。
 
そんな会話で春一は、自分の母親との関係に疑問を持った。
 
二人暮らしの六畳一間に帰宅した春一。
 
母は春一と少しでも長く一緒にいたいから、と仕事を在宅に切り替えている。
 
狭い部屋だがいつも清潔にされていて、毎日春一の好物を作って学校から帰ってきた春一を出迎える。
 
そして、母はいつも完璧にお化粧をして過ごしている。
 
そんな母親を、春一はだれよりも美しいと思っている。
 
夕食を食べながら、春一の口元についたものを、母親は舌で舐めとった。
 
「今日新しい下着買ったの。お風呂のとき春一に見てほしい」と言って風呂の支度をしようとする母親。
 
春一は「今日からひとりでお風呂に入る」と言った。
 
学校の友達に変だって言われたから恥ずかしい、と続ける春一。
 
母親は「どうして?」と静かだが据わった目で春一を見つめる。
 
春一自身の気持ちが大事だし、お母さんは楽しみにしているのに、と言われて、春一は流されて一緒のお風呂に入った。
 

異常

翌日、自分の弁当の中身を冷静に見た春一は、「Love」と海苔で書かれた、ハートがたくさん散りばめられていることについて「これは正常なのか?」と疑問に思う。
 
クラスの男子生徒から「俺も妹がいるからわかる! キャラ弁に巻き込まれてつらいよな」と言う。
 
春一はひとりっこだ。
 
思わず立ち上がり、教室を飛び出して帰宅する。
 
家には鍵がかかっていた。
 
玄関を開けると室内では、母親が下着姿で、春一のパンツを使って自慰に耽っていた。
 
春一は「異常だ」と叫び、その場で吐いてしまう。
 
そして家から飛び出した。
 
息子を異性として見ていたなんて裏切りだ、と傷つく春一。
 
母親は下着姿のまま追いかけ、「行かないで」と必死で叫んだ。
 
そして、転んでしまう。
 
そこに男たちがやってきて、「どうしたの」「すごいカッコだね」と声をかける。
 
春一は駆けつけ、学ランをかけた。
 
あなたがいないと生きていけない、もうしないから、なんでも言うことを聞くから許して、と土下座して泣きじゃくる母親。
 
母親は縋りつかれた春一は、背筋を快楽が駆けあがるのを感じた。
 
僕がいないと生きていけないの? と母親に訊ねた春一は、自分たちを「異常」だと認めた。
 
 
⇒無料で「執事たちの沈黙」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「執事たちの沈黙」で検索です
 

執事たちの沈黙 11巻の感想

「椿の婚約者についてそろそろ考える」と椿の父親が言い出したことがきっかけで、和巳の心境や行動が大きく変化しています。
 
二人の関係を知った馨がいい味出してますね。
 
和巳の兄なので和巳になんでも言えて、椿から恋愛相談を受けているうえに乙女心がわかるから椿の味方をして……。
 
第39話で椿と馨が二人でタッグを組んで和巳に文句を言うシーン、とっても可愛かったです。
 
一方、椿の父親の心情が胸に痛いです。
 
溺愛している、ずっと大切に育ててきた娘が、別の男性に自分の知らない姿を見せることが苦しい、と悩んでいます。
 
椿は愛されて育ったのだなと改めて感じると共に、椿と和巳の関係が、みんなが幸せな形で認められるといいな、と思います。
 
ただ、バレ方としてはかなり最悪な部類に入るのではないでしょうか……。
 
自宅で娘が恋人といちゃついているとこを見てしまう、というのはかなりキツそうです。
 
今までの溺愛っぷりを見ると、記憶喪失になっても仕方ないなと思います。
 
読み終えてから表紙を見ると、和巳と椿の父親が険悪な様子で睨みあっているように見えます。
 
今までのお話で、二人は腹に一物を抱えながらも、お互いに信頼しあっているように感じていたので、仲が悪くなってしまったら悲しいな、と思ってしまいます。
 
 
⇒無料で「執事たちの沈黙」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「執事たちの沈黙」で検索です
 

無料で「執事たちの沈黙」を読む方法

 
無料で「執事たちの沈黙」を読む裏ワザ!
 
 
「試し読みじゃ物足りない…」
「ブックオフに置いてない…」
「スマホでこっそり読みたい…」
「コミックサイトは色々あってどれにしようか迷ってる…」
「安全で信頼できる大手サイトを無料で試したい…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。
 
 
そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。
 
 
実はU-NEXTなら無料で「執事たちの沈黙」を読むことができます。
 
 
U-NEXTは動画配信サービスで有名ですが漫画も沢山扱っています。
 
 
U-NEXTなら登録時に600ポイント貰えて、「執事たちの沈黙」を600円分実質無料で読めます。
 
 
ポイント消費0完全無料1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!
 
 
31日間無料トライアル実施中で無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。
 
 
いろんな種類の雑誌も無料で読み放題です。
 
 
600円分のポイントプレゼントと無料トライアル期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。
 
 
スマホから簡単にできるので、この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!
 
 

 
【お得な利用方法】
600円分のポイントで「執事たちの沈黙」を、無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。


U-NEXT<ユーネクスト>(R18)