⇒無料で「-50kgのシンデレラ」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「-50kgのシンデレラ」で検索です
 

-50kgのシンデレラ 1巻とは?

出版社:スターツ出版
発売日:
作者 :紅月りと, 望月いく

ぽっちゃり女子の陽芽は、就職活動中の大学生。ある企業の説明会で、怪我をしてしまった陽芽(ひめ)は案内係の社員・宰(おさむ)に助けてもらう。まるで王子様のような彼に、陽芽は一目ぼれ。もう一度、彼に会いたい――…その想いを果たすため、一念発起して50kgのダイエットに成功! 晴れて同じ会社に就職するが、1年経っても彼を見つけることができずにいた。そんなある日、社内一のイケメンと噂の御曹司が陽芽の部署に異動してくる。なんと、その御曹司は宰だった!再会の喜びもつかの間、「気になっている女性がいる」と宰から打ち明けられ、陽芽は意気消沈。ところがなぜか宰は、陽芽を抱きしめたり、甘い言葉をささやいたり、特別…

 

-50kgのシンデレラ 1巻のネタバレ

第1話 命短し、痩せよ乙女 のネタバレ

コンプレックス

佐伯陽芽は、自分の体型がコンプレックスだった。
 
いわゆる肥満体型の陽芽。
 
歩くだけでドスドスと音が立ち、息が上がるくらいだ。
 
就職説明会に訪れた先でも受付の人たちが陽芽の体型を見てコソコソ噂をしている。
 
陽芽にとってはこのくらいはもう慣れっこだ。
 
仲良しの加奈子と合流し、説明会に臨む陽芽。
 
製菓会社だけあって試食コーナーが準備されており、陽芽は目を輝かせる。
 
製品のお菓子を頬張り、幸せそうに微笑む陽芽。
 
そんな陽芽を見て笑う1人の男がいたことに、陽芽は気付いていなかった。
 

出会い

工場見学が案内され、参加者たちは一斉に移動を始めた。
 
陽芽と加奈子もついて行こうとしたが、陽芽が突き飛ばされてよろけてしまう。
 
何とか必死に持ちこたえた陽芽だったが、足首をくじいてしまった。
 
しばらくはどうにか誤魔化して説明会に参加していた陽芽だったが、あまりの痛みにとうとう倒れ込んでしまう。
 
すると、そんな陽芽を軽々と持ち上げて「大丈夫?」と声をかけてきた1人の男性がいた。
 
その男性は医務室まで陽芽を連れて行くと、テキパキと足首を手当てする。
 
自分の体重のことを気にしてしまう陽芽だったが、その男性は何とも思っていないみたいだった。
 
今までこんな対応をされたことがなく、アタフタしてしまう陽芽。
 
するとその時、陽芽のお腹が鳴りだしてしまった。
 
恥ずかしさのあまり顔を真っ赤にして動揺する陽芽。
 
すると男性は陽芽に持っていたチョコレートを手渡した。
 
陽芽は遠慮なくそのチョコレートを口に運ぶ。
 
あまりの美味しさに感動していると、そんな陽芽を見ていた男性が満面の笑みを見せた。
 
本当においしそうに食べるね、という男性の笑顔にドキッとしてしまう陽芽なのだった。
 

必ず会いに…

この足ではもう見学は続けられない。
 
そう思った陽芽は帰宅することに。
 
すると男性は陽芽を支えながら一緒に歩いてくれた。
 
私、重いから…と気にする陽芽だったが、男性は全く気にする素振りを見せない。
 
タクシーまで運び、運転手に運賃まで渡す男性。
 
陽芽は驚き、私はあなたの部下でも何でもないのにダメですと拒否する。
 
すると男性は、それなら俺の部下になればいいと言い出した。
 
申し訳なく思うならうちに来て俺の元で働いてよ。
 
男性はそう言って笑うと、運転手に車を出すよう指示を出した。
 
別れ際、陽芽は必ず会いに来ますと約束してその場を離れるのだった。
 

決意

後日、この出来事を加奈子に話した陽芽。
 
そして陽芽は決意する。
 
何としても富士崎製菓に入社したい。
 
もう一度あの人に会いたい。
 
そのために何かしなきゃ。
 
そう言う陽芽の言葉に、加奈子はニヤリと笑ってそれならやることはひとつだと言うのだった。
 

大変身

それからしばらくして、富士崎製菓の二次面接が行われた。
 
そこで周りの人の目を引く美しさの1人の女性がいた。
 
受付で名前を聞かれ、女性は佐伯陽芽だと名乗った。
 
前は「ヒメ」という名前を聞いただけでコソコソ笑っていた受付の人が、今度は「今の子めちゃくちゃ可愛くね?」と言い出す。
 
そう。
 
陽芽は変わったのだ。
 
死ぬ気で頑張ったダイエット。
 
全てはあの日恋した王子様に会うために。
 
陽芽は自分の全力をかけて、二次面接へと臨んだのだった。
 
 
⇒無料で「-50kgのシンデレラ」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「-50kgのシンデレラ」で検索です
 

第2話 落としたのは、ガラスの靴か体重か のネタバレ

再会

陽芽が富士崎製菓に入社してもうすぐ1年が経つ。
 
先輩からも仕事ぶりを褒められるくらいに成長した陽芽。
 
ところが、入社して1年が経ってもあの男性にはまだ会えずにいた。
 
そんなある日、社内1のイケメンが帰ってくるという話を聞いた陽芽。
 
今日は社内中の女子がその噂でもちきりだった。
 
その人物の顔を見た時、陽芽は驚愕した。
 
何とその人物は、説明会のあの日陽芽を介抱してくれた男性だったのだ。
 
しかも彼は社長の跡取り息子の富士崎宰だと言う。
 
自分とは住む世界が違うんだと自覚した陽芽は、落ち込むのだった。
 

両想い!?

街を歩いていても富士崎のことが頭から離れない陽芽。
 
簡単に諦められない…と悩みながら歩いていると、人とぶつかってしまう。
 
とっさに謝った陽芽だったが、頭をあげて驚いてしまった。
 
目の前にいたのは何とあの富士崎だったのだ。
 
陽芽が自分の部下だと気付いた富士崎は、陽芽をケーキバイキングに誘う。
 
陽芽はリバウンドに怯えながらも、久しぶりのケーキの美味しさに頬を緩めた。
 
そんな陽芽を見て、富士崎は嬉しそうに笑う。
 
富士崎は食べないのかと陽芽が尋ねると、富士崎は自分は人探しに来ただけなのだと言った。
 
会いたい人がいると言ってその人物の特徴を挙げていく富士崎。
 
そしてその人が落としていったというキーホルダーを富士崎が目の前に出した時、陽芽は固まってしまった。
 
それは陽芽が失くしたと思っていたキーホルダーだったのだ。
 
今の話、全部私のことだったの!?と動揺する陽芽。
 
しかし、陽芽は自分だと言い出せなかった。
 
富士崎が捜しているのは過去の太っていた時の自分なのだ。
 
両想いだったことは嬉しかったが、痩せなきゃよかった…と落ち込む陽芽なのだった。
 
 
⇒無料で「-50kgのシンデレラ」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「-50kgのシンデレラ」で検索です
 

第3話 恋する気持ちはハイカロリー のネタバレ

呼び名

陽芽と富士崎はあれから連絡先を交換し、いつの間にか富士崎が捜す「あの子」を一緒に探すことになってしまった。
 
嫌われるのが怖くて自分が「あの子」だと言い出すことが出来ず、陽芽はさっそく呼び出されてしまう
 
会社外で会っていることもあり、富士崎はプライベートでは自分のことを「宰」と呼んでほしいと言い始めた。
 
珍しい苗字だから身元がバレるのも困るし…と次期社長らしい発言をする富士崎に、思わず陽芽は頷く。
 
そしていつの間にか富士崎も陽芽のことを下の名前で呼ぶことに。
 
完全に富士崎のペースに呑み込まれる陽芽なのだった。
 

チャンス

陽芽がどうすればいいか悩んでいると、同期の田嶋が陽芽に声をかけてきた。
 
富士崎の歓迎会が行われることを知った陽芽は、これは大チャンスだと目を輝かせる。
 
富士崎は、「おいしそうに食べるあの子」を好きになったのだ。
 
それなら、「今の自分が美味しそうに食べる姿」を見せたらアピールになるかもしれない。
 
そう思い、意気込む陽芽。
 
ところが、飲み会では富士崎は他の女子社員から囲まれて話しかける隙も無い。
 
落ち込む陽芽の隣に座ったのは田嶋だった。
 
田嶋は陽芽にやたらと絡んでくる。
 
歓迎会が終わっても、自分が送ると言って譲らなかった。
 
するとその時、富士崎が陽芽と田嶋に声をかけ、陽芽と一緒に帰ると言って田嶋から引き離した。
 
2人きりになり、ああでもしないと田嶋が送り狼になってしまいそうだったから…と富士崎は言う。
 
私なんかにそんなわけ…と言う陽芽だったが、陽芽さんは自分のこと分かっていないと言って富士崎は声を荒らげる。
 
もし嫌なことがあったら自分に言ってほしい、力になりたいと真剣な顔で言う富士崎にときめいてしまう陽芽なのだった。
 
 
⇒無料で「-50kgのシンデレラ」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「-50kgのシンデレラ」で検索です
 

第4話 心も体も引き締めて のネタバレ

富士崎が生きる世界

その日、陽芽は富士崎から大きな仕事を頼まれた。
 
新人の自分にこんな大役…と驚く陽芽だったが、逆にやる気も出る。
 
富士崎の期待に応えたい。
 
陽芽はその一心で仕事を頑張った。
 
昼休みもまともに取らず、ランチはコンビニのおにぎりで済ませる陽芽。
 
そんな陽芽を見て先輩も心配していたが、富士崎がまとめてくれていた作業のポイント集がとても役に立っていた。
 
その資料を見て、相変わらず抜かりないなぁと呟く先輩。
 
理由を聞いてみると、富士崎は知識も能力も昔からずば抜けていたのだと言う。
 
次期社長ということで嫉妬する人もいたが、これだけ抜かりが無ければ誰も何も言えないのだと言って先輩は笑った。
 
それを聞いた陽芽は、華やかそうに見える世界で生きる富士崎だけど、憧れも羨望も嫉妬も全部自分1人で受け止めてきたんだな…と思うのだった。
 

力になりたい

夜遅くまで残業していた陽芽の元に富士崎が現れる。
 
どう?と様子を伺う富士崎に、楽しいですと言って笑う陽芽。
 
それを見た富士崎は、キミに任せて正解だったなと言って微笑んだ。
 
そして陽芽のまとめた資料に目を通し、的確なアドバイスをする。
 
仕事に対して真剣に打ち込む富士崎を見て、改めて富士崎の力になりたいという思いを強くする陽芽なのだった。
 
 
⇒無料で「-50kgのシンデレラ」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「-50kgのシンデレラ」で検索です
 

第5話 君への想いがメタボリック のネタバレ

プレゼント

後日、陽芽と加奈子は馴染みの小料理屋で作戦を練っていた。
 
女将さんも会話に加わり、これからどうやってアピールしていくかを話し合う。
 
すると、女将さんは手料理なんてどうかとアドバイスした。
 
手料理を振る舞う機会はないが、他に自分が出来る手作りのモノはないかな…と考えた陽芽。
 
その時、陽芽の頭にあるモノが浮かぶ。
 
それは手先の器用さを生かしたレザークラフトだった。
 
富士崎のことを想いながら一生懸命作る陽芽だった。
 

スマホケース

いっぽう、仕事の方でも動きがあった。
 
陽芽は仕事の腕を買われ、富士崎が手掛けるプロジェクトのメンバーに選ばれたのだ。
 
嬉しさのあまり張り切る陽芽。
 
最後まで残って仕事を頑張っていると、富士崎が陽芽に声をかけてきた。
 
チャンスだと思った陽芽は、手作りのスマホケースをプレゼントする。
 
富士崎は喜び、作るの大変だったんじゃない?と驚いた様子を見せた。
 
手作りなんて一言も言ってないのになぜ…?と思う陽芽。
 
すると富士崎は、探しているあの子がこれと同じケースを使っているのを見たことがあるのだと話した。
 
同じ型紙を使ってしまった自分の浅はかさにようやく気付いた陽芽は、とっさに逃げ出してしまう。
 
もしかしたら正体がバレてしまったんじゃ…!?と焦る陽芽なのだった。
 
 
⇒無料で「-50kgのシンデレラ」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「-50kgのシンデレラ」で検索です
 

-50kgのシンデレラ 1巻の感想

ぽっちゃりを通り越してかなりの肥満体型だった陽芽。
 
体型はもちろんコンプレックスですが、美味しいモノを食べることがやめられない陽芽はその才能(!?)を生かして富士崎製菓に入社するため就職説明会を訪れました。
 
そこで、自分の体型を嘲笑うこともなく助けてくれた富士崎に恋をしてしまいます。
 
この時の富士崎がとっても素敵なんですよね~!
 
これまで体型のことでたくさん傷ついてきた陽芽が一瞬で恋に落ちてしまうのも頷けます。
 
そして陽芽は絶対にこの会社に入りたいと決意し、友達の加奈子に手伝ってもらって壮絶なダイエットを始めました。
 
そして短期間で-50㎏ものダイエットに成功するのです!
 
恋する乙女は強し…!
 
しかし、せっかく念願の富士崎製菓に入社したにも関わらずあの男性とは再会することが出来ませんでした。
 
1年も会うことが出来ず、本社勤務じゃなかったのかな…もう辞めちゃったのかな…とがっかりする陽芽。
 
せっかくダイエットも就活も一生懸命頑張ってようやく入社したのに、あの人がいないのならがっかりもしますよね…。
 
そんな時、社内1のイケメンが戻ってくるという話を聞いた陽芽はその人物を見て驚愕しました。
 
そのイケメンこそ、陽芽が捜していたあの男性だったのです!
 
しかも彼は何と社長の息子でした。
 
完璧すぎるこの展開に、陽芽と一緒に驚いてしまいました…!
 
優しさ、地位、財力、実力。
 
全てを兼ね備えたあの人と自分は相応しくない…
 
そう思った陽芽は一旦は諦めようとしますが、それでもやっぱり忘れることが出来ません。
 
それどころか、富士崎も陽芽のことを探していたのだと知った陽芽は信じられない気持ちでいっぱいに。
 
けれど、太っていたあの子は自分だと言い出すことが出来ない陽芽なのでした。
 
好きになってほしくて頑張って痩せたのに、富士崎が捜しているのが太っていたころの自分だなんてそりゃ言い出せませんよね…。
 
果たして陽芽は自分の想いを富士崎に伝えることが出来るのでしょうか!?
 
そして太っていたあの子は自分だと正直に告白することが出来るのでしょうか!?
 
次巻からも目が離せません!
 
 
⇒無料で「-50kgのシンデレラ」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「-50kgのシンデレラ」で検索です
 

無料で「-50kgのシンデレラ」を読む方法

 
無料で「-50kgのシンデレラ」を読む裏ワザ!
 
 
「試し読みじゃ物足りない…」
「ブックオフに置いてない…」
「スマホでこっそり読みたい…」
「コミックサイトは色々あってどれにしようか迷ってる…」
「安全で信頼できる大手サイトを無料で試したい…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。
 
そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。
 
実はFODなら無料で「-50kgのシンデレラ」を読むことができます。
 
FODはフジテレビの動画配信サービスで、ドラマで有名ですが漫画も沢山扱っています。
 
FODプレミアムなら1カ月で最大1300ポイント貰えて、「-50kgのシンデレラ」を1300円分も実質無料で読めます。
 
ポイント消費0完全無料1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!
 
初回2週間無料トライアルの期間に解約した場合は月額料金はかかりません。
 
いろんな種類の雑誌も無料で読み放題です。
 
ポイントプレゼントと無料お試し期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。
 
スマホから簡単にできるので、この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!
 

※無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!
 
【お得な利用方法】
ポイントで「-50kgのシンデレラ」を、無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。


U-NEXT<ユーネクスト>(R18)