⇒無料で「暁のヨナ」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「暁のヨナ」で検索です
 

暁のヨナ 14巻とは?

出版社:白泉社
発売日:2014/4/18
作者 :草凪みずほ

ヨナの旅は高華国一の景勝地である水の部族領へ。しかし評判とは裏腹に、そこは麻薬(ナダイ)に侵された土地だった。新たな問題に立ち向かうヨナの前に現れたのは長い黒髪に勝気な少女。その正体は……!?

 

暁のヨナ 14巻のネタバレ

第77話 霧雨に沈む町 のネタバレ

港町で

水の部族の港町を訪れたヨナ一行。
 
大雨に降られてしまい、宿を取ることにした。
 
そんな中ジェハは町中に1人で繰り出すが、何かがおかしいことに気付く。
 
しかし、それが何なのかが分からない。
 
分からないままジェハは見知らぬ女性たちに誘われ、とある店に入ることに。
 
店では甘い香りの香が焚かれており、ただならぬ様子を感じさせた。
 
そんな時、ジェハは他の部屋からうめき声のような声を聞いてしまう。
 
あの声は?と尋ねるが、女は酔って暴れているのかしら…とただ笑うだけ。
 
いつものことだと言って笑った女性は、この豊かな水の地で作られた美酒はいかが?とジェハに酒を勧めた。
 
女に言われて別の若い女がジェハに酒を注ぐ。
 
しかし、その手は震えていた。
 
ジェハはこの酒の中身が何なのか何となく察した。
 
ジェハが口をつけようとしたその時、若い女が急にそれを止めた。
 
そして自分で呑み込もうとしてしまう。
 
しかしジェハは大丈夫だと言って笑い、その酒を一気に飲み干した。
 
そして金を置いて店から去っていくのだった。
 

麻薬

店から出たジェハの身体を、燃えるような感覚が襲った。
 
ジェハの思った通り、それは麻薬の類だったのだ。
 
──あの店はきっとあんな風に客に麻薬をばら撒いているんだな…
 
ジェハがそう思っていると、背後から誰かが近付いてくる音がした。
 
早くここから立ち去らないと…と思ったジェハが空へ跳んだが、辺りが一気に歪んで見えた。
 
頭が割れそうに痛くなり、ジェハは地面に叩きつけられてしまった。
 
ジェハが意識を失いそうになったその時、ジェハの目の前に心配そうなヨナの顔が見えた。
 
ヨナの顔を見たジェハは、なぜか胸が温かくなったのだった。
 
 
⇒無料で「暁のヨナ」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「暁のヨナ」で検索です
 

第78話 四泉を蝕むナダイ のネタバレ

ナダイ

麻薬に侵されたジェハは苦しさのあまり暴れ回った。
 
ヨナやユンは心配で様子を見ようとするが、危ないからと言ってハクが止めた。
 
ジェハのそれは夜が明けるまで続き、皆もジェハを心配しながら不安な夜を過ごした。
 
そして翌朝、ジェハが目を覚ますと隣にはヨナが眠っていた。
 
無意識でヨナに手を伸ばすジェハ。
 
するとそこにハクがやってきた。
 
軽率だったんじゃないのかとジェハを咎めるハク。
 
ジェハは素直に謝罪した。
 
身体の震えがまだ取れていないのを見て、ハクはまだ寝ていろと言ってジェハを押し倒す。
 
そしてジェハを無理やり寝かしつけたのだった。
 

何かがおかしい

次にジェハが目を覚ました時、そこにはシンアしかいなかった。
 
皆はどこに行ったのかと尋ねると、ジェハが行った店を調べると言って出て行ったというのだ。
 
それを聞いたジェハは立ち上がり、シンアに向かって退くように告げる。
 
しかしシンアはそこから動こうとしなかった。
 
一方その頃、ヨナたちは街を訪れていた。
 
昨日ジェハが倒れていた辺りにやってきたヨナたちは、誰かに見られているような視線を感じた。
 
するとその時、川に死体が浮かんでいるのを見つけてしまう。
 
引き上げてみると、その死体は爪が変色していて歯も抜け落ちていた。
 
溺れただけであんな風になるだろうかと言うユン。
 
するとハクも、この街の連中も変だと言い出した。
 
人が死んでいるのに誰も驚かず、顔色1つ変えない。
 
そして奇妙な叫び声をあげる人たちがそこら中にいる。
 
この街は一体どうなっているのだろうか…とヨナは不安になるのだった。
 
その時、ヨナたちは1人の商人に声をかけられる。
 
この町には長居しない方が良いと言うその人物は、この街に「ナダイ」という麻薬が持ち込まれていることを教えてくれた。
 
戒帝国から持ち込まれたそれは、飲んですぐは快感を覚えて痛覚がマヒするけれど徐々に幻覚を見たり全身が砕けるような痛みが襲うという。
 
対処法はすぐに吐かせるか、強い禁断症状に耐えるしかない。
 
1度ナダイに溺れてしまったら、もうナダイからは抜け出せなくなると商人は言った。
 
穏やかで美しいはずの水の部族の地が麻薬に蝕まれているとは知らなかったヨナ一行は衝撃を受けた。
 
もう少し調べましょうと言うヨナだったが、そんなヨナを引き留めたのはジェハだった。
 
早くこの街を出た方が良い。
 
下手に関わると死んでしまう。
 
そう警告するジェハだったが、ヨナは首を振る。
 
それを見たジェハは言うことを聞け!と珍しく声を荒らげた。
 
しかしヨナはそれでも退かなかった。
 
今ここで危険を回避しても、それはいずれ国の危険となる。
 
あなたを苦しめた麻薬を私は許さない、このまま見過ごすことは出来ないと言うヨナ。
 
その言葉を聞いたジェハは遂に折れ、ヨナの言葉に従うことにしたのだった。
 
 
⇒無料で「暁のヨナ」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「暁のヨナ」で検索です
 

第79話 ただ見ているだけ のネタバレ

将軍の娘・リリ

その日、水の部族の将軍の娘であるリリは四泉という街に行くと言い出した。
 
麻薬が蔓延るその街で怪しい7人組を見かけたというリリは、正体を調べるために街に行こうとしたのだ。
 
しかし、父であるジュンギ将軍から止められたリリは無理やり出て行こうとしていた。
 
水の部族の地が戒帝国に脅かされそうになっているのに何も動こうとしないなんておかしい。
 
父が動かないなら自分が動く。
 
そう言ったリリは、お付きのアユラとテトラに自分をここから出してほしいと頼んで街に向かったのだった。
 

怪しい7人組

街に向かったリリたちは、さっそく怪しげな7人組を発見した。
 
その中でも真ん中にいた赤毛の女に注目していたリリ。
 
この女はリリが尾行していた時も、何度も自分の視線に気付いた。
 
きっとタダ者じゃない。
 
そう言うリリだったが、一行がこちらに気付いたのか自分たちに近付いてきてしまう。
 
とっさに逃げたリリたち。
 
もちろん、ヨナたちもリリの視線には気付いていた。
 
後を追うかどうか尋ねられたヨナは、追わなくていいと言うのだった。
 

旅芸人?

時間が遅くなってしまったこともあり、リリたちは今日は四泉に泊まることにした。
 
宿を取った先で貸し切りの露天風呂があると聞いたアユラとテトラはさっそく予約をしに行く。
 
部屋でリリが待っていると、さっきの怪しい人物がある店に入っていくのを見かけてしまった。
 
リリはとっさに後を追う。
 
──ここで麻薬の密売が行われているんじゃ…?
 
そう思ったリリが店の中に足を踏み入れると、そこはただの酒場だった。
 
そしてそこであの赤毛の女が踊り子をしているのを見つけてしまう。
 
──やはりただの旅芸人だったのだろうか?
 
リリがそう思ったその時、見知らぬ男がリリにぶつかってきた。
 
その男と口論になってしまうリリ。
 
錯乱した男から顔を殴られ、リリはショックを受ける。
 
するとその時、リリを助けたのは赤毛の女──ヨナだった。
 
 
⇒無料で「暁のヨナ」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「暁のヨナ」で検索です
 

第80話 渦中 のネタバレ

乱闘騒ぎ

ヨナに助けられたリリは驚いてしまった。
 
しかし、ヨナが倒した男は再び立ち上がってしまい、さらに他の男たちがヨナに襲い掛かってきてしまう。
 
ヨナはリリに向かって逃げてと叫んだ。
 
リリが逃げようとしたその時、四龍たちがヨナを助けに姿を現した。
 
乱闘が始まり、リリは部屋の隅で恐怖に震えることしか出来なかった。
 
騒ぎが収まり、ヨナがリリに優しく声をかける。
 
リリはヨナの胸で泣き出してしまうのだった。
 

もう少しここにいる

ヨナ一行と合流し、落ち着きを取り戻したリリ。
 
そこでヨナは自分の名前を名乗り、色々あってあちこち旅をしていると自己紹介をした。
 
捕らえた人たちから話を聞いたハクは、ジェハが薬を飲まされた店から麻薬を買っているという話を聞きだしたという。
 
その店に潜入することを決めるヨナ一行。
 
それを聞いたリリは驚くが、そこにテトラとアユラが迎えに来た。
 
ようやく帰路に着くことが出来たリリだったが、あんなに怖い目に遭ったにも関わらずもう少しここにいると言い出してしまうのだった。
 
 
⇒無料で「暁のヨナ」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「暁のヨナ」で検索です
 

第81話 底の見えない渦 のネタバレ

リリの計らい

翌日、リリは再びヨナ一行と再会した。
 
お金が無くなって野宿をしたというヨナの話を聞いたリリは、自分がお金を払うから宿に泊まれと言い出した。
 
昨日のお礼だというその申し出に、ハクは助かると言った。
 
そしてヨナやユン、シンアとゼノを無事な宿に置いてハクたちは潜入調査に向かった。
 

有力な情報

リリがヨナを招待したのは、四泉で最も高級な老舗宿だった。
 
立派な温泉にゆっくり浸かりながらリリと色んな話をするヨナ。
 
一方その頃、ハクたちは潜入した店の女たちから接待を受けていた。
 
ハクやジェハを個室に招き、自慢の地酒を3人に振る舞う女たち。
 
そしてハクが酒に酔って寝てしまったその時、店の奥から怪しい男が姿を現した。
 
男がハクに手を伸ばしたその時、寝ていたはずのハクが起き上がって男を投げ飛ばしてしまう。
 
何とハクは地酒を飲んだフリをしていただけだったのだ。
 
不利な状況を知った男は笛で誰かを呼んだが、そこに現れたのはボコボコにされた店の男たちを連れたジェハやキジャだった。
 
店の男たちは捕らえられ、麻薬入りの酒や部屋にある香は全て捨てられた。
 
そして店の女たちを一所に集めると、その中の1人が口を割った。
 
この店の主はここにはいないと言うその女は、主の正体をハクたちに教えた。
 
主の名前はヒヨウと言い、年は35くらいで額に傷を持つ男だと言う。
 
それはとても有力な情報だった。
 
 
⇒無料で「暁のヨナ」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「暁のヨナ」で検索です
 

第82話 その剣に不屈を誓う のネタバレ

ヨナのようになりたい

その夜はとても良い月夜だった。
 
月見をしようと言い出したテトラは、宿の者にお茶とお菓子を貰いに行った。
 
するとその途中、テトラは誰かの叫び声を聞いてしまう。
 
声の方に向かうと、宿の主がとある男と話をしていた。
 
その男こそ、ハクたちが捜していたヒヨウという男だった。
 
ヒヨウは宿の主に客たちに麻薬を出すよう迫り、その売上金を自分の所で巻き上げようとしていたのだ。
 
ヒヨウに借りがある宿の主は何とか断ろうとするが、ヒヨウも譲らない。
 
それを聞いてしまったテトラは慌ててリリの所に戻ろうとするが、背後から見知らぬ男に声をかけられてしまう。
 
そしてテトラはその男と戦闘になった。
 
テトラが男と対峙していると、背にした障子から何者かが刃物でテトラを突き刺した。
 
テトラを突き刺した犯人は、ヒヨウだった。
 
テトラが倒れたその時、タイミングの悪いことにリリとヨナもその場に現れてしまう。
 
テトラはヨナに、リリを連れて逃げるよう言った。
 
──この男こそ水の部族に麻薬を持ち込んだ密売人だ。
 
その言葉を聞いたヨナは、ここで逃げてもテトラが殺されるだけだと思い、闘うしかないと決断し剣を構えた。
 
しかし、まだ剣を習って間もないヨナは簡単に切り倒されてしまう。
 
その上、背中に刀傷を受けてしまった。
 
それでもヨナは逃げずに立ち向かった。
 
全ては水の部族を、そしてこの国を救うため。
 
ヨナのその不屈の姿を目の当たりにしたリリは、自分もヨナのようになりたいと思うのだった。
 
 
⇒無料で「暁のヨナ」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「暁のヨナ」で検索です
 

暁のヨナ 14巻の感想

次の舞台は水の部族の港町でした。
 
穏やかなはずの水の部族の土地に、何と麻薬が蔓延っていたのです。
 
高華王国は色んな所で問題が起きていて、本当に大変な国なんだな…と思いました。
 
これじゃヨナの身体がいくつあっても足りませんね…。
 
そしてヨナは逃げずに問題を解決しようと、この港町に残ることを決意。
 
そこでリリという将軍の娘と出会うのです。
 
また互いを王の娘・将軍の娘と知らないヨナとリリ。
 
けれどこの2人、なかなかにいいコンビになりそうな予感がします。
 
ヨナの優しさがリリの無鉄砲で尖った心を包んでくれるといいのですが…
 
そしてヨナはハクたちが潜入調査をしている時に麻薬の密売人であるヒヨウと出会ってしまいました。
 
背中に傷まで負ってしまい、絶体絶命のヨナとリリ。
 
果たして2人は無事にこの場を切り抜けることは出来るのでしょうか!?
 
 
⇒無料で「暁のヨナ」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「暁のヨナ」で検索です
 

無料で「暁のヨナ」を読む方法

 
無料で「暁のヨナ」を読む裏ワザ!
 
 
「試し読みじゃ物足りない…」
「ブックオフに置いてない…」
「スマホでこっそり読みたい…」
「コミックサイトは色々あってどれにしようか迷ってる…」
「安全で信頼できる大手サイトを無料で試したい…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。
 
そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。
 
実はU-NEXTなら無料で「暁のヨナ」を読むことができます。
 
U-NEXTは動画配信サービスで有名ですが漫画も沢山扱っています。
 
U-NEXTなら登録時に600ポイント貰えて、「暁のヨナ」を600円分実質無料で読めます。
 
ポイント消費0完全無料1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!
 
31日間無料トライアル実施中で無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。
 
いろんな種類の雑誌も無料で読み放題です。
 
600円分のポイントプレゼントと無料トライアル期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。
 
スマホから簡単にできるので、この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!
 

 
【お得な利用方法】
600円分のポイントで「暁のヨナ」を、無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。
 
※本ページの情報は2020年5月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。


U-NEXT<ユーネクスト>(R18)