⇒無料で「恋わずらいのエリー」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「恋わずらいのエリー」で検索です
 

恋わずらいのエリー 7巻とは?

出版社:講談社
発売日:2018/8/9
作者 :藤もも

妄想ツイートが趣味のエリーこと市村恵莉子と学校一のイケメン近江章は密かに愛を育み、お付き合い中。だけど同級生の要くんに興味を持たれたエリーは、「友達になってよ」とグイグイ迫られてしまう。そのせいで、紗羅ちゃんともケンカしちゃったりしたり、オミくんにもヤキモチを妬かれちゃったり…。そのうえ、恋に目覚めた(?)要くんから爆弾発言まで飛び出しちゃって!? 変態地味女子のアブノーマルLOVE第7巻!

 

恋わずらいのエリー 7巻のネタバレ

25話 #恋わずらいの要 のネタバレ

嫉妬

イライラしながら歩いている近江くん。
 
モヤモヤが募り、怒りを叫びながらファミレスへ引き返す。
 
一方エリーは、要くんの言ったことを聞き間違えだと思う。
 
間違えじゃないと分かり、エリーはパニックになる。
 
そこへ近江くんが戻ってきた。
 
要くんからエリーを引き離して、言い合いが始まってしまう。
 
止めようと思ったエリーは「あたしのために争わないで?」と憧れのセリフをニタニタ笑いながら言う。
 
近江くんはふざけてることを怒り、要くんはエリーの顔を見て変な顔と笑う。
 
要くんにマジギレした近江くんをエリーは外に連れて出た。
 
駅に向かいながらもイライラは止まることなく、ツイッターはブロックするように言う近江くん。
 
エリーが名前を呼ぶと、少し落ち着きを取り戻して何もされていないか確認する。
 
抱きたいと言われたことは言わず、からかわれてるだけだと伝えようとするエリー。
 
近江くんは話を切り上げようとしたが、きちんと説明しようとする。
 
エリーの顎をつかんだ近江くんは、口を塞ぐように長いキスをして「聞きたくないって言ってんの!」と怒った。
 
そして送れないと伝え、駅に入っていく近江くん。
 
エリーは倒れ込み、嫉妬してもらえて嬉しいと思った。
 

恋わずらってる

ツイッターの反応が悪くても現実を生きると決めたエリー。
 
学校に着くと要くんが待ち伏せをしていた。
 
会いたかったという気持ちを伝えるが、エリーは戸惑いながらからかってもおもしろくないと言う。
 
要くんは「恋わずらってる、あんたに」と言った。
 
そして気になって仕方ないと想いをたくさん伝える。
 
困るエリーに「どーしたらオレのこと好きになんの?」と言う。
 
エリーは謝った。
 
そして近江くんのことを大事にするために、来世はミジンコでも構わない覚悟をしていると伝えた。
 

マラソン委員

放課後、マラソン委員会に出席するためD組に行くと、近江くんがいた。
 
エリーと要くんが一緒にいて不機嫌になるが、同じクラスの女子に呼ばれてキラキラモードになる。
 
それを見た要くんは近江くんには彼女いっぱいいると勘違いし、エリーに聞いた。
 
エリーは近江くんのことをみんなと穏便に過ごせる人と説明する。
 
要くんは八方美人なんだと納得して、自分はエリーだけいればいいとアピールした。
 
拒絶して困ると伝えるが、要くんはミドリムシを目指す覚悟だと言った。
 
力仕事のため男子の委員は外に出ていく。
 
女子は教室で作業だったが、近江くんがいないことでテンション下がった人たちは作業を持ち帰っていく。
 
エリーは1人、近江くんを待っていることにした。
 

近江くんの席

メールを送るとどこかでスマホのバイブ音が聞こえる。
 
エリーは近江くんのカバンを見つけ、近江くんの席だと思った。
 
興奮してパニックになりながら近江くんの席に座り、震えるエリー。
 
そして普段の近江くんを想像した。
 
その頃、要くんは重たい荷物運びに苦戦し、近江くんが手伝おうかと声をかけていた。
 
男にも優しい近江くんに要くんは安心したと言う。
 
格ゲーに例えて話すが、近江くんには伝わらない。
 
要くんは「みんなに優しさバラまいてゲージ減らしてるオミくんには、負ける気がしないって言ってんの」と言った。
 
近江くんがイライラしながら教室に戻ると、エリーが自分の席に座って寝ている。
 
ヨダレを垂らしてることに気づいて、笑いながら写真を撮りまくる近江くん。
 
それでも起きないエリーの髪に触れ、声をかける。
 
キスしようと近づいた時、エリーが寝たフリをしていることに気づいた。
 
エリーが仲直りしたいと伝えるが、近江くんはケンカしてないと言う。
 
安心して笑顔になるエリーに近江くんは自分の席でどんな変態プレイをしていたのか聞いた。
 
エリーは近江くんの毎日を想像してさみしくなったこと、同じクラスがよかったと伝える。
 
近江くんは2年で同じクラスになれるといいよねと笑う。
 
ブレザーを着ていないエリーが寒そうにしているのに気づいた近江くん。
 
照れながら自分の上に座るか聞くとエリーは興奮する。
 
仲直りだと言われ、ケンカしてないって言ったくせにと思う。
 
戸惑いながら座ったエリーはこの状況をエロいか聞いた。
 
まあまあと言われ、もっと興奮したエリーは体が温まったと言って降りようとする。
 
近江くんは「エリーがいなくなったらオレが寒い」と抱きしめた。
 
その様子を要くんが廊下から見ていた。
 
すると女子2人がエリーが告白されてカップル誕生と噂話をしている。

ただ、相手の名前が出てこなくて気になると騒ぐ2人に要くんは自分だと言う。
 
驚いた2人は「おめでとうございます」と言い、何故かお礼をする要くんだった。
 
 
⇒無料で「恋わずらいのエリー」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「恋わずらいのエリー」で検索です
 

26話 #どうやったら好きになる? のネタバレ

マラソン大会

クラス点呼をするために、要くんを探すエリー。
 
救護テントにいた要くんに声をかけ、クラス点呼に行こうとする。
 
要くんは夢にエリーが出てきたことを話し、夢でも会いたかったと伝えた。
 
エリーは学校の女子の中でも最下位の自分に甘い言葉をかけるのをやめて欲しいと言う。
 
しかし要くんはエリーが必要で、どうやったら好きになるのか聞いてくる。
 
答えられずにいると、近江くんのどこが好きなのかを聞かれる。
 
エリーは色々考えて伝えようとするが、言葉にするのが難しくて答えられなかった。
 
ちょうど近江くんが話していることを聞いてしまう。
 
とっさに陰に隠れる近江くん。
 
しかし、好きなところをはっきりと言ってもらえないことにモヤモヤを感じていた。
 
女子のマラソンがスタート。
 
エリーは近江くんの好きなところをあれこれ考えながら走っていく。
 
全部が好きで近江くんのいない世界が考えられないという答えにたどり着いた。
 
早くゴールして近江くんにかぶりつきたいと思い、完走するエリーだった。
 

ゴールで待ってて

結果8位だったことに驚きながらもすごいと笑う近江くん。
 
エリーはその笑顔に感動しながら、自分も笑う。
 
近江くんはモヤモヤしていた気持ちを伝えようとするが、話を切り出すことができなかった。
 
エリーは何かやらかしたと慌てるが近江くんは違うと言い、話を遮るようにジャージ投げ渡す。
 
「ほれ直すようなかっこいい走りするから、ゴールで待ってて」と言って、スタート地点に向かっていく。
 
エリーが預かったジャージを着ていいか確認すると、嗅いでいいと返される。
 
ジャージを着て、幸せで倒れこむエリーだった。
 
スタート地点には近江くんを応援する女の子がたくさんいて、その中に要くんもいた。
 
走る気のない要くんにエリーの居場所を聞かれた近江くん。
 
ムッとしながら居場所を教え、自分をゴールで待っていることを伝えた。
 
スタートと同時に飛び出す要くんに近江くんはびっくりしてついていく。
 
お互いに文句を言いながら、短距離走くらいのスピードで走っていく2人。
 
近江くんがエリーのこと好きなのか聞くと要くんは性的にいけると答え、勝手に点数付けをした。
 
怒りながら「あの人が好きなのはオレだから、絶対変わらないから」と言う近江くん。
 
その言葉に要くんはすごい自信だと言う。
 
そして自分はエリー以外必要ないと言った途端、過呼吸を起こして倒れこんだ。
 
続々とゴールしていく男子を見ながら近江くんを待つエリー。
 
すると1年の誰かが倒れたと言う話が聞こえてくる。
 
話していた人がエリーを見て、市村さんの彼氏じゃないかと言った。
 
近くにいた紗羅はエリーに彼氏がいることがバレていることに疑問を持ったが、エリーは話も聞かず走り出した。
 

自信なんかない

医務室では近江くんが、ぜん息持ちでダッシュした要くんに怒っていた。
 
要くんは慣れていると言い、小さい頃は入院ばっかりしてたことを話す。
 
学校を休みがちなせいで、普通の人付き合いを学び損ねたと言う要くんに何も言えなくなる。
 
みんなに好かれて自信を持ってると言われた近江くんは「自信なんか全然ない」と否定する。
 
そして自分のことを話し始める近江くん。
 
話を聞いた要くんは近江くんにめちゃくちゃマイナス思考だと言い、なぐさめる。
 
するとそこにエリーが来た。
 
近江くんに駆け寄ると熱を測り、ベッドに寝るように言うエリー。
 
元気だと伝えるがなかなか信じてもらえず、必死になる近江くん。
 
近江くんが元気だと分かったエリーは気が緩んで、「ジャージが形見なんてやだ~~」と泣き出した。
 
自分がいなくなったら悲しいか聞くと、エリーは近江くんがいなくなったらこの世に用はないと答える。
 
そんなエリーを近江くんはギュッと抱きしめた。
 
動揺するエリーだったが要くんの存在に気づき、もっと驚く。
 
その時、汐田先生と保健の先生が来た。
 
エリーと近江くんは戻るように言われ、医務室を出ていく。
 
手を繋いで歩く2人。エリーが建物出るからと声をかけるが、近江くんは手を離さずに「このまま戻ろ」と言った。
 
 
⇒無料で「恋わずらいのエリー」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「恋わずらいのエリー」で検索です
 

27話 #頑張ってください!! のネタバレ

このまま

このままの意味を理解したエリーはパニック。
 
近江くんは要くんに張り合ってるわけではなくて、自分がそうしたいと伝える。
 
手を繋いだまま全校生徒がいる外へ出ようとする近江くんをエリーが頭突きして止めた。
 
顔を真っ赤にしながら、恥ずかしいと言うエリーを抱きしめる近江くん。
 
そして「可愛い顔するなよ。ズルい」と言って、先に行こうとする。
 
エリーは近江くんに言われた可愛いに興奮して、なんて言ったかを聞く。
 
近江くんは急に照れて空耳だと言い、ダッシュで逃げて行った。
 

要くんとつきあってる

エリーが学校に行くとマスク姿で咳をする要くんがいた。
 
フラつく要くんをとっさに支えるエリー。
 
要くんはエリーから手を離し、「抱けないわ」と言う。
 
性的興味、近江くんの顔がチラつくなどの言葉を聞いて、エリーは近江くんに性的興味だと勘違いする。
 
要くんは体調が悪すぎて、誤解も解かずに帰っていった。
 
その様子を見ていた女子が噂話をしている。
 
女子トイレでもその噂話がされていて、要くんとエリーがつきあっていて朝は抱き合ってたなど言われていた。
 
個室に入っていたエリーはその話を聞いて、驚きながらドアを開ける。
 
すると隣から紗羅が出てきた。
 
エリーに話を聞いた紗羅は、誤解を解こうとする。
 
しかし、紗羅が分かってくれているだけで心強いと止めた。
 

電話

お風呂上がりで髪を拭きながらエリーと電話する近江くん。
 
噂はもう知っていると言われ、エリーは驚いた。
 
近江くんはエリーを心配して、どうにもならなくなったら自分の彼女だと言うと伝える。
 
その時エリーの妹がお風呂空いたと声をかけた。
 
近江くんが「今から風呂?」と聞き、謝りながら電話を切ろうとする。
 
エリーが聞き返すと近江くんはお風呂上りだと答えた。
 
無言の後に興奮しながら裸かどうかを聞いてくるエリー。
 
近江くんは冷たく電話を切った。
 
エリーは電話だとより変態ぽいと思いながら、想いをツイートする。
 
するとすぐにペロリーナからコメントがきた。
 
何度かコメントをやり取りしていると、急に恋愛相談をされるエリー。
 
返信に困って諦めかけたが、全身全霊で返信しようと思う。
 
次の日、スルーされたと思っていた要くんがエリーからもらったのは励ましの言葉だった。
 

つきあってない

学校に行くと噂話がさらに広がっていた。
 
つきあっていないと否定するが、隠さないでいいと言われてしまう。
 
クラスメイトから質問攻めされるエリー。
 
どうしたらいいのか、どうしてこうなったのかを考えて何も言えなくなってしまう。
 
自分がクラスメイトとの関係をしっかり作れていればと反省する。
 
男子からもからかわれていると、要くんが来た。
 
エリーが驚いていつからいたのか聞くと、最初からいたと言う。
 
今の状況を冷静に分析する要くんに謝るエリー。
 
要くんは自分のせいだと言い、前におつきあいおめでとうみたいに言われてノリでありがとうと答えてしまったこと話した。
 
今にも泣きだしそうなエリーに「その顔苦手」と言う。
 
決心した要くんはつきあってないこと噂されて迷惑なこと、興味ないし好きになるわけないとバッサリ否定した。
 
その様子を近江くんは廊下から見ていた。
 
要くんの言い方にクラスの女子が爆発。
 
エリーをかばい、要くんは最低で嫌な奴と認定された。
 

応援

渡り廊下を歩きながら、エリーからの頑張ってくださいという励ましのコメントを見る要くん。
 
こんな風に頑張るつもりじゃなかったのにと思い、顔を上げるとそこには近江くんがいた。
 
帰るのか聞かれて、ネトゲの話に例えてバーチャルに還りたいと話す。
 
そして、現実はもういいと落ち込む。
 
近江くんが「こんな終わり方でいいの?」と聞くと、応援されているのかなんなのか混乱する要くん。
 
応援してるつもりはないが、自分でもよく分からない近江くん。
 
要くんはそんな近江くんを見てフッと笑い、「オミくん、好きだよ」と言った。
 
 
⇒無料で「恋わずらいのエリー」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「恋わずらいのエリー」で検索です
 

28話 #特別がほしい のネタバレ

人の気持ち

要くんに好きと言われて、冷や汗をかきながら彼女がいると言う近江くん。
 
知ってるし、その彼女を好きだと言う要くんに少しホッとするが混乱する。
 
要くんは結構気に入っているという意味だと伝えた。
 
色々と心が忙しいことや頑張ってみたけどバグったこと、修正できないから初期化したいと話す要くん。
 
近江くんにAIみたいな雰囲気出すなと突っ込まれると、納得する。
 
やっぱり人の気持ちは分からないし、エリーは困った顔ばかりだと言った。
 
予鈴がなって立ち去ろうとする要くんに、エリーのこと助けてくれたと話し出す近江くん。
 
エリーを好きになって変われたなら、伝えなくていいのかと言う。
 
でも応援はしないし、自分がいるから希望なんかないと矛盾だらけ。
 
そんな近江くんに「オミくんって悟り男子だね」と要くん。
 
素直になった方がいいと言い残し、歩き出した。
 
そこにエリーが来て、要くんが悪く言われているのに何もできなかったことを伝える。
 
大丈夫と言うが、要くんにアドバイスをしたことを後悔する近江くん。
 
そして、エリーに悟ってないことと煩悩だらけだと伝える。
 
エリーはエロいよという意味と受け取った。
 

視聴覚室

エリーはお腹が痛いと仮病を使って、体育見学者のビデオ鑑賞に参加した。
 
視聴覚室に入って要くんの隣に座り、謝るエリー。
 
要くんは本心を言っただけで、からかっていたことともう飽きたことを伝える。
 
エリーが話しかけようとするが、要くんはゲームをし始める。
 
色々考えて恋わずらいのエリーのフォローを外そうとしたとき、エリーが声をかけた。
 
エリーはさっき謝ったことを訂正し、ありがとうと言い直した。
 
要くんは真っ赤になった顔を手で隠す。
 
カーテンが開き、まぶしいと言う要くんの盾になるエリー。
 
要くんは自分の前に立つエリーの背中に頭をつける。
 
驚くエリーに「ありがとう。あんたが、好き。あんたが、現実にいてくれて、よかった」と言った。
 
エリーは存在を認められて嬉しいと伝える。
 
でもと言いかけたエリーに要くんは「知ってる。オミくんにしかムラムラしないんでしょ」と言う。
 
エリーは他の誰かじゃダメな理由を話し、要くんは分かったと言った。
 
フラれたら一生話しかけられないのか確認する要くんにペナルティーはないと思うと答えるエリー。
 
すると今度3人でゲームと言う要くん。
 
それからもう1人お礼を言いたい人がいるとペロリーナから恋わずらいのエリーにコメントを送った。
 
エリーはペロリーナが要くんだと分かり、驚きを隠せなかった。
 

特別

国語科準備室でレビューを書いているエリーを迎えに行く近江くん。
 
準備室に入るとエリーはイヤホンをしてゲームをしている。
 
近江くんが後ろから近づいて声をかけるが、全く気付いていないようだった。
 
かわいいねと言う練習をして、照れる近江くん。
 
エリーに聞こえていないと思い、かわいいと思っていると言い、好きだよとささやいた。
 
そしてもっと特別がほしい、エリーの全部をちょうだいと言う。
 
真っ赤になって離れようとする近江くんに、エリーも真っ赤になって喜んでと答えた。
 
近江くんは聞かれていたことに焦ってさらに赤くなり、忘れてと言った。
 
エリーは近江くんの頬にキスをして大好きと伝える。
 
近江くんはエリーにキスをたくさんするが、途中で待ってと言われてしまう。
 
真っ赤になってうつむくエリー。
 
したことないキスだと動揺する。
 
口に出すなと突っ込みながら「オレの特別。わかった?」という近江くんだった。
 
 
⇒無料で「恋わずらいのエリー」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「恋わずらいのエリー」で検索です
 

猫わずらいのエリー のネタバレ

近江くんに飼われてました

目が覚めると猫になっていたエリー。
 
何を話しても近江くんには「ニャー」としか聞こえていない。
 
ミルクを与えたり、遊ぼうと言う近江くんにエリーは猫じゃなくて彼女なのにと泣く。
 
近江くんは前の飼い主が恋しいと勘違いする。
 
それから「忘れさせてやるよ」と言ってエリーをたくさん触った。
 
エリーは気持ちよくて感じてしまう。
 
現実の朝に目覚めたエリーは「ネコ万歳」と思った。
 
 
⇒無料で「恋わずらいのエリー」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「恋わずらいのエリー」で検索です
 

恋わずらいのエリー 7巻の感想

今回はたくさん嫉妬したり、エリーに甘えたり、素直に気持ちを伝える近江くんにキュンキュンしました。
 
要くんの話は聞きたくないと強引にキスをしたところがとってもカッコよかったです。
 
エリーは本気に受け取っていませんでしたが、要くんのまっすぐな想いに近江くんは焦っていましたね。
 
独占欲が丸出しで要くんを何回も牽制したり、エリーに甘えたりしていて、ドキドキが止まりませんでした。
 
ただ、エリーが好きなのはオレだと要くんに言っていますが、自分にも言い聞かせていたのかなと思います。
 
エリーを自分の上に座らせたり、抱きついたり、少しでもエリーに触れようとするのは自信がないからだと感じました。
 
要くんに影響され、少し素直になれたのはよかったなと思います。
 
要くんに対して素の近江くんだったので、これからいい関係が築けそうな気がします。
 
そして、要くんはよく頑張りました。
 
コミュ障ながら気持ちを伝え続けたこと、エリーを助けるために自分が悪者になったところも素敵でした。
 
最後に自分の気持ちを整理して「好きだ」と告白し、振られるところは切なくなりました。
 
それにしても、エリーは要くんがペロリーナだと気づくの遅かったですね。
 
気になるのは今後の2人。
 
素直な気持ちを伝えた近江くんとそれを受け入れたエリー。
 
大人の階段をのぼるのでしょうか。
 
次に期待します。
 
 
⇒無料で「恋わずらいのエリー」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「恋わずらいのエリー」で検索です
 

無料で「恋わずらいのエリー」を読む方法

 
無料で「恋わずらいのエリー」を読む裏ワザ!
 
 
「試し読みじゃ物足りない…」
「ブックオフに置いてない…」
「スマホでこっそり読みたい…」
「コミックサイトは色々あってどれにしようか迷ってる…」
「安全で信頼できる大手サイトを無料で試したい…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。
 
 
そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。
 
 
実はU-NEXTなら無料で「恋わずらいのエリー」を読むことができます。
 
 
U-NEXTは動画配信サービスで有名ですが漫画も沢山扱っています。
 
 
U-NEXTなら登録時に600ポイント貰えて、「恋わずらいのエリー」を600円分実質無料で読めます。
 
 
ポイント消費0完全無料1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!
 
 
31日間無料トライアル実施中で無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。
 
 
いろんな種類の雑誌も無料で読み放題です。
 
 
600円分のポイントプレゼントと無料トライアル期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。
 
 
スマホから簡単にできるので、この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!
 
 

 
【お得な利用方法】
600円分のポイントで「恋わずらいのエリー」を、無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。


U-NEXT<ユーネクスト>(R18)