⇒無料で「恋と弾丸」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「恋と弾丸」で検索です
 

恋と弾丸 3巻とは?

出版社:小学館
発売日:2019/9/26
作者 :箕野希望

記録的大ヒット!女子大生×若頭、第3巻!
 
「足りない 早く埋めて 桜夜さん――」
 
再会の初夜…朝も昼も夜もなく、意識を失うまで桜夜に抱かれ
桜夜の生きる世界の過酷さ、愛を失う恐怖、
そして桜夜の恐ろしさを実感し、ユリはまた彼に囚われていく――…
 
日本での日常に戻ったユリに突然、桜夜からの迎えが。
迎えられたのは、二人で会うためだけに用意された別荘…!
「一緒にもう1回 夏を満喫しよう」
実は桜夜には、ユリに隠してきた気持ちがあって…
 
「すごく優しくて 怖くて かわいくて――
そんな桜夜さんのことが ずっとずーっと大好きです」
 
危機を乗り越えた愛が、深まる。

 

恋と弾丸 3巻のネタバレ

8話 のネタバレ

生きていてよかった

泣いて泣いて、鼻がつまり桜夜の匂いさえもわからなくなる。
 
ユリは桜夜からの返事が帰ってこない、寂しくて苦しい夜を過ごした。
 
けど今は、目の前に桜夜がいて、返事が返ってくる。
 
激しくユリと絡み合う桜夜だが、ユリに押し倒されてキスをされた。
 
そして、昨夜の憎しみを込めるように、ユリは桜夜の胸を噛む。
 
求める気持ちを我慢できない桜夜は、汚れた体でユリを抱くことができない。
 
離れたくないユリは、そんなことは気にしない。
 
桜夜は一時もユリを離すつもりはないため、抱きかかえてキスをしながら風呂場へ行った。
 
全く桜夜が足りないユリは、早く桜夜と繋がりたい。
 
やっと繋がった二人、もっと奥まで隙間がないくらいに求めていた。
 
ユリの中で、脈を打つ桜夜。
 
これは桜夜が生きている証拠で、愛おしく感じる。
 
今日は桜夜が、先に果ててしまった。
 
でもまだ、満たされない。
 

求めても、求めても足りない

ベッドで、お互いを求め合う二人。
 
何度も名前を呼び、何度もキスをする。
 
ひと時も唇を離したくないユリは、キスを求めた。
 
桜夜も同じ気持ちだが、ユリの顏もちゃんと見ていたい。
 
それから何度も何度も求め合い、夜になっていった。
 
抱かれ過ぎて、ユリは感覚が麻痺していく。
 
それでも桜夜に抱かれたいユリは、必死にしがみついた。
 
桜夜も同じ気持ちで、ユリが足りずに止められない。
 
意識が飛びそうなユリだが、さらに桜夜を求めた。
 
ユリは意識がなくなっても桜夜に中にいて欲しいと思いながら、飛んでしまう。
 

ユリのお願い

ユリが目を覚ました時、まだ夜だった。
 
桜夜は目覚めたユリに、声をかける。
 
ユリは隣に桜夜がいて、ホッとした。
 
不安な気持ちのユリを、そっと抱き寄せて額にキスをする桜夜。
 
ユリは、桜夜が眠れなかったのかと心配する。
 
目覚めたユリに、すぐ声をかけたいと思い起きていた。
 
例え桜夜が眠っていても、隣にいるだけで幸せになれるユリ。
 
でも起きていてくれて、もっと幸せな気分になった。
 
桜夜も、ユリの笑顔を見れたため、幸せだと感じる。
 
ユリは、桜夜にもう一つ幸せになれることをお願いした。
 
残りの時間、ずっとこの別荘で過ごしたいユリ。
 
自分以外を見ないで、考えないで、ユリが桜夜を独占したい。
 
そのことに納得した桜夜は、これから残りの時間を、お互いに独占しあう時間にすることを決めた。
 

怖い桜夜だけど・・・

桜夜はあることを思いだし、ベッドから出て行く。
 
ユリの大事なピアスを、セミリオから取り返してきた。
 
ホッとして、桜夜について行こうと立ち上がるが、全身に力が入らない。
 
セミリオに奪われて、一生戻ってこないと思っていたピアス。
 
ユリは、その後セミリオがどうなったのか、恐る恐る聞いてみる。
 
桜夜の顏から優しさは消えて、冷たい表情になった。
 
本当にそんなことが知りたいのかと、圧がかかる。
 
殺したわけではないが、桜夜を怒らせるとどうなるのかを思い知らせた。
 
ユリの耳には、ピアスがはめられる。
 
今の桜夜は、すごく怖い。
 
でも怖いという言葉は、桜夜にとって最高のほめ言葉である。
 
こんな桜夜だが、ユリは桜夜の腕の中で眠りたいと思った。
 
 
⇒無料で「恋と弾丸」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「恋と弾丸」で検索です
 

9話 のネタバレ

二人の居場所

桜夜との旅行、色々あったが無事に帰国。
 
残りの夏休み、ユリはレストランでバイトをしている。
 
まだ入って間もないユリだが、その働きっぷりは様になっていた。
 
店長は是非とも、ユリにディナーにも入ってもらいたいと思うが、ユリはランチのみのバイトしかする気がない。
 
それは桜夜と会うためで、だいたい桜夜からの連絡は夕方以降である。
 
いつでも桜夜の電話に出て、会えるように週3回ランチだけバイトをしていた。
 
今日のバイトは、まかないを食べ終わると終了。
 
まかないを食べながら、桜夜の写真を眺めている。
 
友達から海の写真が送られてきて、ユリは桜夜に水着姿を見せたいと思った。
 
だが、背中にキレイな刺青のある桜夜は、海に行くこともできない。
 
この夏に、もう一度桜夜に会えたら、もっと充実した日々を送ることができる。
 
とにかく、桜夜の無事を祈るユリ。
 
すると、桜夜から着信が鳴った。
 
まだ旅行から10日程しか経たないため、ユリは驚いてしまう。
 
電話に出ると、桜夜から会いたいと言われる。
 
声だけで、心が押しつぶされそうになった。
 
部下に迎えに来てもらったユリは、車で山の方へ連れて行かれる。
 
しばらく走ると、大きな家が現れた。
 
ひまわり畑の方から、ゆっくりと歩いてくる桜夜。
 
ユリは桜夜を見つけ、車から飛び降りて走って行く。
 
両手を広げ、満面の笑みで桜夜を呼びながら走る。
 
抱き合う二人は、幸せそうな表情だった。
 
愛しすぎて、どうにかなってしまいそうな桜夜である。
 
桜夜に連れられて、家に案内されるユリ。
 
ここは、ユリと桜夜が二人で過ごすために用意した家。
 
中に入ると、太陽の光が差し込み、キラキラと輝いている。
 
桜夜は、ユリに合鍵を渡す。
 
ユリの好きな時にここに来て、桜夜もなるべくここに帰ってこようと思っていた。
 

夏の思い出

二人の元へ、部下がやって来た。
 
タイミングよく、準備が整ったようだ。
 
桜夜はユリに、ある物を準備していて、これから自分の気に入った物を選ぶように話す。
 
別室へ移動したユリは、水着を着て出てきた。
 
似合っているか心配なユリだが、桜夜の想像通りキレイである。
 
それよりもユリは、目の前に桜夜の水着姿に驚いた。
 
普段絶対に見ることのできない桜夜の海パン姿、上はパーカーを羽織っている。
 
桜夜は、外のプールにユリを連れ出し、残りの夏を楽しもうと思った。
 

必死の桜夜

プールは大きくキレイで、プールサイドには美味しそうな料理がたくさん並んでいる。
 
ライトアップされたプールに大興奮のユリは、桜夜を肘でプールに落としてしまった。
 
驚いて桜夜を心配するユリだが、桜夜はユリの腕を引き、プールの中へ引きずり込む。
 
こうやってプールで一緒に遊ぶことは、ユリが思い描いていたことである。
 
絶対に無理だと諦めていたが、こんな形で用意してくれた。
 
充実や、幸せという言葉では言い表せない。
 
プールサイドに座り、ユリは桜夜に疑問をぶつける。
 
いつもすごいことを考えてくれる桜夜だが、今日は特にすごい。
 
どうしたのかと思い、桜夜に聞いてみた。
 
実は桜夜、上海での事件でユリに嫌われたのではないかと不安なってしまったようだ。
 
怖い思いをさせてしまい、ユリと別れた後、離れていくのではないかと考えていた。
 
ユリの脚に触れ、下を向く桜夜。
 
今日のことは、ユリへのお詫びである。
 
ユリの気を引こうと、かなり必死だった桜夜。
 
そんな桜夜が、とてもかわいい。
 
部屋に戻り、ベッドで愛撫する桜夜。
 
ところが桜夜は、睡魔に襲われ眠ってしまう。
 
きっとユリのために、睡眠時間を削って仕事をしていたのだろう。
 
そんな桜夜を眺めながら、好きだと思うユリ。
 
桜夜はユリの脚にしがみつき、眠っていた。
 
 
⇒無料で「恋と弾丸」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「恋と弾丸」で検索です
 

10話 のネタバレ

夢と現実

桜夜とお酒を飲みながら、いい雰囲気になっていることを想像するユリ。
 
夏休みが終わり、人の目を盗んで二人の家に来る。
 
そして、桜夜とイチャイチャしながら過ごすことを考えている。
 
今はそれが、ユリの日課になっていた。
 
キングサイズのベッドで、一人で横になるユリ。
 
桜夜の無事を祈り、眠りについた。
 
夢の中で、桜夜に触れられている。
 
無事に帰って来た桜夜に、ハッと目が覚めた。
 
夢を見ていたのだと思ったユリは、続きを見たいためまた寝ようとする。
 
ところが、リビングの方から物音が聞こえた。
 
ユリは大慌てでベッドから出て、リビングに向かう。
 
するとそこには、ずっと待っていた桜夜の姿があった。
 
勢いよく桜夜に抱きつくユリは、今度から起きるまで起こして欲しいと頼む。
 
気持ちよく眠っていたユリを、起こすことができなかった。
 

夢の晩酌

桜夜はユリに、お酒を飲めるかと尋ねる。
 
お酒が好きなユリは、夢の晩酌に嬉しくなった。
 
桜夜はユリを待たせ、お酒の準備をする。
 
待っている間、妄想のことを思いだし、ユリは髪をサイドに寄せてうなじを見せるようにした。
 
すぐに桜夜が戻って来て、お酒を差し出す。
 
でもまだ仕事があるのではないかと心配するが、桜夜は今日はユリを過ごす予定。
 
桜夜は乾杯をして、夜を楽しもうと考えていた。
 
しばらく飲んでいたユリは、だんだん酔いがまわりいい気分になる。
 
桜夜の膝枕で、デレデレと甘えるユリ。
 
バイトで、ディナーにも入って欲しいと言われた話をしている。
 
でも夏休みが終わり、バイトは辞めた。
 
大学が忙しいことも理由の一つだが、一番は桜夜を優先するためである。
 
こんなかわいいユリが愛おしくなり、桜夜はユリを抱きしめた。
 
そしてこんなに飲んだのは久々で、二十歳以来だと話し始めるユリ。
 
以前合コンで、お持ち帰りされそうになったことがある。
 
桜夜はユリの、過去の男関係の話ですら聞きたくない。
 
止めさせようとする桜夜だが、酔ったユリの話は止まらない。
 
飲みすぎたユリを、ベッドへ運ぶ桜夜。
 
あまりにも話を止めないユリは、桜夜に口を塞がれる。
 
深いキスに、気持ちいいユリ。
 
手に持っていたグラスを落としてしまい、話していた内容も忘れている。
 
そのタイミングで、桜夜は自分のネクタイを外し、それでユリの口を塞いだ。
 
ユリはその後、しばらく眠っていた。
 

ユリのことでは小さい男

目覚めたユリは、口を塞がれていて驚く。
 
外そうとしたが、桜夜に押さえ込まれ外すことができない。
 
桜夜は怒っているように見えるが、理由がわからなかった。
 
段々何を話していたのかを思いだすユリは、桜夜に謝る。
 
その話の結末が大体どうなったのか予想のつく桜夜、強気で男の誘いを断ったのだろう。
 
でも嫉妬深い桜夜は、他の男の話を聞けるほど余裕はない。
 
お酒の怖さを突きつけられたユリは、機嫌を損ねた桜夜の責任を取ることになる。
 
桜夜はユリの秘部を、服の上から触りだす。
 
もうトロトロのユリは、指だけで果ててしまいそうである。
 
だけどイジワルな桜夜は、このままユリをイカせることはしない。
 
焦らされるユリは、両手を使える状態だが目隠しは外さずにおとなしくしている。
 
桜夜を傷付けてしまったのはユリ、なんの抵抗もできない。
 
もしこのままネクタイを外したら、ユリを連れ去ろうとした男の名前を聞き出そうと考えている桜夜。
 
その表情からは、いつもの優しさは消えていた。
 
酔った勢いでも、他の男の話をされると気に障る桜夜。
 
聞き流すことができるほど、心は広くない。
 
その頃、月の下で刀を振る男がいた。
 
その男は、ユリがどんな女性なのか探りを入れている。
 
 
⇒無料で「恋と弾丸」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「恋と弾丸」で検索です
 

3話 special episode のネタバレ

女としての成長

高級クラブでのバイトが見つかってしまい、優しいはずの桜夜にお仕置きをされたユリ。
 
もう二度と、あんなバイトはしないと誓う。
 
お仕置きは、桜夜の上で激しく動かされた。
 
恥ずかしすぎてたまらないが、Hの技を覚えたのだとポジティブに解釈する。
 
Hは二人で楽しむことに気付いたユリは、大人の階段を一気に登りあがった気分だった。
 
目まぐるしく動くユリを、最初からそっと観察していた桜夜。
 
前向きなユリも、好きなところの一つだ。
 
感情表現が豊かなユリに、桜夜は惚れている。
 
タイムリミットが近付き、桜夜はユリへ疑問を投げかけた。
 
なぜ、あの街にユリがいたのか。
 
ピアスのお返しを買うために、バイトを始めたユリ。
 
桜夜にお返しの話をしても、断られてしまうことはわかっている。
 
そこで、父へのプレゼントを買うためだと誤魔化すが、桜夜には通用しない。
 
残り5分で、もっと大人の階段を登ろうかと脅かす桜夜。
 
ユリは観念して、ピアスのお返しのことを話した。
 
その言葉に驚いた桜夜は、ユリの律義さには敵わない。
 
優しく微笑む桜夜は、いくら断っても無理だとわかった。
 
ならばあと5分、ユリからの大人のキスを求める。
 
ユリは桜夜の感じるところを目掛けて、深いキスをした。
 
キスをしながら、時計を見る桜夜。
 
タイムリミットになってしまい、ユリを抱き上げ玄関までキスをしながら歩く。
 
「生きてたらまた連絡する」と言って、桜夜は出掛けて行った。
 
 
⇒無料で「恋と弾丸」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「恋と弾丸」で検索です
 

8話 special episode のネタバレ

全身埋め尽くした跡

上海別荘で、残りの時間を二人で独占し合っている。
 
桜夜に、激しく抱かれるユリ。
 
その後は、一緒に風呂に入る。
 
バラの花の浮かぶ浴槽に、二人で一緒に入っていた。
 
ユリの体は、全身キスマークだらけになっている。
 
でももうすぐ、このマークを消さないといけない。
 
桜夜は、離れるまでに、元の白い肌に戻そうと思っていた。
 
ずっとこのまま跡が消えなければいいと思っていたユリだが、現実的にそんな訳にはいかない。
 
家族の元に帰るため、友達と会うため、桜夜の存在を隠さなければならない。
 
消すことに、切なくなってしまったユリ。
 
消す方法があるのなら、全身キスマークで埋め尽くされたいと言う。
 
そんなユリを、ベッドへ連れて行った。
 
どこにも行かず、二人っきりで過ごす時間。
 
いっぱいキスして、イチャついて抱き合って、笑いながらご飯を食べて、Hをしたくなったらベッドへ行く。
 
お互いに、跡を残し合う。
 
ただそんなことの繰り返しが、二人を幸せにする。
 
今日は上海最終日、キスマークまみれになったユリをしっかりカメラに収める桜夜。
 
いやらしい下着を身につけているユリは、全身キスマークだらけで、桜吹雪みたいである。
 
桜夜も、ユリにつけられた跡だらけ。
 
二人の跡が、消えてしまうことに寂しそうな表情をする桜夜。
 
ユリは切なそうな桜夜をズルいと思い、キスをした。
 
ユリのことを、残酷に夢中にさせる桜夜。
 
二人はベッドで、朝を迎えた。
 

恋と弾丸 3巻の感想

全身キスマークだらけの桜吹雪のようなユリ、すごかったですね。
 
桜夜の愛情を全身で受け止めてるって感じですし、愛の深さも感じました。
 
いつも優しい表情の桜夜ですが、今回は何度も怖い表情が見られました。
 
ユリへの愛情が、さらに深くなっている証拠ですよ。
 
ほんとにいつもは紳士的で素敵な桜夜ですが、ユリのことになると理性が崩壊しています。
 
すごい独占欲で、何よりもユリが大事なんだと伝わってきますね。
 
ユリも独占欲をあまり表に出しませんが、桜夜の存在は大きいでしょう!!
 
波乱の上海旅行が終わり、またいつ会えるかわからない状況でしたが、思っていたよりも早く会えました。
 
ユリと一緒に過ごす、大事な家まで準備・・・
 
しかもあの桜夜が、かなり弱気なところを見せていました。
 
あの事件で、ユリに嫌われたかもしれないという不安。
 
必死に、ユリの気持ちを繋ぎとめようとした姿。
 
桜夜の方が、ユリにベタ惚れのようですね。
 
この大きな愛からは、もう逃げられません。
 
逃げるつもりもないユリでしょうけど、愛される覚悟が必要です。
 
最初は桜夜は、そんなに本気のようには見えませんでした。
 
軽い気持ちで、ユリを恋人にしたようにも見えました。
 
でも今は、なければならない、大切な存在で、ユリが生きる糧になっています。
 
こんな恋愛も、悪くはないですね。
 
 
⇒無料で「恋と弾丸」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「恋と弾丸」で検索です
 

無料で「恋と弾丸」を読む方法

 
無料で「恋と弾丸」を読む裏ワザ!
 
 
「試し読みじゃ物足りない…」
「ブックオフに置いてない…」
「スマホでこっそり読みたい…」
「コミックサイトは色々あってどれにしようか迷ってる…」
「安全で信頼できる大手サイトを無料で試したい…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。
 
そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。
 
実はU-NEXTなら無料で「恋と弾丸」を読むことができます。
 
U-NEXTは動画配信サービスで有名ですが漫画も沢山扱っています。
 
U-NEXTなら登録時に600ポイント貰えて、「恋と弾丸」を600円分実質無料で読めます。
 
ポイント消費0完全無料1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!
 
31日間無料トライアル実施中で無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。
 
いろんな種類の雑誌も無料で読み放題です。
 
600円分のポイントプレゼントと無料トライアル期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。
 
スマホから簡単にできるので、この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!
 

 
【お得な利用方法】
600円分のポイントで「恋と弾丸」を、無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。
 
※本ページの情報は2020年6月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。


U-NEXT<ユーネクスト>(R18)