⇒無料で「今日、恋をはじめます」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「今日、恋をはじめます」で検索です
 

今日、恋をはじめます 10巻とは?

出版社:小学館
発売日:2010/10/26
作者 :水波風南

ついに結ばれたつばきと京汰。
幸せな時間をすごす二人だけど、京汰の母との再会で
気持ちにすれ違いが……!?

 

今日、恋をはじめます 10巻のネタバレ

59話のネタバレ

可愛くなった

つばきはさくらと一緒に家を出ようとしたが、それを引き止める母親。
 
さくらのスカートが短すぎるのではないかと、母親はグチグチと言っている。
 
つばきを見習いなさいと言われたさくらは不機嫌そうに家を出た。
 
家を出てしばらくすると、つばきはスカートを上げて髪の毛に髪飾りを付けた。
 
つばきは学校ではさくらと同じような格好をしているのだが、家では真面目なフリをしていたのだ。
 
そんなつばきを見て、さくらだけ怒られて不公平…と言いながらさくらはあることに気が付いた。
 
さくらは、姉の雰囲気が変わったと感じたのだ。
 
さくらからその話を聞いたつばきは、京汰と一夜を過ごしたことが関係あるのかとも思ったがそんなことは言えず、軽く受け流した。
 
そしてさくらはつばきが着けていたブレスレットに気付く。
 
意外にも京汰さんは独占欲が強いんだねとさくらは言った。
 
恋愛マスターのさくらにとっては、ネックレスが首輪でブレスレットは手錠のようなイメージなのだという。
 
つばきはそれを聞いて、京汰と手錠で繋がれた自分を想像した。
 
そしてつばきは、ブレスレットに目を落とした。
 
これを見るたびに京汰を思い出すつばきは、本当に京汰に独占されているみたいだと少し恥ずかしいような嬉しいような感情を抱くのだった。
 
学校へやってきたつばきは、深歩にも可愛くなったねと言われる。
 
やっぱり初体験の効果はすごいんだなと感じたつばきは、朝礼前の廊下を歩いていた。
 
するとそこで出会ったのは京汰だった。
 
京汰はいつにも増してきらめいており、つばきはドキドキした。
 
夏休みが明け、始業式が終わった後の放課後、つばきは京汰に家に来るよう誘われた。
 
家に行って勉強をするつもりだったつばきだったが、京汰は家に着くなりつばきを後ろから抱きしめた。
 
反抗できずにつばきは快楽へと身を沈めるのだった。
 
数時間後、つばきは京汰の声で目を覚ました。
 
 
⇒無料で「今日、恋をはじめます」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「今日、恋をはじめます」で検索です
 

60話のネタバレ

両立

夏休み明け最初のテストの結果が張り出された。
 
つばきの結果は10位で、つばきは落ち込んでいた。
 
点数が取れない原因は、京汰との恋愛だった。
 
指定校推薦を狙っていたつばきはどうにかして挽回しなければと焦っていたのだった。
 
そんな中、体育祭が近付いていた。
 
実行委員を決めることになり、テストの成績を内申点で取り返そうとしたつばきは一番に手を上げた。
 
そのことを担任の先生に報告すると、担任は赤組にだけは必ず勝てとつばきたちに言うのだった。
 
担任の先生は赤組の先生と犬猿の仲で、去年は赤組に負けてしまったため体育祭実行委員になった生徒の成績が悪くなったのではないかと噂されていた。
 
つばきはそんなことにはなるまいとクラスをまとめて勝利へと導こうとするが、クラスの生徒は勝敗など関係ないという様子でつばきの言うことを聞いてくれない。
 
こんな時に、京汰がいたらと思うつばき。
 
結局クラスのメンバーをまとめることはできず、肩を落としてつばきは下駄箱へ向かった。
 
そこで待っていたのは京汰だった。
 
京汰はつばきの落ち込んだ様子を見て、なんか俺に聞いて欲しいことあるんじゃないの?とつばきに尋ねる。
 
つばきは京汰が赤組だということを知っていたため、白組が勝つために京汰に頼るべきではないと考えていた。
 
つばきの頬に手を伸ばしキスをしようとする京汰を振り解いて、つばきは用意へと帰って行った。
 
放っておいてもらえると助かります!と言われた京汰は1人取り残され、何かを考えているのだった。
 
一方のつばきは彼氏だからといって簡単に京汰を頼ってはダメだと自分に言い聞かせた。
 
その日からつばきは他人の仕事を引き受けつつ自分の勉強にも腰を入れ、寝不足の日々が続いた。
 
そして体育祭当日、つばきはふと京汰を見た。
 
すると京汰の周りには京汰と同じ赤組の女子がたくさん取り巻いていたのだった。
 
 
⇒無料で「今日、恋をはじめます」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「今日、恋をはじめます」で検索です
 

61話のネタバレ

体育祭

彼女は?と聞かれた京汰は別にと吐き捨てるように言い、女子を連れてどこかへ行ってしまった。
 
つばきはその光景に愕然としていたが、次の競技である二人三脚に出場するため入場ゲートに向かう。
 
だが入場ゲートでは赤組の先生と白組の先生が何やら揉めていた。
 
実は赤組の二人三脚の参加者がまだ揃っていなかったのだ。
 
つばきの担任の先生は嘲笑うように赤組の先生を揶揄する。
 
それを見ていた深歩は呆れて笑うのだった。
 
つばきはそんな先生の会話も入ってこないほど落ち込んでおり、気付いたら競技が始まる直前だった。
 
京汰はもう自分のことなんか好きではないのだろうかと思ったつばきは、開始と同時に転んでしまう。
 
泣きそうになりながら転んだ膝を治療してもらおうと保健室に来たつばき。
 
先生はいなかった。
 
そこではカーテンの中で誰かの声がしていたが、つばきはそれに構わず保健室を出ようとした。
 
その時、カーテンの中から京汰の声が聞こえてつばきは立ち止まる。
 
それを聞いたつばきはカーテンの中に入って行き、私が京汰の彼女だからと言って周りの女子を払い除けた。
 
女子達の間で不穏な空気が流れる中、現れたのは赤組の先生だった。
 
二人三脚では結局メンバーが集まらず、不戦敗に終わった赤組の先生はメンバーを探しに来たのだ。
 
なんと京汰は白組を勝たせるためにわざと二人三脚に参加する女子達にサボりを持ちかけたのだ。
 
女の子を連れていた理由を聞いたつばきは何も言わずに京汰を見ていた。
 
京汰は敵チームにいてもお前にできることなんていくらでもあるんだよと言うのだった。
 
つばきは京汰が気を遣ってくれたことを知りながらも、やはり京汰が他の女の子とベタベタすることが許せなかった。
 
京汰の服の裾を掴んでそれを伝えたつばきは。
 
京汰はそんなつばきを抱き寄せた。
 
京汰は怪我をしたつばきの治療をすることにした。
 
治療をしている間、京汰は成績が下がった理由を言い当てた。
 
成績を下げないでうまくやれるバランスは2人で考えるべきじゃないの?と京汰は言う。
 
今回のことはつばきだけの問題でもないよと言って優しく治療をする京汰。
 
つばきは2人でと言う言葉に胸が高鳴る。
 
追い詰められたら頼ってこいと言われたつばき。
 
京汰の手を取ったつばきに、絶対勝たせてやると京汰は微笑むのだった。
 
そして体育祭は、最終種目である棒引に移るのだった。
 
 
⇒無料で「今日、恋をはじめます」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「今日、恋をはじめます」で検索です
 

62話のネタバレ

棒引き

男子棒引きの赤組と白組の対戦をつばきは見ていた。
 
戦況は赤組が有利だったが、だんだんと白組の方が追いついていく。
 
つばきは京汰の動きに異変を感じた。
 
つばきは味方を攻撃していたのだ。
 
わざと失敗したフリをして、白組を有利に導く京汰。
 
ボロボロになっても棒に向かって進んでいく京汰を、つばきは黙って見ていた。
 
最後の棒には参加していた男子全員が加わり、膠着状態が続いた。
 
そこで京汰はハルの背中からジャンプをして、白組側に棒を倒すのだった。
 
赤組の先生は京汰の行動に激怒したが、それを軽く受け流す京汰。
 
京汰は往生際が悪いですよと言って笑うのだった。
 
こうしてつばき率いる白組は、犬猿の仲である赤組を倒すことに成功したのである。
 
体育祭が終わった後、京汰は赤組の先生にペナルティとしてパイプ椅子を拭く仕事を任されていたのだった。
 
それを手伝うつばき。
 
京汰はつばきに背を向ける。
 
京汰は泥まみれで棒にしがみつくような格好悪い姿を見せてしまったことを恥ずかしく思っていたのだ。
 
つばきに顔向けできないと後ろを向いた京汰に、つばきは話しかけた。
 
今日の京汰が今までで一番格好良かった。
 
かっこよすぎて、自分が京汰の彼女なのかが分からなくなってしまったと言うつばき。
 
すると京汰は振り向いてつばきに素早くキスをした。
 
これで実感できた?と言う京汰の顔を見て、赤くなってしまうつばきだった。
 
力になってくれた京汰のために、今度は自分が助けになりたいと思うつばきであった。
 
 
⇒無料で「今日、恋をはじめます」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「今日、恋をはじめます」で検索です
 

63話のネタバレ

誕生日

もうそろそろ京汰の誕生日が近付いていた。
 
一年前に京汰と約束したプラネタリウム三年計画で今年のプレゼントは決まっているのだが、その他にも素敵なものをプレゼントしたいと思っていたつばき。
 
デパートをうろうろしていると、つばきは3Dのパズルを見つける。
 
それは月を作る立体型のパズルで、京汰の笑顔が浮かんだつばきはそのパズルを買うことにした。
 
そこへやってきたのは見知らぬ女性だった。
 
女性はつばきに、そのパズルを譲ってもらえないかと言う。
 
驚いたつばきだったが、その女性は息子の誕生日なのだと言って深々とお辞儀をした。
 
女性はもう長いこと息子に会っていないらしく、誕生日が唯一の会うきっかけなのだ。
 
一時は断ったつばきだったが、その女性の話を聞いてつばきはプレゼントを譲ることにした。
 
女性はとても喜んで、明日は息子に受け取ってもらえるように頑張ると言うのだった。
 
そしてついに京汰の誕生日がやって来た。
 
京汰はつばきから差し出されたプレゼントを開けた。
 
そこには月のパズルではなく、平面のパズルが入っていた。
 
それを見て京汰は、これだから昭和女は…と笑い転げたがありがとうと言って可愛い笑顔で微笑んだ。
 
そして京汰はつばきにベッドへ来るように言い、優しくつばきを押し倒す。
 
激しくキスを交わす2人だったが、そこでインターホンが鳴り響いた。
 
つばきは驚いて部屋の隅に退避するが、京汰はつばきに近付いて再びキスや愛撫を始める。
 
声を押し殺して耐えていたつばきだったが、その時インターホンが何度も鳴り響いた。
 
京汰は苛立ちながら玄関へ行きドアを開けたが、そこに立っていたのは京汰の母親だった。
 
月のパズルを受け取ってくれと頼むその女性を見て、つばきはあることに気付いた。
 
その女性は、前日にパズルを譲ってくれと言われた女性だったのだ。
 
 
⇒無料で「今日、恋をはじめます」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「今日、恋をはじめます」で検索です
 

64話のネタバレ

お願い

京汰は母親を追い出して部屋に戻ったが、つばきと京汰の雰囲気は悪かった。
 
イライラしている京汰を見てつばきも苛立ってしまい、つばきは先に帰ることにした。
 
京汰のマンションの外で待っていたのは京汰の母親だった。
 
つばきは京汰の母親といろいろな話をして、あることに気が付いた。
 
京汰は母親のことを、他に男を作って逃げたのだと思っているが、実は夫の暴力が原因だったのだ。
 
それに気付いてつばきは黙っていたが、京汰の母親はつばきに一つお願いをするのだった。
 
次の日、つばきは京汰に何か言いたげだったが結局何も言えなかった。
 
つばきは京汰との良い雰囲気を壊すことはしたくなかったが、そんな自分の弱さに嫌になるのだった。
 

65話のネタバレ

母と息子

その日は京汰と家に行く予定だったが、帰り道何やら様子がおかしいつばき。
 
つばきは途中でカフェに行ってくると走り出し、1人でベアバというカフェに来た。
 
そこで待っていたのは京汰の母親だった。
 
つばきは母親に頭を下げて、京汰は連れて来られないと言うのだった。
 
実はすぐそこに京汰はいるのだが、つばきは嘘をついたのだ。
 
京汰の母親は何も疑うことなく、悲しそうに笑って頭を下げるのだった。
 
京汰の家でも京汰の母親の笑顔が気がかりで集中できないつばき。
 
つばきは思い切って、自分の心のうちを言ってみることにした。
 
すると京汰は案外あっさり受け流し、俺は今日誘われてもカフェに行くことはなかったと言い張った。
 
そんな京汰の姿を見て、京汰が嘘をついていることが分かったつばき。
 
2人は夕方に分かれたが、しばらくしてさくらから京汰に電話がかかってきた。
 
さくらは、まだつばきが家に帰ってこないのだと泣きそうな声で言うのだった。
 
 
⇒無料で「今日、恋をはじめます」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「今日、恋をはじめます」で検索です
 

今日、恋をはじめます 10巻の感想

今回も京汰の優しさ、男らしさ溢れるシーンがたくさんありました。
 
つばきのために自分の組を負けに導くのは少し狂気的ですが、そこまで強い思い出やり切った京汰には拍手です。
 
そして後半では京汰の母親が登場します。
 
京汰の知らないところで京汰の母親と連絡をとっていたつばきは、いろいろなことを知ってしまいます。
 
そして正義感の強いつばきは、京汰と母親を会わせようとしているのでしょうか?
 
夜の街中で行方不明になったつばきは無事なのでしょうか?
 
次巻の展開に期待が高まります。
 
 
⇒無料で「今日、恋をはじめます」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「今日、恋をはじめます」で検索です
 

無料で「今日、恋をはじめます」を読む方法

 
無料で「今日、恋をはじめます」を読む裏ワザ!
 
 
「試し読みじゃ物足りない…」
「ブックオフに置いてない…」
「スマホでこっそり読みたい…」
「コミックサイトは色々あってどれにしようか迷ってる…」
「安全で信頼できる大手サイトを無料で試したい…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。
 
そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。
 
実はU-NEXTなら無料で「今日、恋をはじめます」を読むことができます。
 
U-NEXTは動画配信サービスで有名ですが漫画も沢山扱っています。
 
U-NEXTなら登録時に600ポイント貰えて、「今日、恋をはじめます」を600円分実質無料で読めます。
 
ポイント消費0完全無料1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!
 
31日間無料トライアル実施中で無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。
 
いろんな種類の雑誌も無料で読み放題です。
 
600円分のポイントプレゼントと無料トライアル期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。
 
スマホから簡単にできるので、この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!
 

 
【お得な利用方法】
600円分のポイントで「今日、恋をはじめます」を、無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。
 
※本ページの情報は2020年6月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。


U-NEXT<ユーネクスト>(R18)