⇒無料で「今日、恋をはじめます」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「今日、恋をはじめます」で検索です
 

今日、恋をはじめます 14巻とは?

出版社:小学館
発売日:2012/2/24
作者 :水波風南

京汰と距離を置き、美容師という自分の夢を見つけるつばき。しかしそんな彼女に興味を持った美容師の花野井は――!?そして京汰VS花野井が!?ついに最終章突入の14巻は波乱の展開!!

 

今日、恋をはじめます 14巻のネタバレ

87話のネタバレ

隣の席で

京汰が留年するかもしれないことを聞いたつばきは動揺していた。
 
教室に入ってきた京汰を見たつばきは、京汰がつばきから目を逸らしたことに気付く。
 
私のせいでこんなことになったのだから、仕方がないとつばきは落ち込んだ。
 
せっかく2ヶ月ぶりに会えたのに、最悪だと下を向いていると京汰はつばきの隣の席に座った。
 
実は京汰は少しだけ学校に来てすぐに帰る予定だったが、授業を聞いて帰ることにしたのだ。
 
つばきはそれが嬉しくて笑顔になった。
 
授業が始まり、つばきは京汰に手紙渡した。
 
京汰が留年するかもしれないことを聞いて、私はなんてお詫びしたらいいのか分からないと書いた手紙を見て、京汰はペンを取り出す。
 
ギブスが巻いてあった手はいつの間にか自由に動くようになっていた。
 
ギリギリ大丈夫だと、手紙には書かれていた。
 
京汰はリハビリに誰よりも熱心に取り組んだのだ。
 
次に京汰が書いた文字は、「モデルデビューおめでとう」だった。
 
つばきは美容師の花野井が行ったカットモデルになり、雑誌に載っていたのだ。
 
恥ずかしくなったつばきは、写真が掲載されるとは思っていなかったと弁解したが京汰はそれを見て笑いを堪えていた。
 
しかし京汰はつばきが可愛い笑顔で写っているのが気に食わなかった。
 
いつも京汰に見せるような笑顔で、つばきが写っていたからだ。
 
つばきはその時のことを手紙に書いた。
 
ヘアアレンジが終わり撮影に入ったが、つばきは全く笑えなかったのだ。
 
作り笑いをしても不自然になり花野井とカメラマンは困ってしまった。
 
そこで花野井はつばきがつけていたブレスレットに注目した。
 
彼氏からもらったの?と聞かれたつばきは、そうだと答えた。
 
花野井は彼氏のことについてつばきに尋ねた。
 
つばきは京汰のことを話しているうちに、だんだんと顔がほぐれ笑顔になっていったのだ。
 
だから、モデル撮影の時は京汰のことを想って不意に笑顔になってしまったとつばきは手紙に書いた。
 
それを見て納得した京汰は、次に進路は見つかりそうか?と書いた。
 
それを見てつばきは顔を下に向けた。
 
京汰はそんなつばきを見て、ずっと待っててやるから焦るなと言うのだった。
 
京汰とつばきは一番後ろの席で、こっそり手を握るのだった。
 
京汰に応援してもらい勇気が湧いたつばきは、学校が終わってすぐにある場所へ向かった。
 
つばきは自分が夢中になれるものなんていくら探しても見つからないと思っていたが、つばきには実はやりたいことがあったのだ。
 
つばきは花野井がいる美容室に飛び込んだ。
 
美容師になりたいんですとつばきは花野井に言う。
 
1番の夢を叶えるために、つばきは前進を始めるのだった。
 
 
⇒無料で「今日、恋をはじめます」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「今日、恋をはじめます」で検索です
 

88話のネタバレ

花野井の過去

つばきは美容室でアルバイトを始めた。
 
真面目にテキパキと仕事をこなすつばきを、スタッフたちは信頼していた。
 
そんな中、スタッフの1人が美容技術専門学校のイベントのチラシをつばきに渡した。
 
今週の土曜日と書かれていたその紙をギュッと握ったつばき。
 
花野井はそれを見て、こんな根性なしを連れて行きたくはないなと独り言を言った。
 
花野井は今週の土曜日がつばきの模試の日であることを知っていた。
 
そして美容学校に行くか大学に行くかまだ決めかねているつばきのことを、根性なしと言っていたのだった。
 
俺をがっかりさせるのもほどほどにねと花野井は言って去っていった。
 
家に帰ったつばきに、遅くまで勉強していたのねと言う母親。
 
つばきはまだアルバイトのことを伝えておらず、勉強をしていたと説明していたのだ。
 
つばきは恐る恐る、母親に大学ではなく専門学校に行きたいと言ってみた。
 
しかし母親は急に怒ったような顔になり、どうして受験から逃げるの?と聞いた。
 
受験が怖いのは分かるけれど、ここで逃げたらこの先ずっと後悔することになると言って母親は部屋を出ていった。
 
つばきにとって美容師になるという夢は逃げなんかではなかった。
 
母親を説得できない悔しさで、つばきは拳をギュッと握った。
 
それを黙って聞いていたさくらは、つばきにやりたいことが見つかったから京汰とはヨリを戻せるんだねと笑った。
 
しかし、母親を説得するまではまだだと答えるつばき。
 
つばきは絶対に説得して見せると言って笑うのだった。
 
そして週末の土曜、専門学校へ行くと言っていたつばきは予備校の前に来ていた。
 
一方の花野井は、予備校の前でつばきを見つけた。
 
やっぱり根性なしじゃんと言われたつばきは、振り返って花野井を見つけた。
 
呆れている花野井に対してつばきは首を横にふった。
 
今日は予備校を辞めに来たんだと言ったつばきに、花野井は少し驚いた。
 
手続きがあるので!と足早に予備校に行って帰ってきたつばき。
 
その数分の間に、花野井は女の子に囲まれていた。
 
取り巻きの女子たちを置いて花野井は電車で専門学校のイベントに行こうとしていたつばきを引き留め、車に乗せた。
 
予備校を辞めたことにまだ迷いを感じているつばき。
 
そんなつばきを見て、花野井は自分の過去を話し始めた。
 
花野井は今となっては外交的だが、昔は地味で内気だった。
 
テストの点を取ることでしか自分の存在を証明できないようなそんな学生だったのだ。
 
しかし中3の時、姉に連れて行かれた美容室で花野井の人生は変わった。
 
美容師は花野井に似合うかっこいい髪型にしてくれたのだ。
 
そこから変わったねと言われるようになり、花野井は自分の意見を主張できるようになった。
 
ほんの一瞬で人の内面まで変えることができる仕事に憧れを持ち始めた。
 
やるならこれしかないと思える仕事、それが美容師の仕事だった。
 
花野井は頭も良く大学進学も考えていたが、それらを全て断って美容師の世界に入ったのだった。
 
そんな花野井の過去に自分を重ねたつばきは、真剣な眼差しで花野井を見つめる。
 
つばきに笑いかけた花野井は、今日の君は間違っていないと勇気つけた。
 
家に帰ったつばきは、専門学校のパンフレットを抱えながら第一志望は専門学校にすると母親に主張するのだった。
 
 
⇒無料で「今日、恋をはじめます」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「今日、恋をはじめます」で検索です
 

89話のネタバレ

つばきの夢

予備校は辞めてきたと言うつばきに、仕事を辞めるには保護者の印鑑がいるでしょうと言う母親。
 
つばきは、印鑑の場所なら知っているからそれを使ったと言う。
 
それを聞いて、母親はカッとなりつばきの頬を叩いた。
 
自分で何をしたか分かっているのと叫ぶ母親。
 
つばきは母親の信頼を失ってしまったのだ。
 
しかしそれに負けじと、つばきはこうでもしないとちゃんと話を聞いてくれないじゃないと返した。
 
そして美容室でアルバイトをしていることも打ち明けたつばき。
 
そしてつばきは、淡々と話し始めた。
 
自分はずっと母親の期待に応えることしか考えていなかったが、ある時純粋にやりたいことを考えてみたら美容師しか思いつかなかった。
 
母親の言う通りの人生を歩んだところで、「母親の言うことを聞かなければ良かった」と思うことになるかもしれない。
 
後悔するなら自分で決めた道の方がいいと、つばきは主張した。
 
ここへ通わせてくださいと言ったつばきには何も言わず、母親は自分の部屋へと戻っていってしまった。
 
次の日もアルバイトで美容室に来ていたつばき。
 
つばきは花野井を練習台に、シャンプーをしていた。
 
彼氏のことを聞かれたつばきは、今は彼と距離を置いているのだと説明した。
 
距離は置いているが手にはブレスレットをしていたつばき。
 
次の瞬間、そのブレスレットが花野井の髪の毛に絡まってしまう。
 
花野井は作業の間だけはブレスレットを取っておいたら?と提案した。
 
つばきはブレスレットを腕から外してポケットに入れた。
 
しかしそのブレスレットはポケットからこぼれ落ちた。
 
花野井はつばきに気付かれないようにブレスレットをそっとポケットにしまうのだった。
 
次の日、高校では最後の学園祭が行われていた。
 
つばきのクラスでは着せ替えフォトスタジオを企画していた。
 
そのヘアアレンジ担当はつばきだったが、つばきの調子はイマイチ上がらなかった。
 
 
⇒無料で「今日、恋をはじめます」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「今日、恋をはじめます」で検索です
 

90話のネタバレ

学園祭

つばきの調子が上がらなかったのは、ブレスレットをなくしたのが原因だった。
 
集中できず、なかなかヘアアレンジが上手くいかない。
 
そこへやって来たのは花野井だった。
 
花野井はつばきを控え室に呼び出し、話を聞いた。
 
ブレスレットをなくしたと言うつばきの話を聞いた花野井は、早くどちらかを選んだ方がいいと言う。
 
ブレスレットの方が大事なら、いますぐ探しに行くべきだと言われたつばき。
 
中途半端な今の状態では、最悪両方を失うよ?と言われたつばきは、少し考えた後決心した。
 
ブレスレットのことは忘れて、ヘアアレンジに集中するとつばきは言うのだった。
 
その答えを聞いて、花野井はポケットからブレスレットを取り出した。
 
花野井はつばきを試していたのだ。
 
それからはつばきの調子は上がって来た。
 
それを見に来ていた母親。
 
しばらくして帰ろうとする母親を引き止めたつばきは、これが私のやりたいことです!と叫んだ。
 
母親は笑顔で振り返って、お母さん勘違いしていた、と言うのだった。
 
初対面の人とあんなに堂々と話せるようになっていたのねと言った母親は、このまま頑張りなさいと頷いた。
 
つばきは初めて母親に認めてもらえたのだった。
 
 
⇒無料で「今日、恋をはじめます」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「今日、恋をはじめます」で検索です
 

91話のネタバレ

恋のライバル

花野井は校内で京汰に出会った。
 
君がつばきの彼氏?と言った花野井は、ブレスレットをチラつかせた。
 
つばきは君の知らないうちにどんどん変わっていくよと言われた京汰は、花野井にムッとした。
 
腕輪ひとつで相手の気持ちをどうこうできるなんて思うなよと京汰は言ったが、その瞬間花野井は持っていたブレスレットを校庭に投げてしまった。
 
じゃあ君にとってブレスレットは大したことないんだよね?と意地悪く言う花野井。
 
京汰は拳を握りしめ、急いで探しにいくのだった。
 
夜になってようやくブレスレットを見つけた京汰。
 
ちょうど京汰の元へつばきから連絡が来た。
 
2人は1週間後、会う約束をした。
 

92話のネタバレ

夢と恋

京汰に会う日、つばきはいつも以上に機嫌が良かった。
 
バイト中もテキパキと楽しそうに仕事をこなすつばきだったが、そんなつばきを花野井はバイト後のセミナーに誘う。
 
年に一回しかないイベントだと言われ、つばきは迷った末セミナーに参加することに決めた。
 
セミナーは大満足の内容で、つばきはとても充実した気持ちで後片付けをしていた。
 
片付けが終わると、つばきは花野井と食事に行くことにした。
 
花野井はつばきの髪を触ったりして遊んでいた。
 
2人は楽しそうに話しながら街を歩いていたが、それを見つけたのは何と京汰だった。
 

93話のネタバレ

流星群

つばきが夢に向かって前進していくたび、2人は少しずつすれ違っていった。
 
優先順位をつけなければならない状況がこれからも無数にあるのだと思うと、自分は京汰と一緒にいてもいいものかと悩んでしまうつばき。
 
しかし、つばきの中ではある結論が出ていた。
 
そこでつばきは流星群の観測会に京汰を誘った。
 
前日から段取りの確認に来ていたつばきは、磁石や星空早見表を使って星を見ようとしていたが上手くいかない。
 
そこへやって来たのは、京汰だった。
 
京汰はつばきが前日にも準備をするということを聞いて、やって来たのだ。
 
京汰はつばきの代わりに星を見る準備を始めた。
 
そんな京汰の手を取ったつばきは、一番言いたかった言葉をまっすぐに伝えた。
 
好きです、と言ったつばきの目には、少しだけ涙が浮かんでいた。
 
 
⇒無料で「今日、恋をはじめます」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「今日、恋をはじめます」で検索です
 

今日、恋をはじめます 14巻の感想

ついにつばきは母親に認めてもらうことができました。
 
後悔するなら自分で決めた道がいいと言ったつばき。
 
あの言葉には胸が打たれました。
 
やりたいことが見つかったつばきでしたが、やはり京汰との歩調は合わず2人は少しずつすれ違っていきます。
 
2人はちょうど良い歩調で寄り添い進んでいくことはできるのでしょうか。
 
そして何より、2人の夢は叶うのでしょうか。
 
今後の展開に期待が高まります。
 
 
⇒無料で「今日、恋をはじめます」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「今日、恋をはじめます」で検索です
 

無料で「今日、恋をはじめます」を読む方法

 
無料で「今日、恋をはじめます」を読む裏ワザ!
 
 
「試し読みじゃ物足りない…」
「ブックオフに置いてない…」
「スマホでこっそり読みたい…」
「コミックサイトは色々あってどれにしようか迷ってる…」
「安全で信頼できる大手サイトを無料で試したい…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。
 
そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。
 
実はU-NEXTなら無料で「今日、恋をはじめます」を読むことができます。
 
U-NEXTは動画配信サービスで有名ですが漫画も沢山扱っています。
 
U-NEXTなら登録時に600ポイント貰えて、「今日、恋をはじめます」を600円分実質無料で読めます。
 
ポイント消費0完全無料1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!
 
31日間無料トライアル実施中で無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。
 
いろんな種類の雑誌も無料で読み放題です。
 
600円分のポイントプレゼントと無料トライアル期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。
 
スマホから簡単にできるので、この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!
 

 
【お得な利用方法】
600円分のポイントで「今日、恋をはじめます」を、無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。
 
※本ページの情報は2020年6月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。


U-NEXT<ユーネクスト>(R18)