⇒無料で「テンカウント」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「テンカウント」で検索です
 

テンカウント 1巻とは?

出版社:新書館
発売日:2014/9/29
作者 :宝井理人

「黒瀬くんといると、少しだけ普通の人になったみたいに錯覚する」潔癖症の社長秘書・城谷は偶然出会ったカウンセラーの黒瀬から、潔癖症を克服するための個人的なカウンセリングを受けることになる。
 
10項目を1つずつクリアする療法を進めるうち、次第に黒瀬に惹かれていく城谷だが……?
 
無愛想なカウンセラーと潔癖症の社長秘書、センシティヴな恋のセラピー。

 

テンカウント 1巻のネタバレ

テンカウント1話のネタバレ

社長秘書城谷カウンセラー黒瀬の出会い

城谷はひどい潔癖性を患う有能な社長秘書である。
 
ある日城谷は社長と車で移動していた。
 
社長が電話をするために車を止め車外へ出たところ、前方不注意の追い越し車両にぶつかり事故に遭ってしまう。
 
幸い近くを自転車で通りかかった黒瀬によって社長は助けられ大惨事は免れたものの、足の骨の骨折で入院することになる。
 
黒瀬は病院まで付き添ったのちすぐにその場を立ち去ろうとする。
 
社長はぜひ礼をしたいと願い、城谷に追いかけるよう命ずる。
 

潔癖性を見抜かれる城谷

城谷はそのままにしておけば良いのにと内心思うのだが仕方なく黒瀬を追いかける。
 
黒瀬を捕まえると名刺を差し出す。
 
しかしその動作をじっと見つめる黒瀬にバッサリと”潔癖性ですか?”と言い当てられてしまう。
 
赤の他人に”早めに治療すればきっと良くなる”と言われ、城谷は激昂して声を荒げてしまう。
 
家に帰った城谷は手を洗いながら、アルコール消毒でボロボロになった手を見つめ回想する。
 
城谷が黒瀬に言われたことで声を荒げてしまったのは、実のところ社長に手を伸ばすことをためらった自分を責めていたせいだった、と。
 
自分の態度のせいでもう黒瀬は連絡をしてこないだろうと城谷はため息をつく。
 

10のリスト

潔癖性を指摘され受診を勧められた城谷は、心療内科の前まで来るもののハードルの高さに周りをうろつくだけで中に入れずにいた。
 
そこへ黒瀬が通りかかり、思わぬ形で二人は再会することとなる。
 
自分の助言を聞き入れてくれたのかと質問する黒瀬に対し、同じ医院にかかろうとする患者なのかと城谷は聞き返す。
 
そんな城谷に黒瀬は自分はこの医院のカウンセラーであることを告げる。
 
びっくりして引き返そうとする城谷を引き止める黒瀬。
 
”心療内科にかかるのは勇気がいる”と受診の代わりに黒瀬は喫茶店に行くことを提案する。
 
そこで一つ一つ問診をしていく黒瀬。
 
そんな折、黒瀬に何か書くものはあるかと尋ねられる。
 
そこに1から10までの番号を振り、城谷の実践できる難易度の低いものから高いものの行為をメモするよう指示される。
 
メモを埋めていく城谷だがどうしても10の項目が埋められずにいた。
 
10の項目まで達成できる頃には城谷の症状は良くなるという黒瀬に、なぜ彼がここまで面倒臭いことに付き合ってくれるのか城谷は不審に思う。
 
それに対し黒瀬は、”10の欄に記入できた時に教えます”という。
 

テンカウント2話のネタバレ

友達になってください

黒瀬はまだ名前を名乗っていなかったと名刺を渡し、改めて自分の名と勤務先非番の日を城谷に告げる。
 
城谷に不審者だと思われたことを気にしてのことだった。
 
黒瀬はプライベートでの問診なので今後も医院に来るよう強制もしないと言う。
 
そんな黒瀬が求めた要求は自分の友達になって欲しいという事だった。
 

スタートしてみましょう

友達になることを快諾した城谷、そろそろ外へ出ようという頃に黒瀬から提案が。
 
さっき書いたばかりのリストの1の項目を早速実践してみようとのことだった。
 
いきなりの提案にうろたえる城谷だが、黒瀬に乗せられるまま”喫茶店のドアノブに素手で触る”という項目にチャレンジすることになる。
 

城谷の手帳

黒瀬の後押しにより”ドアノブに素手で触る”ことを克服しつつある城谷だったが、思いがけないところでいきなり次の試練がやってくる。
 
入院している社長のところへ行った際自分の手帳を病室に忘れてきてしまう。
 
そのことに気づいた社長が手が直に触れないよう気を使って手帳を渡してくれるのだが、城谷は本当は触ったかもしれないと不安になってしまう。
 
 
⇒無料で「テンカウント」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「テンカウント」で検索です
 

テンカウント2.5話のネタバレ

とりあえず登録したら

自宅に戻った城谷は渡された名刺を携帯のアドレス帳に登録しようとしていたところ、謝って発信ボタンを押してしまう。
 
登録していたのは黒瀬の名刺だった。
 
誤発でかけた電話で黒瀬と思わず会話をすることになる城谷。
 
焦りながらもドアノブに触れられたことを”嬉しかった”と黒瀬に伝えると、思いがけない返答が返ってくる。
 
子供に接するように”偉かったですね”と褒められ、今までのギャップから城谷は面食らってしまう。
 

テンカウント3話のネタバレ

ごめんなさい

後日黒瀬と待ち合わせていた喫茶店に遅刻をしてしまう城谷。
 
社長が気を使って直に触れないよう配慮してくれたにも関わらず、手帳を消毒してしまったことで城谷は落ち込んでいた。
 
遅刻をしたことと浮かない表情から何かあったことに黒瀬は気づく。
 
”私物に他人が触ることは”城谷の10のリストに書かれている一つでもあった。
 

本屋に行きましょう

黒瀬は体調が揺れることは誰にでもあることだと言う。
 
そして少し考えると城谷に今日は本屋に行こうと提案する。
 
城谷は手のかかる自分に対し親身に付き合ってくれる黒瀬に対し、なぜこんなにも自分のことを構うのか思惑を知りたいと思うようになる。
 
本屋に着くとめまいが起こりそうになる城谷だが、黒瀬とやりとりしている際ふと何気に本に触れてしまう。
 
リスト3の項目をクリアした城谷は、黒瀬といると何でもできるような感覚になりほっとする。
 
それと同時に胸のあたりの不思議な感覚にも城谷は目覚めて行く。
 

テンカウント4話のネタバレ

とくとくする

城谷はある日ばったり給湯室で会った同僚に”明るくなった”と言われるようになる。
 
同僚には前はよく給油室で手を洗っているところを目撃されていた。
 
ここのところ黒瀬からのメールを城谷は心待ちにしており、徐々に周囲にも変化が見られるように変化していっていた。
 
城谷は黒瀬からメールが届くと思わずドキッとしてしまう。
 
とくとくする胸の高鳴りに城谷は、一人デスクで”友達とか恋人ってこんな感じなのかと”想像し悶々とする。
 

ハードルが高すぎましたか

この日城谷は、今日は”電車に乗って外食をしましょう”と黒瀬に誘われていた。
 
城谷にとって”電車のつり革に触ること”、”外食をすること”はリストに書かれている二つの克服課題だった。
 
城谷は昨晩眠れず睡眠不足のまま電車に乗り込むこととなる。
 
意を決し電車のつり革に捕まろうとした城谷だが、横にいた乗客がぶつかって来たことで一気に具合が悪くなってしまう。
 
必死に耐える城谷だが堪えきれずに倒れてしまう。
 
慌てた黒瀬は城谷を姫抱きにして次の駅で降車する。
 

テンカウント5話のネタバレ

楽しみにしてたから

電車の中で倒れてしまった城谷を運んだ行き先は、たまたま近くにあった黒瀬の勤める心療内科だった。
 
医院のベッドで目を覚ました城谷に対し、黒瀬は具合が悪そうだと察していたにも関わらず行動を中止しなかったことを悔いていた。
 
城谷はそうではないと言い、今からでも食事に行こうと言うが黒瀬は”今日はダメだと”断言する。
 
諦めきれない城谷は”ならば診療所にあるお菓子が欲しい”とねだる。
 
黒瀬はなぜ今日はこんなに城谷がムキになるのだろうと不思議に思う。
 
実は眠れず体調不良になったのは、黒瀬と外出し食事に行くことを楽しみにしすぎていたためだったからだと白状する。
 
そのことを知った黒瀬は思いの丈が詰まったかのように城谷に接近するが、キスをしようとしたところでふっと身を離していく。
 
黒瀬がその場を離れた後、突然の出来事に城谷は思わず顔を真っ赤にしてしまう。
 

他の人とも実践を

家に帰った城谷に電話をかける黒瀬。
 
自分の身を案じての電話かと期待する城谷だが、電話の内容はしばらく会うのは止めようと言うものだった。
 
黒瀬は苦手の克服を他の人ともやってみるよう告げて、素っ気なく電話を切ってしまう。
 
半ば強引だった黒瀬がいきなり距離を取ろうとしたことで城谷は不安になってしまう。
 
ついに黒瀬に見捨てられてしまったのではないかと落胆し城谷は思わず涙が出そうになるが、
次に会うときは今度こそ一緒に外出できるように努力しようと心に誓う。
 
 
⇒無料で「テンカウント」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「テンカウント」で検索です
 

テンカウント6話のネタバレ

同僚の協力

社長ともう一人、城谷への理解があるのが同期の同僚だった。
 
城谷は自分の苦手を克服するために協力して欲しいと同僚に頼み、同僚は快く承諾する。
 
今までガードの硬かった城谷が初めて自分のことを話し協力をして欲しいと言ってきたことに対し、同僚は”嬉しいよ”と言ってくれる。
 
柔和な友人の協力のもと城谷は頑張りを見せる。
 
城谷は回し飲みにチャレンジし、同僚の飲んだカップに口をつけることにも成功する。
 
一つ一つ城谷は努力を積み重ねていく。
 

ひと月が過ぎて

黒瀬は院長にひと月前城谷を病院に運んできたときの慌てぶりを揶揄されて、半ばムキになって仕事を切り上げ家路を急いでいた。
 
黒瀬が自転車で車を横切った際、以前事故からかばった城谷の会社の社長に声をかけられる。
 
”礼がしたい”と社長に誘われ食事に行くことになる黒瀬。
 
社長から城谷が今、同僚と仲良くしていることを知る。
 
家に帰ってからも黒瀬は一人ベッドに横たわり、城谷の事を考えていた。
 

いつもの喫茶店での再会は

城谷は休みの日に同僚を呼び出して、黒瀬と会っていた喫茶店に来ていた。
 
外ばかり気にする城谷に、そろそろ外に出ようかと同僚が言う。
 
城谷と同僚が喫茶店の外に出た瞬間、自転車で通りかかった黒瀬とばったり遭遇する。
 
黒瀬に久しぶりに会えたことに喜ぶ城谷。
 
黒瀬は後ろにいる同僚を見て自分の言った事をちゃんと実行してくれていて嬉しいと言う。
 
城谷は黒瀬と離れていた間色々できるようになったと話す。
 
”偉かったですね”と黒瀬は城谷を褒めるとおもむろに手を差し出して自分と握手をして欲しいと言う。
 
城谷はぎゅっと握手をする。
 
城谷は久しぶりに触れる温もりを感じ安堵するのだが。
 
黒瀬は突然、”これで最後にしましょう”と吐き捨てる。
 
黒瀬は冷たく”リストの項目は気になるがそれを知る必要はない”と言って城谷の前から立ち去ってしまう。
 
黒瀬と外に出ていけるようにと努力していた城谷は、急な展開に狼狽しその場でぼたぼたと涙をこぼす。
 

描き下ろし 黒瀬くんと城谷さんと花粉症 のネタバレ

朦朧としますね

ドラッグストアで商品を物色していた城谷はばったりとそこで黒瀬に会う。
 
城谷もマスク姿、同じく黒瀬もマスク姿だ。
 
二人とも花粉症でマスクと薬を買いに来たところだった。
 
城谷が”マスクは息苦しい”と頬を赤らめながらため息をつき、薬を飲むと朦朧とするから嫌だと話している横でなぜか突然黒瀬にスイッチが入る。
 
黒瀬が滑舌よく話し出し、すごい朦朧とする薬”を妙に推してくる。
 
また薬を我慢して涙目になるのもいいと、話が止まらない黒瀬に城谷は若干後ずさる。
 
 
⇒無料で「テンカウント」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「テンカウント」で検索です
 

テンカウント 1巻の感想

はじめ冷徹感が見える城谷ですが黒瀬との逢瀬を繰り返すうちに自信を持ち始め、思考や表情が穏やかになっていき親しみが持てるようになっていきます。
 
城谷は潔癖症とのことですが、ちょこちょこと子供時代の回想が出てきて、父との間に何かがあったのだろうと思わせぶりな演出があります。
 
リストの1~9まで見るだけでもどれだけ城谷がひどい潔癖症であるかが想像できるのですが・・・。
 
現実にこのような状態でいて、なお治らなくても良いと考えている城谷の心の傷がいかほどかを物語っているかと思いました。
 
城谷がどうしてこうもひどい潔癖症になったのかがとても気になります。
 
タイトルにもなっている10の項目。
 
最後のこの項目を書き込むまでにどのようなエピソードを二人は紡いでいくのか、そしてこの項目に何が入るのか、読み手は気になって仕方がないところです。
 
一方の黒瀬はクールに見えたりあまり表情を顔に出すタイプではないキャラであるものの、時折ぶっ込んでくる茶目っ気にとにかく心ぎゅっと持っていかれてしまいます。
 
それでいて時々見せる野性味との合わせ技で、年下の男が可愛く見えてしょうがない症状になる読み手も出てくるのではないでしょうか。
 
この巻は城谷目線で描かれていることが多く城谷が黒瀬に惹かれていく心情の変化が詳細に描かれています。
 
城谷の乙女のような自分ツッコミに読んでいて微笑ましくなってしまいました。
 
少女漫画の初々しい恋愛話はもいいけれど、いい大人なのに少年少女のような初々しい恋をしている二人の男子。
 
このギャップが少女漫画とはまた違ったBLのいいところだと思ってしまいました。
 
この後二人がどうなっていくのか気になって仕方ありません。
 
付かず離れずを繰り返しこの巻の終わりでは城谷は黒瀬に突き放されて絶望してしまいますが、ここからどうストーリーが展開していくのか楽しみです。
 
また黒瀬目線の心情描写もどう描かれるのか次巻がとても気になります。
 
 
⇒無料で「テンカウント」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「テンカウント」で検索です
 

無料で「テンカウント」を読む方法

 
無料で「テンカウント」を読む裏ワザ!
 
 
「試し読みじゃ物足りない…」
「ブックオフに置いてない…」
「スマホでこっそり読みたい…」
「コミックサイトは色々あってどれにしようか迷ってる…」
「安全で信頼できる大手サイトを無料で試したい…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。
 
そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。
 
実はFODなら無料で「テンカウント」を読むことができます。
 
FODはフジテレビの動画配信サービスで、ドラマで有名ですが漫画も沢山扱っています。
 
FODプレミアムなら1カ月で最大1300ポイント貰えて、「テンカウント」を1300円分も実質無料で読めます。
 
ポイント消費0完全無料1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!
 
初回2週間無料トライアルの期間に解約した場合は月額料金はかかりません。
 
いろんな種類の雑誌も無料で読み放題です。
 
ポイントプレゼントと無料お試し期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。
 
スマホから簡単にできるので、この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!
 

※無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!
 
【お得な利用方法】
ポイントで「テンカウント」を、無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。


U-NEXT<ユーネクスト>(R18)