⇒無料で「執事たちの沈黙」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「執事たちの沈黙」で検索です
 

執事たちの沈黙 2巻とは?

出版社:小学館
発売日:2017/2/24
作者 :桜田雛

お嬢様は、なぜお気づきにならないのでしょう…
あなたの恋には、秘密があることに。
 
箱入りお嬢様・椿が、ある日恋をした。
相手は女遊びとパチンコをこよなく愛する、クズ。
しかしクズなだけなら、まだよかった。
そのクズの正体は、何を隠そう彼女の執事・和巳だったのだから。
 
何も知らないお嬢様の恋は、ブレーキが壊れた車のように加速する。
自己保身に走る和巳。
けれどなぜか呪いにでもかかったかのように別れられない。
そんな中、和巳は風邪をひいてしまい、お嬢様が看病に訪れて…!?
 
奇才・桜田雛が描く、美しくも可笑しすぎる新境地。
偏愛系年の差ラブストーリー第2巻!!
 
contents
執事たちの沈黙
裏執事(描きおろし)
黒猫リリィ

 

執事たちの沈黙 2巻のネタバレ

第5話のネタバレ

気づかないお嬢様

品行方正な執事の和巳(かずみ)。
 
ぼさぼさ髪に黒ぶちメガネの変装姿に、わがままなお嬢様の椿(椿)に惚れられてしまって、今は歳三(としぞう)と名前を偽り、夏休み限定でお付き合いしているところ。
 
お家デートでカレーの入った鍋をひっくり返し、体に被ってしまった椿。
 
和巳は痕になってはいけないと椿を浴室へ連れて行き、服を脱がせてシャワーで水を当てた。
 
そこで椿にメガネを外されてしまった和巳。
 
咄嗟に和巳は椿を抱きしめ、顔を隠す。
 
バレたのではないかと焦る和巳に、「歳三さん」と呼ぶ椿。
 
和巳はメガネをかけて顔を隠しながら体を離す。
 
椿は、和巳の胸に当てた手から伝わる心音がうるさくて、嬉しいと呟く。
 
和巳は「椿が心配だから」と今日はもう帰るよう促す。
 
迎えの車に乗り込む椿は、見送りに出た和巳に、コンコンと窓ガラスをたたき、息で曇らせたガラスに「すき」と書いて見せた。
 
出発した車に向ける和巳の表情は苦々しいものだった。
 
正体を椿に明かさないのは、会うことをやめないのは、まるで自分が椿のことを好きみたいだと自嘲する。
 

看病……されると嬉しい?

風邪を引き、仕事を休まされた和巳。
 
それを聞いた椿は父親に「看病されると嬉しい?」と尋ねる。
 
父親は微笑んで「プロポーズしたくなっちゃうくらい」と答える。
 
椿は歳三を看病し、プロポーズされる妄想をして真っ赤になる。
 
父親は椿に好きな男でもできたのかと心配する。
 
一方自宅で体調不良に苦しむ和巳。
 
そこに押しかけた椿は看病の練習をしにきたと言う。
 
大声で騒ぐ椿にぐったりする和巳。
 
その額が熱くて驚いた椿は、和巳をしっかり看病することを決意する。
 
あれこれと世話を焼き、ごはんの用意を始める椿。
 
和巳は慌てたが、見れば椿が持ち込んだのはレトルトのおかゆ。
 
料理は下手だから、和巳の体調がよくなったら習いたいと言う椿。
 
苦手なことはひとつずつ克服していくと話す姿に和巳は、椿の中の、もう子供ではない部分を感じる。
 

警戒心

今後のための練習だとおかゆを「あーん」させようとする椿。
 
真っ赤になった和巳は、からかうなと怒ろうとする。
 
しかし椿から「家にあんたがいないと落ち着かない」と言われ、何も言えなくなる。
 
椿に看病のお礼を言って、もう帰るよう促して眠る和巳。
 
和巳は、椿が小さい頃、彼女が風邪を引いたとき、せがまれて手を握ってずっとそばにいたときのことを夢に見ていた。
 
ふと目を覚ますと、椿が和巳の手を握り、隣で眠っていた。
 
すやすやと眠る椿の唇に、和巳の唇が近付く。
 
椿に布団をかけてベッドから下りた和巳の背に、目を覚ました椿が「今のは何?」と声をかける。
 
 
⇒無料で「執事たちの沈黙」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「執事たちの沈黙」で検索です
 

第6話のネタバレ

あいつが好きなのは……

今、キスしようとした? と尋ねる椿。
 
和巳は椿に、まつげにゴミが、と言って謝る。
 
怒って家を飛び出した椿は、和巳の顔が歳三に似ているせいでドキドキしてしてしまっていることを自覚する。
 
一方和巳は、椿に唇を近付けたことについて自問自答する。
 
翌日出勤した和巳は椿から唐突に、あんたの顔以外は嫌い、と言われる。
 
慣れた癇癪を受け流す和巳。
 
その相槌で和巳の髪が少し乱れたのを見て、ドキッとする椿。
 
さらに椿の朝食中、庭で煙草休憩を取る和巳を見て、椿はときめいてしまう。
 
休憩の後、洗濯をしてくる、と出て行った和巳を慌てて椿は追いかける。
 
和巳の手には椿の下着があって椿は怒るが、レースは手洗いしろと椿が言ったのだと和巳は反論する。
 
洗濯物に引っかかって転びそうになった椿を支える和巳。
 
椿は真っ赤になって和巳を突き飛ばして出て行く。
 
和巳は、椿が和巳のことを意識していることに気づき、椿が好きなのは歳三だろ、と自分に言い聞かせる。
 

忘れ物を学校に

翌日出勤した和巳は、「夏期講習だから早めに学校に行く」という書き置きと、丸ごと忘れられた教科書を見つける。
 
自分で身支度をして登校した椿は教室で、和巳のことを意識してしまうのはなんでだろう、自分にとって和巳は何なのだろう、と考える。
 
教室の中が急に騒がしくなり、「だれかのお兄さんかしら」とクラスメイトが話す中、普段の執事服ではなくスーツ姿の和巳が入ってきた。
 
教科書を届けにきたという和巳。
 
和巳は椿の髪がきちんとしていないのを見て、みっともないからと櫛を取り出し整え始める。
 
椿はみんなが見ているからと恥ずかしそうにする。
 
クラスメイトから「その方は?」と尋ねられ、どう答えればと慌てる椿の代わりに「椿の家に仕えている執事」と名乗る和巳。
 
「家に執事がいるなんてすごい!」と騒がれる椿。
 
椿のクラスメイトに和巳は「椿は人見知りだけど本当はみんなともっと仲良くなりたい」と伝え、これからもよろしくお願いしますと挨拶をする。
 

おまえが好きなのは

クラスメイトとの距離が縮まった椿。
 
椿は和巳にドキドキしていることを自覚する。
 
和巳に、「彼女はいますか」、「結婚していますか」と話しかけるクラスメイトたち。
 
年下は恋愛対象になるか尋ねられたり、勉強を見てほしいと騒がれ、曖昧に微笑んで受け流す和巳。
 
そのときうっかり普段のクセが出て、目の前の少女の頭に手をぽんと置いてしまう。
 
椿はそれを見て、怒って和巳を教室から引っ張り出す。
 
校庭を歩きながら、「普段私にはあんな風に笑ったりしないくせに!」と怒る椿。
 
和巳は、そんな風にヤキモチを妬かれても困る、昨日から様子が変だと告げる。
 
自分の熱がうつったのでは、と椿の額に触れようとした和巳だが、椿に突き飛ばされて噴水に落ちてしまう。
 
椿は慌てて、「私は他に好きな人がいるのに、和巳が変なことを言うから悪い!」と怒鳴り、さらに和巳に水をかける。
 
キレた和巳は噴水から出て椿の頬を掴み、椿が好きなのは自分なのだと告げる。
 
 
⇒無料で「執事たちの沈黙」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「執事たちの沈黙」で検索です
 

第7話のネタバレ

謝罪

再び突き飛ばされ、噴水に落ちる和巳。
 
椿は顔を真っ赤にして和巳に「絶対クビ!」と告げる。
 
帰宅した椿を待ち構えていたのは、玄関先で土下座をする和巳。
 
和巳は真摯に謝罪し、解雇だけはされたくないと言う。
 
そんな和巳に椿は、自分のことをどう思っているのか尋ねた。
 
大切なお嬢様として慕っていると答えた和巳に、椿はもやもやする。
 
部屋に戻り、和巳にどう言ってほしかったのだろうと考える椿。
 
そこに、久しぶりに歳三からLINEが来た。
 
内容は、土産を渡したいけど会える? という、デートの誘いだった。
 

久々のデートは……

待ち合わせ場所に着いた椿は、先にいた歳三に驚く。
 
椿が早く来ると思ったから、と言う和巳に、椿は思わず抱きついた。
 
歳三にドキドキできていることが嬉しいと言う椿。
 
どこか行きたいところはあるのかと尋ねた歳三に、椿は普段誕生日に父親と行く豪勢なデートコースを提案する。
 
ホテルのランチ、水族館、ヘリでの夜景……と話す椿の額を強く突き、父親と自分の財力の違いを考えろと叱る歳三に、椿はシュンと落ち込む。
 
悲しい表情のまま謝り、「私を特別扱いしない歳三さんが好き」と言う椿。
 
周りから甘やかされてきたんだなと言う和巳に、それが寂しい、と椿は目を伏せた。
 

優しすぎて

和巳は椿に、水族館に行きたいなら昼食はラーメンで我慢しろ、と言ってラーメン屋に連れて行く。
 
水族館では、もうすぐ赤ちゃんが生まれるペンギンを見て「また来よう」と微笑む椿に、歳三は静かに肯定する。
 
土産売り場でアザラシの人形を見た椿は、飼い猫に似ているからと買おうとする。
 
それを手に取り、さっさと会計を済ませる歳三。
 
椿はきらきらした笑顔でお礼を言う。
 
椿の手を取り、歳三は夜景の見える公園へ連れて行く。
 
ヘリじゃなくても夜景は見られると言う歳三に、椿はキスしてとねだった。
 
言われるままにキスをした歳三に椿は、今日の歳三は優しすぎて怖いと呟いた。
 
すると突然歳三は、恋人としての関係は今日で終わりだと告げる。
 
夏休みの間だけという約束だと続けた歳三に、ちゃんと話してくれるまで帰らない、家までついていくと言う椿。
 
椿が目にしたのは、歳三の家から出てきて「おかえり」と微笑む女性。
 
歳三と女性が親しそうな様子に、椿は歳三の頬を叩こうと手を振りかぶる。
 
しかし叩かず、ぼろぼろと涙をこぼし、歳三に「嫌い」と告げて走り去った。
 
女性は椿を泣かせたことをからかう。
 
椿を傷つけるためだと呟き、和巳は女性に金の入った封筒を渡す。
 
出て行く女性を見送りながら、これでよかったんだ、と和巳は呟いた。
 

番外編のネタバレ

和巳が椿のハンカチに刺繍を施していたとき、椿の悲鳴が屋敷に響き渡った。
 
キッチンから聞こえてきた悲鳴に、皿でも割ったのかと慌てて駆けつけた和巳は、ボウルやケチャップを被って座り込む椿を見つける。
 
何をしているのかと尋ねた和巳に、お弁当作りの練習、と答える椿。
 
しかしキッチンはひどい惨状であった。
 
その試作を誰に食べさせるつもりかと聞く和巳に、男の人の意見を聞きたいから特別に和巳に食べさせてあげると微笑む椿。
 
さらに、ローストビーフが入っている方が嬉しい? と相談もする。
 
和巳は微笑み、簡単でおいしいものが喜ばれるのだと説き、ちくわにきゅうりを入れることから始めようとアドバイスをする。
 
そんなの料理じゃない! と怒る椿。
 
代わりに自分がお弁当を作ることを提案する和巳だが、椿は自分が作らなきゃ真心が伝わらないと主張する。
 
和巳は感心し、それなら相手も喜ぶだろうと言う。
 
しかし椿は、相手が和巳ならどんな失敗作でもいいんだけど、と笑う。
 
和巳はキレて椿の作ったアクアパッツァをごみ箱に捨て「そんな自信はこのゴミと共に捨てなさい!」と怒鳴る。
 
椿は、ゴミじゃないもんアクアパッツァだもんと泣くが、和巳はキッチンを片付けるこっちの方が泣きたいと言いつつ、ティッシュででその涙を拭く。
 
 
⇒無料で「執事たちの沈黙」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「執事たちの沈黙」で検索です
 

裏執事のネタバレ

vol.1

飼い猫、歳三の一日について。
 
ぽかぽかの窓辺で魚型のクッションの上に座り、外を眺める歳三。
 
こんもりと盛られたごはんは、時間経過とともに減っていく。
 
夕方、ごはんを食べきってお腹がすき始めた頃、和巳の手で気持ちのいいブラッシングをされる。
 
夜、雑誌を読む椿の隣で、『おさかな天国』という雑誌によだれを垂らす歳三。
 
椿が眠るときは、リフトで階段をのぼり、椿と同じベッドで一緒に眠る。
 

vol.2

下着は自分で洗う! と言い出した椿。
 
レースは専用の洗剤で優しく押し洗いを……と伝える和巳に、椿はわかっていると言って自分で下着を洗う。
 
しかし、力加減を間違えてパンツを破いてしまう。
 
お気に入りだったの……と涙を浮かべる椿に、和巳は生温かい表情をする。
 

黒猫リリィのネタバレ

街で綺麗な黒猫を見かけ、走って追いかける猫好きの百合(リリィ)。
 
追いかけて、猫を抱きかかえたとき、百合は知らない薔薇園に迷い込んでいた。
 
黒猫の低い鳴き声に驚き、手を離してしまう百合。
 
薔薇園の奥へと進む黒猫。
 
心細くて黒猫について行くと、そこには黒髪の美しい女子生徒がいた。
 
どうやって侵入してきたの、と百合に詰問する女子生徒。
 
その美しさに百合がぼうっとなっていると、いくつかの足音が聞こえてきた。
 
女子生徒は百合を草陰に隠すと、「猫たちから逃がさなきゃ」と言う。
 
足音の正体は多くの女子生徒たち。
 
黒髪の彼女は凛子(りんこ)と呼ばれ、女子生徒たちから慕われている様子だった。
 
女子生徒たちはダンスの練習を始め、それに紛れて凛子は百合を寮の自分の部屋へと連れ込んだ。
 
凛子は全寮制の女子高であるこの場所で、前例のない侵入者である百合が目立たないようにと、自分の制服を着せる。
 
百合は、自分が侵入者ならそれを凛子が庇うのはいけないことではないかと心配する。
 
そこに突然、凛子の友人、ナオミが部屋に入ってきて、百合の存在がバレてしまった。
 
寮の幹部たちを招集したナオミは、百合を抱きよせ「この子が今回の議題」と笑う。
 
凛子はナオミから百合を奪い、百合に触らないでと声を荒げる。
 
ナオミは凛子の珍しい姿を嬉しそうに見つめる。
 
寮長たちは凛子を「侵入者をかくまうなんて」と責める。
 
百合は「私が悪いんだから、罪なら私が受ける」と凛子をかばう。
 
寮長たちはそんな百合を見て、こんなかわいい子なら助けたくなるのも仕方ないと笑う。
 
凛子を裁かれる姿も見たくない、と言った寮長たちは、百合を外へ逃がすことを約束してくれた。
 
ナオミは、裏口の鍵がある理事長室の指紋認証を突破するために必要なものを用意して凛子に渡し、「貸しだよ」と笑う。
 
凛子は百合の手を引き、部屋から出て行く。
 
見送り、後から一人で廊下に出たナオミは「凛子の困った顔が大好き」と笑う。
 
凛子は百合の手を引いて歩きながら、「この夜が終わらなければいいと思ってしまっている」と目を伏せる。
 
裏口に着くと、百合は、これっきりもう会えないの、と涙を浮かべる。
 
凛子は百合の頬に口付け、また会おうと告げて、百合の名前を呼ぶ。
 
凛子は百合の名前を知らないはずだった。
 
手が離れ、裏口が閉まる。
 
猫の鳴き声がした。
 
 
⇒無料で「執事たちの沈黙」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「執事たちの沈黙」で検索です
 

執事たちの沈黙 2巻の感想

1巻のラストで椿が和巳のメガネを外そうとしていたので、正体がバレてしまうのでは……!? と、ハラハラしながら読み始めました。
 
和巳が椿を抱きよせて顔を隠すシーンについて、和巳のドキドキは「バレたら解雇!」という恐怖から来ているとは思うのですが、バレていないとわかってからも和巳の鼓動は大きかったようです。
 
椿の傍にいることから来るドキドキもあるのでは? と勘繰ってしまいました。
 
椿と一緒にいるときの歳三は、「そっけない大人」という印象が強いです。
 
しかし椿と離れた後はいつも、椿を好きになってはいけない、椿から離れなくては、と自分に言い聞かせているように見えます。
 
歳三=自分だと気づけと考えたり、椿が恋をしているのは自分なんだと椿に伝えたり、我を失って椿にキスしてしまったり、和巳はかなり椿に思いを傾けているんだなと思います。
 
年上の和巳がどんどん年下の椿に余裕が無くなっていく姿、とってもキュンキュンします!
 
読みきりの黒猫リリィは、少し不思議な女の子たちのお話でした。
 
独自のルールを持つ女子高で孤高に過ごす美しい女の子と、そこに迷い込んでしまった優しくて正義感のある女の子。
 
ところどころ散りばめられた猫の要素。
 
色々考えながら読める、考察のしがいのあるお話だと思いました。
 
二人がまた出会えるといいな、と願ってしまいます。
 
 
⇒無料で「執事たちの沈黙」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「執事たちの沈黙」で検索です
 

無料で「執事たちの沈黙」を読む方法

 
無料で「執事たちの沈黙」を読む裏ワザ!
 
 
「試し読みじゃ物足りない…」
「ブックオフに置いてない…」
「スマホでこっそり読みたい…」
「コミックサイトは色々あってどれにしようか迷ってる…」
「安全で信頼できる大手サイトを無料で試したい…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。
 
 
そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。
 
 
実はU-NEXTなら無料で「執事たちの沈黙」を読むことができます。
 
 
U-NEXTは動画配信サービスで有名ですが漫画も沢山扱っています。
 
 
U-NEXTなら登録時に600ポイント貰えて、「執事たちの沈黙」を600円分実質無料で読めます。
 
 
ポイント消費0完全無料1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!
 
 
31日間無料トライアル実施中で無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。
 
 
いろんな種類の雑誌も無料で読み放題です。
 
 
600円分のポイントプレゼントと無料トライアル期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。
 
 
スマホから簡単にできるので、この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!
 
 

 
【お得な利用方法】
600円分のポイントで「執事たちの沈黙」を、無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。


U-NEXT<ユーネクスト>(R18)