⇒無料で「教えてください、藤縞さん!」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「教えてください、藤縞さん!」で検索です
 

教えてください、藤縞さん! 1巻とは?

出版社:ブライト出版
発売日:2018/2/17
作者 :なえ・淡路

「お願いします! あなたのひとりエッチを見せてください!!」
 
少女小説家・リオの悩みは、挑戦中のTL(ティーンズラブ)小説がうまくいかないこと。
 
担当いわく「エロに魅力がない」らしい……。
 
悩んだ末、通りすがりのイケメン銀行員・藤縞に頭を下げ、性体験のインタビューをさせてもらうことに。
 
つねに眉間に皺が寄っているような不機嫌顔の彼は、嫌そうにしながらもリオのまっすぐで天然な言動に振り回され、ほだされて――。
 
カラダから始まる変化球的ラブの行方は!?
 
単行本でしか読めない描き下ろしも15P以上収録♪ さらに電子配信版限定の漫画付き♪

 

教えてください、藤縞さん! 1巻のネタバレ

1話 取材 のネタバレ

Hが書けない

小説家・りおは、長年の担当・前田のお誘いでTL小説を書き始めた。
 
しかし、りおの小説の濡れ場は臨場感がないと言われてしまった。
 
自分で書きながらHをしたくなる小説を、というアドバイスを受けるが年齢=処女歴のりおはHがよく分からない。
 

初対面でHの取材

悩むりおは初対面の強面イケメン銀行マン・藤縞が落とした書類を人質に取って喫茶店に呼び出し、藤縞に性の取材をお願いする。
 
自分がTL小説を書いており、表現の幅を広げるために性体験を聞きたいと言うりお。
 
それに対して藤縞は、適当に取材を受けて書類を返してもらおうと考える。
 
しかし喫茶店の中で人目をはばからず大胆な質問をしてくるりおに耐え切れず、藤縞は急いで二人でホテルへと逃げ込む。
 
誰にも聞かれない安心感のもと、りおから取材の続きを受けつつ藤縞は全く参考にならない内容をわざと答えている。
 
そこでりおは、男性が一人Hしているところを見せてほしいと言う。
 
いい加減付き合いきれないと思った藤縞は、それを見せる為にはモチベーションが必要だと答える。
 
そして、こう言えば諦めてくれるだろうと思ってりおへの愛撫の実践を提案する。
 

覚悟

だが藤縞の予想に反して、りおは名案だと燃え上がり服を脱ぎ始めてしまった。
 
驚く藤縞に、りおは真剣な顔で答える。
 
物語を書くためには何だってするのだと…。
 
小説への覚悟を見せられた藤縞は、観念してりおの相手をすることに。
 
下着姿のりおは、スーツの上着を脱いだ藤縞に抱きしめられ愛撫は加速していく。
 
りおは初めての感覚にとまどいながらも夢中になり、もっとして欲しいとねだった。
 
その一言に藤縞の熱は急上昇して…
 
素直で無防備なりおにご奉仕し、ついにズボンのチャックを下げた。
 
その瞬間りおは取材モードに豹変し、感覚を忘れないうちにと言って出て行ってしまう。
 
1人残された藤縞は、最悪な女だと言いながらベッドに倒れこむのだった。
 

2話 大人の玩具 のネタバレ

玩具の差し入れ

りおの家に、担当の前田から大量の大人の玩具が届いた。
 
初対面の藤縞に色々と教えてもらった話をりおから聞いて、まずは一人で勉強してみろと送ってきてくれたらしい。
 
しかし、りおにとってはまだまだ難易度が高いようで…。
 

二人の再会

藤縞は、相変わらず職場で強面のままゲッソリしていた。
 
自身にとって久々だった女性…りおとの一件を思い出して、イライラしながらも忘れようと考えていた。
 
一方りおは例の玩具を家で使えず、カバンに入れて街中へ来ていた。
 
それを見たチャラ男が声をかけてきて、玩具の使い方を教えてくれると言うので二人はラブホへ…。
 
それを目撃した藤縞は、りおがまた初対面の男に性の取材をするのだろうと呆れて通り過ぎようとする。
 
りおはラブホの部屋に向かいながら、チャラ男が実は危険な奴だったことに気づく。
 
肩を抱き寄せてくる手にも嫌悪感がわき、逃げようとしたら部屋に無理やり押し込まれてしまった。
 
その時、藤縞が助けに入ってチャラ男を部屋の外へと追い出してくれた。
 
藤縞はりおのほっぺを叩いて、浅はかな行動によって痛い目をみることを教えるのだった。
 

理性との闘い

りおは疲れが限界になった藤縞をマッサージしながら、しわの寄った彼の眉間を例の玩具でほぐし始める。
 
怒る藤縞に、りおは担当からもらった物だが使い方が分からないと話す。
 
藤縞は初心者向きの玩具を選んで使ってみろと提案し、りおは藤縞の前で装着してみた。
 
しかし装着したまま、怖くてスイッチが入れられないと言ってくる。
 
そんなりおに藤縞はぐらっと来て、りおを自分の膝の上に座らせる。
 
りおは、さっきのチャラ男とは違って藤縞に触られても嫌ではないことを実感する。
 
ぎゅっとしてきたりおに頼まれながら、藤縞はスイッチを入れてあげる。
 
りおは藤縞に体を押さえられながら、またもや初めての感覚を味わう。
 
感じるりおを目の前にして、藤縞はさっきのチャラ男と同類にならないために衝動を抑え込む。
 
しかし、そろそろ自分の理性がきかなくなってしまいそうなことを自覚し、りおだけを頂点へと導いてやるのだった。
 
気を失ったりおを起こし、藤縞は帰り支度を始める。
 
りおは藤縞にお礼を言うが、藤縞は来た時の100倍も疲れた顔で帰っていくのだった…。
 
 
⇒無料で「教えてください、藤縞さん!」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「教えてください、藤縞さん!」で検索です
 

3話 お礼 のネタバレ

藤縞の女運

藤縞は幼馴染と一緒にバルに来ているが、なにやら視線を感じると言い出す。
 
幼馴染は藤縞に言い寄ってきた過去の女の数々を例に出し、藤縞の女運の悪さを同情してくる。
 
そんな彼らから隠れてアイディアノートにすらすらペンを走らせている女が一人、りおである。
 
りおは藤縞を見ているとアイディアが溢れてくるため、彼のあとをつけていたのだ。
 
この間書きあげた初のTL小説は、編集部からの評判も上々。
 
藤縞をヒーローで妄想したら、あっという間に書けてしまったのだ。
 
りおは鉱脈を見つけたとばかりにますます藤縞の後をつけ、アイディアを書き続ける。
 
藤縞は誰からか分からない視線にイライラしていた。
 
荒んだ藤縞の後姿を見守りながらりおは、この間の一件を思い出す。
 
彼はあの時もきっと疲れていたはずなのに、チャラ男から自分を助けるため駆け付けてくれた…。
 
きゅんと鳴った胸の意味に気づかないまま、りおは自分も藤縞の力になりたいと思うのだった。
 

藤縞の一人の休日

休日、家でも仕事をしていた藤縞は、自分は一生独身だろうなと考える。
 
しかし、りおにも結婚に縁はないだろうなと思い浮かべて一人笑う。
 
そんな彼女にも可愛い部分があると、自然に考えてしまった自分に衝撃を受ける藤縞。
 
彼女の一生懸命さと素直さに可愛いげがあるということだ、と頭の中で自分を納得させた。
 
…色々Hなことを教えた時のりおも、いい。
 
続けてそう考えてしまいティッシュを手にしながら、藤縞は自分に生理現象だと言い聞かせる。
 

急な訪問者

ティッシュを持った瞬間インターホンが鳴って玄関を開けると、そこにはなんとりおが。
 
藤縞の後をつけて家を知ったと言うので、最近の視線がりおによるものだったことが判明する。
 
ストーカーだと騒ぐ藤縞だが、自分のことだとは思ってもいないりおは一緒に驚く。
 
しかし、とぼけるなと言う彼の後ろにゴキブリが現れた!
 
藤縞は急いで殺虫剤を探しに部屋に戻ったが、りおはその間に手で捕まえて逃がしていた。
 
結局部屋に上がって手を洗わせてもらったりおは、藤縞のあとをつけたおかげでアイディアが沢山湧いたことを話す。
 
藤縞はそんなりおのことを、小説のためなら見境いない奴だと改めて感じるのだった。
 
りおの方は普段のスーツ姿とは違う休日姿の藤縞を見て、イケメンは何でも似合うのだなとドキドキしている。
 

りおからのお礼

りおは藤縞に用件を尋ねられて、日頃の感謝を込めた差し入れを渡しながら家事でも何でもすると言う。
 
しかし藤縞の部屋は完ぺきなまでに綺麗であった。
 
そこで、疲れた男性に効くと言ってりおが差し出したのは大量の精力剤だった。
 
藤縞は呆れかえりながらも、自分が連日の欲求不満で頭が働かないことを感じる。
 
以前、浅はかな行動が痛い目を見るとりおに忠告してあげたにも関わらず、一人暮らしの自分の家にあがってきたりお。
 
そのうえ何でもすると言ったあげく精力剤を差し出すなんて、「何か」されても文句は言えないと言ってりおをリビングの床に押し倒したのだった…。
 

4話 初めてのキス のネタバレ

りお、妄想を明かしてしまう

りおを押し倒しながら、藤縞は欲求不満のせいでこの女が気になってしまうに違いないと考える。
 
無理にでも抱いてしまうか考えを巡らせていると、藤縞がつまずいて倒れてきてしまったのだと勘違いして心配するりお。
 
藤縞の男としての自信は失われていく。
 
りおはショックを受ける彼に気づかず、藤縞を励ます。
 
藤縞が男として魅力的だから、見ていると自分の妄想が広がること。
 
そして執筆するうえで藤縞がどんなふうにヒロインを口説くのか、どんなキスをするのか妄想してドキドキしながら書いたことを話す。
 
藤縞のHは強引で優しいのだろうとも…。
 

焦らされ返し

りおは藤縞を励まそうとして言っていたが、そんなことを口走っている自分が恥ずかしくなってきて真っ赤になってしまう。
 
強引で優しいHというのを聞いた藤縞はりおを抱き寄せる。
 
りおは「だめ」と言いながら藤縞の顏が嬉しそうだと気づく。
 
藤縞はりおの服を脱がしながらお前の方こそ悦んでいると指摘するが、りおはまだ何もしていないのにそれは嘘だと言う。
 
それなら確かめてみろと言われて、りおの体は藤縞にたっぷり焦らされてしまう。
 
翻弄されるりおの反応を見ながら藤縞は、自分が確かに喜んでいることを実感する。
 
そして無自覚とはいえ今までりおに散々焦らされてきた藤縞は、りおに言ってやる。
 
焦らされる気分はどうだ、と…。
 
藤縞自身を握らせると、りおは積極的になり二人で気持ちよくなれるよう触れてきた。
 
夢中になって止まらなくなるりおだったが、藤縞のものが顔にかかってしまう。
 
しかしりおはそれにも感動し、ラップに包んで持ち帰っていいか顔を輝かせて聞いてくるのだった。
 

二人の変化

服を着たりおは、今からでも藤縞の役に立てることはないかと聞いてくる。
 
ゴキブリを退治してくれたから役に立ったと答える藤縞に、りおは嬉しいと言って笑顔を向けてくる。
 
そんなりおに、藤縞は引き寄せられるようにキスをして…。
 
沈黙の後、りおを勢いよく家の外に追い出した藤縞は一人部屋の中で溜息をついた。
 
りおはというと、人生初の藤縞とのキスの感覚に浸りながら歩いていた。
 
そして、またすぐにでも会いたいと感じながら恋する気持ちについて考えるのだった。
 

「セフレ」という言葉

編集部でよだれを垂らしながら呆けるりおに、担当の前田は彼氏ができたのかと聞いてくる。
 
否定するりおに、執筆の糧になっているようだからセフレがいてもまあいいかと言う前田。
 
それを聞いてりおは、確かに藤縞とは会うたびにHなことをしてきたと思い至る。
 
藤縞の協力のもと、TL小説の執筆成果も出ているのになんだかモヤモヤする。
 
そんな気持ちに疑問を覚えるりおなのだった…。
 
 
⇒無料で「教えてください、藤縞さん!」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「教えてください、藤縞さん!」で検索です
 

5話 「セフレ」? のネタバレ

二人のモヤモヤ

原稿が進まなくなってしまったりおの頭の中には、何でもないことのように「セフレ」と言った前田の言葉が。
 
藤縞にとっても、あのキスは大したことないのだろうか。
 
そう考えると藤縞に会いたいと思いつつも、会いたくない気持ちになってしまうのだった。
 
りおは前田に相談しに来たが叶わず、帰ろうとしたところでオシャレなイケメン吉埜と出くわす。
 
彼はりおに助けを求めてきて…。
 
一方、藤縞は職場で思いふけっていた。
 
りおが最近姿を現さない、執筆がうまくいき自分はお払い箱になったのだろうか。
 
もとの平穏に戻ったはずなのに、藤縞はそれが嬉しくないと思うのだった。
 

絡まる思い

吉埜に頼まれ、りおはファッション誌の代役モデルとしてスタジオ撮影に来ていた。
 
こっそり小説のネタにもできるかもと考える。
 
メガネを外しメイクさん達によって綺麗に変身したりお。
 
吉埜は同僚からタイプだろうと指摘されて赤くなっていた。
 
撮影後の帰り道。
 
原稿が進まないことに落ち込むりおに、吉埜は相談に乗ると言ってくれる。
 
りおが吉埜の両手を取ってお礼を告げていると、そこへ藤縞が声をかけてきた。
 
今会ったらますます原稿が進まなくなる、と思ったりおは隠れてしまう。
 
それを見た吉埜は、りおの肩を引き寄せて藤縞から守るようにした。
 
カチンときた藤縞は、りおがまた変な男といると思って説教を始める。
 
吉埜に知り合いかと聞かれて、りおはとっさに藤縞のことをセフレだと紹介。
 
キレた藤縞はりおの腕をつかんでその場を離れ、吉埜は呆然とするのであった。
 
りおの手をひいて歩きながら、藤縞はいつから自分がセフレになったのだと問う。
 
他の人に言われて自分でもそう思ったと言うりおだが、藤縞は怒っている様子。
 
りおは懸命にさっきの吉埜は良い人だと説明するものの、藤縞は手を離してしまった。
 
残念そうにするりおに、今日はメイクもして髪も綺麗にしていることを指摘。
 
セフレはさっきの奴になってもらえと藤縞は言う。
 
あいつも教えてくれそうだという言葉に、りおは思いっきり「いやだ」と叫ぶ。
 
そして藤縞のスーツの袖をつかみながら、弱々しい声で藤縞がいいと伝えた。
 
藤縞は、何でも教えてやるからりおの連絡先を教えろと言った。
 

ホテルのベッドに倒されて…

りおをホテルのベッドに乱暴に倒し、藤縞はスーツの上着を脱ぎながら、セックスをすると言い放つ。
 
藤縞は心の中ではりおに関わってもいいことがないと思いながらも、繋ぎとめたいと思っていた。
 
りおは藤縞の深いキスに、何も考えられなくなっていく。
 
シャツを脱いだ藤縞の露わな上半身を見てりおはドキドキするが、藤縞は止めないと言ってりおの中に入ってくる。
 
苦しそうにしながらも嬉しいと涙目で笑顔を向けてくるりおを見て、藤縞は限界だと言って動き始めた。
 
謝る藤縞をぎゅっと抱きしめ、りおは彼とこうしていられるならいいと思うのだった。
 
一方、吉埜は同僚にセフレの有無を聞いている。
 
自分なら大事にするのに…。
 
自分の机の上に立てられたりおの小説を眺めながらそう考えこむ吉埜なのだった。
 
 

おまけ1話 強面藤縞の脳内 のネタバレ

ランチ

イケメンだが仕事に厳しく強面なため、いつも職場で怖がられている藤縞。
 
今日も難しい顔をしている。
 
同僚たちがヒソヒソと話している中、藤縞の頭の中はお昼ご飯のこと。
 
ランチの店を探しながら、カツ重とカツ丼の違いが気になってしまう。
 
すると、カツが四層方式のメニューが出てきてしまい、そのボリュームっぷりと原価率に色々と戸惑う藤縞。
 
つい完食してしまったあと、夜はお茶漬けにしようと思いながら会社に帰っていくのだった…。
 

おまけ2話 スポブラ のネタバレ

前田からの質問

普段からスポブラなのか、と前田に聞かれるりお。
 
りおにとっては可愛いデザインの下着よりも、便利さが魅力のよう。
 
そしてどこまでも走れるのがいいのだと説明するりおに、前田はもはやブラの問題ではないと言うのだった。
 

おまけ3話 藤縞の名誉挽回 のネタバレ

りおの感想

りおがホテルで処女を卒業し、藤縞のシャワーを待っている時のこと。
 
忘れないようにメモ帳に感想を書いていると、お風呂上がりの藤縞が何をしているのか聞いてくる。
 
りおの正直すぎる感想を読んで藤縞は、名誉挽回だと言ってくる。
 
ホテルのベッドで、ペンを握りながら震えるりお。
 
忘れないうちにこの感覚を書いた方がいいと言う藤縞は、りおを後ろから指で弄んでいる。
 
書けないと言うりおに、藤縞はそれなら目に焼き付けろと言う。
 
そしてりおの太ももを抑えながらまる見えの体勢で愛撫してきたので、りおはまた絶頂を迎えてしまう。
 
息をつきながら、これで終わりだと思ったりおの目の前でゴムを取り出す藤縞。
 
その後何度も藤縞に揺さぶられるものの、まだまだ攻めてくる彼に朝までたっぷり教え込まれるのだった…。
 

おまけ4話 藤縞からの質問 のネタバレ

りおの生い立ち

りおみたいな女はどうやったら育つのか、そう聞いてきた藤縞にりおは普通だと答える。
 
しかし、りおが義理の兄と生き別れになっていることを告げると藤縞は驚く。
 
りおの兄はある日、黒服の大人たちに連れ去られてしまったらしい。
 
語られる複雑な家庭環境の話に、藤縞は同情し謝る。
 
りおはさらに続ける。
 
兄は一国の王子になるために連れられて行ったので、仕方なかったという。
 
そして子どもの頃、こんな設定で物語を書くことに夢中になっていたのだ、と。
 
それを聞いた藤縞は、真面目に聞いてしまったことを後悔するのであった…。
 
 
⇒無料で「教えてください、藤縞さん!」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「教えてください、藤縞さん!」で検索です
 

教えてください、藤縞さん! 1巻の感想

りおの小説へのまっすぐさが可愛いです。
 
藤縞さんも職場では強面イケメンだと恐れられながらも、天然なりおには完全にペースを乱されて振り回されているところが面白いです!
 
そして本当にイケメンです…!
 
そんな彼がスーツの上着を脱いだり、ちょっとした仕草をすると読んでいるこっちもドキドキしてしまいます。
 
藤縞さんが、りおの小説への覚悟を目の当たりにしてからは彼女への印象が変わったのも素敵なシーンでした。
 
そしてりおに不本意ながらも教えていく中で、理性を必死にこらえる藤縞さんの優しさとその我慢する表情にはキュンとさせられてしまいます…。
 
二人の心境がだんだん変わっていったところで新キャラ吉埜が登場しましたね!
 
吉埜にカチンときた藤縞さんが、りおを連れてホテルのベッドに倒すシーンでは藤縞さんのモノローグにドキドキ…!
 
りおを繋ぎとめておきたいという想いに、少し切なくなってしまいました。
 
りおも藤縞さんに恋しかけているようですし、二人が早く正式に付き合ってくれたら嬉しいなぁと思います。
 
りおはこの先、どんなことを藤縞さんに教えてもらえるのでしょうか?
 
そして吉埜ですが、彼の机の上にはりおの小説が置いてありました。
 
彼はりおの小説のファンなのでしょうか…?
 
だとしたら、三人でこじれてしまうのでしょうか!?
 
ますます続きが気になってしまいます!
 
 
⇒無料で「教えてください、藤縞さん!」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「教えてください、藤縞さん!」で検索です
 

無料で「教えてください、藤縞さん!」を読む方法

 
無料で「教えてください、藤縞さん!」を読む裏ワザ!
 
 
「試し読みじゃ物足りない…」
「ブックオフに置いてない…」
「スマホでこっそり読みたい…」
「コミックサイトは色々あってどれにしようか迷ってる…」
「安全で信頼できる大手サイトを無料で試したい…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。
 
そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。
 
実はFODなら無料で「教えてください、藤縞さん!」を読むことができます。
 
FODはフジテレビの動画配信サービスで、ドラマで有名ですが漫画も沢山扱っています。
 
FODプレミアムなら1カ月で最大1300ポイント貰えて、「教えてください、藤縞さん!」を1300円分も実質無料で読めます。
 
ポイント消費0完全無料1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!
 
初回2週間無料トライアルの期間に解約した場合は月額料金はかかりません。
 
いろんな種類の雑誌も無料で読み放題です。
 
ポイントプレゼントと無料お試し期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。
 
スマホから簡単にできるので、この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!
 

※無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!
 
【お得な利用方法】
ポイントで「教えてください、藤縞さん!」を、無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。


U-NEXT<ユーネクスト>(R18)